5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本の会計学者 及び 世界の会計学者 part4

1 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/03(土) 15:19:46 ID:xAW6KkaJ
前スレを使い切ったようですので、サービスで次スレ作っときます

人生には勝ち組と負け組しかありません。
この名簿に名前の記載された者が勝ち組です。
  ↓

http://www.kg-tokyo.com/people/002index.html
> 事実、私はどこに行くにもゼミの名簿を持ち歩いています。毎年更新していて、す
> でに1期生から現役生まで710名分。毎年お正月に私が作成しています。ですから、
> 学生にもお正月には遊びに来るなと言ってあるんですよ。東京や地方、海外で活動す
> る卒業生に会えるのも、この名簿のお陰です。ぜひ、みなさんも先生に便りを出してい
> ただきたいですね。
>
> 「松門会」と書かれた名簿をかたときも離さない平松学長。

  ↑
この名簿に名前の記載された者が勝ち組です。
他のゼミは、勝ち組に入れなかった『落ちこぼれ』の掃き溜めです。

鼻高々な先生がインターネットで公式に讃えるもんだから、みんなも鼻高々。
平松ファミリーにあらずば人にあらず!
平松ファミリーは関学ファミリーの中でも格上の存在である!
わかったか!!


前スレ
日本の会計学者 及び 世界の会計学者 part3
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/tax/1147279380/

2 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/03(土) 15:47:12 ID:xAW6KkaJ
とりあえず巨星落つ



企業会計審議会会長の加古宜士・早稲田大教授が死去

金融庁の企業会計審議会の会長で、会計ビッグバンの推進役だった加古宜士(かこ・よしひと)
早稲田大教授が6日、茨城県内の病院で病死した。69歳だった。
告別式の日取りなどは未定。関係者によると、最近は闘病生活のため入退院を繰り返していた。

専門は会計学。2003年1月から企業会計審の会長を務め、
05年にはカネボウの粉飾決算など会計に絡む不祥事が相次いだことを受けて監査基準の新たな基準をまとめた。
著書に「物価変動会計論」など。

3 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/03(土) 15:48:29 ID:xAW6KkaJ
加古 宜士(かこ よしひと、1937年6月 - 2006年12月6日)は、日本の会計学者。
専門は財務会計論。商学博士。愛知県出身。

1960年早稲田大学第一政治経済学部卒業。1966年同大学大学院商学研究科博士課程修了。

流通経済大学教授、筑波大学教授を経て、1997年より早稲田大学商学部教授。
早稲田大学大学院会計研究科長、大蔵省企業会計審議会委員、金融庁公認会計士審査会委員、
公認会計士第二次試験委員、税理士試験委員、不動産鑑定士第二次試験委員、
文部科学省会計分野の専門職大学院に関する検討会主査などを歴任。

2006年6月現在、金融庁企業会計審議会会長、総務省公益法人会計基準実施検討委員会座長、
日本会計研究学会理事、国際会計研究学会会長。

日本会計研究学会・学会賞、太田賞を受賞。

早稲田大学名誉教授の新井清光の弟子にあたり
(ただし、修士課程は新井清光の師である佐藤孝一であり、博士課程から新井清光に師事)、
新井清光とともに企業会計審議会にて各種会計基準の策定の中心的役割を果たしていた。
また、新井清光の引退以降は、現在の会計学の世界の主流派である早稲田系会計学者のトップとして君臨し、
企業会計審議会会長を務めるなど、「会計ビッグバン」と呼ばれた1990年代後半から現在まで
名実ともに日本の会計学者のリーダーであった。温厚な人柄で知られ、学者・学生等からの人望が厚かった。

2006年12月6日、胆管がんのため死去。享年69。

4 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/03(土) 15:51:15 ID:xAW6KkaJ
というわけで、とりあえず巨星落つ

5 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/03(土) 15:55:02 ID:G4Ej5Ap4
むかしのことだけど、司法試験の会計学、不動鑑の会計学の試験委員は
早稲田の先生で独占してたけど誰も異議はなかったのか。
司法は染谷先生・新井先生、不動鑑は新井ゼミOBが担当してたはずだが。

