5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

経済から政治を語るスレpart171

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 02:02:59
前スレ
経済から政治を語るスレpart170
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/eco/1170475868/


テンプレ
http://p2.chbox.jp/read.php?detect_hint=%81%9D%81%9E&bbs=eco&key=1136506893&host=money4.2ch.net&ls=all&offline=1&field=hole&word=%83e%83%93%83v%83%8C+%82p%81F+%82%60%81F&method=and&match=on&submit=%83t%83B%83%8B%83%5E%95%5C%8E%A6


2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 02:11:00
金融馬鹿なんでおかしなことを言っているのかわかったw

財出を金融面からしか見れない。だから

財出=長期金利上昇=円高

もちろんそのようなことはない。MFを振りかざすが、小国に
しか当てはまらない理由がそこにある。

日本のような経済大国(内需が50%を越えている国)が景気浮揚を
目的に財出をやれば、当然のことながら大量の物資を輸入する
ことになる。ダムや原発を作るには大量の鉄鉱石やコークス、道路を
作るには原油を大量に消費する。つまり、輸入が拡大し貿易黒字が
縮小する。ここで十分に金融緩和措置が取られていれば、これにより
円安に振れる。円安になれば、輸出企業の業績も上がる。

つまり、財出によって円高になり、金融緩和の効果がなくなるということは
ないし、また輸出企業の業績悪化もない。

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 02:23:34
>>985
日銀引受してることも知らんとわなー

のな〜=真正アホ

4 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 02:41:06
>>前スレの低能
そもそもの始まりは、心アポが高付加価値産業への転換と内需振興策を否定して
とにかく円安、ものつくり命といい出したことにあり、議論はそれに対する批判で
あったのだよ。そこにお前が良いデフレ論だなんだと的外れなマクロ話を持ち込み
オレに絡んでいたのだよ。自分が的外れな話を持ち込んでおいて人を批判するとは
呆れてものもいえんわ。

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 02:58:57
付加価値が低いものを作ったところでワーキングプアを生み出すだけ。
労働者は世界中の低賃金労働者と競争しなければならなくなる。
高付加価値産業への転換と内需振興は必要不可欠だな。
ただ、高付加価値産業に従事するにはそれなりの知識、経験を持っていなければならない。
ゆとりの教育で人間力をつけるとか言ってるうちは無理だろな。
そもそも人間力ってなんのことだかわからない。

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 03:21:59
良いデフレ論はありえんし、
いらんし、
リチャードクーのようなキチガイ外人のデンパにすぎん。

7 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 04:59:52
        ,.-‐…ー- 、
      , -‐ </ /´, ,  . `ヽヽ- 、
.     {__   i | | |  | | l | __}
     └t__| |_工_|_|_工_| |┘    おじちゃんたち
      | | | ●   ● {|      どうしてはたらかないの?
      | | |  `T^フ′ ノ|
      | ヽ」>‐--‐< |,ノ|
      ヨ^ー‐'´       `ー'^E
       `l冖7        マT´
      |  {          } |
.     丿 八       ノ |
     く__(__,ノヽ._rー‐┐/__ノ

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 06:53:15
>>7
そんな事を言っている暇があるなら、君も早く働きなさい。
美しい国の国民になれませんよ。

9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 07:43:51
テンプレ見たが、製造業の世界を知らない愚か者が書いた内容!
吐き気がする!
とくに「円が安くなれば努力の必要もなく価格競争力がつくことになります。」
とくにこの部分!
技術の進歩の余地が少ない製品ならまだしも、技術が日進月歩の分野はそうはいかない!
努力するからこそ価格競争力及び技術がつくってことを知らないようだ。

10 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 08:09:23

ニューヨークの学校では携帯電話使用禁止だそうだ。
携帯電話はタバコのような扱いに変わってきている。

所謂、公害扱いだ。近々日本でもそうなるのでは?

横断中のiPod・ケータイ禁止法案、ニューヨーク州で
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0702/08/news028.html

ニューヨーク市議会、公共イベント会場で携帯電話を禁止する条例案を可決
http://hotwired.goo.ne.jp/news/20021224205.html


11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 08:16:53
携帯等が原因で事故が頻発すれば、そのような声が出てくるかもね。

12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 08:19:55
>>11
運転中の携帯電話の使用禁止は既に事故が多く禁止されている。

13 :12:2007/02/11(日) 08:22:52
日本語がおかしかった。
運転中の携帯電話の使用は既に事故が多く禁止されている。 だった。

歩行中の携帯電話使用による事故は日本ではあまり統計を
取っていないのでは?単に交通事故に含まれているだけ?


14 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 08:33:50
何故、デフレが解消しないか?

それはいろんな原因があるが。
一因としてそもそも人間には他人が豊かに生活
するのが気に食わないという心理がある。

例えば、公務員の悪口を書きまくっている
連中がそうだ。だがそいつらは権力をもって
いないから無害無益な存在だ。

問題は日銀や財務省、金融庁の職員が
民は清貧にて保てと思っていること。

俺は公務員だからこの気持ちがよく分かるよww

15 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 08:41:03
>>14
デフレって言うか海外から安い商品がアジア諸国の経済発展
と共に大量生産されているから、物の価格が急落している。
液晶テレビが良い例だと思うが。

デフレは日本がアジア諸国に引っ張られているから、これからも
続く。もしくは日本人の平均給与がアジア諸国並になれば
デフレとは言わなくなるのでは?

16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 08:42:15
>>14
15年前の100円ショップの商品と現在の100円ショップの
商品では雲泥だが。

17 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 08:46:45
日本人って頭悪いな。

18 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 08:48:30
自分が頭良いと思ったら、それはお膳立てをしてくれていた
人がいたからだと気づき始めているが…。
なんでも無い事が大問題になってきている。

19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 08:48:58
公務員って考え方に独創性を感じる

20 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 08:51:50
まあ海外要因も一因としてはあるだろうが、
デフレなんてそもそも経済官庁が総需要
拡大をやれば解決しちゃう問題なんだよ。

21 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 08:52:13
算数を面倒くさくて忘れているのに、数学の話をしているのが
今の日本の現状。

22 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 08:55:34
解の公式って覚えてます?忘れているのなら
中学生レベルまで自分を落として復習すると
何気に頭良くなりますよ。これ本当。

23 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 08:57:41
急がば回れ。中学全般の知識で何気にかなりの事ができる。

24 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:04:37
日本は加工貿易で外貨を稼がないといけないんだよ。
こんなのは小学生レベルの常識。

25 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:06:42
郵政復党日本人度テスト
問い・・・自民に復党した人数は何人でしたか?
答え・・・えーと、30人ぐらいだった。野田ゆかりと平沼平蔵と佐藤泰蔵と・・・
解説・・・あなたは立派な日本人です。

26 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 09:06:44
これは簿記一級レベルの話だから
ちょっと難しい話だが、
数年前に退職給付会計というのが導入された
それで大企業は社員の退職金に備えて
多額の引当金を積まなければならなくなった。
当然BSも悪化した。

それで企業は経費を押さえなければならなくならず
デフレの一因となった。

27 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:07:18
役人は単式簿記やってればいいよ。

28 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:08:01
日本人はネットで頒布された猥褻な画像、動画を見てオナニー
するから少子化の大きな原因になっているんだよ。

29 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 09:09:05
>24

君はイメージで経済を考えているんじゃないのww
日本の外需依存度は極めて低いよww


30 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:09:39
メタボリックシンドロームなんてネットばかりやっているからなるんだよ。
小学生の常識。

31 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:10:28
>>28
そりゃ中学生の常識だな。

32 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:14:38
保健体育で習うもんな。

33 :労働分配率低下の真相1:2007/02/11(日) 09:14:53
◎日本の労働分配率は本当に低いのか?
低いといわれている現在の時点で好況の欧米と同等のレベルにある。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/dr/20070116md01.htmの真ん中あたり灰色の部分
>05年度に日本は70・6%だった。同じ基準で算出した05年の米国の労働分配率は70・7%
>フランスは70・6%、ドイツは67・5%だ。

◎日本は不況期に好況のアメリカより労働分配率が高かった
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この図を見てくれ!→http://www.president.co.jp/pre/20050307/img/002_0001.jpg
★労働分配率がアメリカでは不況時に低下するが日本は不況時に上昇する逆の現象が
 起こっていることとその原因を分析しているコラム
 http://www.president.co.jp/pre/20050307/002.html

上記のサイトの指摘の通り日本は不況期に日本特有の固定的な賃金制度で労働分配率を小さくすることができず
不況期に好況のアメリカより労働分配率が高いなどどいう異常な状態にあり、これに企業は苦しめられた。
不況期であっても給料も減らさないというのも一つの価値観だが
日本はリストラ、年功制の見直し、派遣社員などの活用などで人件費を減らすことで競争力をつけて
業績を回復させた側面がある。つまり現在の景気はいわば「人件費削減景気」ともいえる。

◎なぜ内需に結びつきにくいのか?
現在欧米より収益性が低いのにもかかわらずやっと欧米と同等レベルの労働分配率を実現したにすぎないから。
(経営的にはグローバル市場では過大評価される円で換算されるのでいまだに相対的に高い)
現在までは労働分配率が高く、労働分配率を上げるレベルまで下がっていなかった。
経営者は不況期の経験から従業員一律での賃金アップなど業績と関係のない固定的な賃金での賃金上昇に抵抗がある。
4月からの三角合併など買収の可能性に対応するため配当にまわすためなどがある。

34 :労働分配率低下の真相2:2007/02/11(日) 09:16:05
◎労働分配率の下げ止まりが2005年に起こる
http://scrapbook.ameba.jp/binbou_book/entry-10023372239.html
>国民所得に対する雇用者報酬の比率を表す「労働分配率」は70.6%となり前年度比で横ばい。4年ぶりに下げ止まった。
労働分配率が下げ止まった中で去年も増収増益を達成したので現在ようやく賃金をあげるところにきている。

◎労働分配率低下の真相
リストラや年功制の見直し、派遣社員の活用、増収増益で労働分配率を低下させたものが現在やっと欧米と同水準になっているだけ
なので決して低下したことは問題ではない。現在は下げ止まっている中で増収増益を達成しつつあり人件費削減景気
から賃金上昇による健全な景気回復へと順調に移行している段階にある。
景気回復にもかかわらず内需の回復が遅れているがそれは日本特有の固定的な雇用・賃金制度を崩すことに
よって実現した側面がある景気回復という日本固有の景気回復の仕方が原因でありこの景気回復の仕方の
性質上どうしても必要な景気回復の状態だったと思われる。

35 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:19:07
なんで高学歴な人達の頭が悪いんだ?

36 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:21:04
中学校での教育内容を覚えてないから?

37 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:24:48
>>33
労働分配率の分母が何かわかってないのかな。

38 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:26:11
なぜ格差社会を強調するのか二宮尊徳をよく知らないからでは?
中学生の常識。

39 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:33:29
結局、政治の腐敗と悪行への制裁がなくなり、格差社会を
助長させたんだろ?

40 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 09:35:09
頭のいい人は悪知恵があるということだよww


41 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:36:59
>>37
どんな風に間違っているのか指摘してみて

42 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 09:37:25
権力は腐敗する。腐敗はいつの時代もある。


43 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:39:15
>>40
高学歴=偉人ではないって事だね。
自分にだけ都合がよければ周囲には迷惑でしかない。

44 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:41:34
アメリカでは学歴ではなく社会貢献の度合いで人を判断するからね。
そこが日本をだめにしている原因か。

45 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 09:45:48
>43
知恵の高さとモラルと高さは比例しない。

むしろ知恵のある人間の方が悪さをする。

46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:47:56
>>45
そうとは限らない。悪さをしないのが偉人。

47 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 09:49:18
役所には知恵と権力はある。
しかし、庶民に対する愛はない。

俺も公務員だからよく分かるよ。
他人なんてどうでもいいと思っているもんww


48 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:52:12
>>47
高額な給料を税金でもらってて?ひもだが。

49 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:53:39
じゃーキャリアって偉くないんだ。


50 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:55:54
日本の没落の原因は公務員か。村上、福井を見ればわかる。
偉人ではなく逆に迷惑。

51 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 09:56:12
>48

そんなに高給でもないがなww
まあ中小企業に勤めるよりは
よっぽどいいけどな。



52 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:56:40
>>41
不況時は儲けが減るから固定費である労働分配率は上昇する。
当たり前の話だよ。日本の労働分配率が高いのは低成長が続いたせい。政治が悪い。

53 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:57:44
結局、学歴があっても知っているだけで人のために
その知識を利用しないから低学歴と同じ知能になっているのが現状。

54 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:57:55
>>52
よく読め馬鹿が
★労働分配率がアメリカでは不況時に低下するが日本は不況時に上昇する逆の現象が
 起こっていることとその原因を分析しているコラム
 http://www.president.co.jp/pre/20050307/002.html

55 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 09:59:12
それを考えると小卒レベルも相当いるね。

56 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 09:59:55
>50

治世の能臣 乱世の姦雄
って言葉知ってる?



57 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:00:30
>>54
グラフ見るとアメリカも不況時に労働分配率上昇してるよ。好況時にはその逆。

58 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:04:30
>>56
曹操は信長のような所があるから、結局中国を統一できなかった。
みんなでやればなんでもない。みんなの事を考えればなんでもない。
自分だけ、○○だけ、ではみんなついてこない。
あの人嫌い、あの人も嫌いでは志半ばで終了。

59 :58:2007/02/11(日) 10:06:58
>>56
幼稚園で習う事なのだが、「自分の気の合った仲間だけ」
と言うのは画用紙に一色のクレヨンを使って絵を描くのと
同じで、それで上手く書ける人もいるが、やはり表現力が
限られてしまい、それ以上発展しないんだよね。

人間と言うのは男女と同じで性格もバランス良く生まれていると言われている。
世の中はジャイアンのような人間ばかりではないだろう?
ドラクエも勇者一人ではゴールまで行ける場合もあるが
時間がかかるし非効率的。
武道家、魔法使い、僧侶が助け合う事によって強力なグループになる。

その色々な性格の人達をまとめられる企業が成功する。
国もそうだけどね。 アメリカが世界の中心的存在である理由でもある。

60 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:07:01
>>57
アメリカの景気の年代のあいまいな記憶で考えていると思われ。

以下引用
アメリカの労働分配率の変動が小さいといっても、変動がないわけではない。80年代は
本当に安定していたのだが、93年から97年までは2%強の下降、そして97年から01年
までは3%強の上昇、そして01年からは再び3%弱の下降である。それぞれの時期の
アメリカは、93年から96年は成長率が3%前後で変動して、まだ本格的な好況感の
なかった時期であるのに対し、97年から01年にかけては4%半ばの成長を続けていた
好況期であった。そして01年にITバブルがアメリカではじけ、1%から2%の成長率へと
鈍化して不況感のあった時期がくる。
つまりアメリカでは、労働分配率はあまり変動はしないが、それでも不況あるいは
好況感のないときには下降し、好況時に上昇する。

61 :59:2007/02/11(日) 10:08:50
小学生の常識だね。

62 :59:2007/02/11(日) 10:13:40
小学校の道徳で習うのだが、もう覚えてないのか?
復習したら大問題がなんでもなかった事になる。

63 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:14:12
>>60
いや、先進国レベルだと3%成長で十分高いんだよ。
98年以降は景気拡大が相当長引いたから人件費に回す余裕が出来ただけ。
たとえば90年代初頭に高止まりしてるのはマイナス成長のせい。不況時に高止まりしてるわけ。
ITバブル崩壊の2001年に労働分配率が上昇し、景気が底打ちした
2002年以降に労働分配率が低下し始めている。

日本の場合、ちょっと景気が良くなると翌年デフレ推進政策でマイナス成長とか
ありえんぐらいバカ丸出しな行為に出てるから、企業収益が伸び悩んで
労働分配率は高止まりしたままになる。結局政治が悪いんだよ。

64 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 10:14:16
>59

まあ言いたいことはわかるよ。
まあ、世の中悪い奴ほど栄えるという
現実が存在するよ。


65 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 10:18:22
道徳というのはその人本人の良心に
やる気がなかったらやらない。

だから法律が存在するわけ。
まあその法律を作り、運用しているのも
役人だがなww


66 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:20:13
>>64
>まあ、世の中悪い奴ほど栄えるという 現実が存在するよ。
それは悲観的ですね。もしそうであれば地球に人は既にいないです。

ある意味、悪い人はのっとれますよ。お金の事を考えないで
みんなの事を考えて行動すれば、自然と権力は正しい方へ
移っていきます。
日本がアメリカ化している原因です。


67 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:22:41
>>64
悪い奴と言うのは良い人に取り付いて何かを奪うから悪い人であって
悪い人は良い人に養われているのに気づいています?

だから良い人は悪い人の手中にあるんですよ。

68 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:23:26
>>63
>>57の主張は放棄したのか?

つまりアメリカが日本のように景気低迷期に上がる傾向が
存在しないことだけは認めるわけだな。

>日本の場合、ちょっと景気が良くなると翌年デフレ推進政策でマイナス成長とか
>ありえんぐらいバカ丸出しな行為に出てるから、企業収益が伸び悩んで
>労働分配率は高止まりしたままになる。結局政治が悪いんだよ。
マイナス成長のせいで高止まり?
なら90年代初頭の異常な上昇をどう説明するんだ?

69 :67:2007/02/11(日) 10:23:47
訂正

だから悪い人は良い人の手中にあるんですよ。

70 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:26:29
>>68
へ?別に放棄してないよ。

>つまりアメリカが日本のように景気低迷期に上がる傾向が
>存在しないことだけは認めるわけだな。

いや、全然。日本より流動性が高いけどやっぱり好況(不況)時には、
というか好景気(不景気)へ転換して調整が完了するまでしばらくは
労働分配率は低下(上昇)するのは同じだよ。

>マイナス成長のせいで高止まり?
>なら90年代初頭の異常な上昇をどう説明するんだ?

は?90年代初頭はマイナス成長だから労働分配率は高止まりしたんだよ。アメリカの話ねちなみに。

71 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:27:44
つーか、労働分配率が不況時でも一時的に上昇し、好況時でも一時的に下降する
のは、ケインズが言った「賃金の硬直性」論そのものじゃん。

72 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 10:27:59
言っている意味が分からん。
共生関係にあるということか?


73 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:28:51
A級戦犯のように悪い人を国民が死に物狂いで支えたから
栄えたんだなあ。
国民に善悪の判断ができたら悲惨な戦争はなかった。

74 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:31:16
>>72

共生関係にあると言うか…。自分の事だけを考える人が好きですか?
それともみんなの事を考える人が好きですか?

75 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 10:31:34
まあとにかくお前が権力を持ったら
必ず腐敗すると思うけどな
どんな良心を持った人間でも腐敗する

だから権力の腐敗というのは政治学の定理で
政治学では人間を性悪説で見るわけ



76 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:33:41
>>70
91年のマイナス成長でどこがどうみても日本のような
異常な上昇を確認することはできないのだが

おまえのいいたいことはわかるが
日本のように異常な上昇を見せるのは日本特有なのは明らかだろ?

77 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:34:43
>>75
だけど悪人だけの世界が成り立つかどうか。
お互い奪い合っていたらなくなるだけ。生産しないと死ぬ。
で効率よく生産するには知識が必要。

78 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 10:37:07
>74
もちろんみんなのことを考える人間が好きだが、
現実はみんな自分のことしか考えてないでしょ?

一般庶民も自分のことしか考えていない、
公務員になったからみんなのことを考えられる
わけがないww


79 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:37:17
>>76
そうそう、日本はデフレという異常状況だから異常な上昇を見せたんだよ。
賃金の下方硬直性は名目値だからね。日本はとんでもない悪政を布かれてるわけ。
名目GDP伸び率なら90年代初頭のアメリカは今の日本より遥か上だよ。

80 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:38:45
>>78

奈落の底に落ちるだけ。

81 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 10:41:10
>77
君はユートピアでも想像していて下さい。

現実は違うんだよww


82 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:41:15
>>80
「斜陽」って読んだ事あります?
蓋を開けたら何もできない華族たちという話。
結局何かあった時、自殺する。弱い。


83 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:44:02
>>81
それは現在の現実ですね。10年後はまた違う現実が待ってます。

84 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:48:21
>>79
アメリカは74、75年に連続でマイナス成長を記録
80、82年にもマイナス成長を記録


アメリカはなんにも数年マイナス成長があっても変動がない。
日本は不況になった瞬間に急上昇これは何なんだ?

85 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:52:28
>>79
90年代初頭はまだデフレになってないだろ。
意味不明なんだよ。


86 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:53:18
>>84
だから日本の労働分配率上昇はデフレのせいだよ。
アメリカのその二つの時期のマイナス成長はオイルショックの影響によるものだよね。
たとえば80年代初頭には短期金利15%とか大幅な金融引締めに出たけど、
これは高いインフレ率を抑制するためだった。82年にはかなりインフレ抑制
できたけど、そのせいか労働分配率は急上昇してるね。

87 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 10:57:55
>>86
おまえのいう「物価で決まる」のなら
90年代初頭はまだデフレじゃないので意味がない。

物価がどうとかいうのはデフレ下成長した企業もあるし
経営のマイナス要素ではあるが経営に直結する要因ではないのは
完全に明らかだろ。

デフレだから労働分配率が急上昇するとかわけのわからんことを
いっても無駄。

デフレで急上昇するのならデフレが始まった時期から
労働分配率は急上昇しているのか?
ぜんぜんしてねーじゃねえええか


88 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 11:01:27
>>85>>87
バブル崩壊による収益激減&物価上昇率の低迷のせいだよ。
92年度の日本のインフレ率は同時期のアメリカの3分の1。
93年度はGDPデフレータだとゼロインフレ。翌年からデフレ。
そこから景気拡大に転じて小康を保った後、97年の
9兆円負担増で本格的なデフレ不況に突入。

>物価がどうとかいうのはデフレ下成長した企業もあるし

労働分配率も一般物価も名目GDPもマクロ統計だから、そんなあら捜ししても
意味ないと。別に全称命題の否定の問題やってるんじゃないんだから。
売上が下がれば固定費である人件費の比重が増す=労働分配率上昇。簡単な話。

89 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 11:05:57
>>88
>同時期のアメリカの3分の1

これ同時期じゃなくて1年ずれてるな。前年の3分の1、同年の半分、と。

90 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 11:08:08
>>88
なるほどアメリカはマイナス成長を連続で記録するような不況であっても
収益が激減することが存在しないわけだ。


>労働分配率も一般物価も名目GDPもマクロ統計だから、そんなあら捜ししても
>意味ないと。別に全称命題の否定の問題やってるんじゃないんだから。
>売上が下がれば固定費である人件費の比重が増す=労働分配率上昇。簡単な話。
なるほどねほとんど0に近いがデフレ化での景気回復など存在しないわけだね。

91 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 11:10:12
>83
君の気持ちは痛いほど分かるよw
俺も若いときは世の中を良くしたいと
思って勉強して公務員になったよ。
でもなってみて色々現実を知ると
理想通りにはいかないということが
分かるんだよ。

君はまだ若いんだよww


92 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 11:11:15
>>90
>なるほどアメリカはマイナス成長を連続で記録するような不況であっても
>収益が激減することが存在しないわけだ。

ああ、当時は高インフレだからね。

>なるほどねほとんど0に近いがデフレ化での景気回復など存在しないわけだね。

いや、景気の拡大は存在する(>>88の日本語読める?)けど力強いものじゃない。
これはこちらがずっと指摘しているように、デフレ下では人件費の調整が困難だから。
実際90年代日本の実質成長率はアメリカの半分以下だよ。名目で比較するとさらに洒落にならない。

93 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 11:23:16
>>92
まぁいいや
インフレがどうやって労働分配率の上昇を吸収するのか
しっかり理屈を説明してみたら?

アメリカは連続でマイナス成長している年だってなんどもあるといっているのに。
日本は期間がながくデフレ下で企業収益を回復させたし
おまえのいっていることは完全にあてはまらないと思うけど。


94 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 11:28:29
>>93
過去レスで誰かも書いてたけどケインズだよ。名目賃金の下方硬直性。
アメリカでも給料下がるとやる気なくすって調査があるから、これはどの
経済でも比較的広く観察される事実。大昔からあるよこの理屈というか説明は。

ていうか、ここまで見ると「アメリカは不況時に労働分配率が下がる」という命題は
明らかに偽だとわかるよね。その相関がはっきりしているのは90年代後半の一時期だけ。
80年、82年、ブラックマンデーの87年、緑爺の失敗した91年、ITバブル崩壊の2001年。
労働分配率の減少はほとんど観察されていないか、逆に上昇している。

あと法人企業統計見ると、最近の日本の収益向上は主に人件費の削減と
利払いの低下によるもの。名目GDPが伸び悩む状況で、過酷なリストラに着手した結果だろうね。
雇用者報酬は激減している。あんまり好ましい形の回復劇ではないよ。

95 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 11:32:04
>>94ちょっと訂正
「アメリカは不況時に労働分配率が下がる」

「アメリカは不況時に労働分配率が下がり、好況時には逆に上がる」
という相関関係ね。これらが明らかに観察されるのは90年代後半だけ。
それも8年6ヶ月というアメリカの戦後最長の景気拡大の後半期。
そこまで長引けば企業も楽観姿勢で投資や雇用を活発に行うだろうからある意味当然。
結局バブったけど。

96 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 11:33:25
>>94
俺が言っているのはケインズのなんとやらじゃないってことがわかってないのか?
おまえのインフレが労働分配率を吸収するという独自理論はどうした?


>ていうか、ここまで見ると「アメリカは不況時に労働分配率が下がる」という命題は
>明らかに偽だとわかるよね。
以下引用
>つまりアメリカでは、労働分配率はあまり変動はしないが、それでも不況あるいは
>好況感のないときには下降し、好況時に上昇する。

>最近の日本の収益向上は主に人件費の削減と
>利払いの低下によるもの。名目GDPが伸び悩む状況で、過酷なリストラに着手した結果だろうね。
>雇用者報酬は激減している。あんまり好ましい形の回復劇ではないよ。
そうだけど?
>>34をしっかり読めよ。

97 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 11:37:59
>>96
いや、全然独自理論じゃないって。マジで聞いた事ないの?
「名目賃金の下方硬直性」って。一度ググってみてよ。
有名にしたのはケインズだけど理論的実証的にはそれ以前からある話。

>以下引用

うん、だからその引用部分は明らかにおかしいよね。明らかに事実と食い違うから。

>そうだけど?

って何が?

98 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 11:43:50
>>94
?別にケインズなんとかがお前の独自理論だとかは書いてないつもりだが。

>うん、だからその引用部分は明らかにおかしいよね。明らかに事実と食い違うから。
おまえのいうケインズのなんとやらは
そういう圧力があるという話なだけで
欧米はすぐ解雇するからそういう収益の圧迫要因を
除外するように積極的に勤めていて
現在のアメリカではそれが進化して
収益が下がるときには上がるまえからそれを下げるように
勤めているような状態なんだろ?

それを日本は固定的な雇用賃金制度で
不況下に収益を圧迫するんだけど
さっさとやればよかったのに
ながながとリストラをせずにいるもんだから
すさまじいい労働分配率になってたんだろ?

99 :ホカロン:2007/02/11(日) 11:48:01
まぁ不況の波を小さくすれば、ことさら労働配分率などに気を使う必要もないわけだが。

100 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 11:51:09
>>98
いや、欧米というかアメリカでも名目賃金の硬直性は存在するよ(ヨーロッパは日本以上に硬直的)。
好況時に労働分配率が低下し、不況時に上昇しているんだから。
そんな急に給料下げたり首切ったりというのはアメリカも実現してない。

で、名目賃金の下方硬直性の影響を和らげるには、一定以上のインフレ率の
維持が好ましい。給料下げずに実質的な人件費の負担を軽減できるからね。
ところが日本はバブル崩壊後、政府日銀のマクロ政策の失敗でずっと物価上昇率が低迷していた。
これこそがアメリカと日本の労働分配率の推移(および調整不足による成長率)の明暗を分けた大きな要因でしょ。

101 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:02:16
特に90年代末以降のようなリストラ推奨政策というのは
国民生活、あるいは日本人の国民性考えると明らかに好ましくないよね。
自殺や窃盗の増加等で世相が荒みまくったから。
雇用の流動性がある方が人件費の調整が行いやすいのは事実だけど、
デフレ下においてそんなもんを推進するのは、はっきり筋悪だったと思う。

もちろん長期的にはひょっとしたら好ましくて、今後推進すべき政策に
早めに着手しただけかもしれないけど、人的資本の蓄積が鈍化する
(当然だよね、会社からすぐ離れて行くような人材に投資する企業は
少ない)という批判もあるからよくわからない。
まあミクロ政策で需要不足のデフレ不況に対抗するのは変でしょ、やっぱり。

102 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:11:17
>>93
日本の90年代初頭はまだデフレになっていないってなんどもいっているだろ。
http://fx-imagine.cocolog-nifty.com/blog/images/t060525cpi_j.png

この92、93、94あたりの『急激な』上昇http://www.president.co.jp/pre/20050307/img/002_0001.jpg
アメリカより2、3%物価上昇が低いことが原因で起こったというのがおまえの考えなのか?

2、3%の物価上昇が10%の急激な上昇を吸収するのか?

デフレ下で収益が回復したのはなぜなんだ?


103 :102:2007/02/11(日) 12:16:01
>>102はアンカーミス

>>93×
>>100


104 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:16:03
雇用の流動化や労働分配率が下がるのを許容するのなら、政府による官需増加、
再配分政策等で補完しないと、可処分所得が低下して、景気悪化をさらに加速さ
せるだけだわな。目先の個人消費の冷え込み、人的資本の蓄積鈍化等で将来の
潜在成長性、生産性悪化も考えると「将来ため、調整の痛みに耐え、労働条件低
下を受け入れよう」なんてタダのアホだ。

105 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:16:11
>>101
「新時代の日本的経営」(95)の梗概や、一部のシンクタンク系のアナリストの議論を
読むと分かるけど、アメリカの労働市場の研究にかぶれた連中が90年代以降の不況に乗じ
て財界に雇用改革を売り込んだ・・・というあたりが真相じゃないの?

もちろんデフレの時期なので人件費を抑制したい財界も飛びつく罠。どっちにしろインフレor
マイルドインフレにやるべきことをデフレでやってるわけで。

106 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:18:09
>>102
それは消費者物価指数であって、総合的な物価を現すGDPデフレーターとは違うよ。
卸売物価指数は消費者物価指数よりずっと早く上昇率が低迷。

>アメリカより2、3%物価上昇が低いことが原因で起こったというのがおまえの考えなのか?

収益の激減も合わせてね。

>2、3%の物価上昇が10%の急激な上昇を吸収するのか?

80年代後半期のアメリカはバブルじゃないよ。収益の減少は反動の大きい日本より小さい。

>デフレ下で収益が回復したのはなぜなんだ?

デフレ下でも景気は拡大するよ。
ただしアメリカと比べれば実質成長率で半分、名目では比べ物にならない、というのは指摘済み。

107 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:18:42
>>101
その通りだし、アメリカでも労働分配率の低下を推奨するというのは
長いスパンでみてマイナスになると思う。

むしろ欧州のような硬直化して、デフレよりインフレに成りがちな
社会では流動性も必要かもしれないが、バブル期にも消費者物価が
比較的落ち着いていた日本の場合、バブル崩壊による労働分配率
上昇はむしろデフレ対策に対してはプラスになると思う。

つまり、ミクロ政策で調整するのではなく、マクロで需要を持ち上げて
労働分配率を下げるのが正しいと思う。

108 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:22:58
>>106
だから
この92、93、94あたりの『急激な』上昇http://www.president.co.jp/pre/20050307/img/002_0001.jpg
アメリカより2、3%物価上昇が低いことが原因で起こったというのがおまえの考えなんだよね?

2、3%の物価上昇が10%の急激な上昇を吸収するっていうのがおまえの考えなんだよね?

109 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:24:34
>>106
おまえの考えがただしいとしてもいいよ。
だがそれでこの『急激な上昇』をすべて説明するつもりなのか?

