5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中葉先生の総回診が始まります♪白い巨乳

1 :1 名前:中葉 ◇Uq4tWGbn2I :2005/09/23(金) 09:40:08
いよいよユビキタス情報社会が始まった。
この時代の組織論を語り、組織づくりを実践しよう!

前スレ:ユビキタス(やおよろず)時代の組織論
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1085056300/l50

前スレ:パート2
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/manage/1102559950/

学習用スレ:MEGA-NET生涯学習ガイド
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/lifework/1010797751/l50

2 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/09/23(金) 09:41:27
中葉先生、任務完了でつ (`・ω・´)シャキーン

3 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/09/23(金) 09:42:20
あらっ大変 σ(^_^) アセッ
2ゲット ズサー
を忘れてますた ・゚・(ノД`)・゚・

4 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/23(金) 09:52:13
さっき書いたけど、載らないから、もう一度書く。

総回診はやります。診断結果は発表しません。
まして治療は例外を除き、原則としていたしません。
そして、治療は秘密を守ります。公開はしません。個人でおいでください。

5 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/23(金) 09:54:05
苦情受付は中葉でなく、白い巨乳さん宛てにどうぞ。
清香さん、仲介の労を取ってください。

6 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/09/23(金) 09:55:40
>>4
中々シャレの効いたおもしろい表現でつなw
さすがは中葉先生 経営板一番のアカデミック男 (=゚ω゚)ノ  
惚れ惚れするでつ ('-'*)ウフフ


7 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/09/23(金) 09:58:35
>>5
先生、清香は最近「老眼」がひどくなってきたようで
今までピントフリーズ症候かと思って放置していたら単なる
老眼ですた ・゚・(ノД`)・゚・


8 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/09/23(金) 10:01:43
で何が言いたいかというと新入生のクールタソが中々、先生の講義に
熱心に出席してはせっせと論議をかましているので、目の悪い私は
読むのが必死な状態なんでつ ・゚・(ノД`)・゚・
ここは一つ、不良生徒のSタソ辺りがヨッパになってレスを休憩
させてくれないと頭がついて逝かん罠w

9 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/23(金) 10:40:24
後半は同感です。

前半は、白内障手術済みで事情は違いますが、結果の症状は同じで老眼風です。

10 :名無しさん@あたっかー:2005/09/23(金) 14:29:13
このスレタイでいいんかい!
ワロタ

11 :名無しさん@あたっかー:2005/09/23(金) 14:32:26
(・∀-) bシロイキョニュウゴクローサン

12 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/23(金) 15:43:16
総回診を始めます。
まず、前スレの908から
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/manage/1102559950/908
> 万博では一応成功した。
> 何がどうだったから成功といえるのですか?
> これでは儲けたとは言えないね。
> これとはいくらですか?

万博協会の諮問機関、国際諮問委員会が22日、最後の会合を開いた。
会議後の記者会見でオーレ・フィリプソン委員長は「自然の叡智」というテーマ性や
運営面などで万博史の転換点になったとし、その成果が2010年上海万博に伝えられるのが望ましいと報告した。
委員会にはメンバー8カ国のうち7カ国の委員が出席し、NGOやNPOの参加が印象的だったと評価。
博覧会国際事務局(BIE)のロセルタス事務局長は、地球規模の対話を展開して持続発展を目指す
メッセージを出したことなどを評価した。(朝日新聞9月23日記事の抜粋)

我々NGO/NPOにとっては、これが客観的評価であろう。

地球規模の対話を展開して持続発展を目指すメッセージを出したのは、
『愛・地球会議』クロージングフォーラム「持続可能な社会の創造をめざして」であり、
http://www.expo2005.or.jp/jp/D0/D10/D10.4/D10.4.1/D10.4.1.7/index.html
参加学生 7カ国の留学生と日本人学生 9名を仕切ったのが我々地球市民フォーラム
http://www.expo-people.jp/projectlog/details/project_details.php?pid=23
の仲間であり、代表の古澤氏である。

これをもって成功と言わず、他に成功があるであろうか?

13 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/23(金) 15:44:45
因みに、メッセージイベントそのものについてのマスコミ報道は以下を参照されたい。
http://mytown.asahi.com/aichi/news02.asp?c=24&kiji=391

------------------------------------------------------
愛・地球会議総まとめ

 世界各国の学生たちが「持続可能な社会の創造をめざして」を
テーマに意見交換する「愛・地球会議」のクロージングフォーラムが
21日、愛知万博・長久手会場のEXPOドームで開かれた。

 環境分野の専門家らを招き、月1回のペースで続けてきた討論会の総まとめ。
会場と北京、アムステルダムを超高速大容量回線で結び、
半年間の話し合いの成果を発表した。

 参加したのは名古屋市やその近郊で学ぶ日本、米国、中国、ロシアなど
8カ国の学生9人。開幕直後の3月下旬から「循環型社会」「環境教育」などの
テーマ別にフォーラムを開いてきた。

 この日は日英の2カ国語で「20世紀には、異なる価値観や
異なる正義の対立によって人々が反目し、地球環境の持続性を
低下させてきた。21世紀の私たちには『多様性の愛し方』が問われている」
とする共同宣言を発表。
中継で結んだ2都市の学生から「南北問題と多様性の維持をどう両立させるのか」
などの質問を受け、熱のこもった討論が繰り広げられた。
------------------------------------------------------

参考として、このオンライン会議を支えた陰の立役者ユビキタス技術を駆使した
WIDEプロジェクトも見ておいてください。次は、この技術がビジネスを支えるであろう。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0509/16/news117.html
http://www.wide.ad.jp/

14 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/09/23(金) 16:17:58
>>10
今日からおまいも清香タソの事を「婦長」と呼ぶでつ♪

>>11
はいな (=゚ω゚)ノ  

15 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/09/23(金) 18:03:41
とにかく、こっちへ来なよ。

16 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/09/23(金) 18:04:41
はいな (=゚ω゚)ノ  

17 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/09/23(金) 18:20:16
他の人もね。こっちだよ。

本アポさん、あちらは埋めないで置いとこう。
以前参加していた人に移動先が分かるように。
いいでしょ?

18 :名無しさん@あたっかー:2005/09/23(金) 18:20:52
>>17
あいよー。秋刀魚食べてくる(・∀・)

19 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/09/23(金) 18:22:51
堕落論者さんもね。待ってるよ!

20 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/09/23(金) 21:27:13
中葉さん、新スレおめw前スレはしばらく書き込まず、残して
おこうよ。

あちらは拙者が以前の参加者に対し、移動のお知らせに使いたい。で、ある
時期に終了させる(ずっと場所を占有すると、2ちゃんに悪いからね)。

ここのスレタイに中葉さんの名前があるから、分かりやすいけどね。
でも、一応お知らせすべきだと思う。

21 :名無しさん@あたっかー:2005/09/23(金) 23:59:54
>>20
なーんでだーれも言うこときかねーんだ?(・∀・)コマタネー

22 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/09/24(土) 06:39:09
清香さんの趣味&センスはスゴイね。
いや、「白雪姫」にならなくてよかったw

中葉さん、まだあっちに書いてるねw
こっちだよー。

23 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/24(土) 08:04:54
クールさん、分かった。向こうで間違って書き込んだのをこちらに移します。

症状(問題提起)はこれでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
984 :名無しさん@あたっかー:2005/09/23(金) 23:39:42
先生は、多分かなり地球博に並んだと思いますが
大坂万博から逝く有余、952.953のごとく
電話が光に変わり賢人達の世界中から
いながらの仲間誉めが可能になった時代に
なんで賢人文化人は行列だけでも解決できないのでしょうか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

24 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/24(土) 08:05:44
総回診の総合診断をこう予想しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
986 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/24(土) 06:36:07
私は先生でも賢人文化人でもありませんが、万博の行列は多少経験しているので、その範囲でお答えします。

私個人は、万博会場に20回ほど入場しましたが、幸い、私が参加した会場は常にがら空きで、集客に苦労しました。

行列のコントロールは人間の意識の問題ですから、非常に難しいですし、果たしてそれを可能にする方法があるとしても、倫理的に許されるかどうか、基本的な疑問があります。

しかし、現在のような、人類の危機を回避するためには、ある程度は許されると、私は覚悟しています。
すでに、世界の一部の人は、その方向に動き出していることを確認できて驚き、恐ろしくなりました。
フランス館主催の
「持続可能な開発」の媒介者たち
http://www.minpaku.ac.jp/jcas/symposia/2005/20050919_20/
http://www.minpaku.ac.jp/jcas/symposia/2005/20050919_20/program.html
がそのような「ヤバイ」方法まで議論した場所でした。
特に、「広告と持続可能な開発」マイク・ロングハースト (マッキャン・エリクソン上席副社長、英国)
は、広告業による多数市民の意識操作の大規模な適用が始まっているという報告で、ナチスもビックリだと思いました。

皆さんも、こういう最新技術をお望みでしょうか?
実は、私たちも、その方向での議論を中心的に研究しています。
具体的にはミーム理論による大衆の文化マネジメント(意識操作)なんです。
ミーム・マネジメントと言われています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

25 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/24(土) 08:15:00
>>24 広告業による多数市民の意識操作の大規模な適用が始まっているという報告で、ナチスもビックリだと思いました。

このことは、愛・地球博では、以下のように、ほぼ公認されている。本当に怖い。

注2:「持続可能性への学び“Learning for Sustainability”」
http://www.expo2005.or.jp/jp/N0/N1/N1.2/N1.2.26/N1.2.26.3/

持続可能な社会をつくるためには、技術革新や制度改革と並び、意識変革につながる教育の重要性が指摘されてきた(1992年の地球サミットで採択された行動計画「アジェンダ21」など)。

ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、このアジェンダ21を受けて、持続可能な社会を達成するため、教育全体の再構築を提言した。
「テサロニキ宣言」(97年12月、ギリシャ、テサロニキ)と呼ばれ、「持続可能性という概念は、環境だけでなく、貧困、人口、健康、食料、民主主義、人権、平和、道徳・倫理、文化的多様性、伝統的知識などを含むこと」、
「環境教育を持続可能性のための教育と表現しても構わないこと」などの内容からなる。

他に、「持続可能性のための教育(Education for Sustainability)」「持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)」「持続可能な未来のための教育(Education for Sustainable Future)」などと呼ばれることもある。

26 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/24(土) 08:30:01
ユビキタス情報社会では、個人の自由、つまり自主性が極度に発達し、謳歌される。

それでは、全体の調和、統制を如何に確保するか?が大問題、大難題となる。

アジェンダ21では「意識変革につながる教育」を許容するどころか推進し始めた。
言い方を変えると、世論操作・意識管理だ。すでにその準備もでき、適用も始まっている。

マッキャン・エリクソンが国連環境計画(UNEP)と組んで始めたPR作戦がそれであり、
我々が万博で公開した出し物「世界ミーム博覧会 2005」 http://www.expo-people.jp/projectlog/details/project_details.php?pid=101
もそれだ。

以下に書いたことがそれだ。

>>24 具体的にはミーム理論による大衆の文化マネジメント(意識操作)なんです。ミーム・マネジメントと言われています。

誰か、それで儲かるか?と質問した人がいたが、今まで口にすることを憚っていただけだ。

詳しいことも、要望があれば明らかにする。医者の倫理も患者の要求に左右されるからな。

27 :名無しさん@あたっかー:2005/09/24(土) 15:17:54
>ナチスもビックリだと思いました。
2chなら相当手ごわいぜ。

28 :名無しさん@あたっかー:2005/09/24(土) 15:46:45
でも2chでもやりようはあるよな。

29 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/09/24(土) 16:51:46
>>24
先生のこのレスには大変、いや経営板の中で今までで一番興味深いです。
ウチの仕事の関連事業は財務人事・広告・食品・特殊商材(←書くとマズイっすw)の
4社が基盤なんでちょいとジックリ読んできます♪

30 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/24(土) 16:58:42
「ユビキタス(やおよろず)時代の組織論パート2」にもう一人、婦長さんに似た患者さんが現れたので、

>>22 中葉さん、まだあっちに書いてるねw こっちだよー

クールさんのご指示に従い、こちらに回します。よろしく。

> 987 :名無しさん@あたっかー:2005/09/24(土) 10:07:20
> 愛と地球と歌いながら陰では大衆を羊視し牧用犬の訓練技術を琢磨するのは
> 大衆に対する敬意や愛情などあまり考えていないのではないでしょうか?
> お聞きしたかったのは、国々を個々の建物に閉じ込めずに会場全体を
> 会いと地球のパビリオンにする発想位でなかったのかということです。
> 興行主が愛知万博は市民を教育する成果をあげたと総括してますが
> 日本人のお祭り好きと性善良な国民性にこそ感謝すべきだと思います。

31 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/09/24(土) 17:02:54
>>30
>婦長さんに似た患者さんが現れたので
アハハ この子は優等生タイプみたいなんで先生、そこはいっちょ暖かい目で
見守ってあげて下さいな (∩.∩)
クールは可愛らしい子やね (=゚ω゚)ノ  

32 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/24(土) 17:05:21
>>28 でも2chでもやりようはあるよな。

それそれ、内緒、内緒。(秘密はCommunities of PracticeとMeme Management)

33 :名無しさん@あたっかー:2005/09/24(土) 17:10:47
>>32
だよなーw

34 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/09/24(土) 17:21:20
>>24
先生、19日、20日ってとっくに過ぎてんじゃん o(`ω´*)o

35 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/24(土) 17:29:50
>>33
正にそれだ!

奇跡はやはり、はからいのない所から生まれた。
http://www.expo2005.or.jp/jp/D0/D10/D10.4/D10.4.1/D10.4.1.7/index.html
http://www.expo-civic-tv.jp/ps/qn/guest/news/showbody.cgi?CCODE=6&NCODE=125
http://www.wide.ad.jp/news/press/20050916-EXPO-j.html

やれやれ、総回診は疲れるよ。婦長さん、交代だ。
http://www.chunichi.co.jp/expo/news/20050920_001.html


36 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/24(土) 17:34:53
19,20日はエリート用だから、こちらには案内不要と思た。婦長さんのこと忘れてた。ゴメンゴメン

でも、あれはホントにすごかたな。そのこと知ってる人は、多分、未だに世界に一人か二人しかおらん。
ホントにすごかたのは中葉さんのコメントだったもんね。いや、言わない部分もあた。

アタさん、懐かしいよ。

37 :名無しさん@あたっかー:2005/09/24(土) 17:37:10
>皆さんも、こういう最新技術をお望みでしょうか?
望んでるといったらウソになるな。麻薬みてーな怖さがあるわ。

>>35
ムリスンナ。ユクーリデOK

38 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/09/24(土) 17:43:38
>>35
ムリスンナ。ユクーリデOK

そそ、ユックリでOKでつ♪
先生、畑でナスビ取れた?
清香←秋茄子が大好物でつw

39 :名無しさん@あたっかー:2005/09/24(土) 20:13:11
清香のスルーされっぷりに全米が泣いた!

40 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/24(土) 23:25:18
秋茄子の鴫焼きに生姜醤油ときたら最高ですね。毎日、たらふく食べています。
里山の田舎の醍醐味です。

41 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/09/25(日) 07:40:11
>>39
くだらん フンッ
石井のスレにとっとと帰れアフォがw

>>40
おはようございま〜す先生 (=゚ω゚)ノ

>秋茄子の鴫焼きに生姜醤油
それ、どんなんですか?食べた事ないでつ ・゚・(ノД‘)・゚・
美味しそうで羨ましいでつ ( ̄¬ ̄) ジュルジュル  

42 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/25(日) 11:48:01
>秋茄子の鴫焼きに生姜醤油

グーグル検索「茄子 鴫焼き 生姜醤油」
http://www.interq.or.jp/sun/raintree/okazu/okazu1999/okazu799.html

こういう文章が出る。

1999年7月8日(木)料理人A

茄子の鴫焼き(生姜・醤油)
とうもろこし
鮪のやまかけ(山芋・生卵・山椒の葉・醤油・出し)
帆立てのフライ
かぼちゃの煮物
混ぜご飯
えのきと人参の豚薄切り肉巻き(柚子ドレッシング)

43 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/09/25(日) 16:33:18
>>42
ありがとう先生 (=゚ω゚)ノ  
今度スーパーに茄子の大きいのがきたらトライしてみるでつ ('-'*)ウフフ
今日はこれから家族でお出掛けするでつ (∩.∩)
ホームセンターと外食しに行ってきまつ ( ̄(エ) ̄)ノ

44 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/09/25(日) 18:10:55
ユビキタスのスレが消えた(残念)。

950に達して(?)時限装置がスタートしたのだと推測する。
ま、いっかwこのスレタイならみな気付くサ。

>>24-26
ミーム・マネジメントは想像していたものと違った。ナレッジ
マネジメントが知識を収集して活用する技術だとすれば、ミームの方は
伝染を操作する技術だったとは…

>>31
(^-^)ノ

45 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/09/25(日) 18:12:18
前スレで話の途中だったお題もボチボチ取り上げないとね。

いや、珍しいw平和モードの進行をもう少し眺めていよう。

46 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/25(日) 21:27:41
>>44
>>24-26
> ミーム・マネジメントは想像していたものと違った。ナレッジ
> マネジメントが知識を収集して活用する技術だとすれば、ミームの方は
> 伝染を操作する技術だったとは…

これは、微妙なところで、私の間違いで、クールさんが「想像していたもの」が正しいです。

6月24日に万博での市民プロジェクトの一環として
ミーム論の世界的な権威のSusan Blackmoreと国内の権威の佐倉統東大助教授をおよびして
シンポジウム「サステイナブル・ワールドとミーム」
ttp://www.memeproject.jp/hiki.cgi?%28EXPO%29Program
を開催したときに、もっともホットになった話題がこれで、
ブラックモア氏は「ミーム・コントロールは不可能だが、ミーム・マネジメントは可能だ」と主張し、
佐倉氏は「ミームのテーミングは可能だ」と主張しました。

私が依拠しているIf PriceとRay Shawは、以下2冊の共著
論文The Learning Organization Meme: Emergence of a Management Replicator
ttp://66.102.7.104/search?q=cache:LWanwF5TsrcJ:members.aol.com/ifprice/ppatperf.html+meme+management&hl=ja
および、単行本 Shifting the Patterns
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1852522534/qid=1127650916/sr=1-3/ref=sr_1_8_3/249-5274023-9577909
において「学習する組織」を中心において論じています。

しかし、私の見るところ、私やその共同研究者とを含め、彼らの理論を十分理解し、
使いこなしている個人やグループはまだいないと思います。

クールさんご指摘の「伝染を操作する技術」という懸念は創始者の意図とは無関係に、
危険性があると、私は懸念しています。

スーザン・ブラックモアが、ミーム・コントロールは不可能だが、ミーム・マネジメントは可能だ、
と奇妙に断言したことは、このことを意味していたのかもしれません。

47 :名無しさん@あたっかー:2005/09/25(日) 21:55:13
(・∀-) シバラク傍観ダネ

48 :名無しさん@あたっかー:2005/09/25(日) 22:00:37
ああ、そうだキョニュウにはいっとかんと。

自分の作った会社ってさ、そいつの血肉なんだよな。
たとえ間違ってても、弄られるのはイヤなんだよ。死んだってイヤなんだよな。
そのままだと必ず死んでしまうのにさ。
Yが言ってたよな「タバコ止められないヤツがなんと多いことか」ってさ。

49 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/09/26(月) 00:37:39
お酒が入って〜(-_-)(_ _)(-_-)(_ _).。oOOコックリコックリ

明日は集団検診してくるでつ♪
レントゲンにおもいっきり乳を押しつけてくるでつ (〃▽〃)テレッ

(=゚-゚)ノ~ おやすみ

50 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/28(水) 10:08:55
>>25 他に、「持続可能性のための教育(Education for Sustainability)」「持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)」「持続可能な未来のための教育(Education for Sustainable Future)」などと呼ばれることもある。

新しい教育について「同時多発テロ後の社会構築11」 http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1119947674/l50
の方で以下のように議論が展開しています。
経営学板の方でも、持続可能な経営開発のために同種の議論を展開したいと思います。

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/27(火) 21:26:22 ID:???0
右翼・保守・極右・愛国者・国粋主義者・独裁主義者・復古主義者・歴史修正主義者・軍国主義者・民族主義者・武士気取り・国士気取り・通り魔予備軍・文学的変態・言論チンピラ・ネットチンピラたちに質問します。
【言論チンピラ妄言解毒対策レス#2】
軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。

693 :1:2005/09/28(水) 00:29:24 ID:bOzPQdz9
>>692
軍事力で守る方法はないんじゃない?
軍事力があるかぎり戦争の可能性はあるってことだから。
かといって「せえの」で世界中が軍事力をなくせるわけないし。
守る方法としては軍事力より外交力のほうが現実的じゃないかな。

694 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/28(水) 08:45:19 ID:K/RQHKUw
1さん、私は理想論で行き、国連の「持続可能な開発のための教育の10年」
を信奉しており、究極は教育しかないと見ています。その途中は、いろいろな組合せ。

結構、それが長期的には現実的だと思う。性急や暴走の逆ですね。

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/28(水) 08:56:59 ID:???
>>694
確かに、性急暴走の代表格だった、ブッシュ流の対テロ戦争は破綻したからなあ。

(後に続く)

51 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/28(水) 10:16:25
(先に続く)