6 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/03(土) 16:03:36 ID:xAW6KkaJ
司法試験に会計学なんてあったかいな??と思ったら
旧司法試験2次に「商法又は会計学」としてくっついていたのだな。
ウラ話としては、廣瀬先生を牽制するために新井先生が加古先生を押していたと言われている。

7 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/03(土) 22:04:51 ID:Yu+7rjV5
昔から評判がよくなかったようだ。
さすが権欲会計学者として有名な平松一夫とFASB関連でタッグを組んでいただけある。



> 5 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2001/04/05(木) 16:15
> 広瀬、教授になったんだ。広瀬は評判悪かったな。
> ゼミ生に聞いたけど、
> けっこうセクハラまがいのことをしたとかで。
> 男と女に対する態度が偉い違うとか。


> 8 名前: 名無しさん@あたっかー 投稿日: 2001/04/06(金) 03:36
> 広瀬は評判悪いね。悪い噂が絶えない。


> 68 名前: 名無しさん@あたっかー 投稿日: 2001/07/07(土) 16:05
> やっぱり広瀬は評判悪いんですね。
> 金・女・権力に執着しすぎ!
> 加古は外に出されちゃったけど、新井が晩年、広瀬の傍若無人ぶりに呼び戻したとか
> セクハラってのは知らないけど、金に汚いらしいしね。
http://natto.2ch.net/manage/kako/986/986370472.html

8 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/05(月) 00:41:02 ID:iepXjT3b
H教授の評判が悪いのは周知ではあるがこの一連のレスはやっかみもあるのだろう。
つまり、業績のないW大の先生またはその弟子がかきこんでいると分析する。
またはこき使われている人たちかもしれないが個人攻撃だよね。
そんなに引っ張ることではない。いっそう、それようのスレをたちあげたら?

9 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/05(月) 12:09:16 ID:YWlEYd20
「それようのスレをたちあげる」ほーが

よっぽど悪質な個人コーゲキだろ

このスレに書き込まれるせんせーはソレナリの大物なんだろ

そんなふーに感がえてくれ とおもふ

10 :どこかに「身から出たサビ」を隠し持っている。:2007/02/05(月) 16:38:42 ID:vdJP2/HP
ソレナリの大物、かつ、ソレナリの人格者ならば悪評は立たない。
たとえば先の加古先生の悪評は見たことがない。
「温厚な人柄で知られ、学者・学生等からの人望が厚かった。」とWikiに述べられているだけのことは確かにある。

だが、悪評の立つ会計学者は確かに大物ではあるものの、必ずといってよいほど
どこかに「身から出たサビ」を隠し持っている。

11 :どこかに「身から出たサビ」を隠し持っている。:2007/02/05(月) 16:40:10 ID:vdJP2/HP
悪評の立つ会計学者は、確かに大物ではあるものの、どこかに「身から出たサビ」を隠し持っている。

12 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/05(月) 16:42:34 ID:vdJP2/HP
さてと、それはさておき、ポスト加古はどうなるんだろう?

早稲田の中とかのちょっと詳しい人、教えてほしい

13 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/05(月) 21:35:56 ID:PSqAIg/B
>>10
>>11
>>12
ひまじんなんでつね。
ポストカコなんかどーでもいいじゃん。
学者も人の子 いろんなのがいても不思議じゃ無い。
いやな香具師とはかかわりたくないものでつ。

14 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/05(月) 22:51:57 ID:w+mdFL+j
>>13
大御所がいなくなったわけだから跡目争いは
水面下にせよ、それなりに勃発するよ。

15 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/06(火) 00:37:20 ID:WgxAmo4t
>10
どれだけK先生のことご存知?
知らないとは幸せなことだよね。

16 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/06(火) 00:49:26 ID:qZry3Jj/
>>15
なんです?
その加古先生に暗黒面があるようなものいいは

17 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/06(火) 00:56:05 ID:hxKlROGG
過去先生のことを悪く言っていたのはH瀬くらいだったと思うが。
H瀬にとって過去先生は目の上のタンコブ以外の何者でもなかったのだろう。
過去は新井先生と入れ替わりに早稲田にやってきたのだから、
H瀬はやり辛かったことだろう。

思えば過去が早稲田に来た頃から、H瀬はブランドとか変わった分野に
力を入れ始めたような気がする。


18 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/06(火) 01:21:19 ID:qZry3Jj/
>>17
なるほど。
では、その目の上のタンコブがなくなった今はおおはしゃぎで勢力の盛り返しにかかっているのでしょうか?

