5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(倒産) 建設会社・業者

1 :(仮称)名無し邸新築工事:2007/02/22(木) 22:12:11 ID:???
好景気の中、依然建築業界は不景気のままです。
工務店、ハウスメーカーの倒産で、多大なる損害を被った施主、業者
もおられると思います。
逆に、業者の倒産で多大なる被害を被った工務店、ハウスメーカーも
あろうかと思います。
 倒産したらどうなるか、また回避策はあるのか。お互い情報交換して
いきませんか?おそらく、こういった掲示板で情報交換することにより
被害者も減ると思います。
 
ただし、倒産しそうな会社を晒すのはやめましょう。相手業者もあなたも
大変なことになります。
また、相手業者を蹴落とそうとするのもナシです。問題外です。
 
では、どうぞ!

2 :(仮称)名無し邸新築工事:2007/02/22(木) 22:25:24 ID:???
では、2ゲットで。

3 :(仮称)名無し邸新築工事:2007/02/22(木) 22:30:36 ID:???
実際に建築会社が倒産すると建築を頼んでいた施主はどうなるのでしょうか?

建築直前の場合は支払っていた前渡金(着手金)などは戻ってきません。
一般的に前渡金または着手金と称して建築前に建築費の一部を支払うのが通例になっていますし、ハウスメーカーの場合は設計も自社で行うことが多いので、別に設計料を支払っている場合もあります。
また、各種の申請手数料も支払っているはずです。
こういった費用は一切戻ってこないし、倒産となると書類関係も紛失していることがあり、図面や確認申請書なども無くなっている場合があります。
当然、工事は中止しますから、新たに別の建築会社に工事を依頼することになり、前渡金は完全に無駄になってしまいます。
建築途中で倒産した場合は、もっと悲惨です。
通常の支払い条件は着工時3分の1、中間金3分の1、竣工時3分の1となっています。
工期が長い場合は月々の出来高に応じて支払うという場合もあります。
どちらにせよ、工事の進捗状況よりも支払いが先行しがちです。
建物が50%ほど出来た時点で、60%以上支払っている場合が多いようです。

4 :(仮称)名無し邸新築工事:2007/02/22(木) 22:31:49 ID:???
2000万円の家を注文していた場合、家自体は半分しかできてないのに1200万円以上支払っていることになります。
工事はストップし、住めない家がそのまま残ることになってしまいます。
さらに、下請け会社が少しでも回収しようとして工事中の家からはずせる物ははずして行きます。
下請け会社に対する支払いは早くて工事完了後の翌月で、その中の一定の割合は手形で支払います。
つまり建築会社が倒産した時点で、下請け業者は1ヶ月分以上の工事費を貰っていないことになりますし手形は紙切れとなります。
ですから工賃は戻ってきませんが、材料だけでも回収しようと必死になるのです。
もちろん、電気設備や機器、サッシなど回収できる物は限られます。
厳密に言えば、これらは違法行為です。
下請け業者は倒産会社の債権者ですから倒産会社からしか回収できないのです。
倒産会社に家を頼んだ施主は、これも債権者です。
債権者が債権者から回収することは出来ないのです。



5 :(仮称)名無し邸新築工事:2007/02/22(木) 22:32:26 ID:???
しかし、現実には下請け業者は建築現場から自社が工事した物を回収しようとしますし、施主に直接代金を請求したりします。
へたをすると下請け業者も連鎖倒産をするかもしれないし、そうなれば業者自体が悲惨な状況に追い込まれます。
ですから下請け業者も必死で回収しようとするのです。
業者の気持ちは分かりますが、施主は何ら応じる義務はないのです。
施主も被害者なのですから。
下請け業者の回収を防ぎ、不当な要求も突っぱねて、何とか現状は維持できたとしても工事を継続する上で大きな問題が発生します。
それは、残金だけでは工事の継続、完成は不可能と言うことです。
仮に工事の進捗と支払金額が同等としましょう。
それならば、未払いの残金で別の建築会社に工事を依頼し、継続して完成させれば損は無い、と考えがちですがそうはいきません。
建築会社は他社が途中でストップした工事を引き継ぐのを敬遠するからです。
それには理由があります。
まず、工事がどこまで進んでいるか詳細に調査する必要があります。
全ての下請け業者や職人と打ち合わせをして、全ての工種について進捗状態をチェックして、使用されている材料や資材メーカーや仕様や型番を調べます。
次に各工程で手抜きやミスが無いかを調べます。
確認申請やその他の書類など法的に問題がないか調べます。




6 :(仮称)名無し邸新築工事:2007/02/22(木) 22:33:29 ID:???
要するに、工事を引き継ぐにあたって新築以上の手間が掛かるのです。
これは実際の工事ではありませんから調査費用も請求しにくいのが現状です。
加えて、途中でストップしたと言うことは、何らかのトラブルがあったと言うことですから(この場合は建築会社の倒産ですが)、金銭的にも感情的にもこじれている場合が多く、引き継いだメリットが無いと言うのもあります。
まして、施主は倒産会社に一定の支払いを済ませていますから予算的にも苦しいので利益が出せないと考えるのです。
もちろん実際に引き継いで工事をすれば、ちゃんと完成させるだけの技術はあるでしょうが、工事金自体は大幅に増加します。
まして、倒産するような会社ですから資金を留保するために、貰った分の仕事はしていないのが現状です。
ですから、引き継いだとしても残り1000万円で完成することはまずありません。
そして、これが最大の問題ですが、いったん引き継いだら建物全体の責任を負わなければならないと言うことです。
特に、建物にとって一番大切な基礎部分は、掘り返して見るわけにはいきませんし、倒産会社が手を抜くとしたら、見えにくい基礎の場合が多いのです。
無事完成しても、後になって建物が傾いたり歪んだりした場合、引き継いだ会社の責任になってしまいます。
建築会社にとって、どう考えてもリスクが多すぎます。
請負である建築会社は最初から最後まで責任を負います。
ですから、最初から最後まで自社で工事をするのが大原則なのです。


7 :(仮称)名無し邸新築工事:2007/02/22(木) 22:36:02 ID:???
オツカレ。なるほど、自己責任だね。しかし、どこで建てたら
いいんかな。大手でも潰れる可能性あるんだろ?そりゃ、中小
より信頼度は大きいだろうけどさ。銀行も自分が痛い目にあうの
嫌だから、安々と潰さないだろうし。

8 :(仮称)名無し邸新築工事:2007/02/22(木) 23:11:38 ID:???
賃貸がよさげじゃない?リスキーだね。

9 :(仮称)名無し邸新築工事:2007/02/23(金) 05:55:32 ID:???
被害者続出?

10 :(仮称)名無し邸新築工事:2007/02/24(土) 08:12:30 ID:r6LiSqAk
>>1
>逆に、業者の倒産で多大なる被害を被った工務店、ハウスメーカーも
>あろうかと思います。


それはどのようなケースなのかを教えて保水

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)