110 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:25:13
>>108
>>106の繰り返し。
労働市場のミクロ的要因なんか持ち出さなくても説明出来るでしょ。
そもそもアメリカ経済についてのプレジデント記事がおかしいんだから
この論争は既に詰んでるよ。

111 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:26:00
>>107
>つまり、ミクロ政策で調整するのではなく、マクロで需要を持ち上げて
>労働分配率を下げるのが正しいと思う。

マクロによる持ち上げ抜きで労働分配率を「上げる」とかえって失業率が高まったり
賃金(実質? 名目?)が下がる可能性も指摘されていたはず。
ジャーナリズムやアカデミズム(の一部)はこうした点を全く無視しているけど。
ちなみに橘木センセイなどは「非正規底上げの為に正規雇用は賃下げを飲め」と堂々と公言。

112 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:32:18
>>107
なるほどデフレになることをふせぐために
労働分配率の低下を食い止めていたわけだとして
それが結局失敗して99年にデフレに突入し
その政策が完全に間違っていることが証明されたわけだな。
なるほどね。

113 :ホカロン:2007/02/11(日) 12:33:46
効率賃金仮説もあり、コンプライアンスが重視される中で、
経営者としては労働分配率を下げるばかりが能じゃないと思うがね。

114 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:34:58
>>106
>80年代後半期のアメリカはバブルじゃないよ。収益の減少は反動の大きい日本より小さい。
マクロ政策と公的資金注入の両方やったからだろ

115 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:35:50
>>109
だから収益の激減も説明変数。

まあ収集つきそうにないから労働市場の硬直性を含めてもいいよ。
実際97年まで低成長にもかかわらず、1%前後だけどほぼ毎年リーマンの給料増えてたから(マイナスは93年だけ)。
アメリカならそうなる前に大幅な調整が入るのは事実だろうね。
ただ日本だって新規採用の抑制という事で対応したにはしたんだけど、
そこも大きな問題だったのは事実。

でもやっぱりデフレというのが大きいと思うよ。

>>111
それじゃあ橘木=八代共同戦線が組めそうだ・・・思想的には逆向きなのに。

116 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:36:51
>>102
この統計には、派遣などの非正規は、入ってねえだろ
統計馬鹿はどうしようもないな

117 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:36:59
>>114
アメリカが80年代末のS&Lの処理でバブルを防いだという話?
それがどう論点に絡むかわからんけど。

118 :傍観者:2007/02/11(日) 12:37:02
>108
(2/16)消費を上振れさせる2つの要因
http://bizplus.nikkei.co.jp/keiki/body.cfm?i=20060215c7000kk

ここに、指摘されている時期の実質賃金の動向が載っている。
労働時間短縮による労働コストの上昇と、賃金の下方硬直性による長期にわたる持続。
めんどくさいかもしれんが、読んでくれ。
ちなみに、3〜4スレ前に同じ問題に対する答として出しているHPだ。

119 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:38:58
正規雇用ってのは経営陣も含まれるのかね
率先して上の連中が給料下げればいいじゃないの

120 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:39:01
>>116
いや、労働分配率の分子には非正規の人件費も入ってると思うよ。
雇用者報酬/国民総生産or国民所得だから。

121 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:41:03
政府がミクロへの介入で労働分配率を上昇させようがアホなように、下降させよう
なんてのもアホだわな。

122 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:43:24
>>115
おまえのいう1%より小さいデフレが労働分配率10%の押し上げ要因になるってことでいいんだな?
それならしょうがない。

123 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:44:13
>121
労働時間調整とワークシェアリング・WEの導入とかは、分配率を直接いじる政索だと思うが。

124 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:46:59
>>122
もちろんそうだよ。
名目成長率で見ると8%前後だったものが年毎に半減して3年でマイナスに転じたんだから。

125 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:49:52
>>124
物価が変化なかったというだけだろ。
従業員が毎年増えて不況になっても毎年賃金が上昇しているのか?

126 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:53:03
>125
(1)80年代末はバブルの最中で、企業が時短ショックの深刻さを十分に認識しなかった。
(2)90年代後半以降、物価上昇率が低下したため、賃金の下方硬直性の影響で実質賃金が十分に低下しなかった。

これが、分配率が上昇した理由。

127 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:54:54
>>126
なるほど不況になっても3年間は連続して
好況のときの賃金上昇を企業がのんだというのが
労働分配率上昇の原因なんだな。
なるほど。

128 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 12:55:44
>>125
+企業収益が激減した。

129 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 13:05:30
>>125
企業というのは収益の伸びを予測して事業計画を立てるけど、
急激に成長トレンドが下方屈折すれば、予想が外れてそれらは
過大なコストを抱えたダメ事業に早変わりしてしまうよね。
これはどの国地域時代でも不況突入時に起きるありふれた現象。

インフレ率が高い、あるいは維持できていたらそのコスト増は
相当程度軽減されるんだけど、実際の日本では成長率と同時に急速に
物価上昇率も低下して(卸売物価指数は90年代初頭既にマイナス転換)しまった。
そしてその後もずっと名目成長率は低迷を続けたまま。デフレ不況本格化でさらに労働分配率は上昇。

130 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 13:09:55
>>129
3年というすぱんをもってしても労働組合からの賃金の上昇の要求を
抑えることが不可能で10%もの労働分配率上昇をしてしまったんだね。

本当に労働組合ってダメだね。

131 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 13:10:50
完全に破綻したろw

132 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 13:11:30
>>130
いや、実際には不況突入後、賃金の伸び率は急激に鈍化しているよ。>>115
日本にも労働市場の柔軟性は存在するわけ。それ以上に収益の減少が激しかった。
これはデフレのせい。

133 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 13:16:59
>>130
いま調べたけど、この30年で名目賃金の伸び率がマイナスになったのはG7では日本とカナダだけだね。
カナダはアジア通貨危機の時に低下してるけど詳細はよくわからない。
ただ、名目賃金の下方硬直性がある以上、給与水準を下げるのは本当に難しいというのはわかると思う。
労働組合の組織率自体は70年代からずっと低下しているから、やっぱり労働市場の問題というよりは、
デフレによる急激な成長トレンドの下方屈折が大きいんじゃないかな。

134 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 13:32:26
>>130
「この30年」と言ったけど、調査は70年代初頭から90年代末までです。補足。
ITバブル崩壊後はわりと広範にインフレ率が低迷したようだから、
ひょっとしたら名目賃金上昇率がマイナスになった国は増えるかもしれないな。

まあ基本的にアメリカでも日本でも世界中どこでも、労働分配率は不況時に
上昇し、好況時に低下するという事でいいんじゃないの。労働市場が完全に
流動的な国なんてどこにもないんだし。名目賃金の下方硬直性が存在する以上、
デフレの克服が遅れるとそれは経済全体の調整不足、不況の長期化に直結する。
もし労働分配率を上昇させたいのなら、景気拡大の長期化を目指すのが好ましい。
デフレでGDPギャップがあるんだから、いちいちミクロを弄らなくてもマクロ政策発動で十分。

あ〜ただ時短はここまで考えてなかったな・・・林=プレスコットやリフレ派の人の主張にもあるよね。
バブルという超繁忙期ではその影響は皆無だったけど、建前が現実に落ち着いた崩壊後は当然そうでないと。

135 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 13:35:07
デフレって言い方もおかしいのかもね。80年代のアメリカが日本に対して
訴えてた形に似てるよね。安い中国製品が原因の貿易摩擦って言う方が
ピンとくる。

136 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 13:43:10
だから今後は元の切り上げを要求していくのが、日本経済の正しい防衛策なんだよ。

137 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 13:46:20
>>135
またわけのわからんことを・・・今度は中国発デフレ論のリバイバルか? 自由貿易の
恩恵は素直に享受すべし、失業や「格差」問題はあくまで国内の政策で対処すべし。
 

138 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 13:49:14
>>137
できないじゃん、外需関連の雇用のパイが限られてるんだから。
恩恵っていっても内需関連を壊して、慢性的なデフレを抱えてるのと
比べたらどっちが得かって分かるでそ。

139 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 13:53:24
>>137
別に元の切り上げを要求するのはいいんとちゃうの?
関税引き上げだってある種、内政問題だぜ?

140 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 13:56:29
>>138
仮に自由貿易で失った雇用があるとした場合、需要政策で吸収するか、もしくは労働者
の移動を促すための何らかの供給サイドの政策が必要ってことだろ。
こんな散々ガイシュツなことも理解できないでおまえ何しに来てんの?

>>139
適正な為替レートを要求すること自体が悪いとは誰も言ってないと思うが?

141 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 13:57:37
上でも書いたけど、卸売物価指数の下落は天安門事件で中国が
国際的に孤立していた時期に始まってるし、デフレが本格化した
90年代末には金額ベースではあるけど減少している。
http://www.chinavi.jp/nichu.gif
ちなみにGDPデフレーターは94年にマイナスに転落。

日本よりも対中貿易依存度の高い国がデフレに陥っていないんだから、
輸入物価の下落によるデフレ圧力はそれほど大きくないと思うよ。
財政金融政策によって十分吸収できた程度。

142 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 14:05:19
>>141のグラフは日中貿易の推移です。
上から輸出額+輸入額、日本の輸入額、日本の輸出額。

それと為替レート一定でも(というか一定=金融緩和志向だからこそ)インフレは進むから、
おそらく中国からの輸出物価も(レート一定じゃなかった場合に比べて)その影響を受けていると思う。
まあ今はそんな中長期の話なんてしてられんかもしれないが。

143 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 14:05:39
>>135
全然違う。80年代のアメリカは財政赤字、経常赤字の双子の赤字で
貿易不均衡がやり玉に上げられた。プラザ合意もそういう背景で
行われた。結局、アメリカにとっては何の解決にも成らず、
日本がバブルになっただけで終わった。

一方、今の日本は対中貿易赤字は増えても、他で吸収しているので
それほど問題になっていない。

ちなみに80年代のアメリカはスタグフレーションでインフレ。
今の日本はデフレ。もっともスタグフ的な兆候(資源価格の
上昇に需要が着いていっていない)も見られなくもないが。

144 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 14:10:05
労働分配率(%)=(人件費 ÷ 付加価値)×100

付加価値高を算出する方法については複雑な理論もありますが、卸売業や小売業では粗利益、製造業においては売上高から材料費と外注費を差し引いた値と考えて大きな間違いはないでしょう。
〈付加価値高〉=加工高、売上総利益=限界利益

製造業・建設業の場合・・・売上高−(材料費+買入部品費+外注工賃)=加工高

卸売業・小売業の場合・・・売上高−売上原価=売上総利益


よって、

労働分配率は、人件費が増えなくとも、
分母の企業売り上げが、減少しても、労働分配率は上昇することになる。

90年代以降で、労働分配率が上昇してるように見えるのは、
人件費が増加したのではなく、
不況で、分母の、企業売り上げが年々減少したことによって、歪なかたちで上昇しているということとなる。

求められているのは、不況で売り上げが減少して、労働分配率があがることではなく、
好景気で人件費が増加することによって起きる、労働分配率の上昇の方だ。

145 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 14:10:44
>>140
で、実際の雇用の場はデフレで倒産しまくったわけでしょ。
吸収する場が無かったから、非正規雇用が爆発的に増えたって
時系列で追っていけば自明でしょ?
供給サイドの政策って、賃金を低下させて裾野を広げろって事ですかw?
打つ手があれば、大手企業の何%かはやってても不思議じゃない。
ただ、中国のみが原因って意味ではないので。

>>141
確かに中国だけのせいではないですね。為替が高目で推移し続けたから
アメリカ製品も入り続けたし、韓国製品もでしたね。
中国に関しては総量が大きいから、デフレの固定化に貢献wしてる。

146 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 14:12:48
>>143
「貿易不均衡」を槍玉に挙げるというのも、アメリカの国内問題を対外的な
反発で解消したい当時のアメリカの財界や政界の意向だったんだろうな。

日本もプラザ合意でタナボタをもらったのに失政で見事に潰したけどorz

147 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 14:13:21
あーでも中国の為替レートが資本規制により強い影響を受けていたら金融政策や物価の動向は関係ないかも。

148 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 14:17:45
>>145
だから外国製品がどんなに入ろうが国内でシンプルに金融政策を打てば済んだのではないの?(本当は

それでも吸収できない雇用が残った場合に何かやらなくちゃいかんかったかもしれんが。
(それは労働者の転職を容易にするための教育政策かもしれないし、もっと
単純な次元で公共事業でもやれば良かったかもしれないが)

149 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 14:20:39
GDPデフレーターって輸入物価は排除されてるんだよね。
まあ輸入品との競合で国内の競合企業が値下げする可能性はあるけど、
とりあえず国内産品だけで見てもデフレは12年以上継続してるよー

150 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 14:22:12
>>145
このスレで延々と議論されていた円安政策を含むリフレ政策も、(実質)「賃金を
引き下げて裾野を広げる」政策であることに変わりはないな〜。だから、「」内
自体は致し方のないことだな〜。もっとも、正規→非正規の流れは、単なる賃金
引き下げと把握することはできないな〜。なぜなら、それは現在所得の引き下げ
のみならず、恒常所得見込みの引き下げまでを生じるものであるからだな〜。

151 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 14:23:48
>>148
同意です。為替のせいにしたくないのですが、個人的にはバブルで上がり過ぎたのが
下がらなかった事と所得水準・土地価等の物価が原因と思ってます。
結局は、小泉改革で倒産企業やリストラが続出して現在の好景気(?)があるわけですから
バブル後に段階的に政策を打っていけば、デフレの固定化はなかったのではないかと思います。

152 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 14:32:34
>>150
これはこれは、だな〜さん。レスdです。いつもレスを拝見させてもらってますw
「賃金を引き下げて裾野を広げる」事と、円安の同時進行くらいしか、デフレ脱却・
内需の再構築への道はつかないと思ってます。後はびみょ〜な関税コントロールを
外交と組み合わせてやるくらいなんですかね?

153 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 14:34:35
>>151
バブル期の過剰設備投資の償却ないし費消の終了と外需特需が景気回復の原因だと
思うがな〜。

154 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 14:37:27
過剰というのも景況・売上と比較しての話だけどね。
デフレが長引けばそりゃ調整も時間掛かるよ。

155 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 14:39:41
>>154
実際に、あの頃の痛手を引きずっている企業だらけですもんねw
なにか極端な政策をとる時期なんでしょうね。

156 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 14:40:04
>>152
さんざん議論されていた通り、デフレ脱却のために輸出振興を図る必要性はひと
かけらもなく、内需振興でもかまわないわけだな〜(どっちがよいのかはさらなる
検討が必要だけどな〜)。それは、結局のところ、日銀が、発行した日銀券を
国債と引き替えに政府に渡して政府に我が国産品を買わせるか、外貨と引き替えに
外人に渡して外人に我が国産品を買わせるかの違いでしかないからだな〜。

157 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 14:47:34
>>156
国産品を買わせるには人件費がかかり過ぎてたので、現在はそれを是正していく過程と
みていいんでしょうね。
政府もバカではないので次にどこを狙っていくのかですが、日本の価値を
すこ〜し落して為替のバランスを円安側に振ろうとしているように見受けられませんか?
今回の日銀の件で、すでにその気が出てるようにみてますが。

158 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 14:51:34
>>157
政治的に財政出動は困難になってしまったので政府には円安にするか減税するかの
選択肢しかないな〜。

159 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 14:54:49
>141 2004年版通商白書からの引用

 第1-1-4図を見ると、1991年1月〜2004年1月までの間、1997年12月を除いたほぼ全期間にわたって、輸入・輸
入競合商品の物価変動率はその他の商品よりも低く推移してきたことがわかる。ここから、輸入・輸入競合商品
は、全体の消費者物価指数を押し下げる圧力として作用したと考えることができ、ディスインフレ傾向をもたらす
要因の1つとなっていたと言える。日本市場に安価な輸入品が流入してきたことにより、輸入品と競合関係にある
国内品が厳しい価格競争に直面し、その結果、値上げができないまたは価格を引き下げざるを得ない状況に陥っ
たためと考えられる。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第1-1-6図 輸入競合品目の消費者物価指数と輸入数量指数の変化
(ry
以上のことから、輸入品との競合は価格の動向に影響を与えるが、それが規制緩和や流通革命と複合して発生する
ことの影響が特に大きいことが観察される。

http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2004/2004honbun/html/G1113000.html

160 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 15:04:53
年金、医療、社会保障。これらに手をつけて改革しないと個人消費は増えない
し、少子化にも歯止めはかからない。自民党を潰して官僚組織とのしがらみを
断ち切り刷新しないと無理だろう。ニートフリーターをはじめ低所得者の怒り
のマグマが臨界点に達した時、自民党潰しが始まるだろう。そしてそれにトドメ
を刺すのは民主党など野党ではなく、公明党だという気がする。

161 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 15:10:33
>>160
それもあるけど、民主党を育てる気持ちが日本にないと厳しいよ。
今の日本人は要求がきつい癖に何もしない。
その態度が自民党を悪化させている。国民にも問題がある。

162 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 15:16:11
お互い我慢ができないから問題が、大問題になってしまう。
戦争も同じだ。2007年問題で支えを失った今お互い我慢して
小学校レベルまで自分のプライドを落とす事が大事。
それが一番早い。

163 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 15:17:38
>>159
結局、流通革命や規制緩和を推進した政府ってなに?って事になるよね。
アメリカが不況になるから円安は許さないぞって流れに沿って放置したんでそ。
日本の内需が衰退した今は、「日本の円安おk。一緒に中国やアジア全域で
儲けようぜ」って事で適正化が進み始めたんでしょうね。
ゆとり教育も終わるそうだし、中国製品の輸入コストも国産品とかわらないものも
ドンドン出始めてる。・・・しかし国政ってスパンが長すぎるのが問題なのかもしれない。
方向転換も国民が気づかないくらい穏やかに進むから、進んでる方向がわかりにくいw

164 :162:2007/02/11(日) 15:18:18

団塊の世代までがコツコツやってきた事の恩恵を
受けてきて、そのコツコツを今の世代は知らずに
「自分が頭が良い」と勘違いして横柄になっている。

今一度基本に立ち返るべし。

165 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 15:25:17
>>159
流通革命その他それ自体は生活コストの低下であって非難すべきものとはいえないが、
高付加価値産業の振興に失敗して、流津革命その他で所得が減少してしまったのが
我が国の現在の状況であるな〜。

166 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 15:28:18
>>159
日本の貿易依存度は依然として低いから、仮に貿易財関係の
物価下落が進んでいたとしても、全体に与えるインパクトは小さくなると考えられる。
内閣府の計量分析では、輸入物価の下落1%あたり0.03%全体の物価を
押し下げるとされている、つまりその影響は30分の1。

167 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 15:28:35
>>161
民主はダメだな〜。自分たちの存在意義がわかっておらず、自民のアンチテーゼに
なれていないからだな〜。反自民の趣旨で投票することはあるが、民主も目的と
する方向は自民と一緒だから、積極的に支持する気にはならんな〜。

168 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 15:29:45
あと個別財の価格低下は他の財への支出を増やす影響も考えないと。

169 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 15:30:17
>>156

>輸出振興を図る必要性はひとかけらもなく

>外人に渡して外人に我が国産品を買わせるか

意図的に心アポの主張を回避してるなw
心アポの主張を認めるのがよほど悔しいようだw



170 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 15:33:51
>>169
奴は「輸出振興(外国産品排除)」しかありえないと主張していたのであって、
オレは相変わらずその主張を認めていないな〜。低能は相変わらず読解力がないな〜。

171 :君達の嫌いな公務員:2007/02/11(日) 15:39:50
>165
90年代には日本の複雑な流通構造やら規制やらが批判され
その結果規制緩和が行われた。

そして中小の流通業者は淘汰され、
大規模な量販店やら100円ショップやらが
乱立した。

結局俺のような安定した収入を得る人間が
一番痛み無く恩恵を受けたというわけだ。


172 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 15:40:49
>>156
>さんざん議論されていた通り、デフレ脱却のために輸出振興を図る必要性はひと
>かけらもなく、内需振興でもかまわないわけだな〜(どっちがよいのかはさらなる
>検討が必要だけどな〜)。

内需振興の方が国民生活としては
豊にならないか?
ってか、自国による舵取りが、
輸出振興のが難しそうだが。

173 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 15:42:31
>>167
だから育てないといけない。最近の日本人は育てるのを
面倒臭がってバブル世代で全てがストップしている。

174 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 15:49:05
>>172
オレはそのように考える(だから心アポと罵り合いになっている)が、そんなに
簡単に産業構造や労働者の資質の転換が進むのかという心アポの主張にも一定の
合理性はあるから、長期では格別、短期ではどちらがよいかはなんともいえないな〜。

175 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 15:49:16
>>173
う〜ん、、、本人達に育つ気がないw
ましてや連携しているのが社民、裏では自民と共闘しているので
ゆくゆくは党首脳が新党を結成するんじゃないかな。

176 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 15:51:36
>>170
>ひとかけらもない
としながら
>どっちがよいのかはさらなる 検討が必要だけどな〜

バカにはこれが矛盾と分からないようだw

177 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 15:53:39
>>176
デフレ脱却のための
手法の話だら〜?www

178 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 15:55:35
>>173
なるほど、そうなんですかね。
今日本人に足りないのは「男」の面白さ、「大人」の面白さ
がわかっていない事。
アメリカ人が「早く大人になりたい」と言う理由を日本人は
わかっていない。

日本の戦争経験者はわかっていたけど、自分で周囲に愛されて
安定したゆとりのある豪華な世界を作る事が可能なんだよね。
「大人」は。
「子供」はおこぼれをまつだけ。待つ側か、与える側か…。

株価が上がるのを待つのではなく自分たちの努力で上げる方が
楽しいし楽では?と言う事。

179 :178:2007/02/11(日) 15:56:40
>>175 へのレス。

180 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:04:26
毎回思うんだけどラッダイト君は最終的に何が言いたいの?
経済理論に関係ないチラ裏なら他所でやれ。

181 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:07:37
経済理論の基本的なところだけど…。

182 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:07:46
>>178
それは今の派遣など非正規雇用者を馬鹿にし過ぎ。
彼らは彼らなりの合理性でキャリアアップを目指しては居る。


183 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 16:09:19
>>173
オレははっきりいって民主には全く期待してないな〜。自民以下だな〜。余りに
頭が悪すぎるからだな〜。

チャンスはいくらもあったのだな〜。田舎vs都会でも、大きい政府vs小さい政府
でも、企業優遇vs労働者優遇でも、対立軸を打ち出すことはできたはずなのに、
奴らはバカの一つ覚えの「政権交代」しかいわなかったな〜。ホント、救いようの
ないバカどもだわな〜。

184 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:10:46
「ん」

185 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:11:43
>>180
経済学は、物理学が「自然科学の王」と呼ばれているのに
対し社会科学の女王と呼ばれている。

186 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:17:13
>>185
だから何?

187 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 16:18:11
>>176
内需振興によってもデフレ脱却は図れる以上、輸出振興する「必要性」はひとかけらも
ない、しかし、輸出振興によるか内需振興によるかの何れが「妥当」であるかは
更なる検討が必要、ということであって、どこにも矛盾はないが。

Jリーガーになっても金は稼げるから、金を稼ぐためにプロ野球選手になる必要は
ない、ただ、Jリーガーになるかプロ野球選手になるかの何れが妥当かには更なる
検討が必要である、と同じロジックだよ。相変わらず低能は読解力がないな。

188 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:20:29
>>186
わかっているくせに。このー。

189 :ホカロン:2007/02/11(日) 16:23:13
検討の必要なんてないね。
経常不均衡はいつの世でも国際問題であり、為替による均衡が求められている以上、
外需に頼っては、超円高に向かわざるお得ないんだから。

190 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 16:24:32
>>189
「長期では格別、短期では」を読み落とさないようにな〜。

191 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:24:54
>>188
kwsk

192 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 16:27:30
ちなみに、国内政治的には公共投資のオプションが厳しくなっており、国際政治
的には円安のオプションが厳しくなって来ているな〜。打ち手の幅はどんどん
狭まって来ているな〜。

193 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:30:54
>>183
でも今の自民党だけでは砂の上に割り箸を一本立てただけで
安定感が丸で無いのも事実。

194 :193:2007/02/11(日) 16:32:53
派閥でお互い牽制していたころに比べ今の自民は
独裁状態に陥って、上手くバランスが取れなくなっている。

195 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 16:40:04
>>194
派閥対立の基本軸は角福戦争の頃から田中派の民間指向対福田派の官僚指向であって、
後は泡沫派閥が個別政策毎にどっちに付くかという形であったわけだな〜。しかし
ながら、今の自民は民間指向派閥がパージされ官僚(財務省)主義政党となって
いるな〜。んで、民主の方向もそっちだな〜。だから、民主の存在価値はほとんど
ないな〜。

196 :ホカロン:2007/02/11(日) 16:41:38
>国内政治的には公共投資のオプションが

それはちと痛いとこだけどね。
公債残高の問題は日銀の買い切りオペで解決できるし、
公債の発行余地が無いわけではないので、
そこは比較的人気のある森永卓郎あたりに頑張ってもらいたい所だ。

197 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:42:19
円安政策って国際政治センスまるでないやつがやる愚作だろ

これまでどれだけ対日バッシングされてきたかわかってんの?

内需で自力で景気回復目指す気はないのかね・・・・?

198 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:43:12
>>192
あとは労働基準法を厳格に運用するくらい?

うまく商品価格に転嫁できるかどうか・・・

199 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 16:43:21
もっと正確にいうと、福田派中央集権管理指向対田中派地方活性化庶民指向の
対立軸だな〜。ボスの出自が色濃く出ているな〜。

200 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:46:40
教育・福祉にばら撒けば国民も納得するだろう。

201 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 16:46:44
>>198
単に厳格適用だけでは実質賃金高止まり失業増加となる可能性もあるわけだから、
賃金下落は許容しつつ解雇規制を厳しくする等の合わせ技が必要だろな〜。

202 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:50:04
>187 暇なので、プロ野球選手の収入とプロサッカー選手の年俸を調べて見た

プロ野球選手の年俸
 最低保障は年額440万円で、平均年収は3,743万。
プロサッカー選手の年俸
 プロB契約で年俸480万円以下・人数制限なし、Jリーガーの平均年収は1,000〜1,200万
 (平均引退年齢 約26歳)

野球選手には、ごろごろいる1億円プレーヤーもサッカーにおいては一人しかいないのが現状です。
(グランパスエイトの楢崎選手のみ)
http://ranking.tomrock.biz/2006/10/post_72.html

結論: 野球選手を目指せ!
..    プロになる競争率がほぼ同じである割りに、年収の差が大きい。



203 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 16:50:26
例えば、派遣業者に、登録者に対する最低賃金支払いを義務付けるなんて方策は
どうかな〜?>派遣の人

204 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:50:47
>>200
最近、公務員がおかしくてなんだか、目つきが変わっている。
バブルのころのまま高給を維持しているが返って
悪行を働く原因になってきている。その辺りに手を加えないと。

205 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:50:58
>>200
本当にそう思う。産業として強くなるくらいバラ巻けば経済も少しは上がったろうに。
でも、日銀はそうはしたくないんだろうね。

206 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:51:40
日銀引き受け→外為会計→国内関連産業へ発注

みたな裏技ない?

207 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:53:09
>>203
派遣の人は消費性向が高そう!w

208 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 16:53:46
>>202
個々に考えると、技術はないがスタミナはある/スタミナはないが技術はある、
等の要素も検討の必要があるのではないかな〜?

209 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 16:56:39
>>202
実は野球より競艇競輪の方が生涯賃金は高いよ。

210 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 16:57:51
>>206
紐付きODAw

211 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 16:59:18
>>209
いま金が欲しいのか生涯賃金で考えるのかでも変わってくるな〜。

212 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 17:01:02
>208
プロ選手の運動神経は両者でそんなに遜色無いと思うけど。
調べてみて余りの差にビックリしたんで、カキコしただけ。
>200
教育、医療、介護については、思いっきり予算を搾りこんでる。
厚労省の役人は、総計で伸びてるって言ってるけどね。

213 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 17:02:13
>>192
土建では無く介護や医療に対する
政府支出拡大なら国民の理解を得られるんじゃないのかな

214 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 17:04:42
>>212
いや、なかなかおもしろいデータだったな〜。これも一つのアノマリーだろな〜。

215 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 17:05:05
>>206
全世界の途上国全ての地域に上下水道事業を展開すると20兆円ぐらいになるらしい。

216 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 17:06:50
政府による再配分強化と内需振興、急激な通貨高は外債積み上げの為替介入で
いい。円市場の拡大からくる円需要の増大、その結果としての円高はむしろプラス
の影響が大きいだろう。国全体としての実質購買力や賃金の高まりは、国内の高付
加価値産業を育て、生産性を高めることにも繋がる。通貨高の「調整」が来ても、積
み上げた外債でまた為替介入すればいいだけ。

217 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 17:07:33
>>213
問題は、医療や介護がそこまで高付加価値か、というとこだろな〜。

218 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 17:11:29
>>217
医療は価値が高いかどうかはともかくニーズは高いから国民の納得が得やすいと思う

219 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 17:12:21
>>215
第3世界に上下水道を作るのと我が国のど田舎に上下水道を作るのと、どちらが
我が国民のためになるかな〜? 全世界的な効用増加は前者の方が高いだろうけどな〜。

220 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 17:21:01
>>218
んじゃ3割負担を2割負担に戻し、医学部学生向け奨学金を拡充し、かつ医師国家
試験の合格者を増やす等がよいのかな〜。いまは全部逆をやっとるな〜。

221 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 17:26:24
>>216通貨高の「調整」が来ても、積
み上げた外債でまた為替介入すればいいだけ。

馬鹿は消えろ




222 :派遣の人:2007/02/11(日) 17:27:01
>>203
個人的には派遣に最低賃金の設定をするのは別にかまわんのだが、
最低賃金を市場の実状に合わせるのを怠ると派遣業者がたくさん潰れそうだなーw
ま、派遣会社など潰れちまってもかまわないと言う人は多そうだがなーw

また、派遣会社にだけそういう責任を投げられてもと思うなーw
俺達もクライアントには逆らえないので、派遣を使う企業にも責任背負ってもらいたいなー
とくに解雇規制なんかに関しては、派遣会社だけでどーにかなる訳もないなーw
『派遣が使えなくなったから契約社員にしよう。正社員登用はナシで』とか言いかねんなーw

223 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 17:30:57
あいかわらず馬鹿ばっかだな。ここは。
内需拡大って、そのうち一番大きな個人消費が伸びたら
インフレになってしまうだろうが?
名目賃金のびたらインフレになってしまうだろうが?
日銀が、デフレターゲットやっている限り
インフレにはならない。よって、内需拡大のための
いかなる愚策も駄目ってまだわからんのか?
馬鹿は、どうしようもないない。

224 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 17:38:33
>>223
デフレターゲットやめさせるにはどうすりゃいいの?

225 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 17:40:16
>>222
趣旨としては、登録者を派遣会社の正社員と扱うってことだな〜。オレは雇用の
需給変動の調整役としての派遣会社の存在意義を否定するつもりはないから、別に
派遣会社をイジメようという意図はないのだが、不安定な派遣の連中の身分安定を
図るには誰かがその分のリスクを負担をしなきゃならないとは思うのだな〜。んで、
クライアントをいっぱい持ってでリスクヘッジしやすい派遣会社に負担してもらう
のが妥当かなと思ったのだな〜。

226 :派遣の人:2007/02/11(日) 17:42:34
>>203
つーか、直接雇用の契約社員より、派遣社員のほうが時給が高い、なんてことはザラにあるんだよなーw

正社員は保険関係の福利厚生コストがあるから、単純に時給では比較できんが、
しかし月給18〜22万の正社員(サビ残人生)って、派遣とどっちがマシなんだろなー?
世の中にはダメ企業が非常にたくさんあるのだから、最低賃金や解雇規制は、
派遣だけでは無く、労働者全体で考えるべき問題ではないのかなー?

とりあえず施策を考える前に、労基署の活動と権限の強化が先ではー?
多くの企業は今の法律すら守ってないんだからなー。

227 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 17:43:44
>>223
そんなに日本を中国にしたいのか〜?

228 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 17:45:14
>>224
政府与党が、物価目標を明示(あるいは政府が決定できるようにした)し、かつ、それを実現できない総裁は、条件付で
政府に解任権をもたすような
日銀法改正案を国会に提出して可決する。

229 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 17:46:10
>>226
さっきも書いたが、派遣の身分安定を図る代わりに賃金水準を引き下げるのはあり
だと思っているのだな〜。

230 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 17:48:54
>>229

馬鹿だな〜の馬鹿ぶりが加速してきたな。

231 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 17:52:07
派遣がどうのって馬鹿じゃない?
諸悪の根源は日銀なのに。
派遣法の規制緩和は、日銀のデフレターゲット政策に順応したもの。


232 :派遣の人:2007/02/11(日) 17:54:09
>>225
それには派遣社員の働きの評価制度が必要だなー。

正社員に比べリスクが多いからその分を負担する、というのなら、
派遣のスタッフさんに正社員に近いような働きも求める必要があるなー。
もちろん優秀なスタッフさんもたくさんいるのだが、
バックレする奴やトラブる奴、やる気ない奴もたくさんいるんだなーw
なのに全スタッフさんに会社の金で一律保証するのは話が通らないなーw
こっちも世で思われてる程は余裕は無いし大儲けをしちゃいないなー。
社保のスタッフ全員加入促進だけでも、数人がかりで一日中電話してるんだからなーw

233 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 17:54:46
>>226
金融政策か財政政策かって考えるよりもだめ企業の底上げを考えたほうが早いかもねww

234 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 17:55:17
>>220
お前は民主党員か?
財源を無視して机上の空論を展開すりのはアホだ。

235 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 17:55:53
>>230
登録さえしておけば派遣先が決まらなくとも一定の給付が得られる代わりに、
派遣先が決まったときの給付が下がる、別におかしくもなんともない話だがな〜。

236 :派遣の人:2007/02/11(日) 17:56:22
ん、なんか俺誤読してるな、多分

237 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 17:57:38
>>223
>日銀が、デフレターゲットやっている限り


具体的に日銀が何のデフレターゲット政策やった?

238 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 17:59:53
>>233

マクロの問題と個個の企業の問題を混同する大馬鹿。
なら、おまえのような馬鹿は、日本から追放する必要があるな。
日本は、優秀な人間と企業だけ残れば全部うまくいくっていう考えと同じだ。


239 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:00:24
派遣を正社員でなくとも正社員並みの給与にしろ。

240 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:01:59
>>237
デフレ時に、なんども金融引き締めやってますけど、それがなにか?