19 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/06(火) 01:30:16 ID:G6CWaiA7
井尻雄士先生

20 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/06(火) 07:05:57 ID:+aThP2l8
>>17
外から見たときはそうかもね。
でも身近な人はご本人、またはその取り巻きの人たちの実体は,,,,

21 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/06(火) 07:36:08 ID:uTxp1CPl
>>20
詳しく。

22 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/06(火) 12:56:09 ID:8N7H8wL3
>>21
こんな投稿を見つけたが


> 早稲田の広瀬情報
>
> >ゼミでは広瀬のワガママでシンガポールに夏合宿。
> >一人だけイイ部屋に泊まったくせに料金はゼミ生負担。
>
> >誕生日にはゼミ生に高価なプレゼント(十数万円)を買わせる。
> >それははたしてプレゼントというのでしょうか?
http://natto.2ch.net/manage/kako/986/986370472.html


23 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/06(火) 17:23:12 ID:Fy9AIx3e
>>22
学生に金銭の負担を強要する先生はそのうちタイーホされるんでね

24 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/07(水) 02:20:11 ID:G75R4ZFU
なんでW大ばっかりなの?前は関西の私大だったし。
ポストに恵まれない国立のはけ口?

25 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/07(水) 07:00:39 ID:jPoHzEFc
また糞スレ立てたんかぁ

26 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/07(水) 18:38:36 ID:BpXGeSsw
会計学者の裏情報を知ることのできるスレは、この世にここしか存在せぬのだから、これでも良スレだと思うが。

27 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/07(水) 21:54:34 ID:kFSm8o6K
Hさんと比較したら誰でも人格者だよ。
まぁ20の返事をまつか。

28 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/07(水) 23:19:29 ID:fwOBQ33D
学者はあくまで業績で勝負。そこで人柄なんて取り上げるのは逃げ。
どの学者が優れているかは賛否があろうが「あの人といったらこの分野」とすぐおもいうかばないとだめ。


29 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/08(木) 00:57:26 ID:l/ha3gVH
では問う。

財務会計といえば?


30 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/08(木) 01:44:22 ID:WotYVyj0
>では問う。
>財務会計といえば?

   ぷっ。

31 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/08(木) 02:40:13 ID:XN7zVWpH
フォレスト出版からこんなメールが来たぞ。

今日は、そんな決算書に関する新刊
『なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?〜決算書編〜』
を出版された、小堺桂悦郎先生に話を訊きたいと思います。


【その前に、早く本の内容を知りたいという方はコチラ↓】
  http://www.forestpub.co.jp/kessan
  (↑無料プレゼントもあります!)

この本、読んだ人いる?

32 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/08(木) 04:32:08 ID:WopvTZlB
>>29
ではあえて応えよう,,,

て範囲がひろすぎるだろう!

33 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/08(木) 15:26:18 ID:drMvtPjZ
では問う。

ブランドといえば?

34 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/09(金) 00:46:37 ID:znquTfIv
>>31
宣伝乙

35 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/09(金) 01:19:13 ID:afCVWbWP
ブランドっちゅったら、ビトンだろ。
あと、グッチとかヘルメスとかな。


36 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/09(金) 15:01:22 ID:kff8CZeO
広瀬先生を批判している会計学会の底辺に位置するアホども → >>35のように低脳な回答しかできない
今をときめく会計学会のニューリーダー広瀬先生門下生 → ブランド会計の観点から知的に回答できる

37 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/09(金) 19:44:56 ID:sMC9dtVF
ブランドなぁ・・・
ヒロセ先生が座長やってた経産省のブランド価値評価研究会(だっけ?)のモデルだって、
学会・実務ともにノーリアクションのように思うんだが・・・

38 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/10(土) 11:31:52 ID:6EX5ywcz
>>36
見事な釣られっぷりで

39 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/10(土) 12:21:57 ID:wA4MmZrK
なんでんかんでん会計の対象にしてよかと?
研究っちゅーならしかたないが。