696 :1:2005/09/28(水) 09:37:51 ID:bOzPQdz9
>>694
そうですね。俺も究極は教育だと思います。
教育がしっかりしてれば外交力もつくし、民主主義選挙でいい人を選ぶ目もできるし、
どんどん発展していくグローバル社会にもついていけるし、道徳観念も身に付くし、いいことづくめ、
しかも政府がやる気になればすぐに手をつけられる分野ですからね。退廃した親への再教育にもなるでしょう。

ついでによく早期英語教育のスレなんか見ると批判的なレスが多いけど、俺は逆です。
ツールとして英語を身に付けるののどこが悪いのか。英語ができないと箸にも棒にもかかりませんよね。
これからゆとり教育なんかなくして、しっかりした日本人を育ててもらいたいです。

古池や 蛙飛び込む 水の音・・・の蛙が読めない大学生が多いとのこと。
高卒ヒキの俺でさえビクーリしました。こんなことだから英語教育にも批判が行くんでしょうね。
でも子供は頭いいです。小さいうちに仕込んでおけば、こんな馬鹿いなくなると思います。

697 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/28(水) 09:56:32 ID:K/RQHKUw
1さん、ほぼ同意ですが、同意だけで終わらず、同時多発テロ後の社会構築の
実践の一環として、社会再構築と同時に、むしろそれに先んじて、社会再構築の
ための教育、国連の言葉で言えば、持続可能な開発のための教育の10年(2005-2014)
を粛々と、着実に、具体的に、世界的に、進めるよう、微力を尽くしたいのです。

このスレで、そのための建設的な議論ができるかどうか不安ですが、ヤフーのMLも
活用して、なんとかやりたいと思っています。よろしく協力をお願いします。

(引用終わり)

中葉先生の総回診は他の病院も回っています。目の回る忙しさです。
治療方法はいずれも同じ「持続可能な未来のための教育(Education for Sustainable Future)」ですが。

52 :名無しさん@あたっかー:2005/09/28(水) 17:17:14
オツカレ

53 :名無しさん@あたっかー:2005/09/28(水) 19:40:15
>696 :1:2005/09/28(水) 09:37:51 ID:bOzPQdz9
全然同意せんが、まあこーゆー考え方があってもいいだべな。

54 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/28(水) 23:30:06
「いろんな考え方があっていいもんだ」というのは親鸞の考え方。⇒バラバラでいっしょ。

55 :名無しさん@あたっかー:2005/09/29(木) 01:30:54
糞味噌一緒だよ。愚禿のゆるーい枠は法門。

56 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/09/29(木) 08:06:48
ちょいとクライアントのリストラカッターと新人事体制取り組みでバタバタしてます。
胃が痛いでつ ・゚・(ノД`)・゚・
低脳な女社員のいる会社は仕事をするより悪口を言うことが仕事みたいで
疲れるでつ ・゚・(ノД`)・゚・

57 :名無しさん@あたっかー:2005/09/29(木) 16:07:12
>56
オツカレ
そーゆーのウンウン聞いてやるのも仕事のうちだからなw

58 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/09/29(木) 20:36:22
>>46
"Shifting the Patterns" でググってみたところ、検出されたのは
中葉さんの書き物の一つだった。

『学習する組織のミーム:経営複製子の創発をめぐって』
ttp://home1.catvmics.ne.jp/~shibatay/learn-org-meme.htm

読んで考え、なんとなくミーム・マネジメントに必要なのは強烈な
ミームを作って発信し続けることだと思った。

59 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/29(木) 21:59:07
やー、つまらない物を見つけられて恐縮です。

あれは仲間内での研究会での議論用のメモとして提出したもので、私自身理解不十分であり、
これから改めて、原典(らしき)Shifting the Patternsをじっくり読んでみようかな、
と思っている今日この頃です。

クールさんの読後感は尊重しますが、私自身の主観的な理想像は他律的なやらせでなく、
自律的な自発性です。(でも、現実は他律的な他発性かな?という思いもあり、支離滅裂?)

60 :名無しさん@あたっかー:2005/09/29(木) 22:15:08
仕事はしつづけなきゃなんねーし
過剰投資はできんし(出来ればタダがいーし)
出来上がるまで時間がかかりすぎてもだめだし。
今よりもよりよい利益率を稼ぎ出さんことには意味ねーし

まあ、経営者の要望はこんなとこだべな。

61 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/29(木) 22:27:52
そういう経営者は2ちゃんねるなど見ないだろうな?

62 :名無しさん@あたっかー:2005/09/29(木) 23:09:27
>>60
オレは学者は2chなど見ていないとおもてったぜ

63 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/29(木) 23:42:59
お互い希少価値だね!

64 :名無しさん@あたっかー:2005/09/29(木) 23:51:38
何に所属してるなんざー関係ねー方がココらしいや

65 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/30(金) 08:33:49
学者と経営者は関係ねーのではなく、関係の付け方が単純ではないと言うことだと思う。

例えば、経営者は諸々の知識を市場価値に結びつけるのが仕事であり、
政治家は諸々の知識を社会価値に結びつけるのが仕事だと思う。

そうだとすると、ミーム・マネジメントの役割も、知識を価値に結びつけるプロセス支援・プロセス媒介の触媒
ということになり、少し分かりやすくなる。

また、今頃どうしてミーム・マネジメントが飛び出したかというと、知識が増え、複雑になり、
社会の構造・仕組みが複雑化し、価値観が多様化・複雑化したから、新しい媒介項、触媒が必要となったと考えれば理解・納得できる。

そこで登場するのが、別の大部の本、
planning in the public domain: from knowledge to action, by john friedmann, princeton univ. press
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0691077436/250-0316954-6190678
だと思って勉強してきた。

しかし、日本と中国には昔からあった。それは:
格物致知の朱子学と知行合一の陽明学。どうも我々はこちらを真剣に学びなおすべきだと思われる。
猛勉強の時間はないがやるしかあるまい?
http://www.tabiken.com/history/doc/L/L255L100.HTM
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0996.html

66 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/09/30(金) 19:08:35
>>本アポさん
「実利」の意味するところ、その言葉が指し示すものは数字で
表すことができ、投資判断を可能にする材料だったと理解している。

「実利」は、売上と原価で求められる粗利益、投資額をそれで割って求められる
回収期間、また投資そのものの利回りである収益率やそれによる複数の
投資案件の比較、そういった思考を表していたと理解している。

新製品や新サービスなどの新事業を判断するときはリスク、つまり最悪の場合に
どれだけの投資がパアになるか、どこまでなら耐えられるかを考えると言われる。

新事業を投資判断できるところまで検討するのは難しく、またそうしたところで
不確実性がつきまとう。一方で、社運を左右する舵取りは時に思い切ったもので
なければならない。明白になるまで待っていると、取り返しがつかない。

さて、辺境地が次代の中心地なる因果は、後でなら説明できる
ことが多い。しかし、その時代の最中にはある種の嗅覚で探るしかない。
本アポさんの言った「才能と運」が必要になるのはそのせいだ(鉱脈に
近づくことができ、かつ運に恵まれる者がゴールドラッシュに遭遇する)と思う。

新事業への投資は採掘に似ているかもしれない(やや
無謀なところもw)。そして、変化は常に次の時代のゴールド
ラッシュを準備していると思う。

67 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/09/30(金) 19:09:49
>>65
>そうだとすると、ミーム・マネジメントの役割も、知識を価値に結びつけるプロセス支援・プロセス媒介の触媒
>ということになり、少し分かりやすくなる。

直観的に、非常に多種多様な価値に結びついていくと思う(その全貌は
現段階では想像すらできない)。

68 :名無しさん@あたっかー:2005/09/30(金) 23:45:29
>>66
そうだよー。そのとーり。
但し「基本」に過ぎないよ。数値に出来ない大切なことも沢山あるつーのはワカットル。
せめて「基本」は抑えとけって話さ。
話は変わるが、どうも経理上がりの人は「在庫」がよくわかんねーみたいだな。
「鮮度」の話となるもこれがも−。「青果じゃないんだから」だってさw

69 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/09/30(金) 23:46:04
私もあてずっぽうの想像しかできませんが、ルネッサンスの時代に似ているのではないかと。

70 :名無しさん@あたっかー:2005/10/01(土) 00:13:43
んで媒体はなにさ?(・∀・)

71 :名無しさん@あたっかー:2005/10/01(土) 00:15:08
>また、今頃どうしてミーム・マネジメントが飛び出したかというと、知識が増え、複雑になり、
>社会の構造・仕組みが複雑化し、価値観が多様化・複雑化したから、新しい媒介項、触媒が必要となったと考えれば理解・納得できる。

シンプル化する努力も捨てられねーなあ

72 :名無しさん@あたっかー:2005/10/01(土) 00:15:42
つかボーズみとんだろ?降りて来い

73 :名無しさん@あたっかー:2005/10/01(土) 00:17:10
原点に返れってネ(・∀-) ネルベ

74 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/03(月) 09:26:51
>>70 んで媒体はなにさ?(・∀・)

私の信号はテレパシーに近い。従って、媒体は宇宙空間に充満し、漂游するエーテルだと思います。

>>71 シンプル化する努力も捨てられねーなあ

おっしゃる通りで、良いポイントを衝いたご指摘です。
複雑な実体と理論とをシンプリファイする努力、それは、限りなく直感に近い方法、それから、集団、乃至グループ・アプローチしかないでしょう。

75 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/03(月) 09:30:06
>>73 原点に返れってネ(・∀-)

出発点であると同時に終着点、
初めであり、終わりである点。

ティヤール・ド・シャルダンの言う「オメガ・ポイント」です。

76 :名無しさん@あたっかー:2005/10/03(月) 18:34:05
>エーテル
そりゃ拝んでもいいもんなの?

77 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/03(月) 18:46:57
>>68
在庫の話題も面白いね。本アポさんは以前に「トヨタの話でもする
かい?」と聞いてきたくらいだから、SCM とかの話題は得意そうだなあ。

78 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/03(月) 18:48:14
>>65を読み、ミーム・マネジメントの名で考察される技術には幅広い用途が
ありそうだ(文化を思い通りに伝染させるだけではない)と捉え直した。

>>69
今とその前後は新しい発展の表れであると同時に更なる発展の
契機でもある時代だと感じる。単に、そういう感じ方をしやすい性格の
持ち主なのかもしれないがw

79 :名無しさん@あたっかー:2005/10/03(月) 18:54:31
ミーム・マネジメントて集団催眠術とどう違うの。

80 :名無しさん@あたっかー:2005/10/03(月) 19:16:35
>オメガ・ポイント
よっぽど曼荼羅好きなんだなー。
>77
つっかあんま中葉に絡まないんなら,遠慮せずにスレタイ違いの小話でもするよオイラ。



81 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/04(火) 00:02:10
外見は似ていますが、意識がハッキリしているのとハッキリせず無意識に近いのが大きな違いです。

82 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/04(火) 00:07:57
シャルダンとオメガポイント

真言と曼荼羅

とは違うと思うのだが。

83 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/04(火) 00:23:50
>>78 >>65を読み、ミーム・マネジメントの名で考察される技術には幅広い用途がありそうだ(文化を思い通りに伝染させるだけではない)と捉え直した。

そう読んでいただけると嬉しいです。

>>78 >>69 今とその前後は新しい発展の表れであると同時に更なる発展の契機でもある時代だと感じる。単に、そういう感じ方をしやすい性格の持ち主なのかもしれないがw

確かに、そういう二面性がありますね。主体と客体とが不即不離の関係です。

84 :名無しさん@あたっかー:2005/10/04(火) 02:07:19
>とは違うと思うのだが。
それはそれでいいべさ。

85 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/05(水) 19:03:54
>>本アポさん
>つっかあんま中葉に絡まないんなら,遠慮せずにスレタイ違いの小話でもするよオイラ。

どうしよう?先に、前スレで途中だった話題を取り上げてみる。

同じ消費を繰り返すと、だんだん効用が得られなくなるのは単純に
飽きのせいだと言える。「限界効用逓減の法則」は経済学用語のくせに
示している内容が心理学っぽいw

供給者は商売をエスカレートさせることで飽きに対抗するように見える。

プロレスは、力道山の頃は日本人と外国人の戦いを中継して人気を
博した(と想像する)。必殺技、巨体や怪力、マスクマン、噛みつき攻撃や
空中技を加え、さらに火を吹く者、武器を振り回す者などが現れた。

そうやって見せ場を作り、ファンを飽きさせなかった。しかし、近年に
より刺激的なK-1 や総合格闘技が現れると、業種間の競争に似た競争で
劣勢になり、市場シェア(たとえば放送枠)を奪われたようだ。

人は同じものに飽きてしまう。しかし、欲求自体は不滅で、それが
新しいものへ関心を移す行為に表れるのだと思う。

で、>>堕落論者さん(見てる?)
人が生存の資源だけなく、地位や名誉、権力までも欲しがるというのも
飽きのせいではないだろうか?ずっと同じ境遇にいるのは耐え難い。
そして、飽きに対抗することは経済発展の原動力でもある。

86 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/05(水) 19:05:34
おっとっと。>>82で再び言及されなかったら「オメガ・ポイント」なる
言葉に注意を払うことなく、素通りしてしまいそうだった。

ちょっと調べたが、シャルダンの思想はなかなかステキだ。

スレを読む人に紹介すると、この司祭兼学者(古生物学、地質学などを
研究した)は、生命の進化がやがて人々の心を互いに結びつけ、それが
地上を覆う意識である「ヌースフィア」(精神圏)に発展すると考えた。
また、知性はやがて宇宙全体を満たすようになるとし、その状況を
「オメガ・ポイント」(終着点)と名づけた。

ユビキタスは「ヌースフィア」なのだろうか?それになれるのだろうか?

87 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/05(水) 20:18:19
シャルダンは楽天的な夢想家だったから、人類は、コンピューターの発達と並行してオメガポイントに到達すると言っている。

詳しくは、シャルダン著作集7「人間の未来」を読んで欲しい。

ユビキタス・プラス・サムシングが必要なことがわかるだろう。

88 :名無しさん@あたっかー:2005/10/05(水) 22:17:02
>>85
実は「刺激」じゃーダメなんだよな。売上がいわゆる「茶筒型」になる、
つまり、ぱっと売れてぱっと売れなくなる。
在庫問題がシビア杉。じわ〜〜がいいんだよな

エーテルかあ、エーテル論がだめになったのは
「んじゃ何故ウチラはエーテルについてなんもかんじないの?」つー疑問が出たことも一因らしいな。

ともあれだ、そのエーテルは何が良いか?
社員で8割使えないと、8割以下になるとまずいことになる。

まあ消費者も含めて広い意味にとってもいいが

89 :名無しさん@あたっかー:2005/10/05(水) 22:18:32
ただただ、名前を決めたほーが呼びやすいなら「本アポ」より
sage進行のナナシとあつかったほーが役に立つぜ(・∀-)

90 :堕落論者:2005/10/06(木) 01:05:01
ワリーネw 忙しいから暇になったら来るよ。

91 :名無しさん@あたっかー:2005/10/06(木) 01:19:27
>>90
おk

92 :名無しさん@あたっかー:2005/10/06(木) 06:08:08
なんか起きたからカキコ

掲示板は仕組み上論理的なやり口が楽だべな。
上からズラズラ〜っとレスが積み重なるからな。考えてみれば横のつながりが弱い罠。
「リンク」ってーのが重要なのにさ〜

93 :名無しさん@あたっかー:2005/10/06(木) 06:09:47
論理的つーのはアベルんとこの考えだよな。カインじゃねえな。

94 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/06(木) 06:19:37
>>92 考えてみれば横のつながりが弱い罠。「リンク」ってーのが重要なのにさ〜

全く禿しく同感だ。

今、http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1119947674/775-794
と横につながるリンクを貼るとチョー面白い!

95 :名無しさん@あたっかー:2005/10/06(木) 06:22:01
>欲求自体は不滅
そうなんだよな。おかげさまで「歴史は繰り返さない」てーの信じられるんだわ。

ただまあ、むやみやたらな刺激物をつくってもなーってのがあるよ。
ともあれだ、それを的確にどう捉えるかが肝心でな。
たまごっちや団子3兄弟にいたっては、もーなにがなんだかw

でも飽きのこない「本物」はこの世に確実にあるんだけどな。
ベートーベンの第五がなんですごいかしってる?
あれ全部「ジャジャジャジャーン」でつくってるんだぜ。オオイラたまげたね。分かったときはさ。


96 :名無しさん@あたっかー:2005/10/06(木) 06:22:40
>>94
驚かすなよ。(つд`)驚いて泣くぞ

97 :名無しさん@あたっかー:2005/10/06(木) 06:30:45
長いな〜。後で読むよ。
ざっとみると金ばかりかかって儲からない話ばかりだなw

話し変わるけど「進化」ってどう思う?

98 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/06(木) 06:32:47
そう来なくっちゃ!

99 :名無しさん@あたっかー:2005/10/06(木) 06:36:10
まいるよなーw。寝なおす。
俺の目的は、あくまでも「金儲け」という結果につながる組織よん。

100 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/06(木) 06:53:21
>>86 シャルダンの思想はなかなかステキだ。

ティヤール・ド・シャルダン(1881-1955)は古生物学者にして神学者(イエズス会司祭)。
人間の始まりから最後までの進化について透徹した鳥瞰図を提供しました。

主な著作の中で、
ポピュラーなのは「現象としての人間」、
未来の人間の進化の予言は「人間の未来」、
私が好きなのは「神のくに、宇宙讃歌」

私の場合、読んでも儲からなかった。でも幸福にはなった。天二物を与えず!


101 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/06(木) 19:04:33
>>中葉さん
個人的には、「ヌースフィア」のようななにかがもうすぐ姿を
現してきそうな予感がしている。

ユビキタスも一つの兆候だと感じる。

102 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/06(木) 19:07:38
>>88
>ともあれだ、そのエーテルは何が良いか?
>社員で8割使えないと、8割以下になるとまずいことになる。

うー、ここは難解。ヒントプリーズ。

>>92
確かに、論理は足場から足場の積み上げだね(うろ覚えでは、線形
論理と呼ばれるものがそのことを端的に現している)。

リンクを実体化した目の覚めるような一例がハイパーリンクを含む
ハイパーテキスト(つまりHTML文書)だと思えなくもない。

>>95
本当に必要なものを作れば、改良期間中ずっと市場に愛される気がする。
資料なしに(いい加減な解釈で)言うと、流行りモノが多いのは、いま
作られ、買われるものが実は必要でないからかもしれない。

>>97
進化については、ナナシさんが前スレで言っていた「人は物理的に
可能なことはなんでもする」(だったか?)のような
イメージがある。周囲一面氷のアラスカで生活してみたりするのがそれ。

103 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/06(木) 19:09:30
>>90
了解。

しばらく、スレのことは忘れてもらった方がいいかもしれない。
後々、経過は読まずに流れを無視した発言をしても対応するよ。

104 :名無しさん@あたっかー:2005/10/06(木) 20:41:44
>私の場合、読んでも儲からなかった。でも幸福にはなった。天二物を与えず

幸せになれりゃーそれがいいよ。ただその証拠は?
いまんとこ一番信頼できるのが「金」だ。

105 :名無しさん@あたっかー:2005/10/06(木) 20:45:53
>エーテル
こちとら儲けられる組織ができりゃーなんでもいいんだよ。
エーテルつう存在が何で×になったか?つーのから考えてるけどなオイラ
>8割


>ハイパーリンク
野中つーオッサンがごちゃごちゃいっとるよな。中葉と一緒でまだ眉唾だ。


106 :名無しさん@あたっかー:2005/10/06(木) 20:49:16
「進化」についてはなんで下等とされる生き物が、今でも生き残ってるのかな〜?っておもってさ。
「見た目ではわからんがヤツラ自身も進化してるから」つーのはなしだぜ。

そいやー魚類の「浮き袋」は「肺」になり損ねたもんらしーぞ。
まあ連中そんな「なりそこね」を随分上手く活用してるようだが。

107 :名無しさん@あたっかー:2005/10/06(木) 20:51:04
>実は必要でないからかもしれない。
をいかに必要なものであるかのようにして買わせるのは商売の基本だ。

コンピーターなんかその典型だ。

108 :名無しさん@あたっかー:2005/10/06(木) 21:16:46
ただ、何が必要か不必要かってー考えると、「モンドリアン」の絵の行き着く先さ

109 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/07(金) 13:20:22
>>104 いまんとこ一番信頼できるのが「金」だ。

幸せになれりゃーそれがいいよ。ただその証拠は?

110 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/07(金) 13:22:57
行き着く先ってどこさ?

111 :名無しさん@あたっかー:2005/10/07(金) 13:58:30
>>110
真っ白いキャンバスさ

112 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/07(金) 19:59:45
何も描いてない、何でも描けるって意味かな?

113 :名無しさん@あたっかー:2005/10/07(金) 20:52:38
>>112
ちゃうよ。書き込みすぎて真っ白けになっちゃうんだ。

114 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/07(金) 22:00:43
その意味は?

115 :名無しさん@あたっかー:2005/10/07(金) 22:32:13
モンドリアンしらべたら?

116 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/07(金) 23:15:23
アリガト、モンドリアンしらべたが、私には

>>1 いよいよユビキタス情報社会が始まった。この時代の組織論を語り、組織づくりを実践しよう!