241 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:02:56
>>239
正社員並みの給与がほしいなら正社員になればいいじゃない

242 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:03:20
>>240
それは、デフレターゲット政策とは意味が違うだろ

243 :ホカロン:2007/02/11(日) 18:05:43
ゼロ金利にしたところで、実質金利は高止まりしてるんだから話にならんな。

もはや日銀には当事者能力がないつーことだ。

244 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:06:01
>>240
イットバブルなんて日銀が引き締めなくても崩壊してたよw

245 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:06:06
>>242
なんで? 世間では、日銀がデフレターゲットやっているっていうのは
常識だ。

246 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:06:24
>>241
なればいいって、自分がなりたいと希望してなれるなら、それこそハケン
に就いている人は全て自分の希望で派遣になっているわけだから、何も
議論する必要も無いわけで。

247 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:07:49
>>243実質金利は高止まりしてるんだから

おまえのような馬鹿でも、日銀がデフレターゲットやってるのは知ってるようだな。




248 :ホカロン:2007/02/11(日) 18:09:47
「物価水準がゼロ%を超えて安定的に推移する」

と日銀は宣言してるけどな。バカ君。

249 :派遣の人:2007/02/11(日) 18:10:35
>>235
あ、そゆことな〜。

すまん、20時間ほど徹夜麻雀してきたので、疲労で思考能力が腐ってるようだなーw

で、その意見に関してだけど、アリっちゃアリなんだけど、ひとつ疑問があって、
就労状況問わず全てのスタッフさん一律で賃金が下がるのか、
それとも個々のスタッフさんの就労状況によって、給与が下がるのか、どっち?

250 :ホカロン:2007/02/11(日) 18:12:51
派遣の登録者って宗教団体と一緒で重複してるし。

稼動者の10倍ぐらい登録者がいるんじゃねーの。

251 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:14:37
>>232
派遣会社は暴利を上げてんだから
少しくらい負担しろよ

おまえが言ってるのは全部、会社の経営、管理問題だろうが
それをいままでロクにやって来なかった言い訳に過ぎん

252 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:19:07
>>248
デフレ時に量的緩和解除もゼロ金利解除も行われたから、
その約束はすでに破られた。2000年のときも嘘ついた。
よって、誰も日銀がそんなこといっても信じない。
だいたい、おまえの言っていることは矛盾してるじゃないか?
実質金利が高止まりしている、といいながら、日銀は、0%以上安定的
って。 インフレ期待があるなら、実質金利は下がるだろ。
なのに、実質金利が高止まりしているって言ってるんだから
おまえも、日銀がデフレターゲットやってると思ってるってことだ。



253 :バカロンの馬鹿矛盾:2007/02/11(日) 18:22:18
243 名前:ホカロン :2007/02/11(日) 18:05:43
ゼロ金利にしたところで、実質金利は高止まりしてるんだから話にならんな。

もはや日銀には当事者能力がないつーことだ。


248 名前:ホカロン :2007/02/11(日) 18:09:47
「物価水準がゼロ%を超えて安定的に推移する」

と日銀は宣言してるけどな。バカ君。



254 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:23:31
アメリカは最低賃金を上げたみたいだね

255 :派遣の人:2007/02/11(日) 18:26:49
>>ホカロン氏
そうなんだよねーw
全ての派遣会社の登録数を全て合わせると、えらい数になるだろなーw

んで、だな〜の提案で厳しいと思うのは、

スタッフさんの数多すぎで、俺らも稼動してないスタッフさんを把握するのは難しい。
やるとしたら一律給与低下になるだろーけど、そうすると就労が長いスタッフさんが損。

で、就労状況による給与の低下の不公平をなくすために、
個別のスタッフさんの就労状況に応じた保証をしようとすると、
保証に連動した賃金の低下率を万人単位で処理することになり非常に難しいっつーか無理ポ

だなー

256 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:27:06
実質金利=名目金利 − 期待インフレ率

0%  =  5%  − 5%    インフレ経済

10% =  5%  − −5%    デフレ経済


デフレになると実質金利が上がり、借金(=債務)の負担も重くなる。


実質金利が高いのは、デフレだからだろ。
デフレであれば、物価下落する分の金額も金利負担となって重くのしかかる。

これはデフレから脱却できなければ解決できる問題ではない。

日銀にできるのは名目金利をゼロまで下げること。
実質金利まで日銀が下げれるわけないだろ。
むしろ日銀ではなく、政府の問題だろ。

金融馬鹿は、労働分配率の問題といい、実質金利といい、単純な計算式もわからんとはな。


257 :254号 :2007/02/11(日) 18:36:43
>>255
>スタッフさんの数多すぎで、俺らも稼動してないスタッフさんを把握するのは難しい
 
派遣業の管理能力って酷いんだな・・・(笑

258 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:39:29
万人単位もいるの?w
だったらエラく儲けてそうだがな

管理能力低すぎ
明らかにぼり過ぎてたな
少しはスタッフに配分したらよかろう

それで潰れるというなら潰れろ


259 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:39:33
>>256
将来の金融政策にコミットすることで期待インフレ率に働きかけることもできるよ。
ゼロといっても短期だし。

260 :派遣の人:2007/02/11(日) 18:41:11
つーかなー

派遣会社がどこも暴利を貧ってると思うなー!
ならなんで俺たちの給与がこんな安いんじゃー!
ウチの会社の利益率がこんなに少ないんじゃー!
請負じゃあるまいし、発注グロスで請けて中抜き放題、なんてできんのじゃー!
管理が甘いとか言ってるけどなー

お前ら数万人のスタッフの中から、保険に入ってくれないめんどくさがりのスタッフ探して
わざわざこっちから電話かけて『保険入ってくださいねー』って一日中やってられんのかコラー!

請負は保険なんかないから、んな面倒なことしなくてもいいんだよチキショー!

261 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:41:18
>>256
日銀にできるのは名目金利をゼロまで下げること。
実質金利まで日銀が下げれるわけないだろ。
むしろ日銀ではなく、政府の問題だろ。

またまた馬鹿かよ。日銀がデフレターゲットやっているから
期待インフレ率が0以下なんだろう。
物価の水準は、日銀の問題。なんで、政府が出てくるんだ?
もう、馬鹿すぎてお話にならんな。
物価が政府の問題っていうのが財政馬鹿の馬鹿論かよ。馬鹿すぎ。
じゃあ、金融政策の目的はなんなの?



262 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:41:27
>>258
実際登録だけで稼動してないスタッフなんてツタヤの幽霊会員みたいなもんだろう。
儲けにも何もなりそうもないが。

263 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:42:08
>>172
日本のような経済大国が輸出だけに頼って経済成長するのは
かなり難しいだろう。一人当たりのGDPが途上国より高く、
賃金が高くなる。

さらにグローバル市場という考え方もある程度割り引いて考える
べきだろう。なぜ輸入するのかと言えば、それは輸入品相当の
ものを国内で生産できないから補っているからである。

そして、多くの場合、最も市場性が高く、規模が大きいのが
コモディティの市場である。したがって、輸入で国民を養うとすると
できるだけ安い原材料で、できるだけ安い労働コストを使って
生産を極大化し、生産の増加に比例して海外で消費される
ことが最低限必要となる。これらはかつての日本では可能だった。
なぜなら、アメリカや欧州よりも経済規模が小さく、人件費が
安かっためである。

ところが現在日本の労働コストは世界でも最も高い部類に入る。
それは日本が世界有数の経済大国であり、資産規模でも
アメリカに次ぐ大きさを誇っているからに他ならない。

逆に言えば、輸出に頼る産業構造を維持するためには、次の
条件が必要になる。

・外国人を使って製造原価を引き下げる
・円をできるだけ安くし、日本の経済規模を可能な限り圧縮する

前者は国民の賃金引き下げ要因になり、後者は資産の海外
流出を引き起こす(円が安くなるのが分かっているのに、
ドル建て資産に換えないアホはいない)。

それでも輸出優先でやる意味があるのか?

264 :派遣の人:2007/02/11(日) 18:43:13
>>262
幽霊会員でも連絡はしなきゃいけません。チキショー!

265 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:43:23
派遣会社叩いてなら、諸悪の根源日銀を叩きな。
そんなミクロの問題どうでもいいから

266 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:46:05
>>263
日本語がめちゃくちゃになっていた。直す
---
日本のような経済大国が輸出だけに頼って経済成長するのは
かなり難しいだろう。一人当たりのGDPが途上国より高く、
賃金が高くなる。

さらにグローバル市場という考え方もある程度割り引いて考える
べきだろう。なぜ輸入するのかと言えば、それは輸入品相当の
ものを国内で生産できないから補っているという理由でからある。

そして、多くの場合、最も市場性が高く、規模が大きいのが
コモディティの市場である。したがって、輸入で国民を養うとすると
できるだけ安い原材料で、できるだけ安い労働コストを使って
生産を極大化し、生産の増加に比例して海外で消費される
ことが最低限必要となる。これらはかつての日本では可能だった。
なぜなら、アメリカや欧州よりも経済規模が小さく、人件費が
安かっためである。

ところが現在日本の労働コストは世界でも最も高い部類に入る。
それは日本が世界有数の経済大国であり、資産規模でも
アメリカに次ぐ大きさを誇っている。もし、輸出に頼る産業構造を
維持するためには、次の条件が必要になる。

・外国人を使って製造原価を引き下げる
・円をできるだけ安くし、日本の経済規模を可能な限り圧縮する

前者は国民の賃金引き下げ要因になり、後者は資産の海外
流出を引き起こす(円が安くなるのが分かっているのに、
ドル建て資産に換えないアホはいない)。

それでも輸出優先でやる意味があるのか?

267 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:46:29
>>260
>ならなんで俺たちの給与がこんな安いんじゃー!
>ウチの会社の利益率がこんなに少ないんじゃー!
株の配当で出て行ってるんじゃね?
それか経営者報酬な

268 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:49:00
>>261
名目金利をゼロまで長期間引き下げてきたが、
物価水準はマイナスのままだったが。

こいつ頭の中では、金利と物価と経済成長の相関関係が理解不能なんだろ
 
ゼロ金利だけで景気回復できてるなら、ゼロ金利の90年代でとうに解決できとるわ

269 :254号 :2007/02/11(日) 18:54:57
>>265
確かにターゲット置いて見るのも面白いかもしれんな。
バブッタ部分は「規制で対処頼む」も付け加えて。(笑

270 :派遣の人:2007/02/11(日) 18:57:08
>>267
つーか、実際には思われてるほど利益出てないよ
ただ、世の中が不況だからめだってるだけ。
他の業種が不景気で元気がないから、相対的に元気に見えてる。
あと、昔は利益ウハウハ出てたらしいけど、その結果規制も厳しくなって、旨味は薄れたんだろね…。
俺はその時代は知りませんけど、商売ってなんでも最初は利益率いいもんだよ。
そして、成熟にしたがって、だんだん利益はでなくなるもんだよ。

請負はね、規制のうるさい派遣に比べ、法律が未整備だから、けっこう、イケイケというかなんつーか…。

271 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 18:57:56
>>268

0金利になったのは90年代末だろ。それに将来も低金利が継続するというのが大事。現時点での0金利だけでデフレ脱却できるというわけではない。
日銀はデフレでも利上げをやるから今緩和してても将来引き締められると思われるので効果がなくなる。

>>261

FTPLとかだと財政と物価は無関係とはいえない。

272 :派遣の人:2007/02/11(日) 19:04:22
ちなみに俺は請負と派遣の『スタッフ経験』があるんだけどさ

請負は管理ズルズル、現場ごまかしだらけ、コンプライアンス無視、書類改竄、労働過酷、保険など保証ナシ、
といった感じで、正直死ぬかと思ったよ。

あと、製造派遣とか経団連関係、及び法律違反で問題になってんのが、
いわゆる請負会社ばっかりだと言うことを忘れないでくれよ。
一般的には同じ『派遣』かもしれないけど、中身は法律レベルで別物なんだから…。

273 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 19:05:40
>>271
金利は景気変動に合わせて、金利も変動させるのが普通だ。
景気が回復しても、低金利のままはありえないし、その必要もない。

>今緩和してても将来引き締められると思われるので効果がなくなる。

これには根拠はない。
資金需要自体がないわけで、借りたくても、金利がネックとなってるわけではない。
ゼロ金利によるもともとの効果が微少で、景気回復には結びつかないだけ。

274 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 19:06:58
量的緩和でも、金融緩和でも、そして逆噴射でも銀行の貸し出しにはそれほどの変化が無いから
金融政策の直接の影響はそれほど大きくなかったと言えるかもよ。
金融政策は副作用が少ない分、それだけじゃ上手いこと効果が出ないときもあるんよね。

銀行の資金調達金利は金融政策で直接操作できるけど、銀行の貸出金利はぶっちゃけ銀行のさじ加減一つだからな…。
社債などで自前で市場から資金調達ができるほどの信用のある企業なら話は別だろうけど…。

銀行が調達した資金を金融資産市場に流したって、それだけじゃ実物経済への影響は無いし、
海外金融市場に流れた場合は、金融機関等にとってはそれで利益出せるからいいけど、
「円」が動かないので国内にしか営業基盤の無い企業には金融緩和の恩恵など回ってこないだろうね…。

実物経済の変化がなければ(デフレのままじゃ)資金調達意欲も湧かないわけだし、
景気が悪いからこそ資金需要を高める企業には貸し出しするところなんてないだろうし…。


275 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 19:07:14
>>187
じゃあ以下とも言えるな

デフレ脱却のために内需振興を図る必要性はひと
かけらもなく、輸出振興でもかまわないわけだな〜
(どっちがよいのかはさらなる検討が必要だけどな〜


どっちが良いか検討の余地があるのに輸出振興の必要性は
全くない、と余計なことを言うところが心象操作だと言ってるんだがw
相変わらずの低脳ぶりだwww

276 :254号 :2007/02/11(日) 19:14:08
>>274
そこで日銀地方土地価格上昇ターゲットですよ。w

277 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 19:15:39
>>273
>資金需要自体がないわけで、借りたくても、金利がネックとなってるわけではない。

消費や資金需要が将来のインフレ率と無関係というほうが根拠内と思うが。
将来大幅なインフレになるのに金も駆りも使いもしない馬鹿ばかりというのは現実離れしすぎ。

>金利は景気変動に合わせて、金利も変動させるのが普通だ。景気が回復しても、低金利のままはありえないし、その必要もない。

十分に回復してないうちから利上げするから批判されてるということがわからないのか?

278 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 19:18:24
インフレに対して、家計は4割、企業は6割方、適応的期待形成。
そして銀行の貸し出しは企業主体。
馬鹿ばかりではないが、馬鹿は結構いる。

279 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 19:19:24
資金需要内から低金利が無意味という馬鹿はキャリートレードとか知らないんだろうか。
仮に国内になくても海外にはある。世界中のどこにも資金需要がないと思ってるなら妄想激しすぎ。
高インフレになるまで0金利が続くならもっと外人は刈りまくって円安になるだろうよ。
0金利がどれくらい続くかという予想によってどれほど円安に出来るかも違ってくる。
現時点での金利をいじれないから効果ないというやつはクルーグマンでも読み直しとけ。

280 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 19:24:28
>>277
将来のインフレ率は、予測不能だろう。

>十分に回復してないうちから利上げするから批判されてるということがわからないのか?

微少な景気回復があれば、微少な金利上昇があっても、金融には問題はでない。
微少な景気回復であれば、ゼロ金利を通せというやつはいるが、
そもそも、低金利是正は外圧が強いからだろう。
低金利による円安政策で、輸出に依存した景気回復はやめろと、国際会議では非難されまくってるんだから、
風圧が激しい日銀が対外的に低金利政策に耐えられるわけないだろう。


281 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 19:25:56
>国内になくても海外にはある。

国内の景気回復ではなく、外国の景気を回復させて何するんだよ。

282 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 19:33:15
>>281
海外の景気回復→海外の消費意欲増→その一部が日本製品の購入につながる

ってなそうだいな波及経路を描いてるんじゃね?
まあ、日本は上級財の輸出が多いと思うから悪くないかもねw

283 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 20:04:11
円をどんなに低金利で調達してもどこかで為替を通って外貨になるしかない。
為替で交換された円も円経済圏に有望な投資先が無ければ「貯蓄」されるだけ。
もちろん、円安で恩恵を受け、なおかつ合理的期待形成で動く企業もある。
しかし、その一部の企業から全体の需給に波及するまでにどれだけの時間が掛かるか。
素直に内需を直接刺激した方が即効性が高いし、コントロールも容易。

284 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 20:09:36
日本の悪い所は、庶民が堕落して社会が荒廃したら
生活を落とし過ぎる所でもある。
上げ過ぎるし落とし過ぎる、落とした方も苦しみが大きい。
調整が下手な国民だ。

285 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 20:13:42
自民党だって落とし過ぎかなって思わないのかね。
だって要らない金のために苦しむって仏教で言う「餓鬼」
でしかない事を知っているはずだけど…。

286 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 20:21:56
>>280

強いといえるほどの外圧なんかあるか?非難されまくるというのは大げさすぎ。海外には利上げは時期尚早という人もいるんだが。
それに円安が問題なら介入すればいいだけで利上げは不要。金融政策は物価のためにある。

>>281>>282

何で海外に貸す=海外の景気優先になるんだよ。
外国が借りれば、円安になり輸出は増えるし輸入品から国産品にシフトする。日本の景気回復にもつながる。
ココス年失業倒産が減ったのも外需のおかげでもある。

>>283

内需を刺激しようが貨幣は最終的に貯蓄に回るだろ。

287 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 20:25:06
>>286
>円安が問題なら介入すればいいだけ

準固定相場制の復活?

288 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 20:29:11
金融の効果が小さいという奴は財政なら効果がでかいと思ってるんだろうか?
でかいなら数十町やっても成長率が今と大して変わらなかったというのは同思ってるんだろ。
小渕のころは失業率今より高かったし、雇用をうみやすいとはいえないだろ。ましてや衰退産業ばかりに金つぎ込むならなおさら。
とかいうと規模が足りなかったと言い出すだろうけど、買いオペの規模が足りないからデフレが続くというのとどこが違うのやら。
要は公共事業がほしいだけで景気が回復するまで規模が小さいといい続けるだけの話なんでしょ。

289 :285:2007/02/11(日) 20:29:26
安定感が無い事もまた、堕落した社会には必要な事。
その点ではさすが自民党。しかしやり過ぎると
歯止めが利かなくなり暴力団に全てつぶされる。

290 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 20:37:31
国民が横柄になるなんて当たり前にどこの国でもあるからね。
周期的に。
そこできちんと調整できるかがポイント。
自民党は今回、の大役を果たせるかな?

291 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 20:39:24
>>286
>円安になり輸出は増えるし輸入品から国産品にシフトする
まだこんなこといっている人がいるのねw
海外市場で円が使われていない以上、円で利益を得ようとするなら為替を通さなければならないわけですよ。
で、為替での交換なら円を買うには円を売る人がいないと話にならないわけですわ。
結局国内で動く円の量に変化が出るとは考えにくいわけで…。

>内需を刺激しようが貨幣は最終的に貯蓄に回るだろ。
貨幣流通速度ってご存知ですか?

>>288
>金融の効果が小さいという奴は財政なら効果がでかいと思ってるんだろうか?
中には本気でそう思っている人もいるだろうが、この板での基本は
「財政政策は副作用が強く、しかも効果的に使われなければ効果も期待できない」だと思うよ。
2択じゃなく、どういう効果があるのかを抑えたうえで、上手く併用していこうなって話。

>小渕のころは失業率今より高かったし、
派遣や請負問題は少なかったけどなw

292 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 20:42:06
ララアが死んだ時に「時が見える」と言った意味がわかるかどうか
の違いか。

293 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 20:56:17
>>291
>海外市場で円が使われていない以上、円で利益を得ようとするなら為替を通さなければならないわけですよ。

円で利益を得なければならないなんてどこで決まったんだよ。下らん思い込みはやめれ。

>結局国内で動く円の量に変化が出るとは考えにくいわけで…。

でも現実には外需主導の景気回復でもマネーサプライは増えたし、物価下落率も縮小したんだけどね。

>貨幣流通速度ってご存知ですか?

将来インフレ率が高くなる場合とそうでない場合とどちらが流通速度が上がるかぐらいわかるだろ。

>派遣や請負問題は少なかったけどなw

失業よりマシだな。

294 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 20:56:35
>>249
どっちもありだろ〜。そこは派遣会社間で競争するのだな〜。

295 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 20:57:46
>>275
ははは、だな〜は相変わらずだな。
午前3時近くの>>4といい、どうしても自分が間違っていないことにしたいらしい。
まったく、こういう凄まじい執念の原動力が何なんだろうな?

そういや、>>187を見て思ったんだが、何故かだな〜は代替効果を避けている。
円安になれば代替効果で内需も上がるのに、だな〜「円安は輸出振興効果しかない」という印象操作を狙っているのかね。

296 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 21:00:19
円安で輸入品の価格が上がるってのも正直微妙…。
日本は貿易黒字国、つまり外国は日本製品を購入しているほうが多いわけ。
ってことは、外国が貿易で考えることは「日本製品の購買力」ってことになるはず。
つまり、商品を売ってどれだけの自国通貨を得られるかは問題にならず、
どれだけの日本製品を持ち帰れるかが問題になるわけ。
日本製品を買うには「円の購買力」のみを気にすればいいのだから、
(為替変動では日本の物価に変化が無いとするなら)
円での販売価格を上げる必要はまったくもってこれっぽっちも無いわけですよ。外国にとっては。

結局、海外製品、もしくは原材料を輸入している日本の業者だけがその悪影響をかぶるだけになるんじゃないかな?

297 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 21:01:13
>>291
>で、為替での交換なら円を買うには円を売る人がいないと話にならないわけですわ。

それ、銀行がやってくれるぞw

298 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 21:13:31
つーか、財政ばーーかは、この数年のデフレ解消過程(完全解消する前に日銀がが潰した)
すなわちデフレギャップ縮小の事実を認めたくないようだな。
そこまでして、財政にこだわる理由って何?
財政の場合、追加30兆円を3年続けても、どんどん効果が落ちていくし、
それが個人消費に波及する確証の程度は、為替経路の場合と同じだ。
だいたい、追加30兆を3年も続けられんのか?
仮に、できても、日銀が、デフレターゲットやっている限り、絶対に名目賃金や
個人消費に波及することはないのだよ。なぜなら、波及したらインフレになってしまうから、
その前にフォワードルッキングとやらで波及しないように金利上げていくからね。


299 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 21:18:28
>>297
銀行(金融機関)が海外金融資産への投資のために円売りドル買い→外国の企業は安く資金調達が出来てウマ─!
             ↑                                        ↓
輸出企業が海外で得たドルを売って円買い、大半を貯蓄←景気がいいので消費も増えて、その恩恵に与る日本輸出企業
  ↓
その恩恵に与れる一部の人(経営者・株主等)の需要がほんの少し改善

ってな流れで恩恵に与れる富める人はどんどん富み、貧しい人はさっぱりってな二極化が進んでるんだろうな。

300 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 21:21:02
>>296
>円安で輸入品の価格が上がるってのも正直微妙…。

うそこけ、円安ならば国産品より輸入品の価格が上がるだろ。

円安になった場合、円ベースで考えると、
国産製品:製造原価のうち輸入原料の分だけ価格が上昇。
外国製品:製造原価の全てが上昇。20%円安になれば製造原価が20%上昇する。

どう考えても、国産品の方が価格競争力が上がる。

301 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 21:24:58
>>295
何回も繰り返しいっているが、代替効果の話は貿易財をどこで生産するかの問題に
帰着する。いちばんシンプルな例えでいえば我が国が食料の輸入をやめ自国内で
生産するなんてのがあげられるが、これは、明らかに、我が国が豊かになる方向ではない。

302 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 21:25:52
日銀の逆噴射をどうでもよいことと言う人などこの板では皆無だってのに、
日銀、日銀、とわめき続けている人って、
よっぽどに地銀に酷い目に合わされたのか、
日銀をスケープゴートにしなきゃならないと考えているかだろうな。
ひょっとして旧大蔵官僚? いや、文章からするととてもそうは見えないなw。

303 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 21:29:48
>>299
>銀行(金融機関)が海外金融資産への投資のために円売りドル買い

あのな、>>297は輸出企業が決済用に利用している銀行は両替もやってるってだけの話だろ。
オメーってバッカじゃねーのか?

304 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 21:30:42
>>300
国内と海外を同じベースで考えたらどっちも変わらないのだが。
製造原価の全てが上昇って上昇するのは円ベースと外貨ベースとを比べてだ。 真性だな、こいつw

305 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 21:31:49
>>301
馬鹿言え、国産品の需要が上がれば雇用や賃金も増えるじゃねーか。
こんな基本的なこともわからねーのかよ。

306 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 21:34:38
>>304
>国内と海外を同じベースで考えたらどっちも変わらないのだが。

おいおい、円安になれば人件費で差がつくだろ。
まさか、製造原価に人件費が含まれないとでも思っていたのか?

307 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 21:47:43
>>286
>海外には利上げは時期尚早という人もいるんだが。

政治レベルではそれはない。

308 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 21:48:54
>でも現実には外需主導の景気回復でもマネーサプライは増えたし

増えてないから問題なんだろ

309 :254号 :2007/02/11(日) 21:53:28
>>305
方向性としては確かに言えるよ。
鎖国して、機械ぶっ壊して衣食住を人海戦術でやれば
供給不足になるし、生存ラインの職だから確保も必死になるしな。
年貢が厳しいと死ぬが。
それよりコテ出せコテ。

310 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 21:57:24
>それに円安が問題なら介入すればいいだけで利上げは不要。

税金を為替につぎ込む愚策はさすがにもう取ることはない。

311 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/11(日) 21:59:49
>>309
おいおい、これは代替効果の話だったろ。
なんで、そんな間抜けなレスが返って来るんだよ。

312 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/11(日) 22:01:07
>>310
税金って何のことだ?

313 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 22:10:58
>>310
馬鹿は口出すな。

314 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 22:18:04
金融阿呆は、為替への市場介入はタダでできるとでも、
思ってるいみたいだな

ようするにこいつらは、国外への資金誘導で、
金融取引で儲けてる阿呆なんだろ

315 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 22:25:38
>>187
輸出振興によってもデフレ脱却は図れる以上、土建振興する「必要性」はひとかけらもない


316 :ホカロン:2007/02/11(日) 22:27:41
税金じゃなくて、政府短期証券を発行して米国債買いをしたのだな〜。


ホイチョイのバブルへGo!って3流映画オモロかったよ。

317 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 22:30:07
>>314
ただじゃないよ。大もうけだぞ。究極のキャリートレードだからな。

318 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 22:33:51
>>316
円安阻止の介入は、その逆だから。 馬鹿だな〜

319 :ホカロン:2007/02/11(日) 22:37:51
なんだよ円安阻止の介入って。

いつやったんだ。そんなの。
やってねーから不要な外貨準備が増えまくってるんだろーに。

320 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 22:40:02
>>319
流れを見直してから書けよ。馬鹿ろん


>>310 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2007/02/11(日) 21:57:24
>それに円安が問題なら介入すればいいだけで利上げは不要。

税金を為替につぎ込む愚策はさすがにもう取ることはない。


321 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 22:43:30
>>316
>政府短期証券を発行して米国債買いをしたのだな〜。

政府短期証券=国債=国民負担=税金

322 :ホカロン:2007/02/11(日) 22:45:36
なんだよその小学生並みの3段論法はwww

323 :ホカロン:2007/02/11(日) 22:58:30
しかし万札かざしてタクシー止めたり、ビンゴゲームの景品が札束だったりハワイ旅行だったりする
光景を思い出したら、ここでのしみったれた円安論やら配分論がアホらしくなってきたな〜。

なにしろバブル期には対ドル100円を切る円高でも好景気だったからな〜。

324 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 23:02:01
>>323
バブル期には対ドル100円を切る円高でも好景気だったからな〜。

対ドル100円を切る円高って? 馬鹿だけじゃなくパーか?

325 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2007/02/11(日) 23:05:33
改革がぜんぜん進まなくなった。どんどん悪い方向に向かってる。
改革をスピードアップさせないと大変なことになる。

326 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2007/02/11(日) 23:06:31
いま必要なのは大鉈でブツギリにするような大改革

327 :ホカロン:2007/02/11(日) 23:07:00
ああ、対ドルレートは間違えたな〜。すまんな〜。

328 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 23:08:40
>>321
仮に、そのとおりだとしても、
円安阻止は、 安く買った外貨を売って円を買うから、税金のマイナス
だな。
ちなみに、借り入れでも、外貨と両建てだから、税金負担はない。
しかも、円高阻止介入して円安阻止で売れば、大もうけ。外貨は
米国債やEU債で保有するから、金利でも大もうけだ。

329 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 23:10:25
対ドル100円を切る円高だってw
ほんとにパーだなw
正に財出馬鹿w

330 :ホカロン:2007/02/11(日) 23:13:20
ばーか。実質実行レートは100円切ってたんだよ。
説明相手を間違えただけだな〜。

331 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 23:21:41
>>328
円安阻止介入なんてやったことはない。

日銀がやってるのは、円高阻止の円安介入。

税金の無駄使いの典型。

332 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 23:27:06
対ドル100円を切る円高w
財出馬鹿の独自見解かw
本が一冊書けるなw

333 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 23:30:39
>>301だな〜
議論をはぐらかした上にまたバカレスかw
日本の農業が輸出産業か?
ちなみに、農業製品のみ保護貿易ってのは日本にとってプラス。
ただし国際社会で通用しないだけ。

相変わらずだな〜w



334 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/11(日) 23:32:45
>>331
だから、税金が投入されたことはないの。
むしろ金利収入でプラス。
円安阻止介入がないってか? やっぱ馬鹿ばっか。
1998年の140円台の円安で円安阻止の介入実績あるし。
しかも、今話題になってるのは、これからの円安阻止介入の話。
スレの流れも読めないのかよ、馬鹿は

335 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 23:48:18
>>255
もちろん今の登録者をそのまま、というわけではなく、派遣会社が
登録に値すると考える「優良在庫」に限ってそうするということだな〜。
派遣先企業へのチャージも上がらざるを得ないだろうが、それでも
なお派遣先企業は人件費の変動費化というメリットを享受できるの
だから、派遣を頼むメリットは失われないな〜。んで、派遣会社は、
派遣先を大量に持っていれば、個別派遣先の労働力需給変動を
相殺して平準化できるのだから、個別企業よりも人件費固定化で
負うリスクは低いと考えられるということだな〜。

336 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 23:50:17
>>305
非自発的失業者がいるうちは、円安で輸出増加ないし代替効果が
生じ国民所得が上昇するということは何回も指摘した通りである。
もちろん、全ての国民の所得が一様に上昇するわけではないという
のは、重ねて言っておく。
しかしながら、わが国が農業という低付加価値産業にシフトした場合、
それは長期的にはわが国を貧しくする効果を生む。それこそ、産業
構造の変化は一朝一夕で起こるわけではないからである。
オレがお前を批判しているのは、この第2段の話であって、第1段の
話ではない。お前は低脳であるが故にいつまでも両者の違いが理解
できないようであるが。

337 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/11(日) 23:51:49
>>333
心アポが「代替効果」というので農業の話を出したまでである。低能はどこまでも
読解力がないものであるな。

338 :ホカロン:2007/02/12(月) 00:03:13
ああ、確かに円買介入あったな。外為会計は黒字なのも事実。

逆にドル買い介入に政府短期証券を発行して資金調達しているのも事実だが、
それがどーしたの?

339 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/12(月) 00:04:22
>>336
>しかしながら、わが国が農業という低付加価値産業にシフトした場合、
>それは長期的にはわが国を貧しくする効果を生む。

おいおい、低付加価値かどうかなんて意味ねーぞ。
要は、金が回ればいいだけなんだからな。

それに、需要が十分にあるのなら利幅も十分確保できるはずだ。
その点では、オメーは間違っていると思う。

340 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:06:02
>>334
>1998年の140円台の円安で円安阻止の介入実績あるし

これは日銀が円安政策の是正を求められ、円売りドル買い介入をやめさせられたんだろ

為替市場介入などする必要はないし、そんなものに税金を投入することはないだろ。

公的資金=税金もわからんのか?



341 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/12(月) 00:10:25
>>337
しかし、>>301だけは代替効果を否定しているように見えるな。
オメーはわざと騙すつもりで書いたんじゃないのか?