40 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/11(日) 12:49:29 ID:XMUP4PQb
それをいうと無形資産会計を研究する学者の以上な多さは何を物語っている?
結局、FASBがそれに関する報告書を作成したからでしょう。
無形資産会計が大切だという論文しか書けない人間たちより、Hさんのように具体的に絞って掘り下げている人のほうがよほどまとも。
他の人は翻訳家でしかないだろう。

41 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/11(日) 18:46:05 ID:XxRR/jgp
アメリカ人が言ったから日本人もやる。
(´_ゝ`)プププ

42 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/11(日) 23:31:09 ID:8yY/LgpQ
アメリカはむしろ後進国のようです。
ヨーロッパのほうが進んでいるらしい。

H先生が掘り下げたというより、学会の特別委員会の研究だよ。

43 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/12(月) 01:18:15 ID:xbSP7UOC
日本人の欧米コンプは異常

44 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/12(月) 04:03:43 ID:yEKdIoKY
ほりさげたかどうか別としてHさんは自分なりの方法を模索している点は評価される。
かれの人格に対する評価と学問に対する評価はわけるべき。

どの領域でも欧米化はすすんでいるが無形資産の研究はあまりにもひどい。
測定段階で公正価値で評価しなければならないで結んでそれでおわり。

結局「グッドウィルの研究」を超えることはできない。

特別委員会の報告をした先生も結局、それから何か新しいことしたかい?

45 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/12(月) 08:48:15 ID:WYIeG3X6
オメーラぶらんど会計が完成されたとカン違いしてんだろ。
インタンジブルなものをどう評価するかなんて、そーカンタンにはでけんだろ。
だいたいタンジブルな資産の評価でもいろんな議論があるっちゅーに。
Hがスゴイなんてゆー香具師は、
あんた、Hのなんなのさ!ってカンジ。

46 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/12(月) 10:14:28 ID:tKl+cdJI
いや、誰もブランド会計が完成したなんて言ってないよ。
METIのいう「日本発の評価モデル」は、むしろ大失敗してるよね。相手にされず忘れ去られた。

測定については、実務でも研究でも、色々なモデルが試行錯誤のようです。
無形資産の属性に応じて。
公正価値で評価、なんて結論にはなってないよ。

47 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/12(月) 17:22:07 ID:D9G5tiHt
>>46
どういう無形資産の属性ならどのような評価手法なのか教えてくれよ。
そこまではみんないっているだろう。結局、アメリカさまの報告待ちでしょう。
都合が悪くなったら史的考察か識別可能性についての論文でお茶を濁す。

あと公正価値で評価という結論に達していないというのなら、このまえの学会で誤った報告した人がいるね。
「会計」に掲載されるときは修正されることを望む。

Hさんのモデルが失敗したことはみんな知っている。
だからこそ無形資産会計を研究しているといっている方はがんばってよ。

そのうち、「無形資産会計を考える」て本が出ちゃうよ。



48 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/12(月) 21:09:03 ID:84oUfh8u
そんなにみんなHさん、もとい無形資産がすきなんだ。。。
こんなに釣られて。きっと喜んでくれていると思うよ。
誰も相手にしてくれていないようだから。

そういえば、昔、中●大学の女大先生が統一論題で「のれんに腕押し」という発言をした。
「会計」に掲載されたのかなぁ。

K7川大学のTA中先生は、統一論題で「S●X」という表現をしたが会計からは削除されていた。

49 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/12(月) 21:58:47 ID:OJbRWbtm
>>48
(´_ゝ`)プププ・・・・・・カイケーベンキョシテテヨカータヨ・・・・・・・・・

50 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/13(火) 00:48:54 ID:NZ3qz+hk





サー次いってみよー

51 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/13(火) 06:28:59 ID:hxctwCvf
もうブランドを会計の対象としてあつかっている人はいないでしょう。
と思ったら修士論文でいたよ。ブランド価値評価をとりあげた方がいましたよ。

52 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/14(水) 00:14:03 ID:mJWZC+HU
国際はだれが次やるの?