との関係が掴めそうにない。ギヴアップだな(泣)

117 :名無しさん@あたっかー:2005/10/08(土) 02:15:05
>>116
(´・ω・`)

>本当に必要なものを作れば、改良期間中ずっと市場に愛される気がする。

なんていったらいいかなー。だからよ、絵の「本質」つーもんをを追求して追及して挙句の果てに
あんな絵になっちゃったんだべ?モンドリアンはさ。
セザンヌ→モンドリアン
で次の矢印は?って話しになったら皮肉屋がこういったん.
「モンドリアンの路線で次絵を書くとしたら真っ白なキャンバスしか出せない」てさ。


どしたんだ急に?いつもどーり無視してりゃーいいじゃん。

118 :名無しさん@あたっかー:2005/10/08(土) 02:19:03
ただまーモンドリアンあたり以後からの混沌とした絵の世界は、
現代を予見してるかのよーだな

なんつったりしてな。ガッハッハ

119 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/08(土) 07:25:55
>117 「モンドリアンの路線で次絵を書くとしたら真っ白なキャンバスしか出せない」てさ。

分かった。話は繋がったぞ!

シャルダンの路線で次論文を書くとしたら字の無い原稿用紙のままでしか出せない。
言いかえればオメガポイントの灼熱地獄か、エクスタシーかしかない。

ガッハッハ

120 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/08(土) 19:08:13
>>105
実現する保証のない未来の話は働かない二割(働きアリの
二割は働かない)と同様に不毛だが、そのようなものにも居場所は必要かも
しれない?

>>106
ある種の生息が別の種に資源なり生活空間を提供することになるというのが
いろいろな種が存在する理由の一つらしい。あるニッチを
占める種は別の種のためのニッチを作り出す。

生き残っていることは勝利に違いないが、退化しながら生き残っている種も
たくさんある。

>そいやー魚類の「浮き袋」は「肺」になり損ねたもんらしーぞ。

どうやら、使えそうな器官が使えそうな用途に転用されるらしいね。

哺乳類の聴覚に深く関係する耳小骨は、魚がソシャクに必要とする
アゴの関節の骨に起源があるとか。DNA の塩基配列でさえ、ある部分は
進化の途中でその役割を変更する。結構、なんでもありの世界みたいだw

>>107
たしかに。ただ、購買根拠は薄弱であるよりもしっかりしているに
越したことはないと思った。

121 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/08(土) 19:09:06
>>119
そういえば、ヌースフィアの案も本格的なものについてはまだ
真っ白という気がする。

だとすると、想像力の勝負になってくるのかなあ。

122 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/08(土) 23:14:04
大体の筋書きはクールさんがおっしゃる通りだと思います。
シャルダンは「人間の未来」の中の「精神圏(ヌースフェア)の形成(p.191-)」で
こう言っています。

“精神圏は、思考の巨大な機械である。(p.213)”
“かつて、クールノのような思想家でも、社会化された集団は、その構成員である個人個人に
くらべれば、生物学的には低下するものだと、想定したものだった。(いまだからこそ、われわれには
いっそうはっきりわかることなのだが)精神圏の中核に到達することによってのみ、われわれは全体としても
個人としても、われわれ人類の十全な姿を見いだすことが期待でき、確信できるのである。(p.226)”

ここで話を変えますが、現在パリのユネスコ本部ではEducation for Allに関する文部大臣会議を
やっています。
Ministerial Round Table on Education for All (7 - 8 October 2005)
http://www.unesco.org/education/efa/index.shtml

現在Saturday 8 October, from 3 to 4.30 p.m. (GMT + 1)
Ministerial Round Table "Education for All" - Session IV (cont.)
http://portal.unesco.org/en/ev.php-URL_ID=29142&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html
を実況放送中です。是非ご覧下さい。ヌースフィアに近いところに来ています。

123 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/09(日) 09:48:35
>>78 >>65を読み、ミーム・マネジメントの名で考察される技術には幅広い用途がありそうだ(文化を思い通りに伝染させるだけではない)と捉え直した。

クールさん、ご理解を頂き、ありがとうございました。
私達、ミームを考える会では、愛・地球博の機会を活用し、日本で初めて、本格的にミーム理論とその応用を紹介しました。

「世界ミーム博覧会 2005」プログラム(2005年6月24,25日) 
http://www.memeproject.jp/hiki.cgi?%28EXPO%29Program
「世界ミーム博覧会2005」プレイベント(2005年4月17日)
http://www.memeproject.jp/hiki.cgi?%A5%D7%A5%EC%A5%A4%A5%D9%A5%F3%A5%C8
を参照下さい。

124 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/09(日) 09:59:27
>>121 ヌースフィアの案も本格的なものについてはまだ真っ白という気がする。だとすると、想像力の勝負になってくるのかなあ。

偶然の一致ですが、今日の朝日新聞読書欄には似たような本の評がいくつか出ています。
ダン・ギルモア著「ブログ 世界を変える個人メディア(朝日新聞社)」
マッケンジー・ワーク著「ハッカー宣言(河出書房)」
ローレンス・スレイター著「心は実験できるか(紀伊国屋)」
等々
時代の激動が始まる予兆かもしれませんね。

125 :名無しさん@あたっかー:2005/10/10(月) 05:50:59
>>120
俺はそこいらを「遊び」といって効率化は諦めとる
「にはち」ってのーは、昔は胡散臭かったが、現実としてあるなあ。

ニッチも二割のスペースかもなあ
>94
ナショナリズムから一歩抜け出すのをエラク苦労してるようだな。
ナショナリズムってのは、随分新しい時代に作られたもんだけどな。
あんま新しい偶像は拝みがいが無いんだけどねw

家族でもできりゃー大概のヤツは変わるけどね。
ま、わが身に置き換えてはなすのはお勧め鴨な。

126 :名無しさん@あたっかー:2005/10/10(月) 05:57:29
哲学てーのはみんなそうだし。
マルクスなんかまさにそーだが、あーゆーんは違うと思う。

あるからあるんだよな。
ものごとの原理原則をときあかそーつー気持ちはよーわかるが、どうもな。

127 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/11(火) 05:18:45
>>125 俺はそこいらを「遊び」といって効率化は諦めとる

そうですね。私も昔から同様です。とても算盤には乗りません。
だから、専ら直感と快感とによって行動を選択しているのですが、案外、良く当たる。
ただし、効率とか採算とかは別問題です。少なくとも、短期的には。

そうは言うものの、、、

>>126 ものごとの原理原則をときあかそーつー気持ちはよーわかるが、どうもな。

他人に対してものごとの原理原則を解き明かす趣味はもうありませんが、
自分ための行動選択の指針は何とか確立しておきたいと努力しています。

このスレを立てたのもその一環です。よろしくお願いします。

128 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/11(火) 10:45:16
イスラム情勢 タリ板で良い問題提起があり、治療・治癒のためコメントしました。
総回診職務の一端として以下に報告しておきます。

ユビキタス組織・制度が待望されている事例が出始めたようです。

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1119947674/869
>869 漏れは寧ろ国家より大きな単位でなく小さな単位が認識されていくようになると思うけどね。地域主義が強まるんじゃねーかな。

私は両方の動きが同時に進み、ある種の混乱状態が永続すると思う。
逆に、人間はこのような状態に耐えるよう、知的・精神的に進化せざるを得ない。
さもなければ滅亡する。これぞ「同時多発テロ後の社会構築」の唯一の正解!

代替案があったら、是非、ご教示下さい。皆様

129 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/11(火) 17:55:45
>>122
引用ありがと。

リンク先を確認したところ、ユネスコがなにを話し合う会議を開催するか紹介が
あった(スレを読む人に報告すると、それは「万人のための教育」に関する
ものだった)。

会議の中継を受信してみると、ザワザワしており、話の内容は聞き取れなかった。
しかし、なんだか微笑ましく映ったw

>>123
確認完了。

>>124
やはり、兆候はいろいろあるように思う。

130 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/11(火) 18:03:04
>>スレ常連のナナシさん
かねて話題にのぼっていた「在庫」について。

在庫を大量に抱えるのは不利だ。市場の心変わりは昨日までの売れ筋を
不良在庫(デッドストック)にする。そのとき、売れ残り品は倉庫
スペースを無駄に占め、また在庫回転率を低下させる。

売れ残り品を処分すると、棚卸資産の減耗が生じる(原材料や加工中の
仕掛かり品についても同様のことが言える)。

近年は、工程が扱う部品の量や加工の時間、生産単位(ロット)をコン
パクトにすることで運転在庫(ランニングストック)をなるべく抑える
工夫が図られていると聞く。

しかし、急に注文が殺到したとき、作り置きの安全在庫が商機をものにする。

ああ、面白い。在庫というのはちょっとした科学のようだ。

131 :名無しさん@あたっかー:2005/10/13(木) 05:07:19
よっこらせ

>>127
たださー「にはち」つーのは手を出せないのが8割つー場合もあるんだよなw

>>
自分ための行動選択の指針は何とか確立しておきたいと努力しています。
武器っていったたべさ。ならいいんじゃね?弾はへらねーし
ただどんな弾でも使えるところがちょっとねw
そこまでオイラは自信ないね


132 :名無しさん@あたっかー:2005/10/13(木) 05:10:34
>>128
「地球規模での多元化と一元化の同時進行」
世界史じゃ70ねんあたりからあるな。

オイラはウォーラステインでいいと思うが、多分さらに次の段階かもな
わからんけど

133 :名無しさん@あたっかー:2005/10/13(木) 05:13:40
気にしなきゃ〜いけねーのは「家族」って単位の閉鎖性だな。
地域性も家族のよせあつめみてーだからにたよーなもん。糞味噌一緒。
軽犯罪くれーなら黙認だ。それをあらわにするか?それとも?

134 :名無しさん@あたっかー:2005/10/13(木) 05:18:41
>>130
在庫ねえ〜。残念だが「科学」なんつーもんは全くないとおもうわ
中葉とか接してるとますます無いw

一番のことは「誰が在庫リスクをもつか?」だな
ふつー弱い立場のモンがやる。トヨタの看板なんて下請け苛めみてーなもんだ

あとは物流まで絡めて考えてな。なーに簡単さ。
例えば、改装列車ってあるだべ?あれ無駄だよな〜
客のせりゃーいいとおもう。
まあーそうゆーこった。

そしてPOS。FSPとかまで今進化してるがどーだかね〜?
客なんてもんは意見を聞くもんじゃなく、乗せるもんだ罠

135 :名無しさん@あたっかー:2005/10/13(木) 05:20:22
ウォルマートと製版同盟したP&Gの取り組みに大騒ぎしてるが
かんがえよーによっちゃー百貨店と変わらん。

ただの場所貸し。

136 :名無しさん@あたっかー:2005/10/13(木) 05:27:20
>逆に、人間はこのような状態に耐えるよう、知的・精神的に進化せざるを得ない。

だからよ。「進化」ってなんだよ?

137 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/13(木) 18:07:15
そうですね。ダーウィンの進化論の意味での進化でなく、知的・精神的な成長の意味で使っています。
しかし、単なる個人的な成長でなく、集団的な変化であり、かつ、望ましい方向への変化を指しています。

だから、その意味で比喩的な使い方だから理解し難いかもしれません。
心かと言う言葉には価値観が含まれていますから、難しいですね。

この場合には、「進化」という言葉の操作的な定義として、
「人間がこのような状態に耐えるように変化すること」をもって“進化”と呼んでいます。

138 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/13(木) 21:22:46
心かと言う言葉
  ↓
進化という言葉(ミスプリ済みません)

139 :名無しさん@あたっかー:2005/10/14(金) 00:10:16
だったら「場」が出来てから勝手に慣れるんじゃね?

140 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/14(金) 05:08:39
場と人間とは別の物でなく、相互の依存関係の中で、それぞれが存在しています。

その関係を「勝手に慣れる」と受け止め、理解し、行動する人、或いは行動する場面はあるでしょう。
実際、私が現在成功しつつある場面では、そのような状況が、ダイナミックに、意外性の連続の中で、発展しているように感じます。
理論的に言えば、「これがミーム・マネジメントのプロセスだ」と言えるでしょう。

前に書きましたが、ティヤール・ド・シャルダンが「人間の未来」の中で説いた「オメガ・ポイント」に至るプロセスとはこんなものだろうと、勝手に理解しています。

141 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/10/14(金) 05:22:23
先生〜おはようございますぅ〜♪
つ〜か清香タソは出張中なんで落ち着いてここ覗けないから σ(^_^) アセッ
話はゆっくり進めてね (*^.^*) 
東北は寒いっす (´・ω・`)ショボ-ン
今日はこれから関東のクライアントのところへ寄って書類をチェックして
新幹線で新神戸まで帰って六甲の実家でゆっくりするでつ ('-'*)ウフフ

142 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/14(金) 05:55:53
清香さん、ブレーキを掛けろと言われても無理ですよ。

世界と共に、それ以上の速さで、2ちゃんねる(特にこのスレとイスラム情勢タリ板の「同時多発テロ後の社会構築」は全速展開していますから。

143 :名無しさん@あたっかー:2005/10/14(金) 16:58:46
>>137
>>140
そうだな。

「場」だけで考えてみると
「メイン」「半周辺」「周辺」「マンティコラとかが住んでる地域」「オーケアノス」
てな考えになりやすいよな。

144 :名無しさん@あたっかー:2005/10/15(土) 03:57:34
「世界=経済」
「メイン」「半周辺」「周辺」
が16世紀以降の世界だと思う

145 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/15(土) 08:28:18
>>134
>在庫ねえ〜。残念だが「科学」なんつーもんは全くないとおもうわ
>中葉とか接してるとますます無いw

そうだったwここでは「学問」という言葉の使い方に気をつけなきゃ。

146 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/15(土) 08:29:27
>>141
お勤めご苦労様ですw

147 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/17(月) 06:03:06
>>145 ここでは「学問」という言葉の使い方に気をつけなきゃ。

同感です。
実を言うと、私は学問という言葉は、ここだけでなくどこでも使わないようにしています。
自分自身、学者ではなく技術屋ですし、理解のための学問よりも、現実問題の解決に価値があるという基本姿勢を持っているからです。

皆さんはいかがでしょうか?

148 :名無しさん@あたっかー:2005/10/17(月) 16:50:39
>理解のための学問よりも、現実問題の解決に価値があるという基本姿勢を持っているからです。

オレもそーだが

149 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/17(月) 17:02:12
賛成してくださって、ありがとうございます。

150 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/17(月) 22:13:56
>>134
初め、「改装」はお座敷列車を意味すると思ったw

>そしてPOS。FSPとかまで今進化してるがどーだかね〜?

データ分析に基づくマーケティング手法は顧客や
購買行動を表面的な特徴で分類し、買う動機・脈絡を見えなくして
しまうこともある。

>>135
委託販売だね>>場所貸し

返品可能で、売れてようやく仕入れたことにする。百貨店ではこの
取引形態を特に「消化仕入」と呼ぶ。購買する側の立場が強い点は
>>134 のトヨタと共通するかな。

151 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/17(月) 22:17:14
>>147
とりあえず、引用。

「一八五〇年代までにイギリスは産業国家としての優位を失いはじめ、最初に
 アメリカ、次にドイツに抜かれた。その原因が経済や
 科学にあったのではないことは広く知られている。主な原因は社会にあった。
 ・・・
 イギリスは製造テクノロジストを社会的に評価しなかった。彼らを
 紳士と認めなかった。インドには工業学校をいくつか
 作ったが、本国では作らなかった。科学者には敬意を
 払い、そのため十九世紀を通じて物理学で世界をリードした。マックス
 ウェル、ファラデー、ラザフォードが現れた。しかし、テクノロジストは職工の
 座にとめおかれた。」(ドラッカー『ネクスト・ソサエティ』第U部第1章)

152 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/18(火) 06:30:06
> とりあえず、引用。

次(ネクスト)をキボンヌ
私もついて行きます。

153 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/10/18(火) 06:59:10
>>150
>百貨店ではこの 取引形態を特に「消化仕入」と呼ぶ。
おはよん (=゚ω゚)ノ  
勉強になったぞw 礼を言う (*'▽'*)
私らの業界ではそれを仕入にして在庫扱いで処理をする同業の先生や
デパートと同じ様に売れて初めて仕入とみなすとこもあるが所轄の
税務署によっては、それをみなさずNGとするところもあるので
ウチの事務所は場所貸しで契約する様にクライアントに指示して
処理している。
その方が互いに合理的♪

>>152
先生〜おはようございますぅ〜 (∩.∩)

154 :名無しさん@あたっかー:2005/10/18(火) 08:11:12
>委託販売だね>>場所貸し

ちゃう。帰ってきた説明する。

155 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/18(火) 08:16:02
清香さん、朝からご精勤ですね。

156 :清香 ◆Beauty/ygs :2005/10/18(火) 09:24:21
(o^v^o) エヘヘ
最近は朝しかユックリ2ch拝めなくてw
でも今日は会社に行かずゆっくりと疲れを取るでつ♪
エステに行って友人とお茶でもするでつ ('-'*)ウフフ
世間が給料前に色々したいことをする方が満足なサービスも受け易いし
混んだりしないし、満足度がさらに高まるでつ (∩.∩)

157 :名無しさん@あたっかー:2005/10/20(木) 07:37:42
ふーよっこらせ。
>初め、「改装」はお座敷列車を意味すると思ったw
あースマソね。でも想像力はかきたてられたべ?。なんつったりしてな。

158 :名無しさん@あたっかー:2005/10/20(木) 07:58:07
委託販売だね>>場所貸し

まあ違うっつっちゃったけど、別に間違ってるわきゃーない。
この手はまー昔の本屋なんか凄かったらしーけどな。

最初に言ったんは「誰が在庫リスクをもつか?」だよな?
委託販売は、よーは返品おkつーとこが肝なんだが、まあ言いてーことから先にいうとだな。
「在庫を店内売り場にもっとる」ということになるわけ。
なんでかっつーと返品おkな商品なんぞ、売れ筋なんか用意できないだべ?取引先わさ。
売れ筋なんか定価以上でも売れるからな。より都合がいい小売店に優先的に商品を流す。

まあムリクソ売れ筋用意したとしても「じゃーそのかわりに〜」つーことになる。
余計な商品まとめて仕入れさせられたりしてさ。訳わかんない新製品とか本来はリベートちゃんともらって売るべきだべな。
まあ死に筋商品よか、まだ売れる可能性はあるだろーからちったーマシだろけどさ。

最も最悪なのは、こーしてるといずれ取引先のいうがままになっちゃって
自らが「売る力」を徐々に失ってゆくことだとオイラは思うね。

話し変わるが、この辺POSってのは面白いよな。死に筋を「店側」が割り出し、
全部新製品に変えてる。でもそのためにまたおかしな状況も生まれたが

159 :名無しさん@あたっかー:2005/10/20(木) 08:01:25
百貨店はちゃうべ。そりゃー全部が全部そーじゃないだろーけどさ。
そもそも在庫リスクなんか存在しない。
だって売り場にテナントを誘い入れて、その家賃を頂く仕組みだからな。

タダの大家だ。
んだから土地とか資産のリスクをどーするかのほーが肝心なことだべな。
こっちもオレは「在庫問題」につーじるもんがあると思うがな。

160 :名無しさん@あたっかー:2005/10/20(木) 08:04:32
>世間が給料前に色々したいことをする方が満足なサービスも受け易いし
>混んだりしないし、満足度がさらに高まるでつ (∩.∩)

と思ってた時代が僕にもありました

161 :名無しさん@あたっかー:2005/10/20(木) 08:08:04
>データ分析に基づくマーケティング手法は顧客や
>購買行動を表面的な特徴で分類し、買う動機・脈絡を見えなくして
>しまうこともある。

P&Gもにたよーなこといっとる罠。消費者の意見はあくまでも「参考」
売るのはテメーらだ


162 :名無しさん@あたっかー:2005/10/20(木) 09:31:59
ひとつだけ修正

>まあ言いてーことから先にいうとだな。
>まあ言いてーことを読むヤツのコト気にせず好き勝手に思いつくままいうとだな。

163 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/20(木) 19:31:49
>>152
しまった。「ネクスト」は予定外だったwじゃあ、適当に。

先の世紀に、科学技術がこの世紀を飛躍的なものにすることを
想像した人は多かったはずだ。特に、SFというジャンルの諸作品は
そのことを表している。

いま、眼下のこの世紀は科学上の発見だけでなく、ビジネスや
生活に関するありとあらゆるハウツー、社会とその諸側面に関する
伝達を受け、利用している。そして、SFの描く世界は到来しそうにない。

当分の間、実用的な知識を活用する工夫、特に組織的に活用する工夫を
進めることが課題となる。このことはどれほど認識されているだろうか?
また、どのような解決が可能であり、実施されるべきだろうか?

…ってな感じでユビキタス組織論に復帰するのはどう?

164 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/20(木) 19:33:22
>>153
やあ。
>>150 みたいなのは共通の話題になるわけだ。
覚えておくよ。

165 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/20(木) 19:35:09
>>157
>>初め、「改装」はお座敷列車を意味すると思ったw
>あースマソね。でも想像力はかきたてられたべ?。なんつったりしてな。

掻き立てられたよw

ちょっと、>>158 以降については後日レスしたい。

166 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/20(木) 21:46:07
>>163
> 当分の間、実用的な知識を活用する工夫、特に組織的に活用する工夫を進めることが課題となる。
> このことはどれほど認識されているだろうか?
> また、どのような解決が可能であり、実施されるべきだろうか?
>
> …ってな感じでユビキタス組織論に復帰するのはどう?