342 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:12:05
>>336
しかしながら、わが国が土建という低付加価値産業にシフトした場合、
それは長期的にはわが国を貧しくする効果を生む。それこそ、産業
構造の変化は一朝一夕で起こるわけではないからである。
オレがお前を批判しているのは、この第2段の話であって、第1段の
話ではない。お前は低脳であるが故にいつまでも両者の違いが理解
できないようであるが。

343 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:18:55
>>342
>土建という低付加価値産業

なら土建に変わる高付加価値産業作れよ





344 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:19:41
>>338

>>340のような知的障害者が税金つかうな、 円買い介入実績はない
ってわめいているから、事実を書いて馬鹿にしてやったの。
財政馬鹿って、戻ってこない金を使う国債は良くって、
単に、外貨と両建てになるだけで税金投入どころか大もうけの為替介入
は税金のどうのって、馬鹿すぎて、知的障害者の一種としか思えんな。
財政ばーーかは。


345 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:24:10
>>344
>単に、外貨と両建てになるだけで税金投入どころか大もうけの為替介入

公的資金で米国債を購買している為替介入が、原資が戻ってくるわけないだろ。
売るに売れない(売れば激しい円高になるから)米国債は典型的な不良債権だろ。

金融キチガイって結局こいつ一人だろ

346 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:26:48
>>340
為替の介入の資金って日銀から出てるよ。

347 :254号 :2007/02/12(月) 00:27:59
>>339
>要は、金が回ればいいだけなんだからな。
 
また横レスすまね。
これには同意だ。
心情は「物」を作ることに重点を置きすぎてるだけ。
で、第三次産業では追い付かないと話は成るが
漏れてくる者を抱え込むしかない。金を回す気が有るか?だけだな。

348 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:29:45
馬鹿だな〜って、論理にも主義にも一貫性がない単なる馬鹿だな。
低付加価値産業とか、おまえが言うな。 おまえのような馬鹿こそ低付加価値だろ
つーーか、農業が低付加価値産業ってどういう根拠があってそう言い切るんだ?
という質問を馬鹿にしても無駄だろうけどな。
比較優位、絶対優位とかいうならわかるけどな。
この馬鹿は、付加価値の意味も知らんのだろうな
まともな知識や思考力があれば、農業=低付加価値とは言わんだろう。
いかに、財政3馬鹿トリオが馬鹿かってよくわかるレスだな。

349 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:29:48
>>346
日銀のお金は公的資金です。^^;
政府機関で、お金を刷ってるところが日銀です^^

350 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:30:54
>>349
税金じゃないよ。

351 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:31:55
>>343
産業というのは政府が作るものじゃないよ。

352 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:33:25
>>350
公的資金の赤字は税金で穴埋めされます^^;

353 :ホカロン:2007/02/12(月) 00:33:42
日本の土建は高付加価値産業だけどな。

農業は遺伝子工学で出遅れたな。

354 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:34:51
>>345
売る必要がなければ、同時に調達した円も返す必要ない。
米国債やEU債の莫大な金利が入ってるから。どこが不良債権なんだ。
おまえのような馬鹿こそ日本経済の不良ゴミだよ。

355 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:35:57
>>351
作れんなら、妄想にひたるんじゃない。


356 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:38:17
>>354
おまえはあほか。
わずかな金利利益のために、原資が帰ってこなければ大損だろ。
金融アホはお前一人のようだから、今後は、金融クレイジーと呼ばせてもらう。

357 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:38:45
>>337
農業こそが心アポの言う、輸入品と競合する分野じゃねえか。
彼は円安によって日本の農業が復興すると主張してるな。
ところがお前は円安で潤うのは輸出産業だけだと主張した。
日本の農業は輸出産業か?ドアホw

358 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:40:54
>>353日本の土建は高付加価値産業だけどな。
農業は遺伝子工学で出遅れたな。

おまえはだな〜なんだろ。キャラ変えてるけど馬鹿ぶりは同じだからな。
付加価値の意味知ってるか? 知ってれば、農業が低付加価値で
土建が高付加価値って言うはず無いよな。

359 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:43:58
為替介入って安いときに買って高いときに売るんだから普通は儲からないし儲けるためにやるモンでもないんだが。
(運用損益と介入時の差損益は別物)
戻ってこない金を使う国債って国債がいつデフォルトしたんだよw。

きちんとした戦略なしに使う金はどんなモンでも無駄金なんだよ。

360 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 00:46:31
>>339
お前は、オレと違って、絶対にスタグフレーションの起こらない
世界に住んでいるようだな。それでは話が合うわけもなかった。

>>341
代替効果は輸出に類して考えることができるというのを、別の
言い方で言っただけである。ちなみに、同じ言い方をしたのは
少なくとも以前に3回ある。何故にお前はそこまで読解力が
低いのだろうか。

361 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 00:47:20
>>342
オレは土建に公共投資しろ等とは言っていない。派遣の人が
言ったように、低能は見えない敵と戦っているようだな。

>>348
論証せよ。

>>357
上述の通り「代替効果は輸出に類して考えることができるから、
輸出に含めて考える」と既に何回も言っている。低能はどこまで
行っても読解力がないのだな。

362 :ホカロン:2007/02/12(月) 00:49:12
んじゃ、耐震性や耐久性で世界最高レベルの技術をもつ日本の土建が低付加価値で、
未だにサンチャン農業と呼ばれる日本の農業が高付加価値だと思う理由をご教示下さいな。

363 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:52:05
>>9
一番下に「※当スレテンプレは暫定版です。修正、新規項目募集中」って書いてあるんだから
おかしいと思ったら修正案を書きなさい。代案を出せなきゃ無能な野党と同じ。
つか、なんでテンプレ1年以上ほったらかしなんだか。
テンプレってのはある程度コンセンサスが取れたところから追加・修正して不毛な堂々巡りを
回避する為のものだろう?このスレは1年間まったく進歩してないのか?

364 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:57:05


365 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 00:58:24
887 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 01:40:03 ID:FzZBL6fL0
格差が出来てるんじゃなくて実態は貧乏人がものすごい勢いで増えてるだけ
小泉竹中の売国政策から始まった
いまや経団連企業の株は外資に乗っ取られてるし
国民は外資→経団連の奴隷としてこき使われるだけ
すべて小泉竹中から始まって今も続いてる日本人奴隷化計画の一環で貧乏奴隷を増やしてる

726 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 00:47:18 ID:h+1MgRDk0
なんかいつからこんなにみんな貧しくなっちゃったんだろう
景気が下げ止まって反転上昇しはじめましたとアナウンスしたころから
どんどん実態は落ちてるとおもうんだが小泉とかいうやつが首相だった希ガス

728 :名無しさん@七周年:2007/01/25(木) 00:47:29 ID:DwF8VACP0
日本は小国で資源もなく、健全な中間層だけが取り柄の国。
そんな国にアメリカニズテムを導入してうまくいくわけないだろYO!!
小泉改革が亡国だってのは5年前からわかってたことだよ。

366 :ホカロン:2007/02/12(月) 01:01:05
おれは、日本の社会資本整備はまだまだ遅れていて、
今なら土地価格が安く、乗数効果も大きいと思うから
公共工事をやるなら今しかないと思うけどね。

367 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:01:32
>>361
勝手に輸出の意味を変えるな。
お前の言う輸出は貿易財生産業だ。
お前のレスを全部読まねーとそんな妄想定義分かんだろうが。
全員がお前のレスを全部読んでるとでも思ってる?
大した思い上がりだなw

368 :(^O^)/ :2007/02/12(月) 01:02:38
にょろっち〜

369 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:04:45
>>361
土建じゃない公共投資教えてくれないか。

370 :(^O^)/ :2007/02/12(月) 01:05:21
とちのことならゆみちゃんだ〜よ

371 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:07:53
最近はだなーファンだけでこの板が回っているような気がするな。

372 :(^O^)/ :2007/02/12(月) 01:08:29
ゆみちゃんは庭付きの広い家に住みたい〜よ

373 :(^O^)/ :2007/02/12(月) 01:11:43
だな〜は老眼鏡かけて今一所懸命本を調べてるーよ

374 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 01:14:39
>>367
ちなみに、オレは円安で潤うのは輸出産業「だけ」などと言った覚えもない。

>>369
例:宇宙開発

375 :ホカロン:2007/02/12(月) 01:14:53
んで、結局こちらの問いには何も答えられない下品な煽りバカ君。

376 :(^O^)/ :2007/02/12(月) 01:16:46
公共投資は経済波及効果のためだけじゃないーよ
社会効用のためーよ
ゆみちゃんのためにネイルサロンつきーのこうえんをつくれーよ

377 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:18:37
>>336
円安で輸出が増えれば、比較優位産業への更なるシフト。


378 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:21:10
>>374
宇宙開発のような公共投資じゃなきゃダメってことか。

379 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:23:44
>>336
リフレのための円安といってもインフレ率が1〜3%に収まる範囲の話であり、
マイルドインフレを保つための金融政策は全世界が行ってる。
これによって低付加価値産業へ産業構造が変わるなら、全世界が貧しくなるな。

380 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:31:51
>>374

514 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/07(水) 23:56:57
>>508
即ち、おそらくミクロ的に見ると、円安効果とは、輸出産業の収益改善→輸出産業から
非輸出産業への収益移転→非輸出産業の収益増という経路で生じると考えられる


381 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 01:35:53
>>377
各国の豊かさは当該国の比較優位産業の生産性に従うので
あって、わが国が低生産性の産業にシフトすれば、即ち、わが
国の比較優位産業が低付加価値産業となれば、わが国は
それだけ貧しくなる。比較優位論は、比較劣位産業を捨てて
比較優位産業に特化した方が、比較劣位産業を維持した
場合に比して相対的に豊かになることを示しているに過ぎず、
絶対的水準で豊かになることまでを示しているのではない。

>>378
「でなければダメ」などとは言っていない。宇宙開発の経済的
効果がどうであるかが未知数だからである。

382 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:36:44
>>336
長期的な世界では、金融緩和で名目為替レートを円安にしても、物価も比例的に上昇して
実質為替レートは変化しない。従って産業構造は金融政策や名目為替レートとは別要因で決まる。

383 :(^O^)/ :2007/02/12(月) 01:38:43
ホーアホーア
経済力の上昇と社会の安定化はいつの時代も政治の究極目標だーよ
かちぐーみまけぐーみ社会は日本経済の牽引力となるーよ
一部のお金持ちが積極的な経済活動を行えるーとみんなが豊かになれるーって誰かがいってたーよ
格差社会は社会不安を招くーから二ートーくんたちーは農業でもして精神をあんていさせるーね

384 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:38:51
>>381
曖昧な説明だ。

385 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:39:45
>>381
円安でリフレしても産業構造が比較劣位にシフトすることはない。その逆はありえても。

386 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:40:40
>>381
為替が変化しても産業の比較優位は逆転しませんがw

387 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:41:16
>>381
低付加価値な公共投資はダメってことだろ。

388 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 01:48:27
>>379 >>385 >>386
中国でもできるような低付加価値の「ものつくり」ではダメだといって
いるのである。

>>380
その引用の2行目を100回ぐらい声に出して読んでみてはどうかな。

>>382
その通りだな。「ものづくりへのこだわり」とかなw

389 :(^O^)/ :2007/02/12(月) 01:48:42
〉〉381
だな〜ちゃんもやっと比較生産費説をちょっと理解したーね
昔は各国比較優位があるから国際競争力は妄想だな〜とかホーアホーアなこといってたのにーね
やっぱり国際競争力は豊かな土地と教育水準と人口の多さーね


390 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 01:50:50
>>389
意味不明だな。国と国とは競争しているわけではないので
国際競争力など幻想に過ぎない。

391 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:52:37
>>388
円安でリフレおよびその後の1〜3%に保つ金融政策は、
低付加価値産業へ産業構造をシフトさせないと言っているのである。

392 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:54:56
>>388
ものづくりへのこだわりというレスの意味がわからないが、金融政策や円安とは無関係な話だ。

393 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 01:55:25
>>391
>>336は論点をはっきりさせるために農業を持ち出したので
あって、趣旨は前から言っているように「ものづくりへの
固執」の否定である。



394 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:56:14
>>390
税金などの優遇によって外資を呼び寄せるのは国際競争ではないとw

395 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:57:08
>>388
>中国でもできるような低付加価値の「ものつくり」ではダメだ
低付加価値な公共投資はダメということか。

396 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:57:39
>>388
収益転移でな。
直接儲かるのは輸出産業だと書いてるではないか。
心アポは代替効果によって国内向けの製造業が
直接儲かると主張している。

明らかに心アポの主張が正しい。

それでお前は「国内の製造業も輸出産業の一部だ」と
後付の屁理屈を考え出したわけだ。

バカ一度死んで〜ww

397 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:58:09
>>395
公共事業は中国が日本でできることではない。

398 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 01:58:44
>>392
何回同じ話をさせるのかといいたいところだが、従前の
議論を見ていないかも知れないので説明しておく。

そもそもの始まりは、心アポが完全雇用に至った後でも
円安を維持して製造業を守らねばならない等と言った所
から始まっているのであって、議論はリフレ政策の是非
とは関係がないのだよ。


399 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:58:54
>>362
馬鹿っぷりが凄いな。いつから競争力と付加価値が同じ意味になったのかな。
土建は輸出競争力があって、農業はないってっか? それは正しいかもしれんが
高付加価値かどうかとは別。
ところで、円安になって、ますます土建の競争力はアップして、農業も輸入品との競争力
がアップして、国内品が多く、あるいは高く売れるようになって、どこがいけないのか?
馬鹿だな〜は、農業は低付加価値だから、それが復活するのはよくないとか
言ってるのだな。馬鹿だから滅茶苦茶なのだな。

400 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 01:58:57
>>393
だから、円安および金融政策は、低付加価値なものづくりへの固執にならないと言っている。

401 :テンプレ修正案:2007/02/12(月) 02:00:34
テンプレを管理する人がいないと案を上げても無駄な気もするが…。



Q:貿易黒字っていいことじゃないの?

A:取引とはお互いが納得して行われるものなので、取引が成立している状態では
(騙そうとしない限り)どちらも損をすることはありません。それは貿易でも同じことです。
貿易黒字というのは、良い・悪いを表すものではなく、その国が物を売って得た
お金を溜め込んでいる(金融資産を購入している)ことを表しているだけです。
お金の面だけを見たら多く手に入れているようにも見えますが、商品の面から見たら逆に少なくなってます。

Q:貿易がダメになったら、日本は滅ぶんじゃない?

A:滅ぶことはありませんが、最悪江戸時代レベルの生活になることはあるでしょうね。
しかし、日本と取引したいと考えている国はたくさんありますのでその心配は杞憂です。
おまけに日本経済における貿易の割合は一割強ですので、神経質になる必要はとてもすくないです。
戦争や国交断裂といったことが起こらないようにだけ外交で気をつけていたら問題ありません。

Q:国際競争力がなくなったら日本は滅ぶよ!

国際競争力とはなにを意味するのでしょうか?
日本は戦後の焼け野原からここまでの成長を遂げましたが
その理由は日本人は大和魂で国際競争力をもてたからなのでしょうか?
主要な先進国は、対外に競合する製品を売ってはいますが、
同時に、それぞれが相手の主要な輸出市場になっていて、主要な輸入先にもなってます。
貿易とは相互依存で成り立つものなので、どこか一国がそこから脱落すると言うことはまずありえません。

402 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:00:36
>>398
>>382
金融政策によって低付加価値な産業へ変わることは、リフレ後の長期的な世界においても 無い。

403 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:00:44
>>396
そのレスのはるか以前から「代替効果は輸出産業の
パフォーマンスを検討すれば足りる」と書いてある。

404 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:02:35
>>402
それこそ、さっきやっていたインドのIT産業が20年前に
比較優位産業であったとは思えないがw 比較優位・劣位の
構造は変わるよw

405 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:06:01
>>404
より比較優位にシフトすることはあれど、金融政策によって比較劣位と優位の構造が変わることはない。
つまりお前の心配は杞憂だってことだ。


406 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:07:14
>>405
「より比較優位」? 勉強し直して来いw

407 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:08:11
>>406
これは不適切だったな。比較優位な産業により特化することはあってもということだ。

408 :(^O^)/:2007/02/12(月) 02:08:22
>>390
あいかわらずホーアだな〜だーよー
自分のレスをよくよめーよ
比較優位産業が低付加価値産業となり貧しくなるーことー
それが国際競争力が落ちるーことーよ
だな〜ちゃんも田植えしてニートーから抜け出した方がいいーよ

409 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:09:12
>>404
おまえ、ほんとに馬鹿だろ。小学校からやりなおせ。
402じゃないが、402のレスは、金融政策によって変わると書いてあるのだが、
インドは金融政策で比較優位・劣位の 構造は変わったのか?
おまえ、馬鹿すぎだし、アホすぎだし、文盲か?

410 :409訂正:2007/02/12(月) 02:10:45
>>404
おまえ、ほんとに馬鹿だろ。小学校からやりなおせ。
402じゃないが、402のレスは、金融政策によって変わることはない、と書いてあるのだが、
インドは金融政策で比較優位・劣位の 構造は変わったのか?
おまえ、馬鹿すぎだし、アホすぎだし、文盲か?




411 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:11:37
>>404
金融政策によって変わることはない。
金融政策によって低付加価値産業へシフトし、それによって国が貧しくなるのなら、全世界が貧しくなるな。
>>382を100回読むべし。

412 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:12:00
>>407
理解していないのが明らかだなw まあ、それはいい。

>>405の「金融政策によって…」の部分についてオレは別に
否定しない。第一、完全雇用に至った後でも円安によって
製造業の振興が図れるとする心アポの主張は完全にデムパ
であって、非難にすら値しない。オレが批判しているのは、
その背景にある「ものづくりへの固執」である。


413 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:13:32
>>408
それは自分がサボっていて置いていかれただけであって、
争いに負けたからではない。

414 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:14:14
>>412
だからそれは杞憂だ。そしてお前の主張である低付加価値産業へ産業構造が変化することもない。

415 :(^O^)/:2007/02/12(月) 02:15:04
>>401
ホーアホーア
テンプレ間違ってるーよ。
かえとけーよ

Q:ゆみちゃんってだーれ?

A:みんなが崇拝してる株板と経済板のアイドルーよ。賢くて美人ーな大和撫子ね。


416 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:15:45
403
「代替効果は輸出産業のパフォーマンスを検討すれば足りる」

なんだその文章は。
説明になってないぞw
国語力ゼロだなwww死んでくれ〜

417 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:16:43
>>414
「それ」とは何を指しているのか不明である。また、オレは
「低付加価値産業にシフトする」と主張したこともない。

418 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:16:50
>>412
より特化するという意味で言いたかっただけなので、言葉のミスだ。
しかし>>414のように、お前の金融政策に関する理解は間違っている。

419 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:17:32
>>401
おまえも馬鹿の一派か? そんな馬鹿テンプレつくって恥ずかしくないのか?
日本が先進国である理由はなんなんだ?
貿易ができるだけで、おまえのような馬鹿ばっかで先進国になれるなら
、世界中が全部先進国になって、先進国の意義がなくなるだろが。
馬鹿は日本から消えろ。

420 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:18:10
>>417
心アポがものづくりへ固執していることについて、お前は心配しなくていいということだ。

>>336
>低付加価値産業にシフトした場合

421 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:18:28
>>412
何が「オレは否定しないだ」
論破されただけだろw

422 :ホカロン:2007/02/12(月) 02:18:42
ぎゃはははははははは。

>馬鹿っぷりが凄いな。

と下品に煽っておきながら、土建企業の輸出競争力を認めてるし。
ちーともオレの質問に答えてないのに途中から質問に切り替えてるし。
ただのアホ。(知ってたけど再確認)

ちなみに土建企業に輸出競争力があるのは、耐震性、耐久性という付加価値があるからだろーが。

by Wikipedia
工学における付加価値は、何らかの工程に基づいて、使用者にとって前より優れていることを表わすことが多い。

423 :(^O^)/:2007/02/12(月) 02:19:48
>>413
ホーアホーア
だな〜ちゃん得意ーの勝手に言葉定義ーね
だな〜は国代表が剣と盾で戦わないと競争だと認めないーね
野蛮人は女の子から嫌われるーよ

424 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:20:34
>>420前段
オレは心配しているのではなく、奴の論を否定しているだけである。

>>同後段
単なる仮定条件の設定に過ぎない。


425 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:21:02
>>417
円安によるリフレやリフレ後の金融政策によって低付加価値産業にシフトしないという主張なら、
>>336のような心配は杞憂だということだ。

426 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:21:26
>>423
競「争」。国語は苦手か?

427 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:22:49
経済云々以前に、本日、私は確信した。
馬鹿だな〜は、絶対に司法試験に合格することはないということを。
これほど馬鹿が合格したなら、それは事務上のミス以外ありえない。


428 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:23:50
>>424
ものづくりへの固執、低付加価値へのシフト、これらはそもそも金融政策では起きない。
だから>>336の第2段階のような批判は的外れ。

429 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:23:55
>>424
円安になっても低付加価値産業にシフトしないんなら
どうして今現在意味のない比較優位論をだすのかねw
得意の印象操作かw

430 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:25:29
>>429
得意の「俺はそんな主張はしていない」だなw

431 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:26:59
>>423
あほはしねよ

432 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:27:26
>>428 >>429
>>336のどこに「金融政策によって」等と書いてあるのかね?
「金融政策によって」が批判のポイントなら、そもそも批判
自体が的外れだな。


433 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:27:56
>世界中が全部先進国になって、先進国の意義がなくなるだろが。


なんだ、このデムパはwwwwww

434 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:29:40
>>432
印象操作失敗乙www

435 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:31:41
>>432
>>412
>完全雇用に至った後でも円安によって
これは、心アポは金融政策によってものづくりへ固執していること意味する。

それに対して、お前は>>336で、その金融政策によるものづくりへの固執は、
低付加価値へのシフトで貧しくなるという批判を行っている。この批判は的外れ。

436 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:35:39
>>435
「金融政策によって」の部分は心アポの主張を説明したに
過ぎないよ。それとも、オレが「金融政策によらないもの
づくりへの固執」については許容するとでも言いたいのかね?w

437 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:37:01
>>432
また、見苦しい言い訳かよ。
金融政策とはかいてなくても、前後の流れから、金融政策による円安って言う意味
だし、 金融政策の代わりに、そこに書いてある円安に置き換えても
結果は同じ。
で、おまえの言う馬鹿論の根底は、円安で甘やかすのは駄目、円高で生き残れる
産業を っていう構造改革baka と同じものがある。
財政バーかと、構造改革ばーーかは、実は似たものなのだな。


438 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:38:10
異論がなければ次スレからテンプレ3は>>401にすげ替えということで
次スレ立てる人はよろしく


439 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:38:44
>>436
心アポの主張は、「金融政策によって完全雇用になった後も円安」

お前の主張は、「完全雇用になった後も金融政策によって円安にすれば、
低付加価値産業にシフトして貧しくなる」ではないのかね?

440 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:38:49
>>437
低能は何回同じことを言わせたら気が済むのかね。
オレは、完全雇用に至るまでは円安政策もよかろうと
当初から言い続けているのだよ。

441 :(^O^)/:2007/02/12(月) 02:39:28
>>431
おこちゃまは帰れー

ホーアだらけーね

研究開発を前提とした製造業と先進性のない単純労働をごっちゃにしてる
ホーアばかりーね
この意味さえわからいんでしょーね
ゆみちゃんの手下のだな〜もそんな説明さえできないと首だーよ

442 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:39:51
円安にして日本人を貧乏にする。
最強の構造改革だw

443 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:39:52
>>436
心アポの金融政策を散々バカだの低脳だのと批判しておきながら、
不利とみたら「ものづくりへの固執にを批判してるだけだ」か

見苦しいバカだねw


444 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:39:59
>>436
じゃ、お前は心アポが主張していないことについて、>>336で批判していたのか?

445 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:40:11
>>439
違うね。

446 :(^O^)/:2007/02/12(月) 02:40:36
>>438
おまいはゆみちゃんのレスが読めないのかー
ホーアホーア

447 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:42:30
>>438
>>401は、ほとんどデンパだぞ。 
日本が先進国である理由を、ちゃんと書け。

448 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:42:30
>>445
お前の主張は、金融政策によらないものづくりへの固執はダメってことか?
心アポは金融政策によってと言ってるから、お前の批判は的外れ。

449 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:42:41
>>440
な話はしてねーだろが。
円安で比較優位な産業が比較劣位な産業に取って代わられるという
オメーの主張がアホだってのw

450 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:43:48
>>443
奴に対する批判はそれだけに留まらない。奴は、完全雇用に
至った後も円安政策を続ければ製造業の振興が図れる等とも
言っていたのであって、そこも当然に批判の対象だ。

>>444
「金融政策によるものづくりへの固執」⊂「ものづくりへの固執」
ベン図からやり直した方がよいな。

451 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:46:16
>>450
そもそも金融政策によってものづくりに固執することは不可能だと言ってるのだよ。

従って、「金融政策によるものづくりへの固執」は、
「ものづくりへの固執」には含まれない。

452 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:47:16
>>449
>>336第1段を100回ぐらい声に出して読んでみてはどうかね?

453 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:47:44
>>450
>完全雇用に至った後も円安政策を続ければ製造業の振興が図れる

じゃ批判の対象をそこに絞れや。
為替で比較優位な産業が交代するみたいな電波飛ばすな。

454 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:48:14
>>422
工学における付加価値ってなんだよ? 
それじゃ工学以外の付加価値は? 新しいものがないと、付加価値ないのか?
マクロ経済の付加価値の話しろよ。馬鹿 

455 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:48:38
>>451
金融政策によってものづくりに固執することは可能であるよ。
実効性がないだけで。

456 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:48:41
>>450
お前の主張、「金融政策によらないものづくりへの固執」

心アポの主張、「金融政策によるものづくりへの固執」=「金融政策によるものづくりへの固執はそもそも不可能」

お前の主張と心アポの主張に共通部分はない。的外れ。

457 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:49:10
>>452
>>336第2段を100回ぐらい声に出して読んでみてはどうかね?

458 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:49:42
>>456
オレは、凡そものづくりへの固執など主張したことはない。

459 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:49:53
>>455
なら、実効性がないと批判すればよく、的外れ。

460 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:49:55
>>453
つーーか、だな〜、ホカロン は、存在がそのものがデンパなんだけど

461 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:50:33
だな〜の言いたいことは大体わかった。
経済政策とは何かといえば全ての国民の食い扶持を確保することだ。
しかし高付加価値産業に従事できる労働者は限られる。
よって低スキル労働者の雇用を確保できる水準までは低付加価値産業の維持は必要だし、
その為に円安によって、低付加価値産業の保護をはかることは必要だ。
しかし、そのラインを超えてまで低付加価値産業を保護することには意味がない。
そういうことだな?

462 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:51:00
>>458
お前の主張ではなく、お前が認識している心アポの主張だったな。
共通部分はないから的外れということだ。

463 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:51:34
>>458
「シフトした場合」という仮定条件と、「シフトする」という
主張とは同じではないのだが。低脳の読解力欠落にはあきれる
ばかりだな。

464 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:53:20
>>463
心アポの主張と関係ない話なので的外れ。

465 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:54:13
>>459
実効性がないとの批判もとっくにしている。また、下記
参照。

>>461
その通り。

>>458
オレの批判対象は「ものづくりへの固執」全体だよ。
低脳くんはベン図からやり直した方がよいな。

466 :(^O^)/:2007/02/12(月) 02:54:48
>>456
イコールって今は算数でならった意味からかわってるのーかーよ

金融政策として輸出に有利な状況、内需を拡大できる状況というのは一応
つくりだせるはずだったりするーね


467 :(^O^)/:2007/02/12(月) 02:55:59
>>461
正解ーね
ということでおまいはトマト作るーね


468 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:56:36
>>464
低付加価値産業への無駄な固執は産業転換を遅らせるため
有害というのが心アポに対する批判であり、農業はそれの
例として示したまでだよ。したがって関連性あり。

469 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:57:50
>>465
だから、心アポの主張は「ものづくりへの固執」という集合にそもそも入ってないのだよ。
心アポの主張「金融政策による・・・
お前の心アポの主張の認識「金融政策によらない・・・
誤読だな。

470 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 02:59:01
>>455を100回ほど声に出して読んでみては如何かね?

471 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 02:59:15
>>468
金融政策によらない固執を心アポはしたのか?
「万民の」の部分にこだわるのと同じだな〜

472 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:00:02
しかし昼間のまったりと、打って変ってだな〜さんの人気で大賑わいですね、この板w

473 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:00:19
>>463
円安→低付加価値産業へのシフト→日本は貧しくなる
よって心アポの主張は間違い、と微妙な言い回しで心象操作
しようとしたが見抜かれただけの話。
他人もお前のようなバカばっかりと思ったら大間違いw

474 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:00:58
>>470
そもそも不可能なんだけど。>>382を100回よめ。

475 :(^O^)/:2007/02/12(月) 03:02:11
>>468
産業転換なんておこらないーよ
だな〜ちゃんはいまだ昭和のヒトーね
第一次、2次産業からサービス業への転換ーの時代のヒトだったのーね
マックにでもいっとけーよ


476 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:02:22
>>471
1 凡そものづくりへの固執は批判の対象である。
2 心アポの主張は、金融政策によるものづくりへの固執である。
3 したがって、心アポの主張は批判の対象である。

小学生からやり直せ。

477 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:02:57
>>468
おなじ低付加価値産業保護なら、
土建屋より農業の方がましですなw

478 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:03:31
>>336
「しかしながら」というのは前半の円安にかかるものでは?

479 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:04:03
>>474
低脳くんは、「固執」という言葉の意味がわからないらしいな。


480 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:05:23
>>477
人が1日に食べられる
限界はそうそう増えないだろ?

481 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:05:53
>>476
>>469

482 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:07:28
>>478
>>301からの議論の流れをフォローしたまえ。オレはどこにも
「円安によって」等とは書いておらず、心アポも「国産品の
需要が増えたら」としか書いていない。

483 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:08:07
>>479
金融政策によっては無理。
実効性がない場合、固執そのものを批判することは的外れ。

484 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:08:17
>>481
>>479

485 :(^O^)/:2007/02/12(月) 03:08:41
日本人同士の会話とはおもえないーひとたちーだーね
日常生活おくれてるのかーよ
心配ーね


486 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:09:27
>>482
円安はAの状況では賛成だ。しかし〜〜〜の場合は反対だ。

487 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:10:06
>>480
日本の食料自給率は?

488 :(^O^)/:2007/02/12(月) 03:10:24
心配なのーはもちろん周りのヒトたちーね
かわいそーだーよ

489 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:10:25
>>483
「構造改革による景気回復」に実効性がない場合には
「構造改革による景気回復への固執」を批判することが
的外れになるのかね低脳くん?

490 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:10:46
>>484
>>483を訂正。
実効性がない場合、金融政策による固執そのものを批判することは的外れ。

491 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:12:40
>>482
見苦しい言い訳はもういいよ

492 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:13:55
>>486
どこに賛成・反対に類する文言があるのかね?

>>490
だから、金融政策によろうとよるまいと、「ものづくりへの固執」を
批判しているのだよ。低脳くんの日本語能力の低さは驚嘆に値するよ。

493 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:14:35
>>489
>>490
実効性がないし、金融政策によらない固執は主張していないし。

494 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:15:15
>>491
どこにも書いていないことを書いたかのごとく言われて
批判されても迷惑なばかりである。

495 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:15:44
>>492
お前は、前半の自分の意見に賛成ではないのかね。

496 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:16:24
>>494
じゃあ紛らわしい文章書くな!

497 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:16:54
>>495
前半は、意見ではなく一般に承認された当然の話だな。

498 :(^O^)/:2007/02/12(月) 03:17:27
ゆみちゃんは前のレスをろくに読んでないけーど
読む気もないーよ
それでもわかってしまうーよ

ゆみちゃんはえらいーよ

499 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:18:20
>>492
前半は、円安は〜〜という効果があるという主張だよな?
しかしながら、と来れば、相変わらず円安の効果になるのでは?

500 :(^O^)/:2007/02/12(月) 03:18:43
手下のだな〜はせっせと働けーよ


501 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:19:32
>>499
だから心象操作したかったんだって。

502 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:19:50
>>496
書いてあることに立脚して話をすればよいだけである。
書いていないことに、勝手に思い込みで補充するから
間違えるのである。

503 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:22:28
>>502
だ〜か〜ら〜
心象操作失敗乙www

504 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:23:34
>>491
金融政策による固執に対して、金融政策によらない固執と捉えて批判するのは間違っている。
>>469

505 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:24:47
>>499
そもそも、心アポが代替効果にこだわったから農業を持ち出した
のみであって、そもそもいくら円安にしてもそれのみで農業が
わが国の比較優位産業になることはありえず(比較優位・劣位を
検討できるのは貿易財産業のみであるから当然である)、従って
>>336の前半後半にはそもそも論理的にギャップがあるのである。
だから、その部分はあいまいに書いてある。


506 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:26:09
>>505
あとづけ乙。これにて終了かw

507 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:26:20
まだ低脳君は「固執」の意味がわからないらしい。辞書を
引く癖がないからこのような低脳人間ができてしまうの
だろうな。さあ、時間の無駄なのでそろそろ寝るか。

508 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:27:11
>>506
書いてあることに即して批判したまえ低能くんw

509 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:27:27
>>505
農業も貿易財産業だがw

誰も「農業が貿易財産業ではない」とは書いてないな〜、てかw

510 :(^O^)/:2007/02/12(月) 03:27:48
>>505
円安の代替効果ってなにーよ

511 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:29:13
>>505
しかしながら、と前半の円安の効果を受けているのに、論理的ギャップ?
だったら日本語勉強しろよ。っていうか、あとから「曖昧だ」と言えば、何でも言えるなw

512 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:29:14
>>509
>>505のどこをどう読んだら、オレが「農業は貿易財産業ではない」と
主張していると読めるのか全く不明である。低脳とはすごい生き物だな。


513 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:30:54
>>512
おおっ、本当にそう来たか。
お前の脳みそがいかに溶けてるかよく分かったw

514 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:31:01
>>510
輸入財の円建て価格上昇により国産代替財が売れることだよ。

>>511
あいまいに書いてあるから、書かれてある通りあいまいなのだよ。

515 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:32:10
>>513
実際にどこにも書いていないが何か?