53 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/14(水) 00:38:18 ID:0EkbfcT4
我が国国際会計学の最高権威は今も昔も平松一夫先生である。

54 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/14(水) 00:40:19 ID:fMhoSPeu
そもそも無形資産とブランド資産と知的資産の区別はついてるのかクソ共

55 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/14(水) 08:10:53 ID:kJOaCndf
ついてるさ!
だいたい、ブランドなんてもんに市場が存在するのか?
ブランドは当該ブランドを創造した企業にだけ意味があるんじゃねーの。
「ダイエー」ブランドの市場はあるのか、無いのか。
「VAN」はどーよ。

56 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/14(水) 11:27:11 ID:uwwtgcoJ
Yahooオークションを覗いてみろ。
ビンテージだのプレミアだの言っているものがそれだろう。
ダイエーは安売りの量産だから市場価値は低い。中古より新品で買ったほうがいいのでブランドは成立しないだろう。

57 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/14(水) 11:56:37 ID:vnup19Ve
結局さぁ、性格の悪さが研究にも出てるっつぅことだろ。
NざわせんせーとかHとか性格の悪さでは右に出る者はいない感じぃ。
こんなんで早稲田の看板背負ってるなんてダセーワ!

58 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/14(水) 16:36:30 ID:QVrcSt8Y
その看板にブランド力はあるのか?

59 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/14(水) 22:22:06 ID:idnq3WMx
ダイエーは外資に集られてますなぁ

60 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/15(木) 08:02:46 ID:m/rQhTrp
H先生の評判がよくないけど具体的にどんな悪いことしてるの?

61 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/15(木) 08:50:09 ID:PJzyNU0v
国際会計学て何を研究するの?

62 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/15(木) 11:44:04 ID:7EbuNFK0
EUに加盟してもない極東の国の黄色いサルが研究できるのか。

実務家向けの解釈本ならわからんでもない。

63 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/15(木) 13:19:21 ID:jz0KHK1N



そもそも社会科学で国際化を意識しないで成り立つのか。
わざわざ国際の文字をつけるのがよくわからない。

64 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/15(木) 13:46:39 ID:sXAyiGKY
(´_ゝ`)プププ・・・どこのレンチュウが「国際」会計なんて言い出したのか
知らんのか?

65 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/15(木) 22:57:45 ID:d5ThqfMz
ぜふ様?

66 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/16(金) 01:43:14 ID:lnsgpabg
>>61-64
「国際会計学者」を自称してる会計学者がいるよ。この人にでも尋ねてみたら?




> 国際会計学者としてグローバルに活動を続ける一方、
> 現在も350名の部員を抱える 「会計研究会」顧問でもある平松学長。
> 国際会計学を通じて見えてくる、現在の日本 とは。
http://www.kg-tokyo.com/people/002index.html

67 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/16(金) 20:23:33 ID:KeM3yuti
江頭せんせー退官するそーでつけれど

弥永せんせーは灯台にくるのでつか ツクバに残るのでつか

みなさんどー思いまつか

68 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/16(金) 23:19:46 ID:0jELTYfb
やなが先生は法律学者だからこのスレで論じるべきではない。
やなが先生に失礼。

69 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/17(土) 00:57:27 ID:fZMQ6C0e
どっちでもいいさ、

70 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/17(土) 05:06:08 ID:xgdgzkQ/
灯台にいかなくても充分、自身にブランドがあるのだから今のままでいいのでは?
アカウンティングスクールやロースクールなんかに移籍されたらとても残念。

71 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/17(土) 08:24:37 ID:hQE/VjZb
現行の商法会計はどーなんですか。
みなさん理解してるんですか。
某せんせーはテキスト改訂する気がおきないようです。
会社法のテキストでも難しい論点は脚注に押し込んで
読み辛い本になっているようです。

72 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/18(日) 01:11:57 ID:FlrP3Gz1
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
浅野ゆう子 [女優]

水を差すようで悪いが、お前ら本当に浅野ゆう子が好きなんだなw

73 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/18(日) 01:39:29 ID:uZ8WebAC
商法


74 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/18(日) 03:18:17 ID:x9nC4GEy
会計学者は商法と浅野ゆう子に夢中。


75 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/18(日) 09:49:56 ID:VWJvylqw
名前の割には入りやすい大学院おしえてくれ。
博士課程からの入学を希望。