我が意を得たり!

167 :名無しさん@あたっかー:2005/10/21(金) 09:37:45
流通の話になったが、
一昔はやったwinwinの関係つーんをかなえるには、
まあ結局流通全体でなんとかするつー考えになる罠。
じゃー全体ってどこまでだ?つーなると、こりゃー果てしなく広がるさ。


168 :名無しさん@あたっかー:2005/10/21(金) 09:41:45
「多元化と一元化の同時進行」

169 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/21(金) 19:11:54
>>168 「多元化と一元化の同時進行」

これは正に以下の構想の具現化だと思われ

>>166
>> …ってな感じでユビキタス組織論に復帰するのはどう?
>
>我が意を得たり!

170 :名無しさん@あたっかー:2005/10/21(金) 20:46:23
>166
>169

なにやっとんのよw


171 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/23(日) 13:53:55
今、鋭意、社会実験活動中

172 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/23(日) 19:11:42
>>158
力を背景にしてする駆け引きは必ずあり、>>167 の「winwin」はそれに
疲れたとき、浮上してくる歩み寄りなのかも。

>話し変わるが、この辺POSってのは面白いよな。死に筋を「店側」が割り出し、
>全部新製品に変えてる。でもそのためにまたおかしな状況も生まれたが

しばしば現場の勘と管理する側のデータが乖離してしまうとか。

>>159
>んだから土地とか資産のリスクをどーするかのほーが肝心なことだべな。
>こっちもオレは「在庫問題」につーじるもんがあると思うがな。

かつて土地の含み益を前提に融資を受け、出店してきたダイエーと
賃貸物件で出店してきたヨーカ堂はその後明暗が分かれた。この事例も
似たような問題意識に通じるね。

>>161
売るにせよ、理屈抜きの必死な努力は重要で、それを精神論と笑う
わけにはいかない。ただし、人は筋の通らないことに努力できない。
集団を士気の高い状態に保つには筋を通すこと、納得させるものが
必要だと言われる。

>>162
>まあ言いてーことを読むヤツのコト気にせず好き勝手に思いつくままいうとだな。

できる、できないはさておき、消費者心理も、時勢も読みたい。
もちろん、ナナシさんの言葉の裏側もね(読んじゃうゾ〜w)。

173 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/23(日) 19:13:19
>>168
>「多元化と一元化の同時進行」

中葉さんが>>128 で言っていること(「ある種の混乱状態が永続する」)に
同感かな。

収拾がつかないうちにヌースフィアの案も出てくるように思う。

174 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/24(月) 00:16:14
「ヌースフィアの案」は「ミーム・マネジメント」という専門用語を使って
愛・地球博で大々的にデモンストレーション済みです。

詳しくは世界ミーム博覧会のフロントページへ
http://www.memeproject.jp/hiki.cgi?%28EXPO%29MemeExpo

175 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/26(水) 08:33:50
>>172 できる、できないはさておき、消費者心理も、時勢も読みたい。

私の近頃の活動分野もお近くです。具体的に言うと、ミーム(文化遺伝子)の領域です。
さらに詳しく言えば、ミーム・マネジメントから文化マネジメントへの接近です。
ミーム論の世界的権威 Suzan Blackmoreさんから、万博の機会に、直々教えていただきました。
http://www.susanblackmore.co.uk/
http://www.memeproject.jp/hiki.cgi?(EXPO)MemeExpo

176 :名無しさん@あたっかー:2005/10/27(木) 01:36:20
>かつて土地の含み益を前提に融資を受け、
そ。だから動けなかった。自分のモノだとずっと抱え込んでいた。
抱え込んじゃ〜だめで流さないとな

177 :名無しさん@あたっかー:2005/10/27(木) 02:13:49
>しばしば現場の勘と管理する側のデータが乖離してしまうとか
まーそれもあるけどな。ただ、発注の際必要とされる情報といったら
売上推移に付け加え天候や、地域催事位だからな。
それ以上を念頭に入れて発注できるヤツはほとんどいねーんじゃねーの?
だいたい時給\800そこらでどこまでも技術を磨けるやつわーいやしないよ。
フリしてるだけであんま「現場」をあてにしてないとちゃう?
在庫リスク加盟店に背負わせるための「建前」かもねえ?

いってる「おかしな状況」てのはあれさ、
「商品寿命がどんどん短くなってる」てーことさ。


178 :名無しさん@あたっかー:2005/10/27(木) 04:59:39
>集団を士気の高い状態に保つには筋を通すこと、
でもこの世は筋の通らない話ばかりだよなw

179 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/27(木) 06:00:06
> でもこの世は筋の通らない話ばかりだよなw

確かにその通りですね。
しかし、世の中が複雑になりすぎ、筋が絡まってしまってどこから辿れば良いか
誰にも分からなくなっている、つまり、複雑系の問題になっているという面があると思います。

前スレ:ユビキタス(やおよろず)時代の組織論
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1085056300/l50

前スレ:パート2
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/manage/1102559950/

学習用スレ:MEGA-NET生涯学習ガイド
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/lifework/1010797751/l50

では、こういう問題の解決を「主たる話題」としてきました。
本スレも同じ話題を追求できればと思っています。

よろしくお願いします。


180 :名無しさん@あたっかー:2005/10/27(木) 06:12:55
>179
へいへい

181 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/28(金) 19:57:51
>>174
リンク先の確認完了。プロジェクトや万博で実施したのデモの
内容については不確かな想像しか持っていないけれど。

>>179
任せなさいw

182 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/28(金) 20:00:34
>>177
>いってる「おかしな状況」てのはあれさ、
>「商品寿命がどんどん短くなってる」てーことさ。

調べたよ。
POS によって早期に売れ筋が割り出され、それが伝わって仕入れが
盛んになるために実際に商品が売れる。このようなおかしなブームは長続き
しないので、商品の寿命が縮む。

で、これがぱっと売れてぱっと売れなくなる現象(>>88の「茶筒型」)とも
いくぶん係わりがある。

>>178
>でもこの世は筋の通らない話ばかりだよなw

まあねwただ、世の中が大きく変わると見込むことを許すこのスレには
結構救いがあると思う。

もし、本当に変わったら、それはそれで、また筋の通らないことが
出てくるだろうが、そうしたら再び変えればよく、そのように
繰り返してだんだんマシにしていく。

183 :名無しさん@あたっかー:2005/10/28(金) 20:03:04
自民党も結局、上意下達のピラミッド社会か。郵政民営化に反対したら党から追放か。
民主主義=多数の強者の社会でんがな。

184 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/28(金) 21:41:26
多数の強者の第一の道でもなく、上意下達の第二の道でもない第三の道。
これこそこれから追求するべき第三の道!

185 :堕落論者:2005/10/30(日) 01:31:04
久しぶりに来てみたが、Gさんはますますひどくなってきてるなーw

お馬鹿な俺に、
「第三の道」
「知識時代」
「ユビキタス社会」
「自律分散組織」
「ミーム・マネジメント」
「マンハイムの計画社会論」
「持続可能な組織論」
が組織構造を含め、それぞれどうリンクするのか?を教えて欲しいもんだね。
もちろん他人の言葉の引用ではなく、自分の言葉でねw

つか、Gさんの組織論においてのリーダー像、戦略構築プロセス像、
その組織構造で働く人間の仕事ぶり・・・が全くイメージできないんだけどw

まあなんつーか、実務経験があり、なおかつ自らも実務家を強く標榜しておきながら、
ここまで実務のニオイがしない人も珍しいよねw




186 :堕落論者:2005/10/30(日) 01:38:04
Gさんの論て、糸が切れた風船のようなもんだねw

根っこに確たる論がないから、常にフワフワ風まかせw



187 :名無しさん@あたっかー:2005/10/30(日) 06:28:00
>185-186
オカエリ

188 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/30(日) 09:23:15
ええ、そう見ていただいても結構です。

しかし、結構、現在のフワフワした政治・経済・社会の実体にピッタシ当てはまる論になっていると自画自賛しています。

今度、実務家の集まりで説明することになっているので、どう言う反応が得られるか、楽しみです。

主催者は、

> 「みんなの 言葉にできない 想いを言葉にすると こうかも」と感心してメールした

と紹介してくださいましたので、満更でもないか?と思いながら、実は、戦戦競競ではあります。
しかし、もともと実務畑上がりだし、ずーっと、大学人より企業人との付き合いが多いので、そんなに心配はしていませんが。

まあ、ぶっちゃけたところ、自信と不安と半々ではありますね。模索中と言ったところかな。それでなければ2ちゃんねるには来ませんよ。

189 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/30(日) 11:37:52
ミス発見申しわけない。戦戦競競→戦戦兢兢

190 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/30(日) 18:29:23
>>183
政府が国会を法案成立のための手段にするのはおかしいが、郵政法案を巡る
顛末はとても異例で、同じようなことはもう滅多に起こらないだろうと思う。

政党もピラミッドというのはその通りだと言える。

191 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/30(日) 18:30:32
お、久しぶりに堕落論者さん発見!

192 :名無しさん@あたっかー:2005/10/30(日) 23:04:15
>戦戦競競→戦戦兢兢

キニスンナ兢と競は同じ字だ。静ちゃんにきいてごらん。

193 :名無しさん@あたっかー:2005/11/07(月) 23:47:09
宙さん
今の職業は何?

194 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/08(火) 12:51:01
NGO支援ボランティアです。

195 :名無しさん@あたっかー:2005/11/09(水) 22:19:10
ちゃうよ〜
給料貰ってる先は?

196 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/10(木) 00:13:47
無職です。

197 :名無しさん@あたっかー:2005/11/11(金) 00:22:45
やはり中葉ひとりじゃダメか。
やむをえんか。
>>193
>>195
品のねえことすんなコラ

198 :名無しさん@あたっかー:2005/11/11(金) 00:23:33
仏教はそうゆうもんなんだよな
月にはなれても太陽にはなれん

199 :名無しさん@あたっかー:2005/11/11(金) 00:26:43
大日如来役くれーできるかと思ってたよ。
でもまー考えりゃー無理な話か。
>>182
>>186
どっちもわりかし気が効く方のようだしな。

200 :名無しさん@あたっかー:2005/11/11(金) 00:29:47
せっかくこっちがバカになろーとしても
オマエが絡めねーんじゃしょうがない。

201 :名無しさん@あたっかー:2005/11/11(金) 00:32:00
正しいことでも動かせないんじゃーしょうがねーよ。

202 :名無しさん@あたっかー:2005/11/11(金) 00:32:34
いやまあ、なろーじゃなく元々オレはバカらしいけどなw

203 :名無しさん@あたっかー:2005/11/11(金) 00:35:00
「中葉」じゃなくオマエは「中葉さん」なんだよな

204 :名無しさん@あたっかー:2005/11/11(金) 00:38:46
別に聞かれりゃちゃんと説明してやる。
但し論理的思考とやらは心底嫌ってるけどな。オレわよ。

205 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/11(金) 20:53:50
呼ばれた?

206 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/11(金) 20:56:24
人が仕事のために必要とする知識の量は今後増え続けるはずだ。
しかし、ある人に知識が足りないということは傍目には分からない。
本人にすら気付かれない場合も少なくないだろう。

上司と部下の知識が方向や量の点でどれほど違うのか、両者が連携して
働くにはどのようなコミュニケーションがどれほど必要なのか?

個々人はこのようなつかみ所のない問題を考えるだけ無駄だとして放棄
するのではないか?そして、両者の連絡が不足していても
当人たちや周囲はなんら危険を感じない。

先日、東証で起こったシステムの障害は作業指示書(マニュアル?)の
記載漏れに原因があったという。連絡の不足が事故を引き起こした。

人々は今後ますます細かいことをますます大量に伝え合わなければならない。
しかし、いつまで耐えられるのか?耐えられなくなったときにどうなるのか?

知識の専門分化が進むと、バベルの塔を建設しようとした人々のように
互いに言葉が通じなくなるのだろうか?それとも、そうなる前になにか
解決が図られるのだろうか?

207 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/12(土) 03:40:59
クールさんのおっしゃることは、
これからの社会、いや、すでに、現在の社会が直面している最大の難問を正確に衝いています。

私は、前スレ「ユビキタス(やおよろず)時代の組織論」で組織論の立場からアプローチしようと試みました。
現在も同じ立場です。

つまり、複雑系の問題を記述するモデル(またはアーキテクチャー)による表現技術と、
それを使って考え、コミュニケートする組織マネジメントとがバランス良く進歩する必要があります。
すでに学問的な研究、また実験的な実践がはじまっていますが、普及はこれからだと思います。

普及の一つの有望な方法が、すでに有名なコミュニティ・オブ・プラクティスですが、まだまだ改良が必要だと思います。

208 :名無しさん@あたっかー:2005/11/12(土) 13:01:32
>知識の専門分化が進むと、バベルの塔を建設しようとした人々のように
>互いに言葉が通じなくなるのだろうか?それとも、そうなる前になにか
>解決が図られるのだろうか?

素直に単純に共通語とか考えてたなぁ〜。でもシンプルじゃねーと伝わらないからねえ〜。
どなんだべ?

>>207
ウンザリ

209 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/12(土) 13:10:34
ウンザリと言う気持ちは分かりますよ。

210 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/12(土) 13:13:26
でも、共通語を選んだり、新しい共通語を作ったりは、ウンザリを通り抜けないと創れないと思う。

211 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/12(土) 13:24:29
ニュース見た?
あるいはドラッカーのスレ。

スゲー悔しい…

212 :名無しさん@あたっかー:2005/11/12(土) 13:24:39
>>210

>共通語を選んだり、新しい共通語を作ったりは
そゆことなしで住む方法は無い?

213 :名無しさん@あたっかー:2005/11/12(土) 13:25:45
>>211
悔しい?オイラはただただ合掌だ。

214 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/12(土) 16:04:26
>>212

ドラッカーに敬意を表して、彼が「ポスト資本主義社会」の最後に書き残した言葉に聴こう!

“ただ一つだけ予言できることがある。
これから起こる最大の変化は知識における変化だということである。
すなわち、知識の形態と内容、意味、責任、そして「教育ある人間」たることの意味の変化である。(1993)”
(合掌)

215 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/12(土) 20:54:43
>>213
知識社会はまだこれからなのに。
彼は教えるだけ教え、見ずしていなくなってしまった。
それが悔しい(泣

216 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/12(土) 20:55:49
>>214
言葉が残ったので、それを辿れるのはありがたい。
生きている者は学ぶことをバトンタッチされたのかもしれない。

217 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/13(日) 04:16:14
人類が「生き残る」ための総学習が始まりました。
とりあえず、2005−2014年。
国連持続可能な開発のための教育の10年
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/edu_10/10years_gai.html

218 :名無しさん@あたっかー:2005/11/13(日) 14:22:39
人類が「生き残る」ための総学習も大事だと思うが
連日のテレビを見ると、人間もどきが増殖して、ある日
突然惨劇を起こす。
日本人が「生き残る」ための総学習こそもっと大事では


219 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/13(日) 22:38:00
おっしゃる通りと同感します。

このスレも、その方向に運営したいものです。ご支援下さい。

220 :名無しさん@あたっかー:2005/11/15(火) 18:07:14
>>215
ヤツの評価はこれからが本番だよな。
結果がでねーんなら、歴史の闇とともに消える。

221 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/15(火) 20:16:04
>>207
いろいろ試みられ、進化するものや淘汰されるものに分かれ、最終的に
なにかが残る気がする。

複雑さへの対策が複雑だと悪循環になってしまうのが難しい点かも。

222 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/15(火) 20:18:21
>>208
自然や人間の図太さ、逞しさを信頼しており、言葉の混乱による社会の
破綻は現実化しないと思う。ただ、対策の進展が不十分な今の段階では
いかにも破綻するように思える。

>素直に単純に共通語とか考えてたなぁ〜。でもシンプルじゃねーと伝わらないからねえ〜。
>どなんだべ?

同じ言葉でも話し手と聞き手の置かれている状況や文脈によって意味が
違ってくる。とりわけ、専門分化は同じ言葉に異なる意味を与えていく。
しかも、今後はさまざまな専門が現れては消える。

どうやって調和させるかは現時点では謎かもしれないが、遠からず
なにかしらの方法が広く認知されるほどに成長すると予想している。

>>220
もう有名人ではなくなり、歴史になった。確かに、どう評価されて
いくかはまだ分からないね。

223 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/15(火) 20:19:25
>>218
国、人種、文化の衝突?

224 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/17(木) 11:33:15
それもあるが、
肉親同志の衝突、さらには個人の内面での二重人格間の葛藤は凄惨なものではないかと思う。

225 :名無しさん@あたっかー:2005/11/18(金) 14:22:20
>>221
なにものこらんってシナリオもあるだろうな。

>同じ言葉でも話し手と聞き手の置かれている状況や文脈によって意味が
>違ってくる。
俺はかえってこの「違い」に可能性があるのではないかとも。
伝言ゲーム的なショウモナイ「違い」も含めてね。
にわ。それを受け止める「場」みたいのが〜〜うんたらかんたら
っと考えたりすっけど。

>>224
でまあ、こんなことも考えると、先に進めないわ結果は出ないわでw

226 :名無しさん@あたっかー:2005/11/18(金) 14:26:05
ただまあ
>>224
みてーなのはたしかに「困りもん」だが
こいつを経験したやつは、そこいらの並の連中とはチト違うとは思う。

なんにせよ俺じゃ扱いきれない。つか誰でも無理だ。
というわけで「野放し」すっしかないんだよな〜とりあえずさ。
並の連中の陰気な横槍からさりげなく守りつつさ。

227 :名無しさん@あたっかー:2005/11/18(金) 14:30:07
>>224
みてーなのは、白子みてーなもんで、まあ淘汰で死ぬしかないんだろーけど。
かつてのイギリスにゃそれがチョビットだけ生きる「場」があったんだべかね?

228 :名無しさん@あたっかー:2005/11/18(金) 15:10:00
神の怒りで言葉は通じなくなったというが、実は慈悲だったりしてな

229 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/20(日) 06:32:15
何か、暗い雰囲気になっちゃったね。

でも、「いちばん暗いのは夜明け前」
http://www.tv-tokyo.co.jp/yoakemae/
夜明け前が一番暗い
http://issyo678.blog.ocn.ne.jp/kotowaza/2005/09/post_2.html
という論もある。

俺は最後まで諦めないぞ!