516 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:33:28
>>508
日本語大丈夫?

>>514
お前の日本語能力が曖昧なんじゃねーの?w

517 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2007/02/12(月) 03:33:45
毎年50万人くらい移民を入れて混血化をはかる。


518 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:35:01
>>516
ま、お前が択一でも受かったらたわごとを聞いてやるよw

519 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:36:49
>>518
あいまいに書いてあるから、書かれてある通りあいまいなのだよ。  プププ

520 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:39:18
論理的ギャップがあるのに、前半を受けての「しかしながら」
しかもこれが、曖昧らしいw

521 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:39:46
>>515
>比較優位・劣位を検討できるのは貿易財産業のみであるから当然である
じゃこの注釈の意味は?w

522 :(^O^)/:2007/02/12(月) 03:41:01
>>514
国産代替財ってなにーよ
量的増加よりも国産の価格上昇が先ーよ
単なる必需品不足と物価上昇で財布がかたくなるーね
輸出増と相殺でも豊かな国にはならないーね

523 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:41:30
あまってる労働者を職に就けるまでの円安ならいいが、それを超えて
極端な円安が現出した場合、日本でしか生産できないような産業から労働者を引っこ抜いて
農産物等世界的に余ってる産出品の生産に人を宛てなくてはならなくなるから
不合理だってだけの話だろ?
供給超過は不都合だが極端な需要超過もまた不都合だってだけの話だろ?
なんでこんなに揉めてるんだ?

524 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:43:10
>>519
低脳1ビットは、全てあいまいか全てあいまいでないかの
何れかしか考えられない生き物だからなw

さて、寝る前に>>505について解説しておいてやると、まず
代替効果と言っている以上、農業産品を貿易財と解釈して
いることは当然であり、その後の()内(おそらく低脳は
ここに書かれている意味がよくわからなかったのであろう)は
比較優位は貿易財産業間の生産性の差によって定まるところ、
為替の影響は全ての貿易財産業に等しく及ぶから、その間の
生産性の差も影響を受けない、という意味であったわけだ。

525 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 03:46:28
>>522
まさにそのような話をしているのだよ。議論は、心アポという
低脳コテハンが、円安は輸出産業のみならず国産代替品産業にも
好効果を及ぼすから、当該代替品産業においても賃金が上がり
雇用が増えいいこと尽くめだ、デフレが解消しようとそれは
変わらない、ということを言い出したことから始まっているのだ。

526 :(^O^)/:2007/02/12(月) 03:47:00
>>523
そんなことおこるわけないーよ
寝言は寝ていえーよ

527 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:49:36
>>524
>>519の文章は、全て曖昧?全て曖昧ではない?どれくらい曖昧?  ゲラゲラ


528 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:49:53
>>526
そんなことが起こらなければ大量の餓死者を出すはめになるわけだが

529 :(^O^)/:2007/02/12(月) 03:51:57
>>525
ごりゃー
だな〜
寝るなーよ
おまいの責任でしょーよ。
責任持って収集しろーよ

530 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 03:52:57
>>524
そんな意味なら>>505の括弧内は全く不適当だなw
お前が文章力ゼロなのはよーく分かったw

531 :(^O^)/:2007/02/12(月) 03:54:44
>>528
いみふめいーね
おまい実はなんもわかってないーね

532 :(^O^)/:2007/02/12(月) 03:58:27
>>525
1万円のキャベツでも食べてろーよ


533 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 04:00:30
>>524
>為替の影響は全ての貿易財産業に等しく及ぶから、その間の
>生産性の差も影響を受けない、という意味であったわけだ。

だな〜の>>301>>336をあわせて読んでほしいね。

曖昧らしいからw

534 :アポロン:2007/02/12(月) 04:24:59
しかしこの「だなー」という人間はよく相手に「死ね、馬鹿、キチガイ」
とかよく言うよな。
相手の意見や人格は全て間違ってる、反対に私だなーの意見や人格は全て
正しいという人間だよな。
自分を神か何かだと思ってるんだろうな。
死んでも神じゃないがな。


535 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 04:27:25
学歴・収入と政治経済観のマトリックス分析

リベラル       学歴高       リバタリアン
              ↑
              |
              |
              |
              |
収入低←−−−−−−−−−−−−−→収入高
              |
              |
              |
              |
              |
              ↓
コミュニタリアン  学歴低     コンサバティブ

1、リバタリアン
職業:企業経営者・公務員上級職・上場企業ホワイトカラー・医師、会計士など専門職
主要メディア:日経 アイデンティティー:個人
2.リベラル
職業:教師・公務員一般職・上場企業ブルーカラー
主要メディア:朝日 アイデンティティー:市民
3.コンサバティブ
職業:商工会・建設業など自営業者
主要メディア:読売 アイデンティティー:国民
4.コミュニタリアン
職業:フリーター・ニート・プロ奴隷
主要メディア:産経 アイデンティティー:日本人

536 :アポロン:2007/02/12(月) 04:27:49
かっての「だなー」はよく「俺は東大の勝ち組、弁護士で年収一千万」
とか書いてたが、やはりここにも「ライブドアショックの静かなる余波」
があるというか、書かなくなってるな。
「無言の社会的圧力」がそこに働いてる訳である。
まあ「年収うん億円」と思われるテレビなんかによく出る知識人、文化人
なんかも180度意見や態度が変わってるくらいだからな。


537 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 05:28:21
http://up00.hyperbit.info/up/trash-box/file/20070212041628244.jpg
http://up00.hyperbit.info/up/trash-box/file/20070212041604243.jpg
http://up00.hyperbit.info/up/trash-box/file/20070212041547242.jpg
http://up00.hyperbit.info/up/trash-box/file/20070211231350237.jpg
http://up00.hyperbit.info/up/trash-box/file/20070211231337236.jpg
http://up00.hyperbit.info/up/trash-box/file/20070211231323235.jpg
http://up00.hyperbit.info/up/trash-box/file/20070211231308234.jpg
http://up00.hyperbit.info/up/trash-box/file/20070211231254233.jpg
http://up00.hyperbit.info/up/trash-box/file/20070211220113229.jpg
http://up00.hyperbit.info/up/trash-box/file/20070211130107226.jpg
http://up00.hyperbit.info/up/trash-box/file/20070211220044228.jpg

538 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 06:55:45
国家主義者にせよ社会主義者にせよ、全体主義(者)が権力を牛耳れば、
その国や地域の経済は役人天国経済にしかならない。


539 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 08:07:09
ゆみちゃんまだ株で生き残ってたのかよ

540 :君達の嫌いな公務員:2007/02/12(月) 08:07:33
どんな社会でも法律を執行しているのは役人だから、
役人天国は変わらないよww


541 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 08:10:28
>>540
でも奴隷って面白い?


542 :君達の嫌いな公務員:2007/02/12(月) 08:11:39
何で奴隷なの?

543 :君達の嫌いな公務員:2007/02/12(月) 08:13:59
この国を実質的に統治しているのは役人だよ。
そんな当たり前のことを知らないの?
民主主義というフィクションを信じてるの?

544 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 08:14:21
>>542
他人の指揮下に入るから

545 :君達の嫌いな公務員:2007/02/12(月) 08:19:20
じゃあ、民間企業の社員はみんな奴隷だろうww

546 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 08:27:48
>>536

資産何億とか自慢している人が多いけど、実はその大部分が遺産
の可能性が高いんだよね。確かに自分で稼いだかもしれない。
しかしなんでそんなに大金を稼げるのか、持っているのか。
その辺りをいつの間にか日本を豪華な世界にした人から、
その恩恵を真に受けた人に変わり、それに気づかないでバブルを
維持しようとすると大きな痛手となって返ってくる事に
気づき始めたのかもしれない。

547 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 08:32:19
自分たちが何者なのか?レベルが高いのか?
空中に浮いたような話しかできないバブル世代。
それが見栄と欲望が強すぎて、若い世代から強制搾取し
社会が荒廃し始めている。

あなた方は偉いのか?

548 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 08:35:09
若い人を育てないし、返って馬鹿にする。
人間としては下流な思考の持ち主だけどね。
その化けの皮が剥がれ落ちて暴力団のような
行動を起こし始めている。

549 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 08:38:59
「ハウル動く城」の荒地の魔女状態だね。バブル世代は。
サリマン(裁判長)に問い詰められると単なる何でも無い人
だった。
荒地の魔女が持っていた能力は嘘をついて持っていた権限だけ。

550 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 08:43:55
若い人をフリーターにして笑っているってなんだろね?


551 :549:2007/02/12(月) 08:52:29
荒地の魔女も本来「国に従事していた仲間」とサリマンが
言っていたけど、村上のような人のことを言っているのかな。

552 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 08:57:27
恋愛もしないで仕事ばかりのソフィーを
老人にしてしまうバブル世代…。

553 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 09:08:09
不倫で離婚をするバブル世代、ソフィーの義母がそれか。

554 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 09:09:06
そうするといずれ戦争になる。と言う事。

555 :派遣の人:2007/02/12(月) 09:33:47
>>335
>優良スタッフのみ

つーことなら、そのうち似たような施策は実現しそうなんだなー
人手不足になればそういう方法でスタッフ確保も必要だなー

ただしそのための評価制度はきちんと考えねばなー。

556 :アポロン:2007/02/12(月) 09:35:01
「新人類バブル世代」はサルが人間として育てられたが、やはり
サルだけに人間になれるはずも無く、鏡に映る「サルの自分の姿」
を見て「ウキー」と逆キレして、サルそのものとしてレイプや
郵便局強盗に走ってるという面もあるのではないか?
この「新人類バブル世代」はまさに「日教組教育の落とし子」で「君たちは
生まれながらにして無条件で神よりも偉い」と教えられ、ずーっと今まで「バブルの
おいしい所だけ」を「運だけ」で食ってきたが、気づいたら「自分はサルだった」
という「浦島太郎」が最後に玉手箱を開けて爺さんになるような世代だからね。



557 :アポロン:2007/02/12(月) 09:40:25
そりゃオギャーと生まれた瞬間から「君は生まれながら無条件に
神よりも偉い」と「日教組教育」されてきて、運だけ、親の七光りだけ、
既得権のお陰だけで「バブルのおいしい所だけ」食ってきた「新人類バブル世代」
が今更「君たちは実はサルだった、サル以外の何者でも無い、この鏡に映る君の
サルである姿を見てくれ」と言われたら、「ギギーッキーッ!80年代バブル時代に
戻せ!俺様は生まれながら無条件に神よりも偉いのだ!」と発狂してもおかしくない。
彼らの「人生設計」では今後もこのまま一生「既得権だけ」で「バブル生活」が続く
と思っていた訳だからね。


558 :アポロン:2007/02/12(月) 09:43:54
しかし過去の「日教組教育」の「君は生まれながらにして無条件に
神や仏よりも偉い」というのは凄いよな。
釈迦の伝説みたいにインドの山奥で修行して仏陀になったというなら
解るが、生まれながらにして無条件でアホでもパーでも神や仏陀を
超えてるというんだから。
「人間は平等」とかそんなレベルじゃなく、「神や仏をも超えた」だよ!
そりゃ「人間が限りなく腐敗、腐る」のも当然だろう。



559 :派遣の人:2007/02/12(月) 09:44:44
>>556
ねーよw

『バブル世代』とか、世代をカテゴリとして批判するのはアホがやることだろw
電波は始末におえんなーw
(´ω`)y‐〜

560 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 09:59:56
昔のアポロンの方が面白かった。
今はつまらない。

561 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 10:00:06
>>559
団塊の世代とかアホって事?日本ってアホか?

562 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 10:01:30
やはりアポロンの言うサルか?

563 :派遣の人:2007/02/12(月) 10:02:54
>>561
バブルも団塊も氷河期も、人間なんだからアホさに対した差がある訳ねーなーw
俺は氷河期だがなーw

564 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 10:08:17
と言うか、中立的に言い分を受け入れないと今の日本を維持できずに
自分の立場が悪くなるだけだけど…。
何ゆえ自分だけが正しいような言い方をし都合が悪くなると
馬鹿にして捨て台詞を言うのかというのが問題。

565 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 10:25:04
自分で「頭が良い」と言う感覚を捨てないと自分が恨まれている事に
気づかないよ。
頭が良いように見えるようにお膳立てをしてくれていた人に気づかない?

566 :派遣の人:2007/02/12(月) 10:26:02
中立的なのはよいことだが、
バブルにも団塊にも貧乏人と金持ちがいるのだから、中立であるべきポイントは世代ではなく資産と所得だなー
それを間違えないようになー。世代論による対立や犯人探しは無意味だなー。

567 :派遣の人:2007/02/12(月) 10:33:27
ちなみに俺は氷河期だが、生まれながらに神や仏より自分は偉いと思っとるなーw

神仏なんつー概念にしか存在しないもんに偉いとかいってどうするんだー?
それに神仏の元になった仏陀やキリストにしたって、実際どんな奴か知らんのに偉いとか何故いえるのだー?
聖人が偉いならヨシュア記とかどうなるんだー?聖人が異教徒殺しまくりだなーw

アホは始末におえんなー
(´ω`)y‐〜

568 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 10:45:54
>>567

「神や仏より偉いと思っている」という時点で人格を認めているという
ことだが?悪いが何を言っているのかわからない。

569 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 10:51:33
また、ラッダイトさんが来ているの?

570 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 10:53:09
>>536
うそをつくな。

>>566
愚民はステレオタイプでしか思考できない生き物なのだよ。


571 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 10:54:36
>>566
昔、こんなのを作った。どう思う?

1)「愚民は論理ではなく感覚で自分を正当化する」
2)「愚民は理由を示さず断言する」
3)「愚民は論理ではなく民意を論拠とする」
4)「愚民は複数の要素を同時に思考することができない」
5)「愚民は関連する要素に思いが至らない」
6)「愚民は絶対値と相対値の違いを理解できない」
7)「愚民は集計量で思考することができない」
8)「愚民は長期的視野に立つことができない」
9)「愚民は身の回りのこと以外は理解不能である」
10)「愚民は新しいものは正しいものと考える」

572 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 10:57:09
そうそう、>>555についてだが、ポイントは法規制でそのように
するというところだったのだな〜。

573 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 11:04:21
フリーター向け公的助成検討、職業訓練費支給へ
政府はフリーターなど雇用保険に加入していない若年層の非正規労働者らでも職業訓練を受けられるように、
公的な助成制度をつくる方向で検討に入った。
バブル崩壊後の「就職氷河期」にフリーターなどになった人が技能や資格を身につけ、正社員になれるように後押しする。
必要に応じ上限10万―20万円程度の支給金を出すほか、上限を上回る分を融資する制度も設ける方向だ。

就職氷河期に正社員になれなかった「ワーキングプア(働く貧困層)」への就労支援は、安倍晋三首相の指示に基づく。
政府の「成長力底上げ戦略構想チーム」(主査・塩崎恭久官房長官)が近くまとめる緊急対策に基本的な考え方を盛り込む。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070212AT3S1000C11022007.html

効果あるのかね?

574 :派遣の人:2007/02/12(月) 11:07:25
あー悪い適当に書いてたわ
確かに論理成り立ってないなーw

何が言いたいかってのは、
1、概念存在を自分より上位に置くことは
=謙虚でもないし=誠実でもない
個人の勝手でしかないので、そんなもんに意味はない

2、バブル世代が神仏を軽視した教育を受けてたとしても、
=だからバブル世代がダメ
なんつーのは暴論だから意味がない

3、感情的世代論は存在しない対立を産むくらいで、現実の問題の把握にも解決にも意味が無い。

4、アポロンは電波なんで巣に帰れ

こんなところかー

575 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 11:09:22
資格会社は自前で派遣会社持ってたり逆の場合もあるんだよな。これも派遣利権だよ。

576 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 11:10:38
>>573
なんてったって国と地方の財政が前倒しでPB黒字化が果たせそうって
報道させるくらいだから、なんでも(出来た事)になるんじゃないの?

577 :派遣の人:2007/02/12(月) 11:13:04
>>571
えーと感想としては

(10)愚民は新しい〜

はケースバイケースかなと思う。あと追加して欲しいのは

(11)愚民は合意を得る為ではなく、相手を論破するために議論する

が欲しいなーw

578 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 11:14:36
>>573
今の日本ではマクロの持ち上げ(金融政策)でNAIRUまで可能な限り完全失業率を
下げることが先決・・・それでもなお失業率が下がらない場合には様々な手を打たねばならない・・・
残念ながらマクロの下支え抜きでこういう労働政策を行っても基本的に”役に立たない”と思う。

アホ民主党とマスコミが「格差から逃げている」と難癖をつけるので
こういう”無駄”な政策も行わねばなんね。

579 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 11:19:31
>>578
金融政策だけではたいした効果が出てないが。
アドオンでやるのは悪くないだろ。

580 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 11:21:02
>>578だが、つまり現状では残念ながら「税金の無駄遣い」になる可能性は極めて高いということだ。
民主党は「格差国会」にすると息巻いているがどうせまた空転しまくるだろうな。

>>576
地方自治体のPBは黒字でも官需が減って地方経済はボロボロ・・・。こうなるのも、総務省・財
務省・日銀がみな省益優先でバラバラに動いて政策を決めているからだ。
都市と地方をどうするか、経済学者は財政学・行政学(要するに財務・総務・官公労の御用学問)に
任せっきりにせずもっとスッキリした丸く治め方を提案すべきではないか(というか既にやっているのかもしれないが)

581 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 11:22:29
>>579
アドオンでも役に立たないよ、たぶん・・・マクロで持ち上げない限り
どうにもなんないって。だから高橋洋一+中川秀+山本幸三の役割は重大。

582 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 11:23:20
所得格差拡大→平均消費性向低下→消費減少
終身雇用崩壊→恒常所得見込の不安定化→消費減少

これらを何とかしないとな〜。

583 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 11:25:48
>>581
「マクロで持ち上げる」で何を言いたいのか知らないが、
バカみたいな金融緩和ならずっとやってきたわけで、でも
こんな状況なのであるから、要は金融緩和にアドオンで
何かやらないといかんと考えられるわけだな〜。

584 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 11:26:57
>>579
ちなみにデフレではない欧州・イギリス・アメリカでもこの種の労働訓練そのものは
ほとんど役に立っていない。これは失業や「格差」にはもっと別の部分(初等〜高等教育の失敗、
移民、保護政策の失敗や労働市場慣行など)に問題があるため。

>>582
だから基本はドマクロなのよ。それ以上でも以下でもない。それでも解決できない
問題を色々考えるのが本当の研究者と政治の役割。

585 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 11:28:10
>>583
>バカみたいな金融緩和

引き締めたじゃね〜かwww

586 :派遣の人:2007/02/12(月) 11:30:11
>>572
個人的には、法規制だけでなく、規制とセットの補助金も欲しいけどなーw
その補助金の財源はたくさん派遣を利用してる大企業への法人税の増額で、捻出して欲しいなーw
マクロ対策としての派遣スタッフへの救済は、各派遣会社だけで負担するコストとしては大きいと思うんだなー。

勿論、法規制を破ったら、賠償もしっかりしないといけないように、労基署も強化した上でだなー

587 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 11:30:25
>>584
マクロ的な失業率が変わらん限り職業訓練をやっても誰かと
誰かが入れ替わるだけではあるからな〜。

ちなみに、>>582の後段に関する話は不同意だな〜。戦後に
マクロ状況が悪化しても終身雇用制が維持された時が多々
あったりするからだな〜。

588 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 11:31:47
>>585
昨年7月のゼロ金利解除に至るまでもデフレーターの動きは(略

589 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 11:33:11
>マクロ的な失業率が変わらん限り職業訓練をやっても誰かと
誰かが入れ替わるだけではあるからな〜。

ばか?

590 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 11:34:19
>>586
それは甘いなw 自己の責任において仕入れ、それが売れない
場合の責任も自己で負うとして、特段厳しい商売のやり方を
強いているわけではないからだな。

591 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 11:37:06
>>589
「バカ」だとする理由を述べよw

592 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 11:42:36
>>587
>戦後にマクロ状況が悪化しても終身雇用制が維持された

不景気でも長期安定雇用が維持されるのは「将来に好転する見込みがある」「ユニオンが強い」
「特殊的技能の代替が利かない(まだイノベーションによる効率化も追い着いていない)」
といった様々な要因がある場合・・・また90年代以降の日本でも長期安定雇用を守る代償に
若年層の雇用を犠牲にしてきたともいえるわけで(せざるを得なかったわけだが)

ここでも基本はドマクロ(とくにデフレ期は) また雇用の硬直性を固守する
こと自体が失業率を高めることもあるのは欧州の例に見る通り。
今の日本ではとにかくリフレ+長期安定雇用の復権が鍵なので、労働政策だけ先に打ってもどうにもならん。

593 :254号 :2007/02/12(月) 11:42:38
>>586
そこに補助金入れるより地方公務員を増やした方が良いな。

594 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 11:43:48
>593
行革だけは外せないから無理だろorz デフレなのに行革・・・。

595 :派遣の人:2007/02/12(月) 11:44:03
派遣=コストカット

現状はこうなのが悲しいなー。しかし不況で仕事が減れば、企業はそうせざるを得ないなー。

景気回復しても派遣を使う必要は無くならないだろうから、
スタッフの待遇や社会的地位は景気回復とともにちゃんと上昇しないとなー。
勿論、派遣スタッフだけでなく、現場で働く労働者全ての問題でもあるけどなー。

景気回復しても会社の内部留保ばかり増えてたら困るなー。
不況だったからみんな我慢してたのであって、
景気回復しても労働環境は不況時のままだったらおかしいだろー。

596 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 11:44:51
>>591
>>301>>524を100回読んだらわかるよ

597 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 11:46:15
>>577
面白いね。

最近はだな〜に対する粘着が凄いが、
そいつらは他に話題をもっていないのかと思うよ。
流石に5スレ近くもだな〜に対する粘着だけで消費したのは異常だし。
大人ならスルーくらい覚えればいいのに…。

598 :派遣の人:2007/02/12(月) 11:48:25
>>590
>甘い
そう言うと思ったなーw

しかし日本の経済環境は、全体的に辛い気もするんだよなーw

なんでだろーなー

599 :254号 :2007/02/12(月) 11:55:29
談合社会の崩壊による過当競争なだけ。

600 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 11:58:30
>>591
今産科医師不足
産科医は激務&高給
医学部の定員を増やしたりして産科医を確保
就労ものは増えたが誰か失業した?w


601 :派遣の人:2007/02/12(月) 11:59:25
>>599
談合の崩壊も、余裕がなくなったからではないのかなー?
なんかタマゴと鶏みたいな話だよなー。

まあマクロってタマゴと鶏ばっかりだけどなー

602 :254号 :2007/02/12(月) 12:00:36
>>601
だが、金が無いと消費は出来ない。

603 :派遣の人:2007/02/12(月) 12:01:57
>>600
不足してんだったら、需要があるわけで、失業する奴が出ないのは当たり前じゃないのかー?

(´ω`)y‐〜

604 :派遣の人:2007/02/12(月) 12:10:17
>>601
しかし、誰かが消費しないと金が入らないのも事実。
本当、マクロはマジで面倒くさいよねー。
経済問題は人間の思考能力を超えてるような気がするなー

ま、それはそれとして現状日本の労働意識は、過剰に辛い気もするけどなー

(´ω`)y‐〜

605 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 12:18:08
>>603
労働力が余っている分野と足りない分野があるってことな。
職業訓練でそれそ解消すれば失業率が下がるわけ。
相変わらずトンチンカンですなw

606 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 12:25:02
何度も主張してるが、社会保障の税方式化をしろ。財源は所得税と法人税を中心に確保する。
次に派遣のピンハネ率の上限設定と最低賃金の引き上げ。

607 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 12:26:45
職業訓練や派遣会社は摩擦的失業の解消には役立つが、期待できるのはそこまでだな〜。

608 :派遣の人:2007/02/12(月) 12:28:43
>>605
1、国民みんなが職業訓練で、医者みたく不足してる職になれるくらい頭がいい
2、医者も弁護士も大学出ないで職業訓練と試験だけでなれる
3、職業訓練には金がかからず、会社で働きながらでも学校に行けるくらい労働時間は短く、かつ職業訓練中は補助金が出る

これならまだわかるけどさ、職業訓練ってどのくらいのレベルを想定してんのー?

609 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 12:29:37
派遣のピンはね率が気にくわなければよりピンはね率の低い派遣会社に移るか
正社員の口を探すかすればよい。派遣会社なと日本に1万社弱あるのだ。

610 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 12:32:59
台湾の親日派老人の中に、「日本は良い統治をした。
朝鮮でも同様の統治をしただろうに、どうして韓国は
日本の統治を悪し様に言うのか」と言う人がいる。
しかしこれは、物事の多面性を理解しない偏った
意見と言わざるを得ない。

たとえ話を挙げよう。
盗賊や強姦魔のはびこる、すさみきった町があるとする。
そこへ警官隊がやってきて、厳しく取り締まりをし、
町に秩序と平和を取り戻した。
町に住む良民は警官隊を歓迎した。

しかし、ちょっと待って欲しい。

盗賊や強姦魔にとって、警官隊はどう映っただろうか?

611 :ホカロン:2007/02/12(月) 12:33:47
産科医の問題は、たんに需給の不均衡にあらず。
法整備の遅れによる不当な訴訟の増加で、仕事ができる環境ではなくなってしまったのだな。

医学生を増やして解決する問題でもない。

612 :254号 :2007/02/12(月) 12:34:20
>>604
だから、雇用、分配共に金を消費する内と考えると有る奴の問題で、
無い奴はどーしようもない。
この部分は卵と鶏とはならないと言いたいだけ。

613 :派遣の人:2007/02/12(月) 12:36:28
>>だな〜
そだね。派遣のピンハネ率も会社によっていろいろだからねー
傾向としては、製造業やITはピンハネ率高いみたいよ。
技術者は数が多い上に世間知らずで、しかも糞真面目が多いからなー。

あと、派遣会社や職業訓練の失業調整は、だな〜の言うとおり、そこら辺が限界だと思うなー

614 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 12:39:09
>>580
いや全くその通り。経済諮問委員会レベルじゃなくて国家運営プロジェクトぐらいで
統括して戦略を専門に立てて実行するくらいの権限のある機関が存在してほしいよね。
今のままじゃあ、日本は国政の学習・応用能力がちょっと足りないんじゃないの?で
終わったままだから。

615 :派遣の人:2007/02/12(月) 12:40:52
>>602
うん、そーだね。

使わない奴から絞って足りない所にまわしましょw
使ったほうが得にならんと使わないだろーしw

616 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 12:43:33
累進強化と経費認定緩和の合わせ技が妥当だろ。

617 :派遣の人:2007/02/12(月) 12:47:46
累進強化は必要だよな〜

618 :ホカロン:2007/02/12(月) 12:49:40
繰延べ資産への計上基準が20万になったときには、
うちみたいなチンピラ会社でも20台ぐらいPC買ったからな。

損金計上できるのは大きいな。

619 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 12:52:22
>>617
ただ、これを言うと、サルが必ず「優秀な人や会社が海外に逃げる」といいだす。
なんと返す?

620 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 12:56:58
>>619
実際逃げてるやんけ!
嫉妬野郎が!

621 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 12:57:42
サルは必ず「逃げたい奴は逃げればいい」と開き直るw

622 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 12:58:26
>>618
今でも6掛け、累進強化すればもっと安く買えるんだからでかいに決まっている。

623 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:00:04
>>622
言ってる意味わかんねぇぞ!コラ!

624 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:05:25
>>619
法人も個人も、海外は不便なので大半はどうせ帰ってくるだろwww この一言で済むと思うが?

「帰ってこない奴は?」とか聞かれれば「新庄はどうした?」とか言えばいいwww

625 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 13:05:38
>>619
普通は様々なしがらみから海外に逃げるなどできない。お前みたいに友だちもいない
株ニートはしがらみがないだろうから、早く移住することを勧めるよw

626 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:06:04
また財出馬鹿だな〜が自作自演と自画自賛しているな〜
再配分や財出の内容をいくらイジっても、マクロの成長率に変わりはないな〜
こんなのはマクロ経済学の基本なのだな〜
馬鹿だからこれが理解できないんだろうな〜
もしくは利権で美味しい汁を吸いたい土建屋、貧乏人の嫉妬なのだろうな〜
金融緩和と為替介入こそが広範囲に公平で確実に速く効果の出る政策なのだな〜


627 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 13:07:39
>>623
意味わからないの? 貧乏なんだね。

628 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:08:35
>>625
俺が高校時代、ヤンキーのバカはよく友達の数を自慢してたなw
しかしその言葉の裏にある本質はお前のような嫉妬心だw

629 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 13:08:47
>>626
関係ないならどういじろうとどうでもよいわけだなw

630 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:09:14
>>627
わかるように書け!コラ!

631 :派遣の人:2007/02/12(月) 13:09:45
>だな〜
程度問題じゃねーの?
それにまあ、そこら辺の判断は国民の考えかた次第だしさ。だから政治問題。

大事なのは、

1、国民全員が正しい知識を持つこと
2、国民全員がそれぞれの経済施策のメリットとデメリットを把握すること
3、その上で主体的に意思決定をして、投票をすること

っていう、民主主義とその為の情報の正しさの確保であって
『判断』以前に『前提』の問題じゃねーかー?

マスコミとか教育の恣意性こそが問題だと思ってるんだけど、どうよ?

632 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:10:39
>>624
実態を知らん奴はお気楽でいいなw

633 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 13:11:31
>>628
自分に友だちがいないことは認めるわけだw 素直でよいなw

634 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:12:59
全ての専門学校にミクロ経済学の普及を!

635 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:13:18
>>633
数人はいるなw

636 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 13:13:58
>>631
1番からして現実的には無理。

>>632
統計データ出そうねw

637 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 13:14:59
>>635
淋しい奴だなw

638 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:15:42
>>636
累進課税にしても海外に人材が流出しないデータを出そうなw

639 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:17:18
>>637
じゃあお前は何人だよw
うわべだけで遊んでる相手は友達じゃねぇぞw

640 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 13:18:06
>>638
現状と比較して変わると主張する側がデータを出すものだよw

641 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:18:24
>>638
証明をする人間がデータを出して議論する。
議論の常識です。

642 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:18:36
>>631
>マスコミとか教育の恣意性こそが問題だと思ってるんだけど、どうよ?

アカデミズムからして大半はいまだに近経アレルギーが強いから無理だろwww
だいたい、近経からして細かいテクニカルな手順に固執して学部生にきっちり
経済学を叩き込めてないのにwww 学部の法学と同じくただの試験オタク学問に成り下がってるのにwww

643 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 13:20:32
>>639
まるで幼稚園児だなw

644 :派遣の人:2007/02/12(月) 13:21:02
わかりやすく言えば

『優秀な人を残す為に、累進は上げません。
普通のあなたは貧乏になります。経済も縮小します。労働時間も増えます。失業も増えます。
でも、貴方がもし成功したら、大金持ちになれます。
成功しなかったらかなりアレな人生です』

こういうアナウンスと、その『現実』をきちんと理解して、
それでも『累進は上げない』という選択を国民がするならかまわないんじゃないのー。
そこで正しい知識、認識とメリットデメリット、リスクとベネフィットを、国民がもってるんならなー。

だから教育とマスコミの問題だなー。

645 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:22:43
>>640
言いだしっぺが出すものだよw
>>643
お前がなw

646 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:25:46
全ての学校に道徳の時間を与えよ!

647 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 13:26:18
>>644
まあ、真っ当な方法はそうだろうな。しかしながら、いつの世もワカゾーは成功を
夢見るものであるからワカゾー受けは悪いだろうなw

ところで、ご存じの通りマスゴミの連中の収入は一般サラリーマンとしては高く
奴らは概して自分を成功者と考えているわけだが、それはどうする?

648 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:28:06
>>645
そう、逃げると言いだしたお前が出す。よくわかってるじゃないかw

649 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:28:33
>>644 >>647
「小さな政府」好きのリバタリアンなアメリカ人は自ら累進を否定するからなあ。
金持ちは税金を払う代わりにチャリティやりゃいいと思ってるし。
日本でも同じことが起こるんじゃね〜の?

マスコミ人はどうせ世間ウケしか考えないから無視していいだろ。世間が累進マンセー
ならそうするし、違うならしない。

650 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 13:29:45
いかん、>>648はオレな。

651 :派遣の人:2007/02/12(月) 13:29:46
>だな〜
まあ、無理なんだけど、長期的にはそういう努力は必要だろ〜w

本来、『優秀な人間ばかりを優遇するな!』と、文句言う立場の人間が、他人事だと思ってんだからなー。
まず他人事だと言う意識を変えることが先で、『判断』をするのはそれからだろとも思ってるなー

652 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:30:26
>>648
日本語大丈夫か?

653 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 13:32:20
>>652
お前が大丈夫でないことだけは明らかだよ。

654 :派遣の人:2007/02/12(月) 13:32:45
ちなみに俺の個人的な意見では

1、出ていくなら出てけばいいじゃん。今、優秀な奴がいなくならなきゃ、これから優秀になる奴が育たないし。

2、優秀な奴が少数出てく代わりに、大量のパンピーが食えるのと、
優秀な奴を出ていかせないで、大量のパンピーが貧民になるのと
どっちがいいか考えたら、ちょっとくらい優秀な奴が出てっても別に困らない。

かなーw
別にトヨタがいなくなっても、たいして困らないだろーなー。
日産もホンダもあるし、全部出ていったら輸入すればいいんじゃねーのー?