230 :名無しさん@あたっかー:2005/11/20(日) 06:46:26
覚醒剤の売人・覚醒剤に溺れる人達・警察賄賂・未公開株詐欺の手口・・すべて実話です。
http://hss.0ch.biz/

私は、この時の出来事を、綾瀬署の捜査の方、捜査課長と高橋さんに
確認しました。
刑事課、(前)課長は、Yに連絡した刑事がいるという事を知らなかったようでした
が、高橋さんは、確かに、誰か、Yに連絡した事実はあると、言っていま
した。
警察(綾瀬署)は、Yに、前もって家宅捜査の情報を、流していたのです。
・・・詳細、覚醒剤を売る人達
Yは、わたしが逮捕された時、自分が
逮捕される事をふせぐ為に、
ある刑事Tさんに100万円のお金を渡したそうです。
Yから聞きました。その証拠に、Yが話した事(T刑事に100万円のお金を渡したという内容。)、
すべてテープに録音してあります。
・・・詳細、嘆願書

231 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/20(日) 21:00:11
>>224
なるほど。それもありそう。

>>229
そういえば、資本主義がグローバル化した現在は暗いかも。

知識社会と資本主義の関係はどうなるのやら(乞うご期待?)…

232 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/20(日) 21:02:13
>>225
>俺はかえってこの「違い」に可能性があるのではないかとも。
>伝言ゲーム的なショウモナイ「違い」も含めてね。

同感。多元社会はもはや現実で、違うまま調和させる方法を見つけることが
急務なのだと思う。

>にわ。それを受け止める「場」みたいのが〜〜うんたらかんたら
>っと考えたりすっけど。

前スレの流れを引き継ぐなら組織が「場」ということになるのかな。

>>228
怒りと慈悲で半々くらいかもねw

233 :堕落論者:2005/11/20(日) 21:29:02
>そういえば、資本主義がグローバル化した現在は暗いかも。
んなこと言ってると、「隷属への道 = 第三の道」に引き込まれますぞw
「隷属への道」の西山千明の序文でもいいから読んでみれ。

今日、日高義樹の番組で「国連」を取り扱っていたが、
まあ、とんでもなくひどい組織だねw国連て

・賄賂、セクハラ、等々は日常茶飯事。
 Gさんの信奉するアナン事務総長でさえ、
 イラクから賄賂をもらっていた。
 発覚してもアナンは辞めてない。
 日高義樹は「腐りきっている」と言っていたw

・国連を監査する機関がないから、やりたい放題。金使い放題。

・日本が19%、米国が22%、あわせて41%もの負担金を出している。
 中国なんかわずか2%。日本は20%も金を出しているのに常任理事国になれない。

・テロ・核拡散といった新しい問題に右往左往するばかりで何も決まらない。

こんなに役立たずで腐りきった組織を崇拝している誰かさんの気が知れんw

つか、はやいとこ質問に答えてくれんかなーw

234 :名無しさん@あたっかー:2005/11/21(月) 04:18:03
>>229
全く明るい雰囲気だとおもう。

つか
どっから探してきたんだw

235 :名無しさん@あたっかー:2005/11/21(月) 04:20:32
>「場」
たとえば曼荼羅とかな。あんなん完璧だから俺もあれがいいかな〜っとか
おもってたん。

ただな、新しいものを生むってーだと、
こうゆー「完璧」なのは「鬼門」のよーな気がするんだよな〜昔からさ。

236 :名無しさん@あたっかー:2005/11/21(月) 04:29:06
>怒りと慈悲で半々くらいかもねw

正確に言えばコインの裏と表だ


237 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/21(月) 05:54:47
>>232 前スレの流れを引き継ぐなら組織が「場」ということになるのかな。

クールさん、私はそう思っています。

>>235 たとえば曼荼羅とかな。あんなん完璧だから俺もあれがいいかな〜っとかおもってたん。

私もそれを考えていました。
曼荼羅の中央、中台八葉院に大日如来様が座していらっしゃいます。
私は恐れ多くもその下に敷かれている座布団になりたいのです。

238 :名無しさん@あたっかー:2005/11/21(月) 12:06:37
>>237
ただ曼荼羅は「結果」をだしていない。

239 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/21(月) 17:22:30
そうですね。ものの見方、説明の仕方止まりです。

240 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/21(月) 17:26:39
>>234 どっから探してきたんだw

「いちばん暗いのは夜明け前」でググりました。

241 :堕落論者:2005/11/21(月) 22:32:05
Gさんは最終的に一番卑劣な「無視」という選択を採ったかw

「実践者」を名乗っておきながら、「HOW」つまりは「どのようにすべきか」を、
そしてそこから派生的に問われる「なぜそれを選択すべきか」を一切語らず、
拒否するという態度は、「怠慢」以外の何物でもない。
また、一切語らない上に「コミュニケーション拒否」をすることは、
「実践」の根幹を排除していることになる。
このような態度は、「実践者」を語るに値しないどころか、他の「実践者」を
冒涜するものである。
(言っとくけど、俺が無視されてから怒って言ってるんじゃないよ。
 Gさんの場合、誰に対してもこういう態度だからねw)

学生や院生ならまだしも、32年も教授職をやってきた人間が、
このような「怠慢」および「コミュニケーションの拒否」をすることは、
もはや「犯罪的行為」と言ってよい。


242 :堕落論者:2005/11/21(月) 22:34:33
Gさんの提唱した「ミーム・マネジメント」いついて。

以前に、リッチー(失礼w)、スーザン・ブラックモア氏自身が、
編著で「ミームの派生・伝染していくプロセスは、まだわかっていない」
つまり、専門家自身が「ミームってよくワカラン」と言っているのに、
なぜ「ミーム・マネジメント」なぞという理論が提唱できるのか?
とGさんに問うたら、その返答は「ミームという概念に論理性があれば、
ミーム・マネジメントにも論理性がある」とかいうものだった。

とてもじゃないが、教授たる地位にある人間の発言とは思えなかったw

俺の批判以来、ミームの「ミ」の字も出さなくなった。
そして、忘れた頃にまた出してきた。
一体、何なんだろうねwこの人はw

243 :堕落論者:2005/11/21(月) 22:43:17
「実践者」なのに、一切フィールドワークをせず、
マンハイム・ギデンズ・ベラー等々のせいぜい4〜5人の文献のみで
「実践的組織論」やら「ミーム・マネジメント」やらを語れ、
ましてそういう人が教授を名乗れ、んでもって金をもらえるんだから、
こんな楽な職業ってないよねーw

244 :名無しさん@あたっかー:2005/11/22(火) 01:34:48
>>239
だな。でも、それにとどまらず
「もう一歩先」も見えてるんだろ?その成果は?
>>240
いや。特に知りたくて聞いたわけじゃない。
別に知りたくなくてもまるでたずねているかのように見える場合は
世の中結構おおい。

245 :名無しさん@あたっかー:2005/11/22(火) 01:35:51
>リッチー(失礼w)、スーザン・ブラックモア
どーもヘビーメタルはなあ。ありゃまるでスポーツだよ。

246 :名無しさん@あたっかー:2005/11/22(火) 01:36:28
なお、
スポーツマンに対する俺の評価は最低だ。

247 :名無しさん@あたっかー:2005/11/22(火) 01:39:15
論理性ねえ

一言で言えば
「ウソも本当に見せる魔法の言霊」かね〜。
まあ誠実な奴が使え。オイラはいーかげんだから使わない。

248 :名無しさん@あたっかー:2005/11/22(火) 01:43:29
あ、ヤバイ
誠実な奴が使った場合のほーが
もしものときヤバイんだった

249 :名無しさん@あたっかー:2005/11/22(火) 01:49:35
中葉の無視はたしかにカチンと来る罠w
なぜかね〜?他の奴よりも頭くるなあ

250 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/22(火) 20:19:03
>>233
ハイエクの著書に直接触れたことはないが、彼の主張はいくらか分かる。
くしくも、市場では個人が各自の知識に基づいて行動し、それが価格に
よって調整される(知識の違う人が調和する!)と言ったんだよね。

商品、モノの取引という行為も知的になってきた、あるいは真に知的な
行為に比べて重要性を失ってきたというのが今の状況だろうか…

「序文」は図書館かどこかで読んでみよっと。

251 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/22(火) 20:24:57
>>235
>ただな、新しいものを生むってーだと、
>こうゆー「完璧」なのは「鬼門」のよーな気がするんだよな〜昔からさ。

存在したことのないものを生み出そうと執念を燃やす人は必ずいる。

潜在的な必要を探し、満たすのでなければならないと思う。美しくても
不要な働きであれば病んでくる。

>>236
楽しいジャマイカw

>>246
>スポーツマンに対する俺の評価は最低だ。

軽薄だと思うってこと?

252 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/22(火) 20:28:20
>>237
仕事の環境、仕事の方法が日々変化する。同じポストでも務める時期が
違えばそこで身につく知識や技能も違う。あるいは、ポストそのものが
誕生したり、消滅する。上級の管理職ほど現場に疎くなってしまう。

このような状況下で上下関係が横の関係に、指揮命令がある種の連携に
近づくことがあるかも。

組織内に流通する情報やデータの増大にも同様の効果があると思う。

253 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/22(火) 21:16:30
自律分散、ホロニック、ユビキタス型の複雑組織では、ミームによる柔軟なマネジメントが必要であり、有効であると思う。

254 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/22(火) 21:19:55
複雑組織の事例
http://nvc.halsnet.com/jhattori/green-net/NHK/index2.htm
から
第1回:国家を超える市民パワー 
第2回:情報革命が組織を変える  
第3回:’知’は誰のものか?  
第5回:日本・未来社会への挑戦
を検索すると面白い。

255 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/22(火) 21:30:59
教えて君は、講義録をご覧下さい。

例えば:
同時多発テロ後の社会構築12
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1129454840/-100

3 :1:2005/10/16(日) 18:29:59 ID:IE0Gt5q4
【参考サイト】
■MEGA-NET 社会づくりのためのプラットフォーム http://www.mega-net.org/
       情報社会の組織計画論 第1部 http://www.mega-net.org/plan1.htm
                  第2部 http://www.mega-net.org/plan2.htm
                  第3部 http://www.mega-net.org/plan3.htm
をじっくり読み込むのが良いと思う。

256 :堕落論者:2005/11/22(火) 22:08:23
>Gさん

・NHKの番組はもう飽きたし、第一、Gさんの言葉〈論)じゃなく他人の言葉〈論)。

・「同時多発テロ後の社会構築12」スレじゃ、ここ以上に相手にされてないだろw

・ 以前にGさんのパッチワーク論文wを隅から隅まで読んだが、>185の質問と
 「何故それを選択すべきか」は書かれていない。否、書かれているが、自由主義はダメ、
 共産主義もダメ、だから第三の道あるいは計画社会論が良い、と言っているだけで、
 何の説得力も論理性も無いし、「何故それを選択すべきか」の答えになってない。

・論文紹介のみに終始するなら、わざわざ2ちゃんでスレを立てる必要は無い。

で、恐らく英語の論文やサイトを貼り付けて、「ホラ、ちゃんと説明しましたよ。」
「英語ができないのは、あなたの責任であって、私の責任ではありません」と言って逃げるのが
毎度毎度のパターンw


わかっちゃいるけど止められない、Gさん叩きw
やはり「Gさんは堕落論者のアヘン」だなw


257 :堕落論者:2005/11/22(火) 22:18:38
>本アポ

>どーもヘビーメタルはなあ。ありゃまるでスポーツだよ。
いや、宗教w つか麻薬。
今のラウド系、デス系は嫌い。
80年後期〜90年代のHMは好き。
HMじゃないが、最強はZEP。

258 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/23(水) 05:01:43
> わかっちゃいるけど止められない、Gさん叩きw
> やはり「Gさんは堕落論者のアヘン」だなw

たまにはまともなこと言うね!

259 :自殺促す仕事に関与した私の懺悔:2005/11/23(水) 08:52:34
私と同じ若者へ言っておきたいことがあります。
それは探偵にはならない方が良いということです。
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
そして官僚の方に以下の事実を認識して頂きたい。
そして国民の一人ひとりが真に安心に暮らせる社会を創って頂きたい。
もちろん探偵さんじゃなければ出来ない素晴らしい仕事はあります。
でも最近は愚かな経営者の利益優先の経営方針により自分の全く知らない
老若男女を不幸にする(自殺するよう働きかける、不治の精神疾患を煩わせる
など)仕事を多数行っています。ちなみに経営者がヤクザだと言うことは
探偵業界ではよくある話です。

お時間があるのなら目を通してみて下さい。
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/recruit/1132661755/150

※コピペ御願いします。この事実を多くの人に認識して頂きたい。



260 :堕落論者:2005/11/23(水) 14:47:13
考えてもみて欲しい。
「この商品は良い商品(論)ですから買ってください」と言うのみで、
「他の商品(論)と比べて、どこがどう良いのか」
「なぜそれを買うべきなのか」を一切説明しない営業マンから
あなたはその商品(論)を買うだろうか?
ましてや、その商品は数年前からなバージョンUPしていないどころか、
客がその商品について質問しても、一切受け付けないのである。

で、
「この商品の良さがわからない客は馬鹿だ!(=燕雀安くんぞ・・・)」
「この商品には、なんら欠陥は無い!」
といった、いかにも前世代の典型的無能な技術者思考なんだから、
売れるはずがないw

261 :堕落論者:2005/11/23(水) 14:48:04
>たまにはまともなこと言うね!
いやー、Gさんほどじゃないですよw

262 :名無しさん@あたっかー:2005/11/23(水) 20:26:12
>>250
なんだかんだいって金が一番まともな「共通語」じゃね?
>>251
>存在したことのないものを生み出そうと
真の「空」からーなにも生まれんよ。だってそれが究極だ。
なのに何故、例えば「玉虫厨子」とか出来たのか?って方の矛盾(我ながら)に興味ある

>楽しいジャマイカw
ああ、楽しいよ。楽しくなきゃ〜ダメだよねえ


263 :名無しさん@あたっかー:2005/11/23(水) 20:29:32
>>257
>いや、宗教w つか麻薬。
のフリをしている分、スポーツよりは若干マシか。スポーツはマジだからなw
なんにせよまあ同じ種族だ

が、
>軽薄だと思うってこと?
の返答。軽薄とは思ってない。

264 :名無しさん@あたっかー:2005/11/23(水) 20:31:09
>>258
前からチョロチョロいってるじゃん。よーみとれよ。

>「この商品には、なんら欠陥は無い!」
そう押し通す売り方も有効だ。

265 :名無しさん@あたっかー:2005/11/23(水) 20:40:17
まあ論理的なんたらはオイラは音楽のほーでウンザリだから
したいやつがガンバレ。

一つの技を極めることは、多種多様の技を中途半端にこなすことと










同じくらい尊いw

266 :名無しさん@あたっかー:2005/11/23(水) 20:44:19
もっと尊いのは何も知らんことだ

267 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/26(土) 18:36:39
>>254
第2回しか見ていなかったので、他の回も見ることにした。
いずれもなかなか興味深かった。

<ちょっと内容紹介>

第1回はNGO の活動を紹介したもので、特徴的なのはグローバリズムを
背景とする企業のエゴと投機マネーを規制しようと働きかけている点だ。

感想は、心意気はよいとして、市民活動はあまり政治的になって欲しく
ないと思った(機能しなくなるだろうから)。

第3回は著作権の問題を取り上げている。コンピューターの進歩と
インターネットの発達に伴い、違法コピーの問題が生じてきた。
逆に、著作権そのものを公共財の占有として問題視する見方もある。

さまざまな立場・主張があり、動揺している。どこへ落ち着くのだろう?

第5回は総集編のような構成による問いかけ、視聴者から番組に寄せられた
意見の紹介といった内容だった。

268 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/26(土) 18:43:30
>>262
レッツ、楽しく行こうw

>なんだかんだいって金が一番まともな「共通語」じゃね?

取引を会話になぞらえると、価格はあたかも言葉のようだ。
お金は仕組の中を流れ、かつ仕組と一体のものである点で血液のようだ。

ところで。
言葉は組み合わせによって複雑なことを表現できるが、価格は常に「円」だ。
収支は確かめられるが、仕組はなかなか見えない。

お金には力があるが、単純さや断片という性質もある。
だから、その力は緻密なもの、壮大なもの、深遠なものに及ばない。
会社は買収できるが、手に入れた後の運営は失敗しやすい。

表面的で、十分に見極めないがさつさ、ひねりや味のないところに
お金の限界があると思うよ。

>真の「空」からーなにも生まれんよ。だってそれが究極だ。
>なのに何故、例えば「玉虫厨子」とか出来たのか?って方の矛盾(我ながら)に興味ある

創造は、模倣との比較で言えば「空」から出るに等しいが、実際は
ヒントがあると見るべきだろう。意外なものに結合し、応用するから新しい。

269 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/11/26(土) 18:48:33
>>263
戦いは形式化するとつまらない(スポーツもそうだ)。車輪の中で走る
ネズミはなにが楽しいのだろうw

形のないこと、結果の予想もつかない冒険は賭けだが、面白い。

>>265
推論は正しくても、資料の見落としが妙な答えに導く。論理は夢のある
デタラメ(=ビジョン)を生むか直観をもっともらしく聞かせるために
使えばいいと思う。

行動にきっかけを与えれば、論理の役目は終わり。

270 :名無しさん@あたっかー:2005/11/26(土) 23:13:08
宙さん孫に
人を信じろ!
他人を信じたらいかん!
教えてるのはドッチ?

271 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/27(日) 00:26:09
人を信じろ。
しかし人は万能ではなく不完全な存在である。
これは残念ながら私もお前も同じだ。

できると思って約束してもできないこともある。
あるいは騙す心算がなくても、意志が弱いために、ついつい裏切ることもある。
だから騙されないように注意せよ。

あれかこれかという単純な教え方はしない。

これから世の中はますます複雑になる一方だからなあ!

272 :名無しさん@あたっかー:2005/11/27(日) 04:22:45
そりゃ人なんか信じてなんぼのもんじゃねーか

でもよ
>あれかこれかという単純な教え方はしない。
どいつもこいつも「決めて」ほしーんだよ。
知ってるんだろうがこの欲望の強さをよ?だから、パンと奇跡となんたらの3つだ。

>>268-269
あとでね

273 :名無しさん@あたっかー:2005/11/27(日) 04:25:37
詳しくは大審議官ヨメ

274 :名無しさん@あたっかー:2005/11/27(日) 04:27:08
大審問官だった。
まあ、だれもよまんだろうがw

275 :名無しさん@あたっかー:2005/11/30(水) 12:00:23
>言葉は組み合わせによって複雑なことを表現できるが、
だから惑わすんだよな。正解は常にシンプルイズベストだ。

>収支は確かめられるが、仕組はなかなか見えない。
すこしはマシになるように国全体で会計基準変更の祭りがあったが、
まあどんなんだろうね?たいしてかわらんがな。

金の悪いところは、何でも手に入るって錯覚しちまうことだべな。

>表面的で、十分に見極めないがさつさ、ひねりや味のないところに
>お金の限界があると思うよ。

まるでアメリカそのものだなw。まあ今んとこ世界最強で、
他はそれ以下だ。

276 :名無しさん@あたっかー:2005/12/01(木) 22:14:29
4つか5つか知らないが父親が
子供と遊んでいて、暖炉の上に乗せ
さあおいでとニコニコしながら手を差し伸べる
子供は無邪気に飛びこむと父親はぱっと手を引き
子供は床にゴッチンコ、子供の火のついたように
泣き叫ぶ声を聞きつけた母親は、まあ悪いパパねとニコニコ笑って
たとえ肉親でも信じちゃいけないよと身体に叩き込む。
こういう通過儀礼をここぞの万村購入者が子供の頃に受けてたら、、、

277 :名無しさん@あたっかー:2005/12/01(木) 23:12:03
ほんとに子供を持ったことのある人間の意見じゃないな。

278 :堕落論者:2005/12/02(金) 00:16:38
Gさんのユートピア論や>>271の孫に対する命令口調を見ていると、
ある人物の言動とそっくりなことに気付く。


『我々は独自の世界を建設している。新しい理想郷を建設するのである。
 従って、伝統的な形を取る学校も病院も入らない。貨幣も入らない。
 例え親であっても社会の毒と思ったら微笑んで殺せ。
 今住んでいるのは新しい故郷なのである。
 我々はこれより過去を切り捨てる。
 泣いてはいけない。泣くのは今の生活を嫌がっているからだ。
 笑ってはいけない。笑うのは昔の生活を懐かしんでいるからだ。』

                           BY ポルポト

279 :名無しさん@あたっかー:2005/12/02(金) 14:13:48
とはいっても
命令口調を嫌うことやユートピアを信じるのを嫌がるのも

まああれだな。ろくでもない。

280 :名無しさん@あたっかー:2005/12/02(金) 14:15:48
どっちでもいい

281 :名無しさん@あたっかー:2005/12/02(金) 18:19:01
>277
樽むーどを知ラネーな。

282 :名無しさん@あたっかー:2005/12/02(金) 18:26:58
>281 ユダヤの教えにあるってか?

283 :名無しさん@あたっかー:2005/12/02(金) 18:35:27
>282
教え以前の家庭教育じゃん

284 :名無しさん@あたっかー:2005/12/02(金) 18:53:19
○幼児虐待
×家庭教育

285 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/03(土) 06:02:09
談論風発!
お蔭で好い雰囲気になってきました。この調子で行きましょう。

286 :堕落論者:2005/12/03(土) 21:39:06
哀れだな・・・哀れすぎて涙が出てくるよ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

もう、言い返す勇気もエネルギーも残っていないなんて・・・

誰とも会話しようとせず、ただただ空虚な「計画社会論」なるものを

ぶつぶつと独り言のように繰り返すのみ・・・。

そんな人間に教えられる子供もたまったもんじゃないな。

どんなに歳をとろうとも、若い頃と変わらぬ勇気と好奇心だけは持ち合わせていたい。




哀れ、哀れ、ただ哀れ、そしてまた哀れ・・・・





287 :名無しさん@あたっかー:2005/12/03(土) 22:17:30
>284
性善なる語彙無認定

288 :SAYAKA ◆Beauty/ygs :2005/12/03(土) 22:22:09
>>皆さ〜ん、お元気にしてまつか?

もう2chは最近はほとんどこれないのでリアル経営者による
コミュなんとか頑張って作りましたw
経営と恋愛を絡ませているので、半年後までには出来るだけ
一般の女性もゆくゆくは参加できるようにしていきたいと思います (;^_^A アセアセ・・・
約50の板があるから暇な人は遊びに来てね ('-'*)ウフフ

但しmsnのフリーアドでしか参加出来ません。
ヤフーもgooも携帯アドも不可です (=゚ω゚)ノ
http://groups.msn.com/HappyFate

Yタソ いつもメッセンジャーで何ウロウロしてんだ〜?w
中歯先生もそれ以外w全員も皆、退屈しのぎに
覗いてくらさい ('-'*)ウフフ

289 :Y:2005/12/03(土) 22:55:19
ギクッ。>>288

>> 中葉先生。多忙になって、ここと「同時多発テロ、、」はずっとROMってます。
またきます。

290 :堕落論者:2005/12/03(土) 23:01:45
先日、帰宅途中の駅前で一人の老人に出会った。

老人は、ミカン箱大の箱を手に持っていた。
箱の横には「実践的組織論」と書かれてあった。

その老人は私に「500円で買ってくれ!」と言ってきた。
私が「いらないよ!そんなもの!」と言うと、
老人は「お兄さん、使えますよ、これは。非常に実践的!これからユビキタス社会が訪れますから、買っても損は無いですよ!」としつこく売りつけてきた
私は老人の押しの強さに負け、その箱を買ってしまった。
手渡された時、その箱が妙に軽いのが気に掛かった。

家に帰って、その箱を開けてみた。
何も無い空っぽであった。
途端に私は「騙された!くそ、あの老人め!」と叫んだ。
私は頭にきて、その箱をドアに向かって投げつけた。
すると箱の中から一枚のB4サイズのシールがハラハラと落ちてきた。
見てみると、黒字で大きく「マンハイムの計画社会論」と書かれていた。
それ以外には何も書かれていなかった。

私は、そのシールをベリベリとめくってみた。
すると、下から出てきたのはなんと「ソビエトの国旗とスターリンの胸像画」
であった。
「いまだに共産主義を信奉する人間がいるのだな。」と妙に感心しながら、
そのシールをゴミ箱に捨てた。


私は、老人から500円を取り返そうと駅前に戻った。



来週に続く

291 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/04(日) 06:22:54
SAYAKAさん、名付け親だから時々回診してくださいよ。

かく言う私も、おかげさまで実務が多忙になったので虚務はセーブせざるを得なくなりました。

292 :名無しさん@あたっかー:2005/12/04(日) 08:56:29
きょ、虚務ってなんだよ〜。

293 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/04(日) 09:22:44
虚務とは実務の反対の言葉で、

横に「実践的組織論」と書かれた箱の中に入っていた本を書くような業務のことを指して私が急遽作った造語です。(笑)

294 :名無しさん@あたっかー:2005/12/04(日) 21:51:53
だ、だから2CHの大学教授宙さんの
ボラやらPKOみたいなのみんな虚無?
八丈島のキョンかよ〜。

295 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/12/04(日) 21:59:09
再び>>233

「隷属への道」の序文を読んだ。ついでにwハイエク自身による序論も
読んでおいた。

ハイエクが、人は社会に理想を求めるがゆえに共産主義や
ファシズムのような体制を作り、その支配に隷属すること、そのような
プロセスがあることを見抜いて注意を呼びかけたことはなんとなく
伝わった。

政治によって理想の社会を実現しようとする試みはすべて失敗している。

政治には携わる人や機関の人間的・非合理的な側面、手続きの
煩わしさなど、やむを得ない無能がある。市場でできることは
市場に任せる方が優れている。

ところで、人にはもともと建設する意欲が備わっているのかもしれない。
であれば、理想の社会は追求し続けられるはずだ。共産主義や
ファシズムは飛ぼうとしたから経験した墜落だったとも考えられる。

ハイエクの生きた時代には隷属を避けることが先決だったかもしれない。
今はどうなのか分からないが、懲りずに飛ぶ方法を探ってみるのも
面白いと思う。民営化やNGO に政治以外の可能性も出てきたし。

296 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/12/04(日) 22:00:59
一.
>>273
そういえば、ナナシさんは前スレにも荒野のキリストの言葉を
書いていたが、ドストエフスキーのせいだったとは気付かなかった。
ドストエフスキーはいくつか読んだことがあるが、「カラマーゾフ」は
読んでいなかった。

が、ネット上に「大審問官」を発見した。

『「大審問官」を読もう!』
ttp://www013.upp.so-net.ne.jp/hongirai-san/pro-t.html

というわけで、読んでみた。

<まずは内容の要約>

カラマーゾフ兄弟の次男イワンが弟アリョーシャに聞かせる自作の
詩劇に大審問官が登場する。彼は僧正であり、教会の裁判官だ。
しかし、民を治めるにはキリストの教えを逆で行くことが大切だと
実感し、実践している。

(これがナナシさんの言う「逆張りの宗教性」なのか?)

297 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/12/04(日) 22:02:42
二.
大審問官はキリストが悪魔に答えて言った3つの言葉に不満で、次のように
批判する。

1.「人はパンだけで生きるのではない。」への批判

キリストは糧による報いに拘束されないように説いた(なるほど石をパンに
変えるとは精神・資質を収入に結びつけることを指しているかもしれない)。
しかし、人は自由を不安に感じ、自由を嫌う(確かに依存したがる
人、判断を放棄して盲従したがる人は多い)。

2.「神を試みてはならない。」 への批判

キリストは神殿の屋根から飛び降りず、奇跡を行ってみせなかった。
しかし、人が求めるのは神ではなく、奇跡の方だ(確かに動物を神と崇めた
古代人のように目に見える効用をありがたがる人は多い)。

3.「神だけに仕えよ。」への批判

キリストは悪魔に仕えることを拒否したため、地上の
王国を手に入れなかった。しかし、人は地上で支配されることを望んで
いる(確かに服従して保護されたがる人は多い)。

大審問官は、人間はキリストが考えていたよりも弱く、卑しく、意気地
なしなので、自分たちはキリストの事業を訂正したという。人にパンを
与え、悪魔と組んで奇跡と神秘(虚構)と権力によって地上を
支配しているという。秘密を持つこと、偽ることに苦悩しつつ
人々を統率するのだという。それが民のためだという。

298 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/12/04(日) 22:04:17
三.
<「大審問官」に対する見解>

・・・いや、後日にしよう。こちらも来週に続くw

>>275
企業の中間決算に減損会計の影響が出てきたね。3月期は以前から
注目されているが、どのくらいインパクトがあるのかなー。

299 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/05(月) 10:55:58
>>285 談論風発! お蔭で好い雰囲気になってきました。この調子で行きましょう。

クールさんのお蔭で好い雰囲気、好い調子で進んでいます。ご同慶のいたりです。
特にキリスト教の本質への接近を歓迎します。
というのは、今、山之内 靖「マックス・ヴェーバー入門」と必死になって取組んでいるからです。

そのpp.93-94「営利機械としての人間」に曰く。
 “それにつづいてヴェーバーは、私に言わせれば決定的なとも言うべき次のような
論を展開してこう言います。
 「人間は委託された財産に対して義務を負っており、整理する僕(しもべ)、
いや、まさしく「営利機械」として財産に奉仕する者とならねばならぬという思想は、
生活の上に冷やかな圧力をもってのしかかっている。」「こうした生活様式は、
その起源について見れば近代資本主義の精神の多数の構成要素と同じく、一つ一つの
根は中世までさかのぼるが、しかし禁欲的プロテスタンティズムにいたって、
はじめて、自己の一貫した倫理的基礎を見出したのである。」
 ここが、私の読み方からすれば、『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』
という著作の最後のドンデン返しの部分に他ならず、その意味で最高のエッセンスと
言うべき部分なのです。これを言いたいがために、ヴェーバーは、
『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を書いたのだというのが、
私の理解です。”

300 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/05(月) 11:02:04
>>299 プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』という著作の最後のドンデン返しの部分

というのは以下の通りです。

“営利(活動)のもっとも自由な地域であるアメリカ合衆国では、営利活動は
宗教的・倫理的な意味を取り去られていて、今では純粋な競争の感情に結び
つく傾向があり、その結果、スポーツの性格をおびることさえ稀ではない。
将来この鉄の檻(非有機的・機械的生産の技術的・経済的条件に結びつけら
れた近代的経済秩序の、あの強力な秩序界)の中に住むものは誰なのか、
そして、この巨大な発展が終わる(おそらく将来、化石化した燃料の最後の
一片が燃えつきる)とき、まったく新しい預言者たちが現われるのか、ある
いは、かつての思想や理想の力強い復活が起こるのか、それとも ――その
どちらでもなくて―― 一種の異常な尊大さで粉飾された機械的化石と化す
ることになるのか、まだ誰にも分からない。それはそれとして、こうした
文化発展の最後に現われる「末人たち(letzte Menschen)」にとっては、
次の言葉が真理となるのではなかろうか。「精神のない専門人、心情の
ない享楽人。この無のもの(ニヒツ)は、人間性のかつて達したことの
ない段階にまですでに登りつめた、と自惚れるだろう」と。―― ”

301 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/05(月) 11:06:28
申しわけない、早速ミスが見つかりました。謹んで訂正します。

>>299 整理する僕(しもべ)
    ↓
   管理する僕(しもべ)

302 :名無しさん@あたっかー:2005/12/05(月) 18:05:02
>>300
さんざん読んだ。
もおこのフレーズは暗誦すらできる

303 :名無しさん@あたっかー:2005/12/05(月) 18:13:29
中葉にいわせてみりゃー「答えだしたべよ?コノヤロー」
だろうが。

「論理的」には、そりゃ正解だなw


304 :名無しさん@あたっかー:2005/12/05(月) 18:23:25
「質問」と「答え」はお似合いの夫婦だろうが、双方に離婚の権利はもたせておかねーとな。

さて
>>268
金ってのは「一物一価」でないとこもまあ不思議といやー不思議だよな。

>>実際はヒントがあると見るべきだろう.
つか真似しねーとなんもできねーべ。ミーメーなんたらとかいうやつ。
んだからヒントはあって当然だろうな。

>ネズミはなにが楽しいのだろうw
もしかしたらウチラの朝起きて夜寝ての繰り返しは、
よそ様からは楽しそうに見えるかもな〜。
とりあえず「それじゃツマラン」と朝寝て夜起きてみるべか??w

>>269




305 :名無しさん@あたっかー:2005/12/05(月) 18:25:39
>行動にきっかけを与えれば、論理の役目は終わり。

そうさ、行動にきっかけをあたえてしまうんだよな。論理ってのはよ。


306 :名無しさん@あたっかー:2005/12/05(月) 18:29:27
>>290
心の棚はできるだけ広く頑丈にしとこーな。
オイラも前言ったことなんか全く責任もたねー。
つっか五分たったら忘れるのが俺の主義(・ω・)

307 :名無しさん@あたっかー:2005/12/05(月) 18:31:51
中葉 ◆Uq4tWGbn2I =論理ならそりゃ正しいんだが
中葉 ◆Uq4tWGbn2I は中葉 ◆Uq4tWGbn2I だべさ?

308 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/05(月) 21:54:30
暗誦は結構。次は実践だ!それにはよく考えないとね。

309 :名無しさん@あたっかー:2005/12/06(火) 14:25:16
>>308
暗誦レベルだっつーの

310 :名無しさん@あたっかー:2005/12/07(水) 04:23:08
>>308
そういやーオマエ、いつになったら「俺の名前」を「暗誦」「できる」
よーになるんかね?

311 :名無しさん@あたっかー:2005/12/08(木) 00:24:47
>310
鶴は掃溜めの住人なんぞ、、

312 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/12/09(金) 20:17:56
>>299-300
『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』は読んだことがある。

社会が資本制に移行したのは一種の大転換で、その原動力の一つは
プロテスタンティズムの倫理だった…これは検証不能だろうが、歴史の
捉え方としてなかなか説得力がある。

>>300 の箇所は倫理の行方を気遣っているね。そして、倫理の喪失はなにを
もたらすのかと、疑問を述べている。

実際に、合理化と欲望の開放、専門化は倫理的な高みに立てなくなった
小さな人間、「末人」を生じたかもしれないw

313 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/12/09(金) 20:20:52
一.
>>296-298 の続き。

<「大審問官」に対する見解>

一点目。
キリストは悪魔の誘惑を退けたと伝えられる。これは実際にあった
出来事に基づく話かもしれない。

教団がキリストに対し、賃金(=パン)で雇おうとした、エルサレムの
神殿(=地上の王国)を与えると請け合った、まやかしの奇跡で民衆を
扇動するように勧めたなどが考えられる。

新約は当時の宗派や教団やローマ帝国の利害、検閲のために多くの
ことを遠回しに表現しているようだ。それで、キリストの
言葉もその場の必要で語られたものが普遍的な教えに変化して
残ったのではないだろうか?

仮に、残された方の言葉が高尚でありすぎるとしても、今の場面に
合うように解釈すれば、無理のない、的確な指針を得られるだろう
(実際にそうしている人も多いと思われる)。

大審問官は(16世紀のセヴィリヤに現れた)キリストに
なにを言うかは(聖書を読んで)知っているからと、黙っていてもらう。
しかし、そうしなかったならば、キリストはさまざまなことを
教条のようにではなく、現実的に語ったのではないか?

それは人間の弱さも、卑しさもカバーできる教えであるに違いない。

314 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/12/09(金) 20:22:49
二.
二点目。
キリストがパンと奇跡と地上の王国を拒否した理由は、たとえば次の教えに
あるかもしれない。

「狭い門からはいりなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこから
 はいって行く者が多いのです。いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者は
 まれです。」(『マタイの福音書』第7章)

パンと奇跡と地上の王国は安易すぎる。甘えであり、怠慢だ。それは人間を
ダメにし、滅ぼす。だから、拒否しなければならない。

大審問官のとった立場は「滅び」を肯定してしまうと思う。

ところで、ドストエフスキーは革命後の社会を想像し、それを
大審問官に語らせたのだろうか(そしてソビエトが辿った運命は…w)。

>>304
>金ってのは「一物一価」でないとこもまあ不思議といやー不思議だよな。

プレミアム?

315 :名無しさん@あたっかー:2005/12/09(金) 21:24:51
>>311
わざわざ「」で括ってるが?

>大審問官のとった立場は「滅び」を肯定してしまうと思う。
だろうな。
但し、殆どの人は人はそんな「滅びにいたる道」に
その一生を食いつぶす。
いまはどこでもソドムでありゴモラだ

中葉がクドクドここでいってるのを叶えられるのは、ほんと一握りさね。

教育は思ったほど効果がないんだよな

316 :名無しさん@あたっかー:2005/12/09(金) 21:25:49
ただまーオモシレーこと始めるのは
だいたいソドムかゴモラだ

317 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/09(金) 23:08:31
いや、もうそろそろ、オモシレーことを日本で始めよう!

318 :名無しさん@あたっかー:2005/12/10(土) 03:01:56
>>317
そーだな。とりあえずやっちまうべ。

319 :名無しさん@あたっかー:2005/12/10(土) 07:24:25
>>297
このまとめ方は良い。
()がなけりゃーもっと良い。

320 :名無しさん@あたっかー:2005/12/10(土) 07:32:33
あとは別に皆に勧めるようなもんはないなオイラ。
般若心経くらいだな。

読みものなんざすきなよーによみゃーいいべよ。

321 :名無しさん@あたっかー:2005/12/10(土) 07:39:14
>プレミアム?

んにゃ?
金つーもんは多言語だなーとなんとなく思っただけだよ。

322 :名無しさん@あたっかー:2005/12/10(土) 12:42:43
みんなおじさんだおー>@音楽
あたいもがんばるおー

>>300
ここの引用は、新マルクス、新ケインズ、レギュラシオン、ラディカル
殆どすべての学派@経済史で肯定してるおー
>この意味わかるかなー、しらないのは幸せ|・∀・)ノ ィョゥ

>>マンハイム
日本で彼の実践をした人達を語ってよ
彼らはマンハイムと同学部同研究室にいたとしても偽者認定みたいなのよ
いろいろ、けんけん((((;゚Д゚)))ガクガクやってるのにぃー
原理主義なのかしらん?、ううん、仏教みたいに原理じゃないの
だからつくりたいのー


323 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/10(土) 22:27:03
>この意味わかるかなー、しらないのは幸せ|・∀・)ノ ィョゥ

必要があったので山之内靖「マックス・ヴェーバー入門」を読んで少し分かった。
大きな宿題をもらっちゃったね。

> 原理主義なのかしらん?、ううん、仏教みたいに原理じゃないの
> だからつくりたいのー

確かに仏教に回帰せざるを得ない気持ちになった。
面白い時代だと思う。

324 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/10(土) 22:51:01
> 日本で彼の実践をした人達を語ってよ

日本で彼の実践をした人達がいるとは知らなかったね。

私はマンハイムの衣鉢を継いだと自称しているJohn Friedmannの
Planning in the Public Domain http://www.pupress.princeton.edu/titles/2594.html
とマンハイムの「自由・権力・民主的計画」の現代版みたいなR・N・ベラーの
「善い社会(みすず書房)」とを読みながら、第三の道の実践を試みているのだが、
日本では私以外に実践している人を知りません。

クリントン、ブレア、シュレーダーたちが実践して、必ずしも成功していないことは前に書きましたね。
>>182-183 を参照して下さい。

325 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/10(土) 22:54:17
ご免、このスレの>>182-183 でなく、
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1129784088/182-183
でした。

326 :住人だおー@同時テロ:2005/12/12(月) 11:27:09
>>182-183
市場主義もがんばるおー>そっちじゃないみたぃ(o ̄∇ ̄)=◯)`ν゜)・;'
>宮台しかないおーΣ(゚д゚)>自由主義左派@戦前も公共主義もないよん
。・゚・(ノД`)・゚・
マンハイム引用なんて珍しくもないのにぃ( ´д)(´д`)(д` )ねー@ハイデンベルク派
>ロンドンで変節したから関係ないもん>記録主義と哲学の否定キター

>>日本で彼の実践をした人達がいるとは知らなかったね。
なにが知らなかったのかしらん??三木タンくらいは知ってる?


ここではアシストだけど、あたいの住民板ではゾーンプレスですぅ(*´ー`)





327 :名無しさん@あたっかー:2005/12/12(月) 17:03:33
またオモシレーのがやってきたなぁw

328 :名無しさん@あたっかー:2005/12/12(月) 18:11:41
つーか、愛の流刑地映画化するってホント!?

329 :名無しさん@あたっかー:2005/12/12(月) 22:29:56
二宮尊徳のような篤農家の評価を排斥したのが
日本社会の劣化の一因と思われ

330 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/12(月) 22:53:47
これから善い社会にしようよ!

R・N・ベラー著「善い社会―道徳的エコロジーの制度論(みすず書房)」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622038420/250-8527563-7172247

331 :名無しさん@あたっかー:2005/12/13(火) 07:35:01
>>330
ソドムとゴモラが焼かれないような善い社会をな

332 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/13(火) 10:08:35
ソドムとゴモラって、http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/Sodoma%20E%20Gomorra.htm
によると、こう書いてあるけど、

“数百年の栄華を誇るソドムとゴモラは、淫乱と悪徳の都であった。”
この都のことですか?
http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/Sodoma%20E%20Gomorra.htm

これでは救いがあるわけないですよ。天は自ら助くるものを助く。

333 :名無しさん@あたっかー:2005/12/13(火) 16:53:06
>>332
ならオマエのいう善い社会は善い社会じゃないんだろうな。

334 :名無しさん@あたっかー:2005/12/13(火) 17:06:17
>>332
オマエ神気取りで焼くの?

335 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/13(火) 18:55:17
そうかもね

336 :名無しさん@あたっかー:2005/12/13(火) 19:17:06
>>335
じゃオマエがまず神にならんとな

337 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/14(水) 01:11:23
人間が気楽でいい

338 :名無しさん@あたっかー:2005/12/14(水) 03:13:21
>>337
なり方は、ほれ。
>>274

339 :名無しさん@あたっかー:2005/12/14(水) 03:17:16
どっしよーもないソドムとゴモラは存在してはならんのだろ?

じゃ潰してみいよ。

340 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/14(水) 19:33:18
人類が生き残っている間は、潰れないよ。
無理しなくても良いんじゃないかと思うよ。

341 :名無しさん@あたっかー:2005/12/14(水) 19:48:14
仲良くゴーなのですぅー(〃▽〃)>ちょっ、私の誰も食べてないおー ヽ(`Д´)ノ
>さびき不足キタ(゚▽゚*)かもー>釣りしてるのぉo(`ω´*)o??
>真摯な釣りは漁業なのですぅ、アハ


>>二宮尊徳のような
「我れ日本の四農を選ぶ、曰く、安藤昌益、曰く佐藤信淵、曰く二宮尊徳、曰く田中正造」
〜江渡狄嶺〜百姓の実践哲学(大島康正)

>>知識社会論と制度
知識社会にあっては、情報交通論なるものがもっとも重要なのであって
それは階層〜@旧みんすとうの制度諮問委員会@昭和塾@昭和研究会>三木タンは三木清ですぅ


   (`     
  '´  ̄ ヽ  
  |!|((从))〉 みんなツンデレですぅ           
  '(||"∀"リ でも愛は負けないおー♪  

342 :名無しさん@あたっかー:2005/12/15(木) 06:43:49
>>340
だよな。でもなんとかしたいんだろ?

343 :名無しさん@あたっかー:2005/12/15(木) 08:07:41
おれはクソどもが集う吹き溜まりがあってこそ

だと思うが。

344 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/15(木) 14:32:12
>>342

いや、はたから何とかしようとしてもダメだと思うよ。

本人達がそう思わないと動かない。
だから、はたからそう思わせるなんて、きちがいか、アホの沙汰だ!

345 :名無しさん@あたっかー:2005/12/15(木) 15:20:26
>>344
おもうわけねーじゃん。んなことしってんだろ?

346 :名無しさん@あたっかー:2005/12/15(木) 15:21:40
そしてさ
オマエや俺が「そう思わない」本人どもの仲間入りしてるかもしんねーぜ?

347 :名無しさん@あたっかー:2005/12/15(木) 16:52:54
淫乱と悪徳の都って、なんかいいような
ゴッドは妬む神だから人類が楽しみ幸せになるのが許せない。

348 :名無しさん@あたっかー:2005/12/15(木) 16:57:49
>>344
キチガイとアホの沙汰がこの世をここまで変えつづけてきたんだろ?
んで
オマエはきちがいやアホになるのがそんなにイヤか?
んなーことないべよ。

>本人達がそう思わないと動かない。
いやできるだべさ。結果が全てなら
>>274
ほれ。

349 :名無しさん@あたっかー:2005/12/15(木) 16:59:30
つぶせねーのを知ってて悪口言うしか手が無いなら、
そこいらのおばさんとかわりねーべよ。

350 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/15(木) 20:00:36
だからあ、仲間と遊んでいるだけだよ!

それ以上でも以下でもない。それがおばさんとかわりあるところかな?