655 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:33:35
全てのニートは多数派同調バイアスに直面している!

656 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:34:08
>>653

>>301
>>336
>>505
>>524

657 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:34:08
団塊はただ騒ぐだけで給料もらえる

新入社員だったころの定年間際の部長達は真面目に仕事してたし、
間違えを発見次第注意してくれたし、部や課が違っても仕事も教えてくれた

団塊連中はホントに昼飯といじめしか会社でやってない
間違えがあっても中間発表とかで指摘せず、最後に指摘し修正案まで作ってやがる
新入社員にも仕事を教えず「そんなの常識だろ」で済ます
部や課が違えば挨拶しても返事が出来ない

人事部にいた頃団塊の不当な圧迫面接に対するフォローが大変だった



658 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 13:34:42
>>654
オレもそう思う。

659 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:36:34
>>653
恥ずかしくないのか?

660 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 13:36:45
>>656
わざわざお前の読解力のなさの証拠を自分であげなくてもよいよ。そこまでいじめる
気はないから。

661 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:38:11
>>660
涙目乙w

662 :派遣の人:2007/02/12(月) 13:41:54
>>だな〜
日本で一番優遇されてる職種が大手マスコミだと思うぞーw
規制で守られてるから、マスコミほど美味しい仕事はないぞーw
マスコミ社員をもっと叩いたほうがいいと思うぞーw
派遣会社の社員の年収と、マスコミの社員の年収を比べてみりゃいいと常々思ってるぞーw

ちなみに昨日、親が遊びに来たから、六本木ヒルズに一緒に行ったんだが
テレビ朝日のビル内に就職活動の大学生がアホみたくたくさんいて、びびったぞーw
六列縦隊で延々と履歴書持った黒スーツが並んでるのを見て、ちょっと引いたぞーw
巨大な葬式にしか見えなかったなー

663 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:43:24
紺色の間違いでは?

664 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:51:05
そういえば日本は外国から円安を非難されまくってるといってる奴がいたが、
G7では言及無しだったという現実は同見てるんだろ。

665 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:52:27
>>662
新聞と出版の天下はもうすぐ終わる。ネット配信に大々的に移行すれば今ほど稼げなくなるので。新聞
も弱小媒体は既にボロボロだし、出版も中小零細は昔からひどかった。
TV局は総務省がいま問題になっているコンテンツの質に行政指導を掛ければ終わる。制作
会社に安く請けさせてコンテンツの中身を叩いているから利益が出るだけなので。
1本1本にお金を掛ければそんなに儲かる商売じゃない。今でも実は手間暇が掛かるニュースや生ワイド番
組などは赤字。ドラマもお金が掛かるからそんなに儲かるものじゃないし。NHKも行革で潰されるだろ。

ネットに移行してもニュースやコンテンツを作る商売自体は今後も特殊技能であり続けるので、一部の
ブロガーが期待しているような意味でのネットの優位が来るわけではないけどね。

666 :派遣の人:2007/02/12(月) 13:53:18
>>だな〜
あと、ワカゾー受けは確かに悪いだろな〜w
俺が起業とかしてた時に、周りの奴らを見て理解出来なかったのはそれだなーw
『なんでこいつら、そんなに自分を過大評価したり、夢見たりしてるんだ?
能力なんて多面的なもんであって、勝ち負けとかではないし
所詮俺達は大きな始点で見たら、役割をこなしているだけであって
自分で役割を選ぶか、役割を与えられたかの違いでしかないだろーに』

と、いつも思ってたなー。
やりたいこともないのに、何故起業なんかしたがるのか意味わからんなー。

667 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:56:42
株NEETのためにこれ以上金融緩和と為替介入はやる必要はない。
これだけはいえる。


668 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:57:30
>>664
アメが、円安を是認したから。


669 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:58:37
>>662
だいたい、今でも新聞の中は真っ赤だぞwww 朝日などはなんでまだあんなに高給が払えるのか分からん。
出版大手は土地持ちなので何とかなってるだけだし。岩波はもう売る土地が無くなったようだが。

>>666
>やりたいこともないのに、何故起業なんかしたがるのか意味わからんなー。

官界・マスコミ・大学が煽動するからだろ。東大でも起業セミナーとかあるしな。

>>668
アメリカ人はマンドくせと言ってるのに、日本人のマスコミが利上げしろと言う謎www

670 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 13:59:18
株NEETは生産性ゼロだから、

これ以上の金融緩和は無意味。

内需拡大策をとるほうが100倍、生産的だ。



671 :派遣の人:2007/02/12(月) 13:59:52
>>665
>天下の終わり
マスコミもそれは気付いているなー。危機感はあるようだなー。
俺はネットベンチャーの時に、軽くマスコミの内情を見たから、よくわかるなー。

しかし危機感が努力や姿勢に結び付いていないのが痛いところだなー。
マスコミのダメさを叩くには、ネットがもう少し強くならねばなーw

朝日の良いデフレ論は、何故叩かれなかったのか不思議だなーw
日本の国民は本当に頭が悪いのかと思うなーw

672 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 14:06:20
>>671
というか、ああいう業界は国が公益性(公共性)を認めて保護してきた産業なんだから、本当
は社員が儲かっちゃいけないんだよね。いくら激務厚遇とはいえさ。
朝日は笠信太郎の時代からずっと狂ってるから仕方が無い。

673 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 14:07:55
>>664
【エッセン(ドイツ西部)=粂博之】先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)は10日午後(日本時間10日深夜)、共同声明を採択して閉幕した。焦点の為替問題では、「為替レートは経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)を反映すべきで、
過度の変動は望ましくない」とする従来のG7声明の表現を踏襲し、円安是正には言及しなかった。日本にとっては、円高を招く利上げ圧力が回避された形だ。一方、中国・人民元に関しては「実効レートが必要な調整が進むように変動することが望ましい」
と強めの表現を盛り込み、人民元のさらなる改革の早期実施を促した。

 声明は、世界経済の現状を良好と指摘し、米国は「より持続的な成長に向かう」、日本についても「景気回復は軌道に乗り持続の見込み」との見方を示した。

 その上で、為替相場の円安に関しては従来のG7声明の表現を踏襲するにとどめ、明確なメッセージを盛り込むことを避けた。

 円相場に関する議論では、欧州諸国から「現在の円安ユーロ高は日本の景気回復を反映していない」など懸念の声が上がる半面、米国は相場の水準は市場が決めるとの立場を表明してきた。これに対し、日本は景気が回復傾向にあるとしつつも、
力強さに欠けることなどが円安要因だと説明してきた。今回のG7会合でも、こうした日米欧の見解の相違が埋めきれず、円安についての具体的な言及がなかったとみられる。


これを見ればわかるとおり、名指しでの対日非難を決議に持ち込まなかっただけで、
会議自体では、円安是正は元安是正とともに会議の中心テーマだ。

いつまでも円安に甘えて入れるわけないだろ



674 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 14:13:26
>>671
というか、大手紙・有名出版・局が異常なだけで、経営的には万年ボロボロの出版中小零細・制作会社・弱小
地方局・弱小紙が真の姿なんだよ。コンテンツなんか本当は全然儲かる仕事じゃないのにね。

675 :派遣の人:2007/02/12(月) 14:35:44
>>674
>コンテンツなんか儲からない
まさに『コンテンツ』とか『WEB』を仕事にしてた俺からすると、その意見は実に痛いなーw
コンテンツは水物であって、博打みたいなもんだからなー。
保護とか無しでコンテンツで安定して稼ぐのは難しいなーw

まあ、コンテンツで博打打つより、学生時代麻雀で生活してた時のほうがよほど難しかったがなーw

麻雀>>>>コンテンツ>>一般の事業

だなーw

ただし、コンテンツは一発逆転性があるから、もたざるものが始める事業としてはいいものなんだなーw

676 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 15:08:17
派遣の人ってだなーの多重人格の一角ですか
しゃべり方とくだらない専門外の分野に首を突っ込んで
阿呆なことを言い出すところがそっくり

ピンハネ奴隷商人がいつコンテンツとやらに関わったって?
どうせしょうもない瑣末なことやってその気になっていただけだろw

677 :ホカロン:2007/02/12(月) 15:20:16
派遣業もさまざまなライフスタイルに合わせた仕事を紹介したり、
専門性の高い高スキルの人には、高収入の仕事を紹介したり、
利用価値は高いぞ。

要は利用するスタッフ側にも利点は多いから
単純に非難するのはおかど違いだぜ。

678 :ホカロン:2007/02/12(月) 15:23:39
「派遣の人」を批難するなら、
仕事の紹介にかこつけて、何人の女を食っちまったのかって点だな〜。

おれもいっぱいご褒美いただいたな〜。

679 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 15:29:05
>>626
>再配分や財出の内容をいくらイジっても、マクロの成長率に変わりはないな〜
奴隷制を導入してでも成長率重視というなら別だが、
極端な賃金引き下げを遂行しない限りお前のいうような成長率はマクロでも
実現できないし、賃金引き下げたら個人消費が落ち込むからほとんどの
国内企業は赤字になるな〜。
残念だけどおまえの議論は机上の空論だな〜。

680 :ホカロン:2007/02/12(月) 15:31:40
極端な賃金引き下げを遂行したら、成長どころか縮小するばかりなりよ。

681 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 15:32:51
>>678
いい仕事だなw

682 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 15:32:53
>>601
タマゴとにわとり論は全て詭弁

683 :派遣の人:2007/02/12(月) 15:34:00
>派遣の人はだな〜の別人格

俺は経済学も詳しくないし、東大なんか出てないし、大学の学部は芸術だし、まともに学校にも行ってないし、受験勉強なんかしたことないし
偏差値は国語だけ75で他は50くらいだし、弁護士どころか就職活動もしてねーし
大学出てから半年は麻雀で生活してて、その後はフリーでウダウダしてから起業したり転職したりしてた人間で
リアルナニワ金融道的世界からはい上がってきたクチだな〜w
どうがんばってもだな〜みたいに東大→弁護士なんて社会の本流通った人間ではないなーw

(´ω`)y‐〜

684 :派遣の人:2007/02/12(月) 15:55:36
>スタッフ食う

俺は内勤だよw
それにモテる奴が休日に2ちゃんなんかするかー?

685 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 16:02:12
弁護士と難波金誘道だったらにたようなもんか

686 :ホカロン:2007/02/12(月) 16:05:26
内勤ならなおさら。インハウススタッフ(←こんな言い方してたかな)
選びほーだい、はべらしほーだいでハーレム状態だろーよ。








んなわけないか。

687 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 16:52:27
で、円安になると株あがるんでしょ?

景気よくなるんでしょ?

一言で答えて。

688 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 16:57:11
>>687
あくまで為替は二次的な要素と考えるべき。株価は経済のファンダメンタルズ
に落ち着くに過ぎない。
投機で稼ぐなら短期的な乱高下に注意すべきだが、長期的には内需の動向に左右されている。

日銀がまたバカなことをすればどうせ下がる(短期的には市場参加者の思惑で不可解な値動きもするだろうが)

689 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 17:15:55
賃金引下げって…実質派遣業のピンハネが酷いんで
そういう層の手取り給料はえらいことになってるがね
上限を法で規制したほうが良くねえか
欧米は規制してんだろ?

690 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 17:17:40
>>673
円安は日本が本格的にダメになったことを表しているだけさ

691 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 17:18:15
>>677
昔の特殊な職業に業種を絞った派遣とかは
そうだったな

今は違うが

なんか妙に派遣業擁護が入ると思ったら
中の人が巣食っていたのか、このスレ

下らん自作自演の漫才が横行してるなあ

692 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 17:19:31
>>687
基本的に変わらない

株…上がる銘柄もあれば下がる銘柄もある。日経コアは上がる。新興は下がる
景気…内需から外需に所得移転が発生するだけ

693 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 17:33:52
今年1年で見れば、株が上がる可能性がある。
日本の優良企業が次々とM&Aで買収され
株式市場が盛り上がる可能性がある。
来年以降は景気次第だな。
M&Aブームは優良企業が買収された時点で終わりだろう。

694 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 17:59:27
>>691
そもそも、派遣会社を叩いている奴のロジックが意味不明だ。

695 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 19:33:54
今年は脱IT元年になるかもね。

IT化する事によってシステムのコストが掛かりすぎるし、
複雑化して管理が思うように行かない。
何気に簡単にストップするし、電力消費が激しく温暖化の原因
にもなるし、何より管理者が管理権限を奪われると言うのもマイナスである。

696 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 19:35:55
そう言えば日本はすでにマイクロソフトに管理権限を
一部委譲しているね。日本を簡単にストップできる。

697 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2007/02/12(月) 19:44:00
WCEでニートも粋なやつという市民権をうるだろう。最低限の権利を守る。回りに流されないNEET。働かないほうが偉くなってくる。


698 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 19:52:15
中川さん核兵器の議論をするより、大穴の開いた
ITの危機管理がする事が先では?
マイクロソフトに日本は裸をさらしている状態だが。
マイクロソフト税なんて毎年日本はいくら払っているんだ?

ITは基本的に過度に依存すれば頭が悪くなる。
しかもニートが究極のIT社会の理想の姿だが、総務省は
そのあたりどう思っているのだろう?
日本人がフリーター並みの仕事ができればそれで良いのか?

太平洋戦争が必要だと誤認したのと同じように世の中に流されすぎでは?

699 :254号 :2007/02/12(月) 20:12:36
いや、今は核の議論で良いと思う。(ちゅーかしてるのか?)
このまま放置すると、北朝鮮を核保有国と認める形で
金だけ払わせられることになるよ。
拉致で騒いだ挙句、このザマは恥ずかしい過ぎる。

700 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 20:17:27
>>683
>どうがんばってもだな〜みたいに東大→弁護士なんて社会の本流通った人間ではないなーw
>
>(´ω`)y‐〜

というか、だな〜の自称である東大(しかも理系)→弁護士の方が出来過ぎ。

701 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 20:20:18
>>699

核をお互い持ったところで何かあるのだろうか?
日本が保有してようがしまいが単に北朝鮮が核を持っていれば
お金を要求するだけだろ?

それだけ。日本が保有しても意味が無い。

702 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 20:24:04
核ではなく対空防衛ミサイルならわかるが、核兵器は中川が
戦争オタクだから言っているだけでは?

703 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 20:25:54
対空防衛ミサイルの方が数万倍利用価値が高い。
核はほぼ利用価値は無い。

704 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 20:32:43
対空防衛ミサイルは核以外でも使えるからね。

705 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2007/02/12(月) 21:02:29
ミサイル防衛は殆ど無理らしいね。これも米国に金払うだけの代物。

706 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 21:35:46
>>705
無理とは初めて聞いたが・・・。日本は既にある程度実験しているが無意味か?

707 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 21:39:01
日本が核を保有しなくても、打たれたらアメリカに
打ってもらえば良いだけでは?
単に中川は面白がっているだけだろ。

708 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 21:43:06
アメリカが撃ってくれるといいね。

709 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 21:43:42
ホワイトカラー〜とか、国民を奴隷扱いするときは
大体、軍事にお金がいるから搾取するんだよね。

右翼が蔓延ってないよね?
裏では着々と準備していそうだけど。


710 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 22:11:57
日本がミサイル撃たれていっぱい人死んでも
アメリカで反戦運動起こって米軍は何も反撃しないだろう
イラクでの教訓とか言っちゃってさwww

711 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 22:24:18
アメは、歴史上、
核保有国を攻撃、あるいは核保有国と交戦したことは無い。
イラクは、持っていない確証があったから攻撃した

712 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 22:59:33
イランが核を欲しがる訳だ

713 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 23:14:30
北は外交がうまいといわざるを得ないな〜。わが国のへたさ加減といい好対照だな〜。

714 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 23:20:23
飴をちらつかせたるばかりだったり鞭をひたすら振るうだけだったり。
強硬に出ることで何を得るのか、という目的を忘れ強硬な態度を保持することが目的に
なってしまってる?

715 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 23:23:58
>>713
日本は金もってんだけどなw

716 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 23:35:34
>>715
So, what?

717 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 23:42:43
>>716
無能な2代目の成金ボンボン

718 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/12(月) 23:52:55
>>706
飛んでくるミサイルを打ち落とすには技術的ハードルが高いって話だぞ。
しかも、ミサイルを撃ってくる方だってミサイル防衛システムへの対策を講じるぐらいのことは当然やってくる。
効果に対し費用がかかりそうだから、「米国に金をせびられるだけ」ってのは説得力ある評価だな。
つーか、金よりも米国側が有利に技術をもっていくって展開になると嫌だな。

719 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/12(月) 23:53:28
>>717
なるほど。

720 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/12(月) 23:57:17
日本に円安是正の圧力を…米有力議員ら財務長官に書簡
2月10日15時46分配信 読売新聞


 【エッセン=矢田俊彦】米議会のチャールズ・ランゲル下院歳入委員長ら下院民主党の有力議員4人が、ヘンリー・ポールソン米財務長官に対し、
円安是正を求めて日本政府に圧力をかけるよう求める書簡を送っていたことが9日、分かった。

 書簡は先進7か国財務相・中央銀行総裁会議(G7)前の8日付。円安で日本車の輸入が急増している現状を指摘し、
円安はこれまで行われた巨額の円売り介入の影響と低金利政策の反映だとして「円は自由な市場で価格決定されていないことは明らか」
と断定した。その上で、「米政府は日本政府に対し、円安是正に向けた具体的な実行を促すべきだ」とし、
日本が外貨準備で保有するドルとユーロを売却し、円高に誘導するよう求めた。


円安、金融馬鹿は、日本が置かれてる状況がまるで理解できてないみたいだな。
上にあるように、アメリカですら、円安に激怒してるんだぞ。
議会では両党ともに対日バッシング一辺倒だ。

唯一ブッシュだけが、日本を擁護してきたが、それも任期切れとともに終わる。
次のヒラリークリントン政権誕生でで円安の猶予期間も終了する。
先が目に見えてるんだから、内需拡大以外に取る選択肢があるわけないだろ。


721 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 00:08:20
別に核にこだわらなくてもサリン搭載ミサイルでも持っておけばいい

722 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/13(火) 00:23:41
>>720
ははは、そりゃ自分たちの選挙区向けパフォーマンスだろ。
オメーの引用した記事には続きがあって、うち二人がミシガン州の選出議員って書いてあるじゃねーか。
まったく、このスレは印象操作したがる奴が多いなw

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070210it01.htm
>書簡を送ったのは、ランゲル氏のほか、バーニー・フランク金融サービス委員長、ジョン・ディンゲル・エネルギー・商業委員長、歳入委員会のサンダー・レビン貿易小委員長の計4人。
>ディンゲル氏とレビン氏は、米三大自動車メーカー(ビッグスリー)のおひざ元であるミシガン州の選出議員。

723 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 00:32:04
>>722
おまえはあほか?
円安是正圧力が選挙パフォーマンス?

>書簡を送ったのは、ランゲル氏のほか、バーニー・フランク金融サービス委員長、
ジョン・ディンゲル・エネルギー・商業委員長、歳入委員会のサンダー・レビン貿易小委員長の計4人。
 
議会の通商担当の要職の重鎮勢ぞろいだろ。
パフォーマンスだけで、実際には、円安を容認でもしてるだと?

議会で日本の円安を擁護してるやつなんて一人もいねえぞ。
長期間にわたって円安是正、貿易不均衡是正を日本に再三にわたって
要求してきただろ。
対日経済制裁決議案も幾度も提出されている。ブッシュが署名を拒否して発動はしていないが。

円安是正要求が国内向けの単なるパフォーマンスとかもうあほかと。


724 :ホカロン:2007/02/13(火) 00:37:31
さらに日本の内需拡大については、レーガンの頃から一貫して要求されてるな。

725 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 00:38:25
> 日本が外貨準備で保有するドルとユーロを売却し、円高に誘導するよう求めた。
米国債を売ることになりますな

726 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 00:40:11
本気かパフォーマンスかどうかはともかく、そいつらは重商主義で経済のことを分
かってないアホなのは確か。円もドルも不換紙幣の変動相場制。アメリカでも、ド
ルをアメリカ国内の購買力や生産性に見合った通貨のレートにすればいいだけ。

727 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 00:45:01
>そいつらは重商主義で経済のことを分かってないアホなのは確か。

わかってないのは、日本の政治家、官僚、経営者のほうだがな・・・・

728 :派遣の人:2007/02/13(火) 00:48:16
>>727
確かにそうだなーw

しかし大統領選挙はどうなるのかなー。民主に勝ってほしいなー。黒人候補ならなおいいなー。

729 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 00:51:37
どっちでもいいが民主党候補者の中で票が割れて
共和党が勝つなんてことにはならんだろうな。
なったら最悪だ。

730 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 01:03:33
予備選挙で一本化するだろ

731 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 01:06:20
>>720
そうだな。円安で一番恐いのが世界同時バブル崩壊。
円安で一気にリスクマネーが膨らみ、原油をはじめ資源価格が急上昇し、
それが更なる利上げにつながり、そして一気に弾ける。
すると今度はキャリートレードの巻戻しで円安から円高へと向かい、
日本の輸出業者も赤字になる。

緩やかな円高ならもちこたえられるが、急激な円高はショックとなり、
日本にとって強烈なデフレ圧力になる。

1980年代の経済好調時なら持ちこたえられるが、はたして、今の
日本がどれくらいもつか。特に「国際競争力至上主義」で内需を
削ってまで輸出企業優先してきたからな。

プラザ合意では日本が円高不況になっただけだが、今度は全世界
同時不況になる。これも日本には逆風になる。


732 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 01:20:22
世界的デフレで世界中が破滅の縁に立てば第三次世界大戦が世界の不況を救うんじゃねw

733 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/13(火) 01:25:02
>>723
記事を見る限りじゃ、書簡の内容には無理があるからな。
こんなもんが有効になるとは思えねーから、選挙パフォーマンスと見た方がいい。
そもそも、今の円安以前からメリケンの自動車産業は衰退していたじゃんか。

734 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 01:25:51
あいかわらず、ここは馬鹿の見本市のようなスレだな。
円安、円高とかより、日銀がデフレターゲットやってるのが問題
なんだろうが。
名目賃金、個人消費マイナスの原因は日銀のデフレ政策だちゅうーの。
まだ、理解できんのか?
内需拡大したら、インフレになってしまうだろ?
もしかして、デフレと名目賃金上昇、個人消費増加が並存しうるとか
考えてんじゃないよな? 
内需拡大をわめく奴って、実のところ、どの程度のCPI上昇を
想定してるわけ? まさか0インフレで、内需拡大とかって馬鹿言わんでな。
内需拡大を妨害っていうか阻止するのに躍起なのは日銀だ。
日銀こそ諸悪の根源。 

735 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 01:32:26
>>734
金融クレイジーはしねよ

736 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 01:34:11
円高になっても、
輸出に依存するのはやめることだな

737 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 01:48:36
>>736
おまえは、親に依存か?

738 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 01:50:17
株NEETは氏ねよ

739 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 02:22:51
>>734
またループさせるのか、そのコピペw
インフレになって困るのは誰なんだよ?内需が栄えて困るのは。
別板で言った事があるんだけど、海外進出の見返りに途上国の製品の消費する層が
必要になったってのが目的なら、それもありだけどな。デフレのメリットってそれしかないし。

740 :遺言:2007/02/13(火) 02:58:31
まあ何を言っても、そのうちハイパーインフレで沈没するからさ・・・

泣こうが喚こうがインフレになりますから



741 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 03:23:15
ハイパーインフレw

742 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 04:00:51
もうヤケクソだなw

743 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 05:42:42
アメリカ暴落最高!!!!!!!!!!!!!!!!!

744 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 09:28:59


安倍が国会中継でグローバル化による国際競争に負けるとだめだと言ってるが

たとえ、日本企業が企業間の競争で負けたとしても
日本国内で販売する企業が外資に変わり、経営者が外国人に代わるだけで
従業員には余り関係がないのでは?

745 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 09:48:20
>>744
国際競争力電波はいまだに政財官学には根強いからな・・・これもルーツをたどってみる
必要があるように感じるが・・・。

746 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 09:49:18
>>744
外資すらも関係ないような。
少々極論だが、グローバリズムって、競争して負けるときは潔く負けようという思想だろ?
無理に勝とうとするから不幸になる

747 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 09:53:03
日本国内の内需が一定なら日本企業が勝とうが負けようが関係ないんだよな
あいた市場に他の企業が入って雇用を引き継ぐだけなんだしさ

748 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 09:55:50
民主党を応援してるが、ここまで自爆の多い政党だと困るな・・・

749 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 10:00:26
国際競争に勝たないと雇用を維持できない
競争力がないと海外の企業に仕事を持っていかれるからな

750 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 10:24:20
国際競争力論おかしい点は俺も前から挙げているが、
まず経営レベルで競争を考える場合、

・企業の持つ能力(資本力、ブランド力、技術力、信用など)
・参入障壁(技術力、顧客リスト、商品価格、ブランド力、市場の特異性など)
・経営手腕(財務、投資、人事、営業など)

そういうものが必要となるが、国際競争を考えた場合、
まず、言語が参入障壁になる。次に品質やブランド力、
サービスの充実なども参入障壁になる。

つまり、価格に頼らずとも、日本人がきちんと仕事をしていれば、
外国企業は恐れるに足らず、むしろ外資によって日本企業が
買収されて外資化する方が問題だろう。

西友を見ても分かるが、日本市場の特異性から上手くいかないケースも
ある。この場合、買収する側される側、双方にとって悲惨である。

ということを考えれば、少なくとも外需以外では、国際競争力という
概念を導入するのは難しいものがある。

そしてこれをマクロに拡張した場合も、10%超の輸出企業が
海外に進出した場合、どれくらいのシェアを確保するかの目安には
なるが、それ以上の意味はないだろう。

むしろ、外国企業の方が日本市場に参入する「国際競争力」をもっと
上げないと難しいだろう。皮肉じゃなく、現実だろう。パソコンの不具合で
電話をしたら、インド人のオペレーターが出てきたら、二度と買わないだろう。

中国に釣られていろんなことをいう人がいるが、繊維産業のような
安い労働力で大量に作らないと利益がでないような産業に合わせて
話をしても意味がない。

751 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 10:36:12
企業の競争力がなくなると雇用が消えるというが

雇用に関係するのは金利やインフレ率ではないのか?


国際競争で負けているアメリカは雇用能力がないのか?

752 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 10:39:30
企業経営をしてるモノから見ると
確かにその企業の生産性や市場での優位性が消えれば雇用も減る
しかし、その企業が該当国での市場から撤退した場合
市場に一定の消費力があるならば他の企業が販売を伸ばし
結果としてその企業が雇用を増やすだけ


と言う認識でok??

753 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 10:48:35
生産性の高いインド人が多数生まれ
インドでアウトソース専門のIT企業が多く生まれたとする

賃金は日本企業の半分

となると、大手ITなどはインドのIT企業へ受注を増やすだろうか?

答えは増やすだろう
そしてそれによって日本人の職は失われる

これこそが国際競争力の必要性を証明する出来事だ

754 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 10:53:49
>>753
単にSE職が失われるだけでしかないな〜。転職すれば足りるな〜。

755 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 10:58:47
>>754
だな〜の見解としては>>752はある程度妥当な意見だと思う?

756 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 11:15:54
>>753
輸入(海外へ受注)が増えたぶん円安になるだろうし、
製造原価が安くなったぶんIT企業とやらの利益も増えるだろうから、
それほどマイナスでもないんじゃね?

「日本人が失業」ってとこで思考停止していいものかどうか。
グローバリズムのなかでは、失業はもしかしたら終わりじゃなく始まりかもしれんよ

757 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 11:19:00
>>752
妥当だな〜。転職ができないような状況ならば給与水準がどんどん下がってインドと
同水準になった時点バランスすることになるな〜。

758 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 11:38:47
>>753
アメリカ企業なら、
それはあてはまる。

理由は、インドは英語圏だから。
しかし、インドは日本語はできない。

ゆえに、日本企業はインド企業に発注はしていない。
以上。

759 :ホカロン:2007/02/13(火) 11:43:50
日本の場合はベトナムだな。
けっこう優秀らしい。

760 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 11:53:28
日本は大半が中国のはずだな〜。

761 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 12:13:54
【憲法改正】戦争は絶対嫌だ!海外に逃げてやる!戦争絶対に反対だー!【徴兵制】
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/baby/1168395705/

762 :派遣の人:2007/02/13(火) 12:19:14
日本の政治家は経済を知らなくてもなれるんだから変だよなーw

しかしいつまで『ものつくり立国』とか、訳のわからんことを言ってるんだろーなー。
単に『売れるもの立国』でいーじゃねーかと思うんだけどなーw
ミもフタもないけど、経済とか商売ってのはそういうもんだろーw
売りにくい商品を苦労して売るよりも、売りやすい商品を楽して売るのが基本じゃないのかー?
なんで『ものつくり』にこだわる必要があるんだか、意味がわからんなー。

763 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 12:21:14
テレホンセンターはインドや中国に発注できても
床屋が中国やインドに国際競争力で負けるなんてことはない。
(飛行機がべらぼうに安くなるか、ドコデモドアが発明されたら別だがw)

低賃金の競争なんて言ってる暇があるなら
エネルギー、食料の確保の方がよっぽど価値がある。

764 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 12:30:13
アメリカ製造業など貿易保守派が
日本などの製造業がアメリカ人の所得を奪ってると言ってたが
クルーグマンが即、喝破していたな・・・

765 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 12:43:25
企業が国際競争力を持つためにリストラしたのは悪くなかったと
熱弁をふるっている総理がいる国
美しい国へと進んでいますな

766 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 12:44:21
投稿者 さすれば 日時 2007 年 1 月 31 日 01:14:14: reQxnNwQ2shuM

アメリカの3人のラップ歌手が911のペテンを告発

アメリカで最も有名な3人のラップ歌手、モス・デフ、イモータル・テクニックとエミネムが、911のペテンを告発する歌《真実をしゃべれ、ニガ!》を作った。

(《ビンラディンが計画したのではなく、それはおまえだった、ニガ!ブッシュがタワーを崩落させたのだ》と歌う)

http://www.voltairenet.org/article144916.html



767 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 13:30:44
>アメリカ製造業など貿易保守派が
日本などの製造業がアメリカ人の所得を奪ってると言ってたが
クルーグマンが即、喝破していたな・・・


正確には奪ってるのは所得より、雇用。

768 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 13:31:16
>>762
諸外国の混乱を見ても、近経の地位が低いのは日本だけではないように思えますが・・・。
日本の場合は論壇経済学者に隠れマル経みたいな人が多いのがネックかと・・・。

「ものづくり」の次はコンテンツだ、とか官学ぐるみで性懲りも無くやってますけどね。
コンテンツなんか産業総額の市場規模を見ると意外なほど少ないんだけどな。観光振興に悩む
地方がFCなどに飛びつくのは理解出来るのですが。
日本は日本語という非関税障壁と巨大な内需故にコンテンツ産業が独自発達を遂げただけなのではな
いでしょうか? 実態は「あるある」捏造とかいうテイタラクのお粗末さなので。
TV番組に関しては局がいくらでもピンハネ出来るので現場にカネが回らないんですよね。
公益企業なので儲かってはいけないはずなんだけどねえ。広告・受信料収入が入れば入っただけ公益として
コンテンツの中身に還元させるような仕組みなり規制なりを考えないとどうしようもない。

769 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 13:35:39
>>767
>アメリカ製造業など貿易保守派

そうした世界観を大企業を批判しているはずのマイケル・ムーアのようなアメリカン・リベラルまでが共有
するという不毛さね。どこの国でも似たような構図があるなと。

770 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 13:42:42
>>768
でもテレビなどに出れるのはマルクス教信者が主流だよ。
森永がよくテレビ出れるのは、醜い顔のおかげもあるけど
マルクス教徒だからだよ。

771 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 13:47:23
>>770
釣りか、ちょウケるwww モリタクはTV評論家ではリフレに唯一理解がある
人物なのにwww 森卓が説くのはマルではなく修正資本主義だろ。

772 :ホカロン:2007/02/13(火) 13:49:29
あぁ、ベンダーの有力どころがベトナムに
どんどんラボ立ててるから
これからのソフト開発の海外拠点はベトナムだな。

中国人とベトナム人なら断然ベトナムのが使いやすいな。
現時点での統計は知らないが。

773 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 14:11:27
中国の隆盛がバブル崩壊後の低迷と重なったものだから
中国脅威論が飛び交っても仕方ない側面はあったけどな

774 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 14:15:06
>>764
>アメリカ製造業など貿易保守派が
>日本などの製造業がアメリカ人の所得を奪ってると言ってたが
>クルーグマンが即、喝破していたな・

喝破したんじゃなくて偉そうに意見を言ったまで。

775 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 14:17:45
クルーグマンやスティグリッツといった自由貿易支持派にとって頭が痛いのが
米国財務省などにいる民営化マンセー派だろう?
本来のあるべきwinwinの関係をぶち壊す自由化を推し進め
世界中に自由貿易に反対する勢力を作ろうとしてるんだから
著書でも米国財務省や世銀・IMF官僚を叩いてるしな

776 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 14:20:48
森永みたいな嫉妬バカをほめるアホがいるなんてw
やっぱ経済学しか知らないバカは死んだほうがいいな。

777 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 14:24:21
株二ートの論調は相変わらずだな。
森永はお前より稼いでるから安心しろ。

778 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 14:30:56
自由貿易支持派 A     基本自由貿易はお互いに良いが、それは相手国のセーフティーネットが破壊されないレベルでの話し

自由貿易支持派 B     ロシアの急激な民営化を進めた米財務省・IMFのようにとにかく民営化し、市場を開放しておけばいい

自由貿易不支持派     比較劣位産業の雇用が失われるから

>>775
自由貿易の足を引っ張ってるのはBの連中だろ
世界経済フォーラムも憎まれてるしな。

779 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 14:42:11
>>777
森永は年収10億あるんだw
すげーすげーw
それでも俺以下だなw

780 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 14:48:14
これからはマクロ経済学より金融経営学だろ

781 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 14:48:55
>>775
クルーグマンは相矛盾することを平気で書いててよくわからんが

きみの文章もなに言ってるかよくわからんな。


782 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 14:52:42
俺もクルーグマンはうそつきだと思う
彼の国際競争力批判も矛盾してるし

783 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 15:02:50
クルーグマンが論派されてるのだが、だな〜はどう切り返すのか?