351 :名無しさん@あたっかー:2005/12/16(金) 18:13:36
>>350
かわりねーじゃん。


352 :名無しさん@あたっかー:2005/12/16(金) 18:52:19
先ず第一に
おばさんだろがーオマエラだろーが
同じ人間だろ?

353 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/17(土) 06:22:18
そうだよね。その考えが自由民主主義&資本主義の出発点であり、到達点だ。

354 :名無しさん@あたっかー:2005/12/17(土) 17:05:30
>出発点であり、到達点だ。
そーだな。地球は丸いからどんどん西へいっても最後にはもとの場所に
戻る。

まあオマエラはオマエラ流のやり方しかできんし、
俺は俺流のやり方しかできん。

355 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/12/17(土) 20:54:09
>>320
>般若心経くらいだな。

どこかのタイミングで読んでみよう。大審問官は面白かったよ。

>>321
>んにゃ?
>金つーもんは多言語だなーとなんとなく思っただけだよ。

日本は物価が高いw

356 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/12/17(土) 20:56:57
>>322
>>この意味わかるかなー、しらないのは幸せ|・∀・)ノ ィョゥ

なんだろう?人間は自分でコントロールできない変化と混乱の渦に
足を踏み入れてしまい、弄ばれるままだし、二度と安定した状態に戻れない。
まるで、自分の作った文明に溺れているようだ、とか?

>>341
>知識社会にあっては、情報交通論なるものがもっとも重要なのであって
>それは階層〜@旧みんすとうの制度諮問委員会@昭和塾@昭和研究会>三木タンは三木清ですぅ

人と知識、仕事と知識、世界と知識の関係を一挙に処理する魔法が
必要だが、その呪文は誰も知らないwというのが現状だと思う。「情報
交通論」は呪文に近いものだろうか?交通と聞くとインフラのようなものを
想像する。

「階層」はピラミッド型組織を指しているのかな?

357 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/12/17(土) 20:58:50
退廃する人間をどうするか?

言葉で正そうとしても、「馬の耳に念仏」になってしまう。

>>315 のこれも>教育は思ったほど効果がないんだよな
>>344 のこれも>本人達がそう思わないと動かない。
そういう意見だと思う。

人間を直すのは無理だから、それを実行するのは馬鹿げている。
ところで、環境はどのみち変える必要がある。

環境を変えるとき、それによって人間を高められるチャンスがある。
しかし、高められるなど望まないという主張がいつもなされる。

変革を巡る葛藤はたびたび生じてきたと思われる。
変革は万人を豊かにする場合も、成り上がりに利用されるだけの場合もある。

それはそうと、なにか変革が進行中なのだろうか?

358 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/18(日) 06:32:33
>>344 のこれも>本人達がそう思わないと動かない。
そういう意見だと思う。

その通りです。

>>357 それはそうと、なにか変革が進行中なのだろうか?

気付かない程度の微妙な変化が直実に、しかしアットランダムに進んでいます。
あるところで臨界点に達し、怒濤のごとく始まります。今正にその前夜です。

これが非常に怖い。人類はこれのコントロールの準備をしてこなかったからね。見事に!?

アンコントローラブルだ!

最近では、イギリスで、フランスで、中国で、、、、日本は言うまでもなく。

今朝の新聞には、文科省が予算増額要求「スクールガード、不審者情報共有」
と出ている。

笑止



359 :名無しさん@あたっかー:2005/12/20(火) 09:26:08
>>355
そりゃよかったよ。

360 :名無しさん@あたっかー:2005/12/20(火) 09:41:41
>退廃する人間をどうするか?
ゴッホはダメ人間扱いのまま死んだよな。
なにをもって退廃だかだれもわからん。
そこを分かってないやつは多い。そして俺ももちろんわからん。

わからんからワクワクする。
中葉は怖いようだがね。

361 :名無しさん@あたっかー:2005/12/20(火) 09:42:39
まあ中葉はせいぜい仲間内でソドムとゴモラの悪口でもいっとれい

362 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/20(火) 15:58:10
分からないもの、予測できない未来に対する恐怖は、今や蔓延している。

それについて透徹した解説を今井賢一氏がやっているのを発見した。
皆さんの参考にもなると思うので、ちょっと古いが紹介する。

日本が真の「創造的破壊」を行うために−ネットワーク的世界の未来−
http://www.stanford-jc.or.jp/research/news-event/imai/imai030527.html

総回診は忙しいのう♪ 白い巨乳さんよ!

363 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/12/21(水) 19:40:07
一.
>>358,>>362
「アンコントローラブル」は現在起こっていることにもかなりの兆候が
見られ、それが「予測できない未来に対する恐怖」を生み出す。

空き巣、詐欺、偽造カードによる預金の引き出しなど、犯罪が組織的に
行われ、多数の一般市民を無差別に襲うようになった。スパイウェアは
個人のPCから電子決済に使うクレジットカードの情報や暗証番号などを
盗み出す。企業の顧客情報なども何者かによって盗まれる。

犯罪を捜査し、検挙し、制裁する手段や制度の整備が追いつかず、取り
締まりは困難になってきた。

突然変異したエイズウィルスには薬剤耐性があり、「薬の効かない
エイズ」として感染を広げているという。医学と病気の関係は
いたちごっこなのだろうか?

人、動物、食料、飼料の移動は病原体を世界の隅々に運ぶ。
輸入された生物は山野に放され、水辺に放され、やがて生態系が乱れる。
CO2 の増加は温暖化をもたらす。

為替市場で取引される金額の99%以上は貿易を目的とせず、巨額の
資金は投機のために世界を駆け巡る。

テロ、暴動はいつ発生するか分からない。

364 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/12/21(水) 19:41:16
二.
定職に就かない若者、晩婚化と少子化など、国民は制度が
想定しなかった行動を示している。年金や医療保険を払えない人、払わない
(信じない)人も出てきた。社会保険はこれらの変化によっていびつに
なっており、破綻しないと言い切れない。

新しい標語、新しい用語、新しい文化が急速に広まり、忘れられる。
数年前に言われたこと、書かれたものに重要性はない。

あと数年経つと、また思いもよらない状況が生じているだろう。そのときも
数年先のことはやはり分からないだろう。

人間はもはや永久に変化の波を逃れられない。巨大なインパクトが
静かに忍び寄り、突然問題が噴出し、対応は手遅れになる。

人々は歴史も、目的も失い、理由は分からないが、たまたま目の前に広がる
現在に迎合して過ごすだけになるのだろうか?

(今後の可能性にはリンク先の文書のような希望的な面もあると思う)

365 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/12/21(水) 19:43:12
>>360
退廃しているのは、一見成功していたり、繁栄しているような人々では
ないだろうか?もし、彼らが己を過信したり、思い上がっているならば。

成功した人は慢心によって失敗しやすい。緊張を保つためには不自由が
存在する方がよい。

退廃は一種の中毒じゃないかな。

366 :名無しさん@あたっかー:2005/12/22(木) 06:58:40
>>365
なんともいえないな。俺はそっち方面は考えるのを諦めてる。

ただよ、中葉なんぞがほざくクソみたいな連中から、
ピョコピョコおもしろいもんは生まれているんだよな。

367 :名無しさん@あたっかー:2005/12/22(木) 07:02:06
未来なんぞ予測するのは神くれーしかできねーだろ。
なのに人間ぶぜいがそんなもん頑張ろうとすっから怖いんだろう。

なるよーになるべさ。
俺は新しいもんがどんどん生まれてくればそれでイイ。
勝手に淘汰されていく。ただ間引かれた連中もひょんなことから、
復活すんだべさ。そんな絵描きは山ほどいるよな。

368 :名無しさん@あたっかー:2005/12/22(木) 07:07:23
マックスなんたらつーんは
「〜つー原因があったから〜になった」って脳みそで凝り固まっているよな。

369 :名無しさん@あたっかー:2005/12/22(木) 07:08:30
銃に詰める弾
間違えるの
怖くてしょうがないんだべな。

370 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/22(木) 14:39:48
まあ、落着け、落着け。

371 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/22(木) 17:19:58
>>362
> 分からないもの、予測できない未来に対する恐怖は、今や蔓延している。
>
> それについて透徹した解説を今井賢一氏がやっているのを発見した。皆さんの参考にもなると思うので、ちょっと古いが紹介する。
>
> 日本が真の「創造的破壊」を行うために−ネットワーク的世界の未来− http://www.stanford-jc.or.jp/research/news-event/imai/imai030527.html

上記今井氏の短い論文の中に以下の啓示的な文章があります。

“その方法としては、マックス・ウエーバーという社会科学の巨匠がすでに手本を示している。社会はわれわれの理論よりずっと面倒なも
のであり、その複雑面倒さに対処するために、マックスウエーバーは
「理念型」という方法論を編み出した。個々の社会の成り立ちを理解するための鍵となる事実が何であり、何が中心的で何が周辺的な事実かを
決定するという接近方法である。マックスウエーバー自身は、
「プロテスタンティズムの精神」に着眼し、その倹約、勤勉、効率の精神が資本主義の成立を理解する鍵だとした。それでは、情報化社会ないし
ネットワーク社会におけるこの「プロテスタンティズムの精神」に相当するものは一体どのようなものであろうか。”

はたと気がついたのですが、この“それでは、情報化社会ないしネットワーク社会におけるこの「プロテスタンティズムの精神」に相当するものは一体どのようなものであろうか。”
という問いに対する答えは、
ヴェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」あるいは姜尚中の「アメリカニズムの倫理と「帝国」の精神」に
習って言えば、「クエーカリズム、または、浄土系宗教の倫理とトヨティズムの精神」ではないかと思うのです。
私はクエーカリズム・浄土系宗教・トヨティズムの三者に長い間魅了されてきたので、その立場で申し上げるのですが、
このコンセプトを深め広めるのが、我々日本人の使命ではないか、と思うのです。多分後5年、上海万博までにはこのコンセプトを固めることができるでしょう。

372 :名無しさん@あたっかー:2005/12/22(木) 21:01:16


373 :堕落論者:2005/12/23(金) 00:48:55
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!

Gさんの毎度毎度の「虚言・妄想癖」 & 「理論のイイトコ取り=パッチワーク」

今度もすごいぞ!
なんせ「クエーカリズム・浄土系宗教・トヨティズム」だそうだw
それが日本人の使命なんだとさw
ヤレヤレw

374 :名無しさん@あたっかー:2005/12/23(金) 16:27:40
>>370
焦ってるようにみえるか?まあ焦ってるのかもしれんが
落ち着いたもんだぜ?前言ったことを繰り返しただけだ。

>クエーカリズム・浄土系宗教・トヨティズム
ふむ。中葉流三位一体かね?
キリスト教どもの各宗教改革のうち一番「商売」に向くのが
クエーカーの連中かなー?とは思ってる。

まあそれはおいといて、
マックスのオッサンじゃー息苦しいわけよ。事実を探るってのは
実は相当大変な作業で、何百年もかかることはざらだ。

場的な「中央」-「半周辺」-「周辺」くらいによりわけるのがせいぜいだ。
もちろん見方によっちゃ「周辺」が「中央」になったりする。

375 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/24(土) 06:02:37
http://coconut.nomori.net/dmarket/blog/peaceforum/article/atc00000002

376 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/24(土) 06:32:47
>>373-374
のおっしゃることはもっともだ。
しかし、世界の最先端は遥かに先を進んでいる。
例えば私が信頼する若い(?)友人は「八百万の神」を仕切る「やおよろずプロジェクト」
で世界をリードして第1期の研究を完成した。
http://www.8mg.jp/index.html
http://www.8mg.jp/outline_goals01.htm
http://www.8mg.jp/outline_member01.htm
http://www.8mg.jp/outline_origin01.htm

その種のメンバーを世界中から集めた万博シンポジウムは
>>374http://www.memeproject.jp/hiki.cgi?NL_No4
http://blog.livedoor.jp/memejapan/archives/2005-06.html
http://www.jtgkn.com/hokoku17/pdf/fc34m.pdf
https://smallbiz.nikkeibp.co.jp/free/RASHINBAN/20050524/106013/
http://blog.livedoor.jp/memejapan/archives/cat_412287.html
などをご覧になると、我々がある狭いサークルでは、関心を集め始めたことが理解していただけるでしょう。

無理にとは言いませんが、2ちゃんねるのような、核心的な人々の集まるプラットフォームでは、
是非ご支援を頂きたいと思って頑張っています。

よろしくお願いします。

377 :名無しさん@あたっかー:2005/12/24(土) 06:44:35
>>376
早起きなんだなあ。

378 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/24(土) 09:31:40
Same as you!

379 :名無しさん@あたっかー:2005/12/24(土) 11:46:46
>>378
いや俺は徹夜

380 :名無しさん@あたっかー:2005/12/24(土) 23:18:13
>>373-374
>のおっしゃることはもっともだ。


こりゃ随分手を抜いたなあw

381 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/25(日) 08:18:54
「しかし」以降をご覧下さい。これから、徐々に持論を展開します。

長丁場になるから、最初から焦らずに、スローペースで進めますから、よろしく。
手は抜きませんよ!

382 :名無しさん@あたっかー:2005/12/25(日) 17:38:09
>>381
>「しかし」以降をご覧下さい。
ああ、問題ないよ。
イッチョいってくれい

383 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/26(月) 09:13:05
> イッチョいってくれい

それでは先ず、
>>376 私が信頼する若い(?)友人は「八百万の神」を仕切る「やおよろずプロジェクト」で世界をリードして第1期の研究を完成した。http://www.8mg.jp/index.html

から、プロジェクトの体制 http://www.8mg.jp/outline_member01.htm#ld
その成果の一例:スローなユビキタスライフ http://www.udit.jp/ud/report/8mg/
http://lists.accessibility.org/nap/msg00785.html
その実践例: 大人の酒場 http://www.north.ad.jp/seniorweb/hana/ssn001tkg/sakaba2.html
をご覧下さい。

384 :名無しさん@あたっかー:2005/12/29(木) 07:53:58
>大人の酒場

実現には金相当かかるよな。
そして一部の奴しか叶えられない望みだ。

385 :名無しさん@あたっかー:2005/12/29(木) 14:18:56
時は金なりだ。
しかしどうしてこんな世の中になっちまったんだろうな。

386 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/29(木) 19:23:27
>>299-300

を読んで下さい。

> どうしてこんな世の中になっちまったんだろうな。

の問いに対する答えの手懸かりが得られると思います。

387 :名無しさん@あたっかー:2005/12/29(木) 21:46:00
>>386
いや?別に問いという訳じゃあない。

388 :名無しさん@あたっかー:2005/12/29(木) 21:49:10
単価あげねーとやってられない商売だな
とは思ってる。

389 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/30(金) 14:14:07
逆に言えば、それだけ価値があると思っているんだろうね。

390 :名無しさん@あたっかー:2005/12/31(土) 11:35:04
価値はお客みんなして決めるもんだ。俺じゃあない。

391 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2006/01/01(日) 10:05:34
そそだよ、

392 :名無しさん@あたっかー:2006/01/01(日) 11:57:27
つか
アケマシテオメデトウ

393 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2006/01/01(日) 14:52:11
そそだよ、

394 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/01/01(日) 14:54:38
明けましておめでとう

395 :名無しさん@あたっかー:2006/01/01(日) 18:06:12


396 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/01/01(日) 22:39:02
トリップ変えたんだよ!

397 :名無しさん@あたっかー:2006/01/02(月) 03:31:04
ああ、心機一転ってやつかい。
イーンジャネーノ?

398 :名無しさん@あたっかー:2006/01/09(月) 03:41:56
あたしはいま泣いていて・・・(;◎;)>アイコンタクトがないから?(・ω・ )モニュ
>ううん、クールさんがやさしくて(*´д`*)>批判っぽいからだおー〆(゚▽゚*)@みなさんのツンデレ
>えぇぇ、場に参加してるもん(´-ω-`)・・>なんで参加するのー?
>原則と基本@マネを超えれるかをみたいのー(゚▽゚")>がんば!!(`・ω・´)

>>356 >>なんだろう?〜
あたしは難しい話はしないおー@神様の領域(・ω・´)、紹介はできるおー
>どうゆうの?>売り上げが高いのでわ「韓国にいたっては『プロテスタンティズム〜』
を利用して政経問題で焦点にならなかった視点から、政経の成果物を批判している」
>電波批評@黄文雄キタ━━ヽ(☆∀☆ )ノ━!!!! >これわぁ改変引用なのですぅ@歴史学会
@ホブズボーム@極端な時代とかだおー

>>「階層」はピラミッド型組織を指しているのかな?
>ううん、単組織間のメッシュ関係を指してたのですぅ>どうゆうの?(;´Д`)>文化諮問で具体的にしたことは
軍、大学、企業、政党@知識人間なんかいぱーいの交流なのですぅ>素敵じゃないの?(゚∀゚)
>生まれたのは、宗教の衰退からリーダーシップの不在へ@田辺学派=経過≠結果ではないおー

   (`     
  '´  ̄ ヽ  
  |!|((从))〉 みんなさんあけおめなのですぅ♪
  '(|| ‘_ ‘リ 時間は世界で最も単化した値なのですぅ〜


399 :名無しさん@あたっかー:2006/01/10(火) 12:18:24
はい。あけおめ。

400 :名無しさん@あたっかー:2006/01/14(土) 02:51:58
名無しさんもやさしくて(*´д`*)

つ「現金の支配」@オール・ファーガソン

401 :名無しさん@あたっかー:2006/01/14(土) 02:57:34


402 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/01/20(金) 11:09:01
総回診が忙しすぎて、書く暇がありません。

しばらく失礼します。

403 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/01/25(水) 08:37:41
総回診も一応目処がつき、統合的インテグレーティブな立場から発言できるようになりました。

その中から、部分的に、ボツボツ発言することとします。

よろしくお願いします。

404 :名無しさん@あたっかー:2006/01/30(月) 21:26:34
ふう〜俺も超忙しい。さて、
その実践例: 大人の酒場 http://www.north.ad.jp/seniorweb/hana/ssn001tkg/sakaba2.html

初めてじゃね?こーゆー具体例出してきたのは?
こーゆーん出してくれたのは非常に良いと思う。
おかげで根本的に相容れないことを再確認できたよ。とはいってもこちとら側とて八方塞。
まあなんか見つかればええべな。オモシレーひともこのスレ気にしてくれてるよーだしよ。

ってよ早速だが
>統合的インテグレーティブな立場
いったいどんな立場だ?意味がわからん。



405 :名無しさん@あたっかー:2006/01/30(月) 21:31:46
>その実践例: 大人の酒場

オイラはこいつでどー儲けるか?しか話す気がないが
粗利たかくするか、
もしくはいかに信者をGETすっかだ。

他は思いつかないな。思いついた人カキコよろ。

406 :名無しさん@あたっかー:2006/01/30(月) 21:37:32
って釣られんなよ?(・∀・)マーシンパイナイカ
っていっても
例え中に釣り針が仕込まれていたとしも
果敢に攻めにゃアカン時もあるべな〜。

407 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/02/07(火) 20:51:13
>>404 >統合的インテグレーティブな立場
> いったいどんな立場だ?意味がわからん。

「統合的」と「インテグレーティブ」とは同じ意味で、
「まとめて一気に面倒見ちゃおうっ」という立場です。

408 :名無しさん@あたっかー:2006/02/08(水) 21:14:50
>>407
「まとめて一気に面倒見ちゃおうっ」という立場です。

最初からそういっておくれ

409 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/02/09(木) 08:22:29
判りやすく言うと権威が保てないと思って!?

410 :名無しさん@あたっかー:2006/02/15(水) 23:05:50
先生キョウイクしゃだと思うんだけど
日本の教育を思うとあの日教組をどう思うの?


411 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/02/21(火) 22:48:53
今はあの頃以上に悪くなっていると思う。

唯一突破口と期待しているのは、

国連持続可能な開発のための教育の10年
(United Nations Decade of Education for Sustainable Development:UNDESD)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/edu_10/10years_gai.html
だが、これもあまり先行きは明るくない。まあ、できるだけ頑張って見るが、
笛吹けど踊らず、いやな時代に入ってしまったもんだと思う。

412 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/02/26(日) 09:54:57
今度の笛では日本人も踊るかもしれない。

http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=6797
に以下のアナウンスがありました。
私は意見を申し上げましたが、皆さんも注目して下さい。

平成18年2月3日
わが国における「国連持続可能な開発のための教育の10年」実施計画案に対する意見の募集について

 「国連持続可能な開発のための教育の10年」関係省庁連絡会議では、わが国における「国連持続可能な開発のための教育の10年」実施計画案に対する国民の皆様のご意見を募集いたします。
 同実施計画案に対してご意見をお持ちの方は、平成18年2月23日(木)までに、電子メール、郵送、FAXのいずれかの方法によりご意見をお寄せ下さい。 1 趣旨
 わが国の「国連持続可能な開発のための教育の10年」実施計画については、関係省庁の緊密な連携を図り、
 総合的かつ効果的な施策の推進を図るため、昨年12月、関係省庁連絡会議を内閣に設置し、政府外の関係者(教育関係者・産業界・NPO・自治体等)との円卓会議等を通じ、
 検討を行ってまいりました。
 同実施計画案に対する国民の皆様のご意見を募集いたします。

2 意見募集の対象
わが国における「国連持続可能な開発のための教育の10年」実施計画案(別添)

3 参考資料
参考1わが国における「国連持続可能な開発のための教育の10年」実施計画案(概要)
参考2国連持続可能な開発のための教育の10年について
参考3国連持続可能な開発のための教育の10年に係る経緯
4 意見提出締切日
2月23日(木)(消印有効)

413 :名無しさん@あたっかー:2006/03/05(日) 14:00:31
さすが粘り強いな。
>>409
保ちたいような商売は儲かる。他はしらん。

414 :名無しさん@あたっかー:2006/03/09(木) 22:11:30
宙さん
日銀の量的緩和を
どう診断されるんでしょうか?