784 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 15:13:47
どれだけだな〜に構ってもらいたいんだよw

785 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 15:17:52
ここもミンス工作員増えてきてもうだめだな
政治とは内政だけではなく外交も含まれる

自民が与党から落ちれば


北方領土 尖閣諸島 拉致 核  獨島


といった外交問題が棚上げになる
ミンスや垢よりかは自民のがマシだ

786 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 15:20:40
プw

779 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2007/02/13(火) 14:42:11
>>777
森永は年収10億あるんだw
すげーすげーw
それでも俺以下だなw


787 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 15:24:26
誰かスレ立ててください

「日本の団塊世代を誘致して韓国の競争力向上を」 朝鮮日報

サムスン経済研「日本のベビーブーム世代の大量退職と示唆点」

日本のベビーブーム世代である「団塊世代」の退職が本格的に始まったことを受け、
これら団塊世代を韓国に誘致して部品・素材産業の競争力を向上させるなど、団塊世代向けマーケティングに力を入れるべきとの指摘が出ている。

サムスン経済研究所は12日、「日本のベビーブーム世代の大量退職と示唆点」と題する報告書で
「戦後1947‐49年に多数生まれた日本のベビーブーム世代が60歳で定年を迎え、今年から本格的に大量退職が始まる。
日本の団塊世代が持っている技能と知識を国内製造業や部品・素材分野の産業経済力向上に活用する方案を模索すべきだ」と主張した。

昨年基準で、日本のベビーブーム世代は683万人となり、
日本の総人口の5.3%を占めている、とサムスン経済研究所は説明している。

なお、団塊の世代に支払われる退職金は50兆‐80兆円(380兆‐608兆ウォン)規模で、韓国の国内総生産(GDP)に匹敵するという。
報告書は「団塊世代は積極的で、社会指向性が高く新しいトレンドを創出し、団塊世代が主導するシニアマーケットを拡大する。
日本の大手銀行も、団塊世代を対象とした金融商品を開発するなど企業の団塊マーケティングを本格化している」と説明した。

サムスン経済研究所のチョン・ホソン首席研究員は「旅行、レジャー、不動産、健康など関連業界のマーケティングも活性化している」とし
「韓国も団塊世代に向けた伝統文化商品の開発や、国内観光を拡大するなど、“団塊マーケティング”を推進する必要がある」と助言した。

朝鮮日報/朝鮮日報JNS


788 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 15:26:46
凄い勢いで自演、流れと関係無い的外れレッテル、無意味なコピペ
なんか嫌な事でもあったの?

789 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 15:50:40
おいおい、尾身大臣が言ってるが
日本の法人税は世界最高らしいぞ

790 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 15:58:07
>779
森永の年収は検証できるが、君の年収はどうやって検証するんだ?
子供の喧嘩みたいなレスは辞めれ。

791 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 16:01:44
日本の 国民の所得課税って諸外国よりひくいの? 尾身がいったんだけど。


それから 経済成長させて その果実をみんなでわけるようにしていきたいって安倍が。

だったらいざなぎを超える景気なんだから とっくにわけれてるはずだよな。

こんな 成長したら みんなに分け前をわけるから〜なんて 政府のたわごとにだまされる国民まだいるん?

792 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 16:04:19
いざなぎを超えてるのは長さだけ。何度言ったら理解するんだ?

793 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 16:04:39
>>791
安倍はわけかたがわからないんじゃないのか?

794 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 16:05:38
>>783
理由も示さず否定することは論破とはいわないのだが。

795 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 16:18:38
>792
たしかに、「さざなみ景気」だなw

796 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 16:19:20
亀井が答弁してるぞ

797 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 16:23:27
「企業が国際競争力を失っては困る」(御手洗会長)として、欧州やアジア並みへの税率引き下げが唱えられている。

 法人の実効税率は、イタリア(ミラノ)37.25%、フランス(パリ)33.33%、中国(上海)33.00%で各国は日本よりは低い、というのがその論拠だ。
しかし、90年代以降繁栄を続ける米国(ロサンゼルス市)は40.75%と日本よりも高い。米ニューヨーク市に至っては45.95%と日本の5ポイント高で、
税率の高低が競争力に影響するのかは疑わしい。

 日本では、研究開発・情報技術(IT)減税措置(約7千億円)が設けられており、先進的な企業の実効税率は、実際は「20%台後半」(関係者)ともいわれ、
法人実効税率の比較自体が難しいのが実情だ。

 そもそも、国際競争を勝ち抜く必要がある企業は限られている。国際競争を旗印に、国内向けサービス産業を含む全体の法人税を引き下げるのは、
理由にならない。

 結局は、選挙目当てのバラマキとの批判は免れないだろう。

 しかし、問題はその財源だ。

 実は89年度から99年度までの10年で、法人税(国税)は40%から30%まで、10ポイント下がっている。89年に19兆円あった法人税収は、不況も相まって99年には10.8兆円まで、
8兆円も落ち込んだ。そこで登場したのが、89年に創設された消費税だ。99年には消費税収は10.4兆円になり、まさに法人減税を消費増税が埋め合わせた。

 消費税1%の税収は、2.2兆円(国・地方の支出分を除く)。ちょうど、消費税を2%上げれば、御手洗会長が主張する4.4兆円の企業減税がまかなえる形だ。安倍政権は、
企業減税だけを先行議論し、消費税については来年夏の参院選後まで議論自体を封印する意向だ。しかし、企業減税はいずれブーメランのように消費税増税に跳ね返る。納税者の監視が不可欠だ。
(経済部・尾形聡彦 編集委員・山田厚史)


名目の実効法人税率が、39.54%なだけで、
各種減税で、実質の実効法人税率27%ぐらいだ。つまりすでにほとんど税金ははらってない。
これ以上さげれば実質では10%代までさがるだろ
尾身と安部はボケすぎだな。こいつらは確実に穴埋めとしての消費税増税を仕掛けてくるだろう

798 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 16:24:06
今でも亀井はまともだなぁ・・・。

799 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 16:28:22
>>791
いざなぎを超えたから今は好景気!という認識を持ってる時点で騙されてるのはあんただYO

800 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 16:40:42
>>794
クルーグマンの矛盾

良い経済学悪い経済学P23
「競争力にこだわるのは間違いであるというだけでなく、
危険であり、国内政策を歪め、国際経済システムを脅かしかねないことを
指摘する。

同P138
海外諸国の生産性の向上が、アメリカの輸出品に偏っていた場合には、
アメリカにとって損害になり、


801 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 16:46:04
>>800
生産性≠競争力

802 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 17:01:54
>>801

「アメリカにとって損害」=アメリカの競争力の低下

言い換えると海外諸国の競争力向上がアメリカの競争力低下を招くとなるな。


803 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 17:21:42
>>802
確かに!
矛盾してる。
他国の生産性向上が自国に有利に働くのか、不利に働くのか、
関係ないのか精査する必要があるな。

804 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 17:40:15
>>801
だな〜がよく出すクルーグマンは竹中さん以下だよ

805 :派遣の人:2007/02/13(火) 18:07:57
サービス。

806 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 18:40:51
>>802
他国の生産性向上は自国がコントロールできる要因ではないのて、「競走」の
対象ならともかく、「競争」の対象にはなりませんあしからず。

807 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 18:44:56
さらに、税制優遇や労働コスト低下は、企業の競争力は高めても生産性まで高める
わけではありません。

808 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 18:50:56
見かけの生産性は向上するでしょ。市場は税金などかんけいなく、利益がどのくらいか?でしか評価しないから。

809 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 18:58:14
>>800
ある国の、ある特定産業の競争力というのは別に変な言葉ではないし
クルーグマンもよく使ってる。

クルーグマンがおかしいと言ってるのは一国全体の競争力。


810 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 18:59:25
国際競争否定馬鹿が論破されてるなぁ・・・

811 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 19:05:00
>>806
そんな言葉遊びはどうでも良いんだよ。
要は相対的に他国の生産性が上がったときに
自国に不利になるかどうかだ。

812 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 19:07:56
だなーの本職は言葉遊びだからww

813 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 19:14:12
>>811
普通は貿易において為替レートが上がりバランスが取れてくるが
中国は為替をほぼ固定化してるのでそうした貿易理論も通じない

814 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 19:17:32
日本終了のおしらせ

永田町で「竹中日銀総裁」の声、与党内には根強いアレルギー
 
 [東京 13日 ロイター] 福井俊彦日銀総裁の残りの任期が1年あまりとなり、
 後任人事の行方が永田町で話題に上り始めている。そうした動きの1つとして、
 政府・与党内の一部から、竹中平蔵前総務相(現慶應義塾大学教授)の総裁就任を
 予想する声も出てきている。安倍晋三首相の推し進める成長重視の経済路線である
 「上げ潮戦略」を実現するには、超低金利が長期化しても金融面から経済を
 サポートするべきだという竹中氏の起用が得策との判断があるようだ。(ロイター)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/bank_of_japan/?1171354121

815 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 19:28:35
>ロイター

富める国の貧しい国民と言うことか・・・

816 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 19:38:49
今日の亀井の演説は素晴らしかった

817 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 19:40:04
管理人より (池田信夫)

2007-02-13 13:38:10

山のようにコメントが来ましたが、そのほとんどは経済学の教科書も読んでいないものや数式に間違いのあるもので、
いちいち訂正するのは面倒なので削除しました。

この記事は、単に通説をのべただけなので、反論するなら「俺様経済学」による憶測ではなく、
通説を踏まえて議論してください。



俗説信者=信夫くん


818 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 19:43:37
尾身の親バカぶり追及…顔を紅潮させ「失礼だ」

・尾身幸次財務相(74、写真)は13日午前の衆院予算委員会で、沖縄科学技術大学院
 大学の設立に向けた国際会議への出張に、今夏の参院選に自民党比例代表から出馬
 する長女の朝子氏(45)を同行させたことに伴う疑惑等について釈明した。

 事業費700億円以上とされる同大学設立をめぐり、尾身氏が予算折衝に介入した疑惑や、
 朝子氏の出張同行に公費が使われた疑惑が取りざたされており、民主党の馬淵澄夫議員が
 追及した。

 所管の内閣府は、朝子氏の宿泊費の一部とレセプション参加費は公費で負担したが、
 航空運賃と報酬は辞退したと公表。

 尾身氏は顔を紅潮させながら、「(同大学設立は)私が提唱した構想。娘は米国の
 パブリック・スクールに4年間通っていた。バイリンガルなんです。家族でも(通訳などの)
 能力がある者は使うべきと考えた。さも疑惑があるように言うのは失礼だ」と反論したが、
 「親バカぶりは、どこかの知事とそっくり」との声も…。
 http://www.zakzak.co.jp/top/2007_02/t2007021330.html

※画像:http://www.zakzak.co.jp/top/2007_02/image/t2007021330omi.jpg


尾身はやはりバカだったようだ

819 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 19:46:50
国際競争力という定義を否定してるのってクルーグマンとか一部のアホ学者だけだろ

820 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 20:02:30
>国際競争力という定義を否定

国際競争力=国民の幸福  という定義を否定しているのだろ



821 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 20:03:54
>国際競争力という定義を否定してるのってクルーグマンとか一部のアホ学者だけだろ
ルーカスやマンキューが肯定してるとでも?wwwww

バカの啓蒙に熱心なのがクルーグマンしかいないってだけだな。

822 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 20:10:37
国際競争力と言っても国レベルの話だろう。マクロ経済に競争理論を
持ち込むことに警鐘を鳴らしているのであって、個別の企業について
否定しているわけではないだろう。

823 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 20:15:12
そう、だから経営学のターム。
それに経営学でも、「国際競争力」じゃなくて「競争力」なんだよな。

824 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 20:18:01
>>811
どっかの国のように、国民がものづくりのような生産性が低下し続ける産業に
固執する場合は不利なんじゃないかな〜。単に固執する奴がバカってだけの話で、
競争とは考えないけどな〜。

825 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 20:23:06
>>808
生産性に株式市場は関係ないな〜。

826 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 20:25:21
>>824
論点が全く違うんだがw
ちなみに日本は物作り以外に何を目指すべきだと?

827 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 20:28:37
>>826
お前の脳内論点などしらんな〜。オレは明確に問いに答えており、それで十分だな〜。


828 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 20:32:31
物作りは先進国であればあるほど、
比率は低下していく

むしろ、金融、情報、接客、娯楽、観光、企画、学術研究、
といったサービス産業の比重が高まっていく。

829 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 20:34:59
>>828
工業先進国であれば高い生産性、高い流通能力。高度に集積された人口とそれを
維持するインフラが整っているが為に、必然的に製造業の比率は低下する。あまった
余力人口で人類のより良き可能性を追求する。それがサービス業だと解釈する。

830 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 20:36:30
>>827
お前が言葉遊びしか能がないバカってのが論点なんだがw

831 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 20:51:26
779 名前: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 投稿日: 2007/02/13(火) 14:42:11
>>777
森永は年収10億あるんだw
すげーすげーw
それでも俺以下だなw

832 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 21:21:23
>>830
「どうでもいい」もんは論点とはならんよ。低能の日本語能力は相変わらず低いな。
一般に、国語能力が低い奴はバ(略

833 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 21:22:27
>>832
お前の弱い頭では答えられないようだw

834 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 21:37:49
>>833
答えられていない問いはないよ低能くん。

835 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 21:42:33
>>834
問われていることすら分からない。
低脳はこれだから(略

836 :829:2007/02/13(火) 21:43:08
だな〜氏に代わってお答えしよう。既に日本は現体制で十分すぎるほどの生産力、十分すぎるほどの流通力、十分すぎるほどのインフラを整備した。だからデフレなんかがおこったんだろ?
じゃあ、余った余力を人類のより良き可能性を追求する方向へ行こうではないか。具体的には、君が日常面白かったこと、楽しかったこと、不便を解消したこと。仕事でも生活でもだ。
そうした人類のより良き可能性を追求することこそが日本の勤めであると断言する。何せ余力を持った国民がそれなりにいる国は世界ではやはりまだ少数派だからね。

837 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 21:46:42
イマイチマクロ経済での生産性の意味がわからないんだけど
生産性の高い企業や業種というのは従業員に高い賃金を払える企業や業種の事なのか

838 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 21:51:50
>>834
何回も繰り返しいっているが、代替効果の話は貿易財をどこで生産するかの問題に
帰着する。いちばんシンプルな例えでいえば我が国が食料の輸入をやめ自国内で
生産するなんてのがあげられるが、これは、明らかに、我が国が豊かになる方向ではない。

839 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 21:57:28
>>837
例えば労働生産性ならば単位労働当たりで生産される付加価値の総和だな〜。
例えば200円で木版を買って2時間彫刻して2000円で売ったら、1時間当たり
生産性は900円/時だな〜。
さらに1000円の彫刻刀を買ったら出来がよくなって3000円で売れるようになったが、
5枚作ったら彫刻刀がダメになった場合は、資本生産性は5だな〜。


840 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 22:01:11
>>838
意味不明だ。ちゃんと質問の形に構成し直せ。

841 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 22:03:44
>>836
その結果ものづくりでも他国に後れを取って、円安になり
石油なんかが値上がりしたら余力さえなくなってしまうのだが。

842 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 22:04:57
>>840
829氏が代わりに答えてくれた

843 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 22:14:17
>>840
読解力なさすぎw

844 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 22:22:20
だな〜は亀井と同じ東大卒でも志も人間性でも亀井に劣るな
今日の国会答弁をみてそう感じたわ

845 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 22:30:18
なんで一国の総理候補まで行った亀井と
ただのどこにでもいる弁護士を比べるのかよくわからん

846 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 22:35:12
いや、本当に弁護士なのかも怪しい。

847 :だな〜は論破されましたが必死でごまかしています:2007/02/13(火) 22:36:47
オレは>>781>>800>>802を書いた者だが、ちなみに限界消費性向平均消費性向
の件における「だな〜ホカロンは論破されている」、投資で資本収支は増減し
ない件の「だな〜は今度も論破されました」
もオレだ。

さて、だな〜に二つ質問がある。

@>>800におけるクルーグマンの二つの文章

良い経済学悪い経済学P23
「競争力にこだわるのは間違いであるというだけでなく、
危険であり、国内政策を歪め、国際経済システムを脅かしかねないことを
指摘する。

同P138
海外諸国の生産性の向上が、アメリカの輸出品に偏っていた場合には、
アメリカにとって損害になり、

に矛盾がないとだな〜は考えているということで本当にいいのか。

A矛盾がないとする理由として

806 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 18:40:51
>>802
他国の生産性向上は自国がコントロールできる要因ではないのて、「競走」
の 対象ならともかく、「競争」の対象にはなりませんあしからず。

と答えているが
「競走」と「競争」の違いとはなにか、また、その違いによって、>>800
おけるクルーグマンの二つの文章が矛盾するかどうかにどのように関わって
くるのか述べよ。


848 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 22:47:47
保護貿易って関税かける以外に環境規制を使えば達成できるん?
例えば自動車の燃費規制を自国メーカーが達成できるギリギリの水準にして、途上国の
製品を締め出すとか。

849 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 22:52:18
途上国のクルマなどが国内で走っているか?

850 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 22:54:25
>>847
競争力って何?

851 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 22:55:15
財政3馬鹿トリオって、頻繁にゴキブリのように登場するけど、
学生なの?それとも。幼稚園児かな?
あとさ、弁護士でそんな暇なやついないよ。
そりゃ、司法の世界で相当な地位までいってから、大企業の顧問とかやって
悠々自適っていうならいるだろうけど、ふつう、繁盛してりゃ
時間に追われる商売だけどな。

852 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 23:00:41
鏡を見て言った方が良いんじゃ……。

853 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 23:01:30
電波垂れ流して遁走か。
いつものだな〜でしたw

854 :だな〜は論破されましたが必死でごまかしています:2007/02/13(火) 23:05:24
>>850
オレは「競走」と「競争」の違いさえわからないんだから
そんな難しいことはだな〜に聞けよ。


855 :派遣の人:2007/02/13(火) 23:05:39
なんでだな〜に喧嘩売ってるのかもわからんし
なんでだな〜がその喧嘩をいちいち買ってあげるのかもわからーん

だな〜大人気だなーw
(´ω`)y‐〜

856 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 23:07:38
>>854
比較優位の問題になんでそんなに食い付いてくるわけ?

857 :ちんちんしなさい:2007/02/13(火) 23:09:39
>>855
おまえ、だな〜の犬で恥ずかしくないのか。


858 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 23:13:25
>>854
お前見てると、派遣の人が作った

『愚民は合意を得る為ではなく、論破する為に議論する』

というのは、だな〜が作った全ての格言を超えて至言だと思うわw
なんの為に議論してんだ?結局、だな〜が気に食わないだけだろ、お前w

859 :だな〜は論破されましたが必死でごまかしています:2007/02/13(火) 23:17:21
>>856
比較優位の問題だとしたら、それがどのように>>800における
クルーグマンの二つの文章が矛盾するかどうかに関わってくるのか
述べよ。

860 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 23:18:08
>>847
お前みたいなキモい粘着質は自己紹介せずとも同一人と分かるよw

ちなみに資本収支については、投資の定義次第の話に過ぎないw

クルーグマンの件については、手元に「よい経済学 悪い経済学」が
なく各部分の全体の趣旨がわからないため、キモい粘着質相手には
答えられないw

861 :派遣の人:2007/02/13(火) 23:18:49
だな〜の犬とか言われても困るなーw
俺から見たら、だな〜に絡む奴は単なる粘着だし、
喧嘩を買うだな〜も物好きだとしか思わんしなーw

まあ、犬といいたいなら別にそれでいーんじゃないのーw

わんわん♪

これで満足かー?

(´ω`)y‐〜

862 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 23:23:45
>>885
オレの場合は、単にキモいから。
奴の場合は、オレに嫉妬してるからだろな。

863 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 23:24:49
>>862>>885>>855の誤り。

864 :派遣の人:2007/02/13(火) 23:27:57
あ、でも俺、どっちかっつーとぬこ好きだから、犬よりぬこがいーなー

∧ ∧
( ・ω・)ニャンニャン♪

865 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 23:28:02
>>863
あなたも大変ですな〜。ていうか、キモイのなら相手にしなければいいのに。
まあ、相手にしなければしないで勝利宣言とかするんだろうけど。

866 :派遣の人:2007/02/13(火) 23:31:50
勝利宣言したら、クスクス笑ってやればいーんじゃねーのーw

867 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/13(火) 23:33:55
>>858
そういうもんかね。
俺には「だな〜は論破」氏の方に共感ができるんだがな。
だな〜の論法は歪曲やこじつけが多くて、真面目に議論したいときには邪魔でしょうがねーのさ。
だな〜が自覚して誠実な議論をやってくれればいいんだが、そうじゃないから「何かの機会に言ってやろう」という気分になる。

868 :ワンとお言い:2007/02/13(火) 23:37:50
>>858
だな〜がごまかそうとしたから反論してるまでだろう。
おまえはオレに対してだけ批判してるがまずだな〜のごまかしに対して
批判すべきなんじゃないのか。

派遣の人かしらんがそんな馬の骨が作った格言を
有難がっているところが笑えるな。
だいたい議論とは論破するしないにいきつくと思うが
なにかっこつけてんだ。

おまえがそんなに偉そうなこと言うんだったらまずおまえが
論破されてないことでも証明してからにしろ。

869 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 23:37:57
>>866
粘着質だからそれで済まないんだよね。さらに、オレが他人と
議論をしてても勝手に乱入してくるし。キモくて仕方がない。

>>867
お前が「誠実」などと言える立場だと思っているのか?
ホカロンや254号に聞いてみろw
ちなみに、お前がオレに対して「不誠実」と思う理由は、
お前の言語能力が低いからだw

870 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 23:39:33
>>868
お前はそこまで粘着質だから友だちもいなけりゃ女にも
もてないんだよw いくらオレに絡んでも無意味w

871 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/13(火) 23:39:42
>>860
>ちなみに資本収支については、投資の定義次第の話に過ぎないw

あのな、ちょっと調べればすぐわかる「定義の問題」でゴネてたのはオメーだぞ。
そもそもオメーの俺様解釈の入り込む余地なんかない話だったんだから、少しは反省しろよ。

つーか、なんでこうも厚顔無恥な発言ができるのか理解できねーなw

872 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 23:42:23
>>871
ちなみにマンキューはこう書いている。

純資本流出という用語は、・・・対外純投資と呼ばれることもある。

当時、投資をどのように定義したかは忘れたが、そういうことだw

873 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 23:42:38
>>865
おまえ、苺でも主流派の犬だったやつだろ。

874 :派遣の人:2007/02/13(火) 23:43:44
心アポもだな〜大好きだな〜w

でも、だな〜をこじつけ、歪曲と言うなら、それは貴方にもそのまま跳ね返るじゃねーかw
だな〜の話で貴方がこじつけとか歪曲とか言ってる部分は、
単に貴方がきちんと相手の話を聞かないで反射的に反論してるからでしかねーぞーw

違うというなら、この前の不毛な議論はなんだったと言うのだー?
いい加減、単なる喧嘩にしかしてないのが、だな〜の毒舌だけではなく
貴方の反射的反論にも理由があるのを自覚しろなー。

875 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 23:47:27
はっきりいって、心アポはオレのカキコのたぶん6割ぐらいしか
趣旨が分かっていないが、その分からない部分につき確認すること
は「めんどくさい」等と言って一切やろうとしないな〜。

また、歪曲だなんだと騒ぐ部分は、心アポの主張を極端に敷衍したら
そうなるということをオレが示した部分であって、そうならそこまで
敷衍してはならない理由ないし限界点を示せばよいのに、それもしない
(たぶん能力的にできない)のだな〜。

876 :派遣の人:2007/02/13(火) 23:48:15
貴方は『ははは』とか『またこじつけか』とか否定的言辞を言う前に
だな〜の意見で納得出来ない時に、だな〜に対して、
『納得できないけど、だな〜が言ってる話はこういうことでいいの?
だな〜の意見は、今俺がこの認識で正しいの?
ちょっと掴めないから教えて欲しいな』

といえば言いんだなーw
それが出来ないのは、議論の目的が合意形成ではなく、
『相手を黙らせたい、ムカつく』

という感情的なところから来てるからだなーw

877 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/13(火) 23:50:44
>>869
>ちなみに、お前がオレに対して「不誠実」と思う理由は、
>お前の言語能力が低いからだw

ほんと、厚顔無恥な奴だな。
議論と関係のないところで人格攻撃やってたくせに、そういうこと言うか?

878 :派遣の人:2007/02/13(火) 23:51:41
つか、相手の話を聞いたら
『そのお話は、こういう認識でよろしいでしょうか?
それでしたら、○○なので、○○だと思うのですがいかが〜』

というやり取りをやらない奴は100%仕事しないと失敗ばかりするぞーw
コミュニケーションの正確さと、その確認は、社会人の基本中の基本じゃねーかーw

879 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 23:52:05
>>876
心アポが言い方までそんなに殊勝になったらそれはそれで
キモイが(w)、趣旨ぐらいは確認してから批判しろとは
よく思うわな〜。
オレが心アポを「頭が悪い」と思う理由は、世の中の人間の
価値観は多様であって各人の考える「常識」といったものも
大きく異なっているということに対する注意深さが欠落して
いることだな〜

880 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 23:53:44
>>873
わんわん、これで満足?

881 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 23:53:44
>>877
お前、派遣の人にもオレと同じこと言われてるぞ〜w

はっきりいって、お前は日本語能力が低いよ。だから、
ちゃんと確認する癖をつけろ。

882 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/13(火) 23:56:15
>>877
ああそうそう、先に人格攻撃に走ったのはキミだってことを
勝手に忘れないようにw

883 :だな〜は論破されましたが必死でごまかしています:2007/02/13(火) 23:56:26
>>860
>クルーグマンの件については、手元に「よい経済学 悪い経済学」が
>なく各部分の全体の趣旨がわからないため、キモい粘着質相手には
>答えられないw

ほう、全体の趣旨もわからずに反射的に反論したということか。本音乙


884 :ホカロン:2007/02/13(火) 23:58:00
んで、>>800 のどこがどー矛盾しているのだ?

885 :派遣の人:2007/02/13(火) 23:59:23
でもだな〜も、すぐ低能とか馬鹿とか言うのも良くないぞー?
だな〜は頭がいいから、馬鹿に優しさがないんだなーw

無駄に喧嘩するなんてアホくさいことなんだから、わざわざ敵を作る必要はないじゃんかーw

俺が見たいのは、経済学的知識を元にした、
様々な立場の人の意見とか新しい見方であって
神学論争でも瑣末な問題の論証合戦ではないなーw

886 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/13(火) 23:59:25
>>874
>違うというなら、この前の不毛な議論はなんだったと言うのだー?

不毛じゃないね。
この板で間違った共通認識が形成されそうになったのが防がれたんだからな。
この点では、だな〜はミスリードをやらかそうとしてたわけだ。

887 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 00:02:36
>>883
「キモい粘着質に対しては」答えられないんだよw

>>886
お前には残念ながら、「ものづくり命」も「国家予算並みの
ODA」も支持を集められなかったようだが?w

888 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 00:04:02
>>872
おいおい、最初に恒等式を持ち出したのはオメーだったろ。
今の>>872とぜんぜんつながってねーじゃんか。

わざわざ恥の上塗りするとは、オメーって意外に律儀な奴なんだな。

889 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 00:04:35
クルーグマンの最初の文章は、産業政策のコスト>産業政策のリターンという話なんじゃ?
二番目の引用の方も、短期的な影響の話で、長期的には相手国の生産性上昇で
実質所得は向上するはず。

890 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 00:05:56
>>888
結局、みんなあいまいな理解で議論してたって話でお終いだよw
相変わらず頭が悪いなお前はw

891 :派遣の人:2007/02/14(水) 00:07:11
心アポも難儀な人だなーw

不毛じゃないというのは貴方の勝手だけど、いい加減みんな飽き飽きなんだぞー(はあと

あと、『間違った認識』と言い切る前に、相手と理解しあう努力を本当にしたかー?

一言で否定するのは誰にでも簡単に出来るけど、肯定し共感し理解しあうことにはコストがかかるなー

貴方は本当にそのコストを支払って、他人を理解しようという姿勢が、自分に備わっていると思うのかー?

前に俺が『一緒に仕事をしたくない』と言ったのは、100%その一点だなーw

892 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 00:09:58
>>889
そうだとは推測されるが、何か特殊な条件が設定された場合の
話かも知れず、何れにせよ全体の文脈が分からないので推測で
書いてまたキモい粘着質の奴に粘着されても困るしな〜w

893 :だな〜は論破されましたが必死でごまかしています:2007/02/14(水) 00:11:57
>>884
おまえでいいから>>800 のどこがどー矛盾してないか説明しろ。

800 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2007/02/13(火) 16:40:42
>>794
クルーグマンの矛盾

良い経済学悪い経済学P23
「競争力にこだわるのは間違いであるというだけでなく、
危険であり、国内政策を歪め、国際経済システムを脅かしかねないことを
指摘する。

同P138
海外諸国の生産性の向上が、アメリカの輸出品に偏っていた場合には、
アメリカにとって損害になり、

894 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 00:12:37
>>891
いい言い方でいえば「クソまじめ」なんだな。ただ、間違った
観念について「クソまじめ」な奴は存在自体が迷惑なわけで
あって、奴にはそういう意味で「不真面目さ」を身に付けて
ほしいとこだな。


895 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 00:13:58
>>887
>お前には残念ながら、「ものづくり命」も「国家予算並みの
>ODA」も支持を集められなかったようだが?w

ふーん、やっぱオメーは数に頼るわけかw
そんなもん議論には役にたたねーだろうが。

それに、「ものづくり命」「国家予算並みのODA」はオメーらが勝手に言いだした単語だろ。

896 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 00:14:30
>>893
とりあえずP138の方を「。」まで書いてみろ。

897 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 00:15:33
>>886
もうあきれてものもいえません。

898 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 00:16:05
>>897>>886>>895の間違い。


899 :ホカロン:2007/02/14(水) 00:17:14
アホか。
オレは矛盾してるとも矛盾してないとも判断してないし、
先ずは矛盾すると主張する人がその理由を告げなければ、なにも始まらんだろーに。

それとも途中で矛盾してない事に気付いちゃったのか?

900 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 00:19:11
>>890
馬鹿言え、間違っていたのはオメーだけだっただろ。
オメーが間違ったのは仕方ないにしても、オメーが「ちょっと調べる」ことをせずに我流解釈を通そうとしたのは愚かだった。
悪いが、今のオメーにはかつての輝きはねーな。

901 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 00:20:39
>>896
P138
つまり、海外諸国の生産性の向上が、アメリカの輸出品目に偏っていた場合には、
アメリカにとって損害になり、アメリカの輸入品に偏っていた場合には、アメリカにとって利益となる。
以上から、生産性の低さは、貿易を行っていない国より、貿易を行っている国にとって大きな問題に
あるというわけではないといえる。

902 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 00:21:46
>>891
>あと、『間違った認識』と言い切る前に、相手と理解しあう努力を本当にしたかー?

おいおい、そりゃだな〜にも言えることじゃねーか。
オメーは「だな〜の立場からの視点」しかないのかよ?

903 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 00:23:10
>>893
(前後の流れを無視した)部分を取り出して矛盾だの論破だのと威勢がいいね。

クルーグマンは「俗流経済学」論者が言う「競争」などないと言っているだけで、
理論上は交易条件の悪化等で生活水準が下がることはありえる
(しかし、アメリカじゃそういう話は無視できるほど小さいものだ)
ってことは頻繁に言ってるのだがな。

>>だな〜
心アポは「円安マンセー」ってだけでそのほかのことは特に主張してないぞ。
心アポの話で、「ものづくり命」 なんて出てくるのはおまいがそう思ってるからじゃないか?
まあ、心アポの話は電波だがなw

904 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 00:23:10
>>900
マンキューの引用を100回読めば?

>>901
その前は?

905 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 00:27:31
>>903
いや、産業のソフト化批判やら地方の雇用を守るために製造業を
うんたらと何回も言っていたし(確かに「ものづくり命」という
「フレーズ自体は使ってはいない)、また、愚民タソが心アポを
馬鹿にして「まさか国家予算級のODAを考えているとは想定
外であった」等と言った時に、「オレはそこまで考えているの
だよ」とも得意満面で言ってたな〜。さすがにそこまでバカな
主張はここのところは言ってなかったけど、なんといっても
この議論、1ヶ月以上も続いているからな〜w


906 :派遣の人:2007/02/14(水) 00:29:11
>900
ねー心アポさん、
『間違ってたのはお前だけだ』
と簡単に言い切れる、貴方の姿勢か問題だって、理解してる?