415 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/03/10(金) 19:50:22
私の関心領域ではないので、コメントできません。

416 :名無しさん@あたっかー:2006/03/18(土) 23:55:53
宙さんの一番の関心領域はどこですか?

417 :名無しさん@あたっかー:2006/03/19(日) 07:05:51
>>416
ユビキタス情報社会&清香姉さんの巨乳

418 :名無しさん@あたっかー:2006/03/19(日) 07:59:19
>>416
通販のオナホール

419 :名無しさん@あたっかー:2006/03/19(日) 08:00:55
>>416
熟年離婚

420 ::2006/03/19(日) 08:04:58
>>416
毎日飲める酒の量的緩和

421 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/03/19(日) 22:52:30
私の関心領域はただ一つ。

それは人類を持続可能にすること。つまり滅亡しないようにすること。

国連持続可能な開発のための教育の10年
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/edu_10/10years_gai.html
を参照して下さい。

422 :名無しさん@あたっかー:2006/03/20(月) 04:33:36
つまり不老不死の薬が最大の感心事か

423 :名無しさん@あたっかー:2006/03/21(火) 23:49:50
私の関心領域はただ一つ。
それは人類を持続可能にすること。
つまり滅亡しないようにすること。
なら環境変化因子と思える山峡ムダじゃなく山峡ダムは
どう思われますか?

424 :名無しさん@あたっかー:2006/03/22(水) 23:51:06
私の関心領域はただ一つ。
人類幼形成熟を無視した人間改造論。
そして地域は滅亡しました。

425 :名無しさん@あたっかー:2006/03/24(金) 00:05:41
人類幼形成熟とは
どういう事でしょうか?

426 :名無しさん@あたっかー:2006/03/24(金) 01:28:49
>>425
要は科学的に人の能力は生まれた時の環境に影響を受けるという理論です。
なので、究極的には>>423様と同じ内容なのでしょう。
例えば、同じ親を持っている赤ちゃんであっても、米国で育った場合とアフリカ原地で育った場合とでは
身体的能力が大きく異なるというものです。実証されている研究でもあり、
グーグル先生にでも聞けば詳しい論文・研究機関が出てくるので聞いてみてください。

さて、本題の教育なのですが研究者から上記の科学的見地に立った教育についての提言がでております。
ユネスコの政策的見地とはカスリもしないのですけど。宙さんを気長に待ちましょう。


427 :名無しさん@あたっかー:2006/03/25(土) 05:59:11
>それは人類を持続可能にすること。つまり滅亡しないようにすること。

そりゃ人間ぶぜいが出過ぎた真似だよ。

428 :名無しさん@あたっかー:2006/03/25(土) 10:28:00
デリヘル ヴィーナス で検索すると、過激な・・・

429 :アポロン:2006/03/25(土) 14:43:53
アポロンであ〜る。
下々ども、ひかえおれ!!。

430 :名無しさん@あたっかー:2006/03/29(水) 23:03:43
宙さん連合国機構を
至上の物と評価してるみたいだけど
正しいんだろか。

431 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/03/31(金) 08:27:20
宙さんじゃないよ!中葉さんです。

国連が至上の物だなんて、誰も思っていない。

でも、一つの手懸かりとして、利用できれば使った方が良いんじゃないですか?

アナンの次は誰になるのかな?

今の所、国連よりもユネスコを愛用しています。
誰も相手にしない組織だから、ある範囲では利用価値ありと思います。

432 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/03/31(金) 08:28:09
中さんと呼ばれても結構

433 :名無しさん@あたっかー:2006/04/06(木) 19:06:50
昔、酸素は生き物にとって猛毒だった。
生き物はどれをどうやって克服したか。
少なくとも
誰かに敷かれたレールがあったから、克服できたというわけではなさそうだ。
確実なのは、この世は不確実性の連続だということだけだよな。
可能性が100%で無い限り全て博打だ。

434 :名無しさん@あたっかー:2006/04/06(木) 19:12:30
環境が先か先天性が先かなんか卵が先か〜てなもんだべ。
一ついえることは
>同じ親を持っている赤ちゃんであっても、
>米国で育った場合とアフリカ原地で育った場合とでは
>身体的能力が大きく異なるというものです。

こんな真似を他所様んとこでやったら大犯罪だってーこったな。

435 :名無しさん@あたっかー:2006/04/06(木) 19:15:27
信念さえしっかりしてりゃーいろんな手段つかってっってそれに染まることは無い。
ところで、しっかりってなんだ?

頭で考えたことが手に伝わってコトを起こそうが
手で伝わったことが頭に影響されようが


436 :名無しさん@あたっかー:2006/04/06(木) 19:16:27
大切なのは
観察、結果、そして場

どれも人じゃつくれねー。

437 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/04/07(金) 10:01:46
私の経験では、
「観察、結果、そして場」のすべては人が作るものだ。しかし、並の人では出来ない。

良い結果を得るには、私心を捨てた人にならないとね。

438 :名無しさん@あたっかー:2006/04/07(金) 13:56:21
まーそうともいえる罠。人が作ってるちゃー作ってる。
でも「神の見えざる手」だべよ。

確かに天才つーのは居るな
日本じゃ育つ前に潰されるが


439 :名無しさん@あたっかー:2006/04/07(金) 13:57:39
一番たちわるいのは
一般でよくいう「普通の人」だよな。
最悪。

440 :名無しさん@あたっかー:2006/04/07(金) 14:03:24
オレわ私心を捨てきった人間を見たこと無いんだけどね。

441 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/04/08(土) 00:03:38
そんなのできるわけないし、できたとしても意味ないと思う。

442 :名無しさん@あたっかー:2006/04/10(月) 16:01:16
多少はやるんじゃねーの?

オレは「言ってみただけ」にしておくつもりだ。
言うくらいしかできんとおもうんでな。

443 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/04/12(水) 23:28:27
努力することはとても良い事だ。

444 :名無しさん@あたっかー:2006/04/13(木) 02:31:23
良いと言うより美しい。
結果が出せないときは哀しいもんだ。

445 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/04/21(金) 07:46:49
そこでへこたれるな!立ち直れ!

そうすれば、花も咲く、実も成る。

446 :名無しさん@あたっかー:2006/04/24(月) 15:06:06
>>445
結果が出なくても
へこたれないように「美しい」つっとるんだ。アホウ。

447 :名無しさん@あたっかー:2006/04/26(水) 23:18:38
厨房でガキを二人生ませ
工房で殺人こういうしっかりとした
果実を造ったのは日教組?それとも宙さん?

448 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/04/30(日) 22:22:49
問題はそんな単純なものではないと思う。

449 :名無しさん@あたっかー:2006/05/15(月) 12:59:12
せっかくの経営板なんだから
>>405の経営にについて話そうぜ

経営可能、財務不明、商品不明、って商品どうするよ?
手っ取り早く経営に参画する方法はないのか?

450 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/05/19(金) 12:04:23
>>449 せっかくの経営板なんだから >>405 の経営にについて話そうぜ

せっかくのご提案だから
>>405 >その実践例: 大人の酒場 http://www.north.ad.jp/seniorweb/hana/ssn001tkg/sakaba2.html
を見てみました。

驚きましたね!

完璧に
>>403 総回診も一応目処がつき、統合的インテグレーティブな立場から発言できるようになりました。

統合的インテグレーティブな立場での実践報告です。
私は空理空論を述べ立てているだけですから恥ずかしいです。脱帽!

451 :名無しさん@あたっかー:2006/05/25(木) 10:22:53
自分のくいぶちも稼げない組織なんぞいらんよ。

452 :名無しさん@あたっかー:2006/05/30(火) 00:27:18
落ちません!!!!!!!!!!。

453 :名無しさん@あたっかー:2006/06/10(土) 03:28:00
落ちてたまるか。

454 :名無しさん@あたっかー:2006/06/11(日) 00:53:00
落ちたもんだ。

455 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/07/15(土) 14:12:33
久し振りだね。

456 :名無しさん@あたっかー:2006/07/16(日) 23:43:00
お盆だのに迎え火一つも無いとは、、

457 :あきら:2006/07/22(土) 13:14:32 ?
 暑い夏が始まっていますが、頑張りましょう。

458 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/08/25(金) 15:34:00
もう秋だよ!

459 :SAYAKA ◆Beauty/ygs :2006/08/27(日) 11:32:38
>>中葉先生
ご無沙汰しております (∩.∩)
こんなに酷暑では畑作業も大変だと思います。
今年はナスが高いとかで秋ナスを毎年楽しみにしてる私としては悲しいです ・゚・(ノД‘)・゚・

私はさすがに40過ぎたせいか体も毎年いうこと聞かなくなってwとうとう今年は
3日ほど人間ドッグにはいりました。
靖国の問題辺りから政治板でまた遊んでおります。
安倍様は素敵な方だと思いますが、総理になるにはまだまだ経験不足の様な気がして
早期引退を余儀なくされそうな気がして複雑です。
安倍様の場合はおと〜ちゃんが総理の椅子を目前にして亡くなりはったので
なれるときにならないと・・・という信念があるのでしょう。
とその話は置いておいて >>421

>それは人類を持続可能にすること。つまり滅亡しないようにすること。
こっこれは、もしや清香タソが一番興味のない(私は淡白なのだwついでに
亭主も早漏なのだw)Hを励め?と言う事なのでせうか?
(ー'`ー;)ウゥ・・・ン
とかいってオオボケをかましてる場合じゃないのだがw
こないだどこぞの統計で日本人のセックスレス率はナンバーTだとか
そんな事が発表されておりますた (=゚ω゚)ノ 

460 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/09/01(金) 22:58:43
久し振りのレスをありがとうございました。

畑作業は相当頑張っていますよ。

茄子は毎日取り入れ、前に言ったと思いますが、鴫焼きのうまいこと!

後は庭の草とり、結構時間があるから、大分きれいになりました。

それから、猪檻の見回り。今年はなかなかかかりません。

461 :SAYAKA@ランチ中 ◆Beauty/ygs :2006/09/04(月) 15:11:48
>>先生
>茄子は毎日取り入れ
毎日食べれるのでつね 羨ましいでつ ( ̄¬ ̄) ジュルジュル
実家の母はすでに65歳 数年前まではご近所さんから余ってる畑を借り
趣味の家庭菜園を作っていました。
しかし60過ぎて体が言う事きかなくなったのか、すでにご隠居生活w
畑を借りてる時は、ご近所さんが(皆さんお金持ちばかり)草刈の手間が
省けるのか、無償で貸してくださってて母の趣味に付き合ってくれてる様でした。
ボーボーと化した畑は猪はもとより狸までウロウロしてる模様w
実家のご近所の仲良しさんのお宅ではネコを放し飼いにしてるのですが
エサ置き場に狸がきてエサを食べてしまうので、ネコちゃんはいつも
お腹を空かしてるとの事。
家の中にエサを置いても(ネコの出入り自由為に)夜中に部屋に入って
きてはこれまた、エサを食してしまうとの事です。
猪に関しては彼らは頭が学習化してるようですね。
年々賢く?なってる様な気がします (´・ω・`)ショボーン

462 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/09/08(金) 10:33:06
SAYAKAさんのお母上よりずっと年上ですが、
相変わらず畑とガーデニングの傍ら、第三の道を追求しています。

クリントン、シュレーダーに続いてブレアもこけたので、今や孤独の闘いです。

でも、右顧左眄せず、我が道を行けるので、これからはうまく行けるかもしれません。

次のステップは上海万博への市民参加で中国市民と共闘という路線となるかも?

463 :SAYAKA@安倍政権誕生 ◆Beauty/ygs :2006/09/20(水) 17:57:56
>>462
第三の道ですか〜すばらしくバイタリティー溢れていますね先生 (∩.∩)
ここしばらく自民の総裁選挙で動き回り、さらに通信事業の買収
ま〜買収といってもそこらへんの小さな会社を買い叩き統合させて
組織の強力化&売上増加を図っただけなんですがw
あとは友人の友人が離婚するとかでその方が一人立ちしても食べていけるように
して欲しいと直接の友人から依頼があった程度ですが、その方のご実家が
都心部から片道2時間少しかかるド田舎でなんでも美容室を経営したいとの事。
美容室だけなら3人/1日程度の客数の様なのでそれでは、こちらも
稼げませんからバラエティーギフトショップも運営させる運びとなりますた (=゚ω゚)ノ 
田舎なので学生と20代に客層を絞って無事、開店(回転)成功とあいなりますたw
それでコンサル料、交渉してやっと月額20マソ・・・田舎の人間から見ると
高額に見えるらしいです ハイ (´・ω・`)ショボーン

464 :SAYAKA@安倍政権誕生 ◆Beauty/ygs :2006/09/20(水) 18:10:51
それにしても先生 万博好きなのね (∩.∩)
スレの常連さん達は、見かけませんが皆さんどうしてるのでしょう?
Yタソは元気にしてるのでしょうか?
ヨッパさんは・・・病院でアル中治療でもしてるのかしら? σ(^_^) アセッ
気候が穏やかになって凌ぎ易くなったら股、ここで持論展開して下さいね (∩.∩)
PS
昨日は久々に家で晩ご飯を作りました (=゚ω゚)ノ  
秋ナスとシメジとシシトウのカレーに目玉のトッピングをしますたw
ここんとこ睡眠が4時間も取れなくて家で晩ご飯を作ってやることも
ままならなかったので子供の健康がすごい心配でした ・゚・(ノД`)・゚・
いつもなら午前中にある程度は用意するのですが、片道2時間以上の
お客様(463参照)がいらしたので・・・電車もバスも1時間に2本w
同じ関西やなんて信じられない σ(^_^) アセッ
さすがに今日は事務所で党員達との連絡だけに留めて、お昼寝してますた (=゚ω゚)ノ
そろそろ家に帰ります 先生も残暑に負けず良い作物を作って下さい。
畑の成果も楽しみにしております ('-'*)ウフフ

465 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/09/20(水) 20:01:15
好きなのは万博じゃなくて、万博を踏み台にする持続可能な世界づくり!

今のままでは後50年も持たないですからね。子や孫が可哀想です。
みんなどうするつもりだろう?経営版どころじゃない。

466 :あきら:2006/09/21(木) 11:32:45 ?2BP(0)
涼しくなってきましたが、持続していきましょう。

467 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/09/21(木) 23:36:12
持続してどこへ行くのですか?

良さそうなら、私も行きたい!

468 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/10/17(火) 10:49:29
どうも良さそうじゃ無いね。

我が道を行くとするか!

469 :清香 ◆Beauty/ygs :2006/10/18(水) 00:31:37
先生〜ネェ ネェ (っ´▽`)っ 聞いて下さいまし o(`ω´*)o
ウチの旦那ったらマージャンで20マソも負けてしまってて
(◎_◎)なんとっ! それを私に払わせるのよぅ〜 ・゚・(ノД`)・゚・
ったく自分の会社は毎年赤字のくせして私の会社の利益で補填してるくせに
私生活まで・・・旦那曰く「お前がパチンコして負けた時は
良く金出してやってたやん」とか言うねん。
負けてた時ってかれこれ15年も前の事なのに o(`ω´*)o
今じゃ勝ってるのよ失礼よね o( ̄ ^  ̄ o) プィッ

470 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/10/18(水) 19:41:04
いい関係ですねえ。羨ましい。

もっとも、喧嘩の回数と激しさならば負けませんが。

471 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/11/08(水) 14:26:24
「中部地域の持続可能な発展教育」拠点準備フォーラム
次世代への思いやりをカタチにしよう−この地域で生き継いでいくために
日時: 2006年12月3日(日) 9:30〜17:00
場所:名古屋大学環境総合館
http://bernerland.com/cgi-bin/cocoro/contribute.cgi?mode=res&no=96
もなんとか格好がついたし、うまくいきそうです。


472 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/11/08(水) 14:32:00
「中部地域の持続可能な発展教育」拠点準備フォーラム
次世代への思いやりをカタチにしよう−この地域で生き継いでいくために
日時: 2006年12月3日(日) 9:30〜17:00
場所:名古屋大学環境総合館
http://bernerland.com/cgi-bin/cocoro/contribute.cgi?mode=res&no=96
もなんとか格好がついたし、うまくいきそうです。

473 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/11/08(水) 14:34:19
どこかの猿真似でなく創造的に行かないとね!

もっとも2回投稿は謝ります。ごめん、ごめん

474 :清香 ◆4yI.VxiQDQ :2006/11/08(水) 19:38:09
先生こんばんわ〜 (∩.∩)
私ね〜キャップ変えたんですのよ ('-'*)ウフフ
でもね私の場合は粘着ヲタが多いので例によって偽物が沸くから
新しいスレ立てて「HNのご案内」で公示しましたw
昨日からついに寒くなりましたね。
これで紅葉も一気に加速してさらに美しくなる事でしょうよ (=゚ω゚)ノ 
PS
今年はスーパーに並んだオナスはどれも小ぶりでイマイチでしたわ o( ̄ ^  ̄ o) プィッ
先生も寒い中お体充分に労わって下さいませ では股 ごきげんよう( ̄(エ) ̄)ノ

475 :s ◆kXn47FN4zU :2006/12/06(水) 18:19:51
まだやってるのかw
久しぶりだな。暇ならこっちも盛り上げてくれ。

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/manage/1165396086/l50

476 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/12/08(金) 05:10:38
名前を忘れたので探索中

477 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/12/08(金) 05:15:59
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/manage/1165396086/l50

行って見たけど、ほうほうの体で逃げてきた。ごめん!

478 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/12/08(金) 05:34:20
>>471 「中部地域の持続可能な発展教育」拠点準備フォーラム

やはり、史上最高のできばえだった!

これから、世界も変わるだろう!

479 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2007/01/22(月) 15:41:22
「中部地域の持続可能な発展教育」拠点

いよいよ今日から活動開始です。ご支援を乞う。

480 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2007/01/22(月) 15:43:07
やはりマネジメント教育が重要だと痛感するこのごろです。

481 :名無しさん@あたっかー:2007/01/25(木) 09:22:50
>>475
おちとるがな。
CSRって最近コウルサイやつだな。真剣にやっとるアホウはおらんだろうがのー。
こえーのは思想の縮小均衡かねーとおもっとる。
一人の天才が統べる以上の事となるかは、よーわからん。

ところでオレの商店街へのアプローチは失敗に終わったよ。撤収した。

482 :名無しさん@あたっかー:2007/01/25(木) 09:24:42
基本に戻って考えてみた。
自給自足ってのはGDPとかにはいらんのだろ?

483 :名無しさん@あたっかー:2007/01/25(木) 09:27:27
てかCSRとか小難しいのはわからんよ。オレw

484 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2007/02/06(火) 09:17:32
清香さん、だいぶ暖かくなりましたね。

温暖化が心配です。

485 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2007/02/11(日) 21:18:02
小難しいのは緊張を解くと判ることがあるぞ!

486 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2007/03/06(火) 09:04:40
この頃、回診しても患者がおらん!みんな全快して退院したようだ。

めでたし、めでたし!

487 :名無しさん@あたっかー:2007/03/19(月) 13:30:16
そりゃアンタほど根気ある人もおらんからな。
病を治すより病と共存したほうが楽なときもある。

488 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2007/03/24(土) 20:33:09
お声を聞かせていただき、ありがとうございます。

おっしゃるように、現在の人類の病気は根が深いです。
根気で取り組むしかないと思いますね。

489 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2007/03/24(土) 20:39:50
マックスウェルの学説は、現在の状況を見るのに必要な状況をまさに提供している。
彼の指摘によれば、もっとも単純な物質系においてさえ、
彼が特異点と呼ぶ瞬間がごく稀に出てくる。この特異点においては、
無限小的に小さな力が、 出来事の全体的配置の中でのその特徴と位置によって、
ちょうど一つの小石が地すべりの始まりとなるように、
ほとんど信じがたいほどのマグニチュードの変化を ひきおこすことができる。
この教説は、歴史における人間の個性の直接的衝撃というものを考慮する余地を認めている。
たんに大衆運動による衝撃だけではなく、適時、適所に身をおいて、
適切な目的を実現するために介入しようと目をみはっている個人や小集団による衝撃である。
そのような瞬間――それは明らかに仏陀、イエス、マホメットの実例を説明してはいないだろうか――には、
たった一人の人間の人格が、抵抗できないかのように見える諸制度の慣性にうちかつ場合が生じうる。
幸いにも、マックスウェルの指摘によれば、系(システム)が高級、かつ複雑であればあるほど、
特異点の生じる頻度は高くなる。物質系よりも生物系におけるほうが特異点は多く生じ、
蟻の生活より人間の生活のほうが多い。従って、いまなにが可能であるかについてのわれわれの感知力は、
既知のもの、典型的なもの、予見できるものにもとづけば、
まず絶対に不可能としか思えないものについても正当な考慮を払っていなければ、
本当は健全だとはいえないのである。 (L.マンフォード“人間―過去・現在・未来:下巻”、pp.101-102)

173 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)