自分は絶対に間違っていなくて、相手は絶対に間違ってる

こんな立場でものを喋ってる時点で、その発言は単なる『議論の為の議論』なんだよ?

俺は貴方が『真面目』であることは認めるし、だから嫌いではないけれど
貴方の言っていることは、ワガママな子供の『ぼく悪くないもん!悪いのあいつだもん!』と同じなんだよ?

俺より10歳くらい年上なんでしょ?もう少し大人になろーよ。

907 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 00:29:31
>>904
>マンキューの引用を100回読めば?

その手のハッタリはもう見飽きたな。
誰かが「だな〜は馬鹿に優しくない」とか言っていたが、それは間違った認識だと思う。
「だな〜は、詭弁やハッタリを信じるくらいの馬鹿にしか通用しない。」ってのが正解だろうw

908 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 00:32:27
へー、心アポは40歳手前なのかw

909 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 00:34:10
>>907
純資本流出→純対外投資とも呼ばれる。
資本収支赤字=純資本流出プラス→純対外投資プラス

これと

投資で資本収支は変化しない

は、純対外投資⊂投資である以上、その部分につき矛盾。
従って、全称命題である「投資で資本収支は変化しない」は
誤り。

910 :派遣の人:2007/02/14(水) 00:34:39
>>902
どうして貴方はそうやって俺に反論する前に

『だな〜、俺も悪かったよ。でもお前も毒舌すぎたと思うぜ。
今度からはきちんと確認しながら話すから、お前も少し口の悪さを直せよ?』

って、だな〜に向かって言えないのー?
論理的合意形成が目的なら、言えるはずじゃないの?

911 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 00:35:46
いかんいかん、心アポになるところだった。

>>909に追加して以下の部分:

あるいは、マンキューが誤り。

912 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 00:36:45
>>906
>『間違ってたのはお前だけだ』
>と簡単に言い切れる、貴方の姿勢か問題だって、理解してる?

ばーか、「定義」で決まっていることだから簡単に判別できるんだよ。
間違いが誰にあるとしても、そんな問題で「ちょっと調べる」ことをせずに我流解釈を通そうとしたのを批判している。
というより、そういう経緯を忘れて「それは定義の問題だ」とか言い出す根性が気にくわない。

オメーがだな〜の何なのかしらないが、オメーの半端な認識には同意できねーな。

913 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 00:37:47
>>905
そのやり取りはあくまでも【円安】の効用、または円安の方法で出てきただけで瑣末なことだと思うよ。


とりあえずね、相手を論破したいならレッテル張りとか教科書嫁 てなことで罵倒しあうんじゃなく、
その話の中心になる理論、モデル、の矛盾を的確に突いていくことが求められるのだと思うのよ。
そのためには、自分の話している内容、相手の話している内容を理解しあわないと話は進まないよ。
なんか同じことの繰り返しになってるなと感じたら、より詳しい説明をする、求める が必要じゃないかと。
へんに風呂敷を広げることしないで…。

914 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 00:37:52
>>910
心アポはエリートなんだよ。
だから、間違えをするはずがない。
ってのが、無意識的に深層心理に
あるんじゃないのかな?

915 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 00:39:09
>>910
いや、つい最近までは俺はそういう態度だった。
しかし、だな〜に自覚を促すにはそんなやり方じゃ駄目だと考えを改めたのさ。

916 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 00:42:35
>>914
おいおい、俺は誤りを認める場面が結構多かったはずだぞ。

917 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 00:44:03
■登場人物

■だな〜
=頭良くて間違わないけど性格悪い秀才

■心アポ
=だな〜にライバル意識を持つガリ勉君

■論破
=キモオタ

■安楽
=物腰柔らかい優等生

■ホカロン
=クラスに一人はいる頭のいい不良

■派遣の人
=三枚目で大人


誰かこれで漫画書けw

918 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 00:45:56
>頭良くて間違わないけど

これはちょっとなあ・・・こういうバイアスが存在する状態はたとえ間違ってなくても拙いと思う。

919 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 00:45:56
>>904
この節の冒頭にあげた例に戻るなら、アメリカの生産性伸び率が一パーセントのときと、
海外諸国と同じ四パーセントのときとで、アメリカ人の生活水準に違いがあるかどうかは、
この例では示されていない(違いがあるのは明らかだ)。
また、海外諸国で生産性が年に四パーセント上昇し、アメリカの生産性が年一パーセントしか
上昇していないときでも、貿易が利益になるかどうかも、示していない。
この場合、実際には、貿易はプラスになることもマイナスになることもあり、生産性の伸びの
内訳によって左右される。

920 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 00:47:09
>>917
男だけじゃねーかw

ウホッ いいリフレ

921 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 00:49:09
>>917
>■安楽
>=物腰柔らかい優等生

おいおい、安楽は物腰柔らかくねーぞw
しかも優等生というより、トンデモ学説を信じるマニア系が近い。

922 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 00:49:15
しかし派遣の人はまっとうなことを言うなー

923 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 00:51:04
>>917
254号氏と愚民氏を忘れているな。

924 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 00:52:33
たしかに、派遣の人は誰かはわからん(あるいは誰かの自作自演かもしれない)けど、
言ってることはまともなんだよな。

925 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 00:53:06
>>922
ははは、奴の言い分は一方的なだな〜応援じゃんか。
議論と関係のない応援はノイズに過ぎない。

926 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :2007/02/14(水) 00:54:45
議論は続くなぁ...

>>913
瑣末でもないよ。為替の話で心アポが例のMFモデルを持ち出して威張ってたので
でも、円安下で景気が回復したら同じことが起こるじゃん、と言ったら(=為替操作に
依存して国家経済をコントロールするなんて無理という趣旨)、彼は”い〜や、出来る!
とかいう流れでODAを持ち出してきた。(いくら必要か?には相変わらず沈黙だけどさ♪)

>>915
一側面であれ、円安の効用はみんなが認めたんだから、もういいんじゃねーの?
円安を日本経済振興の万能薬みたいな話にしようとするから、ボロが出るんだよ。



927 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 00:55:35
■だな〜
=頭悪くて既得権益主義の糞野郎

928 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 00:57:31
>>924
つーか易しい言葉で、わかりやすく話をするから
だな〜と違って素直に聞くことが出来るんだよなー

だな〜は難しいよ。それも味だろーけど。

929 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 00:58:27
>>910
バカバカしくなったから、忠告に従って心アポはスルーする
ことにするな〜。

>>913
それは違って、ものづくり命が先。ものづくりを維持する
ためにMFで財政出動を批判し(このロジックも意味不明
だったのだが)、為替介入を主張したことから円安論議に
移っていったのですよ。

>>922
彼はあの年にしてたいしたもんだと思うな〜。

>>919
その「例」ってのはどんなの?

930 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 01:00:21
>>926
>(いくら必要か?には相変わらず沈黙だけどさ♪)

俺はわからんと答えたはずだぞ。
つーか、オメーは俺からの質問には全く答えてねーじゃんか。
よくそんなことが言えたもんだな。

>円安を日本経済振興の万能薬みたいな話にしようとするから、ボロが出るんだよ。

ボロも何も、現状ではその通りだろう。
オメーこそ気分で発言しているから、言うことがコロコロ変わってるじゃねーかw

931 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 01:00:24
>>928
そんなに難しいか〜? 気をつけるようにするな〜。

932 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :2007/02/14(水) 01:00:54
>>925
そうやって是々非々でやってる派遣屋や俺を腰巾着だ応援団だとやる上に
あっちこっちにイチャモンをつけるから、論理が破綻すんだよw


933 :254号:2007/02/14(水) 01:02:59
>>928
他板でアポにブチ切れてた人に似てるけどね。(笑

934 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 01:03:24
>>932
ほほう、ならここで破綻している部分を指摘してもらおうじゃんかw
失礼だが、オメーには無理だと思うがね。

935 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 01:04:45
為替介入で円安にできるなら、当然に、財政出動をやっても
為替介入をやって為替水準を維持することも可能であるわけ
だな〜。これを否定したところから、心アポの議論はおかしく
なっていったのだな〜。

936 :だな〜は論破されましたが必死でごまかしています:2007/02/14(水) 01:05:42
>>903
>クルーグマンは「俗流経済学」論者が言う「競争」などないと言っている
>だけで、理論上は交易条件の悪化等で生活水準が下がることはありえる
>(しかし、アメリカじゃそういう話は無視できるほど小さいものだ)
>ってことは頻繁に言ってるのだがな。

「海外諸国の生産性の向上が、アメリカの輸出品目に偏っていた場合には、
アメリカにとって損害にな」るのなら、
例えば日本と韓国は輸出品目が類似しておりお互いにどちらかの国の生産
性が上がった場合に損害になるんだから両国は「競争」してるといえるん
じゃないの?


937 :派遣の人:2007/02/14(水) 01:08:30
>>922
>>924
>>928
>>だな〜

おほめにあずかり光栄の至り。ありがd。

まー、歳の割には苦労してるから、中身はオッサンなのかもしれんね。
年上の部下もたくさんいたし、給料削って部下養ったり、
金払わない取引先の親父を詰めたり、ヤクザと交渉したり…。

…思いだすほど、サラリーマンになったことを幸せに感じるなあw

(´ω`)y‐〜

938 :913:2007/02/14(水) 01:08:48
>>926
なるほど、そういう議題になってたんならODAは瑣末じゃないな。
とりあえずだな〜とのやり取りは【円安】が議題だと思ったんだが勘違いかな…。

円安の効用は個人的には懐疑的だけどな。
薄利多売ってのは確かにあるだろうけど、普通は輸出品には十分なマージンが乗せられているわけですよ。
つまり値下げの余地は為替下落を待たずともあるわけですよ。
価格を下げたほうが総利益が増える状況にあるのなら、とっくに下げているんじゃね?
つまり、今の販売価格がもっとも利益が多くなると考えているから現在の価格設定になっているはずで、
もちろん、それがただの思い込みに過ぎない可能性はあるわけだが、今の価格が適正だと
考えている経営者が、為替下落で値下げの余地が増えたからといって値下げをするだろうか。いや、しない。
今の販売価格が利潤のほとんどない価格で売られているという、現実では考えにくい状況で無い限り、
為替下落があると販売価格を下げるってのは机上の空論であって経営をしらない人の話だと思うね。

ちょっとやそっとの為替下落じゃ恩恵はなさそうで、急激な下落じゃ悪影響が大きそう…。


939 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :2007/02/14(水) 01:10:04
>>930
わからんのなら、ODAとか言わなきゃいいじゃん。おっちこちょいな奴めw

だから、円安の効用を全否定なんてしてない。ただサステイナブルじゃないよな?
そしたら君が、い〜や、こういう方法があるぜ!と言って持ち出してきたのがODA。
で、その論法を維持するために、ドンドン遠くに行っちゃったという流れだろ。

だいたい、だな〜のことをミスリードミスリードと言うが、何を指してそう行って
いるのかな??


940 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 01:10:33
>>935
>財政出動をやっても為替介入をやって為替水準を維持する

馬鹿か、オメーは。
俺は最初からそう主張したんだぞ。
やっぱり、オメーは他人の言い分を聞いてなかったんだな。

941 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 01:10:36
だな〜のバカを頭いいとか言ってる奴、頭大丈夫か?

942 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 01:10:58
>>929
まず、世界全体で労働生産率が年率一パーセント上昇していくと想定する。
つまり、アメリカでも海外諸国でも、生産性の伸び率が変わらないと想定する。
この場合、アメリカでも海外諸国でも、生活水準、実質賃金などが、
年に一パーセントの率で上昇すると考えるのが適切になる。
つぎに、アメリカの生産性の伸び率は一パーセントで変わらないが、海外の
生産性伸び率が四パーセントに上昇したと想定する。
この場合、アメリカ人の生活水準にどの様な影響が及ぶであろうか。

なんか疲れてきたな。そもそも粘着の人はどこへ行ったんだよ。

943 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 01:14:59
>>938
デフレ下の円安のリフレ効果はオレも認めるところであって、そこは
そもそも議論の対象ではないよ。議論の対象はいつまでもものづくりに
こだわるか否かの点だったのだよ。

単にリフレを図るだけなら円安でも財政出動でもよいのだろうが、
長期的な生産性向上を考えるなら(現状の)輸出産業に重点を置く
のは好ましくないというのがオレの考えであったのだな。

944 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 01:17:05
話がまとまったな。

しかし派遣の人の話をまとめる能力は素晴らしい。

945 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 01:18:05
>>935
為替レートの適正化って行われるの?
ずーと円安が続く気がするんだけど・・・

946 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 01:18:14
>>939
>わからんのなら、ODAとか言わなきゃいいじゃん。おっちこちょいな奴めw

あのな、件の答えは「様子を見ながら、兆単位で計画していく」というような内容だっただろ。
オメーから質問したくせに全然憶えてねーのかよ。

>だから、円安の効用を全否定なんてしてない。

うそつけ。安楽のトンデモモデルを信じてこんなこと言ってじゃねーかw

>93 名前:愚民 ◆1wiJPA/Dp6 [] 投稿日:2007/01/12(金) 08:14:56
> >> 92
>安楽が言ってた通り、円安誘導で輸出増を促すってのは、日本人の世界的に見た
>労働コスト(=賃金)を押し下げて、その切り詰めた豊かさを他国に捧げるような
>もんだな...何がどう”有力な経済政策”なんだか、さっぱりわからんw

947 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 01:20:11
>>942
サンクス。シンプルにいえば、A国とB国があって、B国がなぜか
高付加価値だが比較劣位な財の生産にガンガン投資して生産性の差が
逆転し、B国が高付加価値財につき比較優位になった場合なんかを
考えればいいってことだな。

948 :913:2007/02/14(水) 01:20:14
ところで心アポはどういう議題でこの議論を行ってるつもりだったの?

949 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :2007/02/14(水) 01:20:52
>>934
だから、大規模ODAとか言い出した段階で破綻だと...w

>>938
いや、円安になれば海外に販売するにあたっては、円ベース価格を現状維持でも
価格が下がるので、競争力は強化される。また、国内においては輸入品の価格が
上昇するため、これまた国内製品が有利になる。んで、現在はこの効果が一部企業に
出ていて、日本経済にもいい影響を与えている側面もある。

ただ、為替なんてものには何のギャランティーも無いし、また何かの力で大幅かつ
継続的に操作可能なものではないので、それに依存するのは現実問題として無理だし
また、日本国民の外貨ベース収入は減少するという負の側面もあるよ、と書いたら
”い〜や、大規模ODAで...”となったのよ。

んで、俺の心アポ批判は”為替管理で経済のコントロールとかいう発想がペケだ”なわけで。




950 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 01:24:14
>>943
おいおい、相変わらず代替効果を意図的に外してるな。
そんなに「円安策は外需優先策」という印象工作がしたいのかよ。

それに、「ものづくりへのこだわり」というより「円高でも雇用が確保できるのか」という疑問が俺の主張だったはずだ。

951 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 01:24:43
>>945
だからオレは、奴の主張を「永遠の円安政策」と読んだのだな〜。

しかし、過去レスをすぐに持ってくる奴ってマジでキモイな〜。
心アポと粘着は同一人物だと思えてしまうな〜。少なくとも、
粘着質同士で気が合うんだろうな〜。現実社会で近寄りたくないな〜。

952 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 01:26:42
>>950
代替効果は輸出と同様に貿易財をどの国が生産するかの問題で
あるから輸出と同様に考えられると何回説明させれば気が済む
のかなボクちゃんは?

953 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 01:27:14
>>938
またまた馬鹿登場。
円安は、外貨建て価格を据え置いてこそ、莫大な利益をもたらすのだが。
と言うと、別の馬鹿が、それは外貨建て人件費を削った結果だというのだろうな。
馬鹿は円安が嫌いのようだな。 
というか、為替介入してないのだから、円安は金融政策の結果に過ぎんのだな。
馬鹿は、財政出動すると自分にも恵みがあると思ってるのだろうな。
馬鹿に恵む必要はないのだな。 

954 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 01:29:00
>>949
>だから、大規模ODAとか言い出した段階で破綻だと...w

だったら、なぜ破綻なのか説明しなきゃならんだろ。
オメーはそういう作業をやってこなかったから駄目なんだ。

言っておくが、為替介入で為替が動くのなら後は量の問題だ。
ODAバラマキ介入ってのは、その円安介入の方法論にすぎない。
オメーがこれを問題視するのは筋が悪いとしか思えない。

955 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :2007/02/14(水) 01:29:04
>>946
ああ、君の問題点が垣間見れるねぇ(苦笑)
>>949でも書いたが、長期的にはその通りだよ。為替激安国家の人たちが、我々同様の
生活水準を手に入れられるわけはないだろう?

だから、長期的にはこの生活を維持できるような産業構造にしていかなきゃいけないんだよ
という話であるのに、”町工場がどうした...”とか言いはじめたから、ものづくり命
とか言われるんだよ。



956 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :2007/02/14(水) 01:29:36
>>953
時代遅れのフリードマンと一緒にあの世にいってくれw

957 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 01:37:21
>>955長期的に生活を維持できるような産業構造

なんだ構造改革馬鹿か?
長期的に生活を維持できるような っていう表現もいかにも馬鹿っぽいな。
生活水準のことかな。馬鹿語を訳すとな。
ところで、産業構造とはなんなのかな?
日本人の平均的生活水準を維持するには、産業構造以前に、こういう馬鹿
を排除することが必要なのだな。日本に馬鹿はいらんのだな。 


958 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 01:37:49
だから為替の自動調整機能って死んでるだろ?
経済大国になりつつ為替固定してるような国もあるんだよ?

959 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 01:37:58
>>943
財出では何を重点に置くのかな?

960 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :2007/02/14(水) 01:38:12
>>954
同じことだよ。
為替介入で(ODAよりは筋がいいんじゃないの?)君の言うUS$1=150が
ず〜っと保たれるとギャランティーするなんてことが、可能だと思うのかい?

可能だぜ!と言うなら、その段階で俺の中ではダメダメだし、ダメな理由を
書きやがれといわれても、あまりにも面倒くさいので、もういいよって言ったのさ。

でもそれってペッグ制じゃんって言ったら、それは否定すんだよなぁ...
介入するけど、自然に円安にしときたい、とか?(笑)


961 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 01:38:18
>>955
>為替激安国家の人たちが、我々同様の生活水準を手に入れられるわけはないだろう?

おいおい、ここも説明が必要になるぞ。
円安により需要が増えれば円ベースでは給料が増えるから生活水準はむしろ向上すると思うが、違うのかね?
もっとも、完全雇用下では条件が違ってくるが、見たところオメーの言い分はそうじゃない。

>だから、長期的にはこの生活を維持できるような産業構造にしていかなきゃいけないんだよという話であるのに、

だから、その産業構造ってのは何だよ。
オメーらはそこら辺を煮詰めていないから、俺は同意できなかったわけだがね。
つーか、オメーの言い分は創造的破壊論と何処が違うんだ?

962 :913:2007/02/14(水) 01:42:25
>>949
輸出が増えて輸入が減ったら貿易収支(≒経常収支)は増加することになるけど
それって資本収支も変化する(貯蓄率が増える)ってことなんよね。
本当にそうなるかってのも懐疑的だけど、そうなったらなったらでなにがいいのかなぁ。

個人的には海外は景気がいいので消費も多く、輸出企業はその恩恵を受けているだけなんじゃないかと。

963 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 01:45:18
>>909
海外への投資では資本収支は変化しないよ。
資本収支はあくまで経常収支の変化を受けて変化するだけ。

964 :913:2007/02/14(水) 01:47:00
>>961
円ベースの給料だけで判断するならヘリマネでいいんじゃね?
わざわざ国際的にも非難をあびそうな為替にこだわらなくてもよ。
為替安にするってのは、極論すれば為替市場に円をぶち込むって事だよ。
それなら国内にぶち込んだほうが早いよ。
見てる限りじゃ外貨にはまったくもってこれっぽっちも興味ないみたいだし…。

965 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 01:48:03
>>943
デフレからのリフレとその後のマイルドインフレを保つ金融政策で
長期的に生産性が低下することはない。

966 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 01:48:10
>>960
>可能だぜ!と言うなら、その段階で俺の中ではダメダメだし、ダメな理由を
>書きやがれといわれても、あまりにも面倒くさいので、もういいよって言ったのさ。

先にも言ったが、為替介入が有効なら後は量の問題だ。
ならば「可能」って結論になると思うが、違うのか?

それに、ODAも米国再購入も円を放出する点ては同じことだ。
そこらへんがオメーにはわかってなかっただなw

967 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2007/02/14(水) 01:48:25
>>961
産業構造は辞書で引ける。

968 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 01:51:09
>>964
いや、俺は財政政策と円高対策併用を主張している。
ヘリマネ等の財政政策だけでは円高の懸念があると考えるからな。

969 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 01:51:18
>>952
その財を消費しているのが海外と国内では言葉の定義として外需と内需で違う。

970 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :2007/02/14(水) 01:53:19
>>957
ネットで辞書くらい引けよ(苦笑)

>>961
何で説明が必要なんだよぉ?世界的に金持ちのほうが、豊かになりやすいのは
自明だろうが...
給料の件についていえば、あれだけだな〜とやって、まだ”単位あたり”という
概念が理解出来とらんらしいな。人や生産装置が余剰であれば、あれを稼動させる
ことで”総所得”は増えるが、個々人の給与は生産性に依拠する、ということで
ファイナルになったとばっかり思っていたが。

産業構造については、君がものづくりへの偏執をやめたらにしようかなぁ。
何書いたって”転換は無理”とか言うんだろ?
国家を取り巻く状況に応じて、その中で日本においては何をビジネスとしたら
最も効率がいいのか?ということを考えるのは当然なのだが。


971 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 01:54:52
>>943
円安=輸出が増えるというのは時代を通じて不変。
円安になったその時代その時代の比較優位産業の輸出が増えるに過ぎない。
比較優位な産業に特化することは好ましいこと。

972 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 01:56:19
>>971
アメリカの許可がなきゃ円安にしちゃいけないっての知らないの?

973 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :2007/02/14(水) 02:00:14
>>966
だから、為替介入は政府の円資産が外貨資産に化けるだけだが、ODAは行ったきり
だと言うに...w

まあどっちにしても、日本が恣意的な為替コントロールが長期に安定して出来る!と
君が言い張るなら、もうおしまいでいいよ。いつまでもいい夢を見てろよ、と言う他は
ないし、そんなお花畑頭で今後の産業うんぬんとか浮かぶはずもないからね。


974 :913:2007/02/14(水) 02:00:46
>>968
あふぉ? 円の供給量が増えるのになぜ円高? ヘリマネと国債発行の区別ついてる?
あれか、円を国内にばら撒くとそれが呼び水になって為替市場から円が国内にもどってくると?
でもそれって国内で円の需要、流通が活発になる=景気回復だからいいことなんじゃね?
円安は良いって何がどうなる事が良いことと考えてたの?


975 :913:2007/02/14(水) 02:03:00
ごめん、札刷ってが抜けてたわ…。

976 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :2007/02/14(水) 02:04:05
>>968
ODAを継続的にやる財源があるなら、ヘリマネを継続的にやればいい。
みんながヘリマネで豊かになれば、円高でも一向にかまわんだろ?
円高で国民生活に支障をきたしたら、またお金を撒けばいいだけだ(笑)

ああバカくせぇ


977 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :2007/02/14(水) 02:10:07
>>974
景気回復は町工場からスタートしなきゃいけないからなんだよぉ。
だから好景気になっても、決して円高になっちゃいけないんだ!

彼はこれをひたすら繰り返している...w



978 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 02:16:56
>>961
円安 っていうだけだと馬鹿に突っ込まれるので、
購買力平価に比較して不当に円高になっていた為替を正常な水準にするまで円安
とした方がいいのだな。 円の実際の為替水準は、日本でもっとも相対的に
生産性が高い一部の輸出産業の製品を元ににした水準に近かったのだな。
過度に円高になっていた原因は、プラザ合意だけじゃなくって、
過剰な財政出動と金融政策の失敗にあるのだな。
最近、やっと購買力平価に近くなったのだな。
為替は、理論的、長期的には購買力平価に接近するのだな。
財政バーーかが、内需とかって馬鹿の一つ覚えのように
わめくが、日本のサービス業などいわゆる内需産業は
国際的に生産性が低いのはよく知られているところだな。
よって、日本人の生活水準を維持してるのは生産性が高い
輸出産業だっていうのは自明のことなのだな。

979 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 02:17:38
>>970
>何で説明が必要なんだよぉ?世界的に金持ちのほうが、豊かになりやすいのは
>自明だろうが...

あのな、日本での生活水準は円ベースで考えるべきって前に説明しただろ。
1ドル=120円から1ドル=100円の円高になっても、年収500万円の家庭の生活水準が20%向上するわけでもない。
オメーの言い分では「豊かになる」はずなのにな。

需要低下というリスクが伴うことを無視しても、オメーの言い分に説得力はねーよ。

>産業構造については、君がものづくりへの偏執をやめたらにしようかなぁ。

おいおい、どういう理屈だよ?
オメーの構想がハッキリしないから同意できないといっているのに、「同意してから回答する」って無茶苦茶だぞ。
調子に乗りすぎっていうか、どうしてオメーはそんなに馬鹿なことが言えるんだ?

980 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 02:24:57
>>9791ドル=120円から1ドル=100円の円高になっても、年収500万円の家庭の生活水準が20%向上するわけでもない。

これは、一般物価水準一定を前提にいれないとこうとは言い切れないな。
生活水準は、購買力平価で、基準通貨に換算したときの一人あたりGDP
に関係するな。




981 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 02:26:26
>>973
>だから、為替介入は政府の円資産が外貨資産に化けるだけだが、ODAは行ったきりだと言うに...w

だから、それは方法論であって為替介入するっていう点では同じこと。
オメーって奴はどうでもいいところに引っかかるんだな。

それに、「ODAは行ったきりだと言うに...w」っていうことは有償ODAだといいわけか?
政府紙幣とかを前提にするならば、そんなもんはどうでもいい部分だと思うが。

>そんなお花畑頭で今後の産業うんぬんとか浮かぶはずもないからね。

そりゃオメーの産業構造改革にも言えることだぞw
つーか、具体的な構想がないままでよくそんな自信があるものだな。
オメーの言い分は、「旧来の産業が淘汰されて、新しい産業構造により興隆する」っていう一種の創造的破壊論じゃねーか。

まったく、オメーは小泉信者と大して変わりないな。

982 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 02:30:34
>>980
どのみち、国内サービスが据え置きだから20%どころか10%すら無理。
愚民氏はメリットとデメリットの大きさの比較ができていない。

983 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 02:31:25
円安インフレ来るの?

984 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :2007/02/14(水) 02:33:46
>>979
石油も鉄鉱石もシャンパンもフォアグラも安く買えたほうがいいよなぁ、おい。

円の為替水準が上昇して、さらに年収500万円の家庭の生活水準が向上するように
していくのが望ましい!

というのに同意するなら、次は産業構造の話になるかな?
いいや、為替切り下げで町工場を!っつーなら、一生そのままやっててくれや。


985 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 02:35:35
>>977
>景気回復は町工場からスタートしなきゃいけないからなんだよぉ。
>だから好景気になっても、決して円高になっちゃいけないんだ!

なんだ、また捏造発言かよ。
オメーもだんだん人格が落ちてきたな。

町工場にも恩恵があるくらいじゃないと好景気とは言えないだろ。
それに、景気抑制場面での円安介入は逆効果だという発言をしたことがあったはずだ。
オメーの発言は間違いだらけだ。

986 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 02:36:13
収入アップで物価下落が庶民のオレには嬉しいわけだが

987 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 02:39:52
>>984
>というのに同意するなら、次は産業構造の話になるかな?

何を寝惚けたことを言ってるんだ。
オメーの構想する産業構造が同意できる代物なら、俺は今までの意見を引っ込めるって話だろ。

オメーって底抜けに間抜けな奴なんだな。

988 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :2007/02/14(水) 02:40:31
>>981
とりあえず君が為替介入とか外貨準備高とかよくわかってない人だというのは
理解できたので、自分のバカを安易に肯定せずに頑張って欲しい。

それから、君の好きな町工場も、過去の産業政策の産物なんだよ。そして、それが
上手く行き日本は豊かになった。さあ、次はどうやってさらに豊かになろうか?と
考えることで、進歩があるんじゃないのかね?

進歩することを志向=小泉信者、か?君の好きなレッテル貼りにしてもお粗末だ(苦笑)


989 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :2007/02/14(水) 02:44:27
>>987
お〜 円安効用にすがることを捨てる用意がある!と。
じゃあ次からそれ行こうか?


990 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 02:44:56
国内で生産された財やサービスだけではなく
海外にある財を購入することも含めるとしたら
円高の方が購買力上がるってこともありえるだろ

991 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 02:49:46
>>988
あのな、根拠を示さないオメーの感想文には価値なんかねーんだよ。
いいかげん、議論をやってくれ。

>とりあえず君が為替介入とか外貨準備高とかよくわかってない人だというのは
>理解できたので、自分のバカを安易に肯定せずに頑張って欲しい。

何も指摘せずに、「わかってない」とか言われても説得力がねーぞ。
つーか、「外貨準備高」って何のつもりだ?
バッカじゃねーのか。

>進歩することを志向=小泉信者、か?

だから、どういう進歩なのか構想を言ってねーだろ。
小泉信者と違うのなら、さっさと構想を披露して違うことを証明すればいいだけの話だ。

992 :心情的アポロニアン ◆5MFszzLYKU :2007/02/14(水) 03:13:27
>>990
それはあり得ると思うが、需要低下のリスクが大きい。
「輸入品価格の低下=生活水準の向上」とは「デフレによる物価低下=生活水準向上」と同じような理屈だな。
どちらも需要低下というデメリットを失念した理屈だ。

しかし、床屋等のサービス業だけで完全雇用ができるのなら、円高による需要低下は心配しなくてもいい。
つまり、そういう産業構造になれば円高は歓迎すべきってことになる。(外国人労働者問題は考慮しないとする。)
だな〜や愚民氏はそれが可能だと言っているが、具体的構想が分からない以上俺は簡単に同意できない。

つまり、「ものづくり命」ってのはそういうやりとりを、「思い込みに基づくもの」だと印象づけるものでしかなかったわけだ。
たぶん愚民氏は印象操作という意図はなかったと思うが、あの言い方は「自分は絶対正しい」という傲慢さの裏返しであることには違いない。

993 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 10:02:12
>>978
>わめくが、日本のサービス業などいわゆる内需産業は
>国際的に生産性が低いのはよく知られているところだな。

国際競争力という点から見て「生産性が低い」と言っているだけで、
もともも内需産業である日本のサービス業が世界のレベルと
比較する意味がない。

「高すぎる」と思えば海外へ行くなり日本に来ないなりすれば良い。
つまり、生産性が低いというのは割高であり、かつ世界中の
サービス産業の中でも突出して品質の高いサービスを提供している
からに他ならない。郵便の生産性は低い。ならば、イギリスや
イタリアに住んでみろ。一ヶ月遅れは普通にある。酷い場合は
紛失する。それでも安ければ「生産性が高い」。

これと経済発展と何の関連性がある?

994 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 10:21:16
>978
そうなんですよね。
購買力平価は2004年度で1ドルが138円位なので、今は円安とは言えない。
「強すぎた円が弱くなってきているが、未だ高止まりしている。」と言う表現が一番でしょう。
一部の高付加価値商品の競争力が高すぎたために、円高方向に引き摺られてしまっていた。
しかし、金融産業など日本の不得意な産業が先進国のメジャー産業になったため、調整局面に入った。

言うなれば、
理系の点数が異常に良いために文系の点が低くても医学部に入れた。
在学中は大きな問題も起こさず、めでたく国家試験合格。
しかし、現場に出るとコミニケーション能力が致命的に不足している。
そのうち、理解度の低い患者を罵倒した挙句壁に頭を打ち付け、訴えられる。
その結果、保険医停止となり5年ほどニートにならざるを得なくなる。
で、生涯年収は能力平均並になる。
ってこと >心アポ

995 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 10:52:45
>>980
名目為替レートが動いても、物価も一緒に動けば同じってことだな。

996 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 10:56:49
>>978
正論だな

997 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 11:04:10
>>952
>代替効果は輸出と同様に貿易財をどの国が生産するかの問題で
>あるから輸出と同様に考えられると

まずこんな文章では説得力無いのでちゃんと説明するように。

しかも論点が相変わらずずれている。
心アポの言う輸入品と競合する国産品は主に農産物等、地方の産業であり、
円安によって地方復興効果もあるってことなのだが、
お前やお前の犬共はあえてそこを無視する印象操作をしている、
というのが心アポの抗議なんだがなw


998 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 11:10:21
>>997
>>969
代替効果で増える輸入品と競合する国産品は国内で需要されるのだから
貿易財から非貿易財へとなり、外需ではなく内需となる。

999 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 11:17:13
>>998
じゃあ、円安は内需拡大になるな

1000 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/14(水) 11:21:39
>999
価格上昇による需要の縮小も考えるべき。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

326 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)