76 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/18(日) 15:17:41 ID:r5FcAtvp
>>75
harvard univ

77 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/18(日) 19:08:26 ID:jEA7LLDq
ちょ

78 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/18(日) 23:15:27 ID:uF6hm2mh
幼稚な粘着が張り付いてるな。
的外れなレスで必死。
           ぷ

79 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/19(月) 03:52:10 ID:lNBp5o2X
>>78
今までの議論で高等なものがあったらおしえてくれ。

80 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/19(月) 13:36:06 ID:A/c9CzwL
>>55
認識問題と測定の困難性は区別すべき。
測定の困難性は、測定の技術的進歩とともに、社会的合意を形成してくものでしょ。
減価償却の耐用年数なんて、現実とは大きくかけ離れた仮定計算だしね。

>>63
法律や会計は、その国の歴史や文化を背景とし、慣習を基礎として生成してきたもの。
だから、生来的にはローカルものであって当然ですよね。
しかし、1980年代以降の証券市場のグローバル化と商取引の国際化によって、
会計(法律も?)は国際的調和化を求められるようになった。
会計に関しては、国際化は最近20年くらいの話なのよ。

>>71
商法会計については、H13年改正および会社法の成立によって、証取法会計(企業会計)とほとんど差異は無くなったよね。
問題は、とくに、会社法上で「資本」概念をどう位置づけるかだと思う。
計算上の数額としての資本が現実的に意味を持たなくなった現状に即して、
従来の商法会計の中核であった債権者保護思想はほぼ放棄された。
様々な金融商品の開発によって、資本と負債の区別が曖昧になっているし、
清算価値と乖離した資本の金額は、債権者の債権担保額ではなくなってるしね。

長文ゴメン

81 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/19(月) 15:16:48 ID:92GPn3JJ
>>80
インタンジブルな項目とタンジブルな資産の減価償却とを比較すること自体
ナンセンス。「ブランド」を会計上認識することが妥当なのか?

国際会計は欧州で議論されてきたんじゃーねーの?それりゃそーだよな。
複数の国家が経済的協力をしようってんだから、国家と国家をまたいで
会計のありかたを検討するよな。欧州以外の連中が「国際会計」なんて
騒ぐことが、なんか変。

「計算上の数額」って形式的な概念であって実質的には意味ねーよって
言ってるんじゃない?「現実的な意味」はもともと無いのよ。
物的会社であっても実際、債権者は経営者に担保を求めるよね。
資本と利益の峻別はどこいったの?「会計」にとって譲れないことだよね。

長文でもイイーンダヨ!

82 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/19(月) 18:53:27 ID:KwzYkHmn
でもわりと「資本と利益の区分」について意識しない論文がおおくなったよね。
大学の論集などで博士課程の学生が書いているものは有用性とか表示とかに言及(偏った)結びをするのがふえてきた。

推測するのに企業会計原則を学ばないでいきなりASBとか国際会計とかを参考にした文献やら教科書を学んだ人が多くなったのではないだろうか。
老兵はただ去るのみ。

83 :80:2007/02/19(月) 18:53:39 ID:A/c9CzwL
>>81
>ブランド
資産定義から出発するとしても(概念フレームワーク自体も見直していく必要があるが)、
「特定の実体に支配されている将来の経済的便益(Future Cash Flowの源泉)」であれば、資産定義を満たすはず。
ブランドなり無形資産は、まさに将来CFの源泉ですよね。
その測定・評価は、減価償却と同じように、仮定計算でも良いのでなないでしょうか?
社会的合意を形成する必要はあるけど。
例えば、画期的な特許を保有しているベンチャー企業で、有形資産がゼロだったりすると、BSは債務超過だったりするわけで・・・

>国際会計
欧州域内を超越したコンバージェンスは加速していく。
アジア諸国ではIFRSを採用している国が増加しているし。
日本企業でも、欧米やシンガポールで上場している企業は増加しているし、
在外子会社だって現地の会計基準に従って納税しなければいけないでしょ。

>商法会計
昔は、有形資産残高に裏付けられた株主持分(資本)は意味があったのだろうね。
有形資産の処分価値は債権者の担保財産となっただろうし、
右肩上がりの時代には、製造業では有形資産(生産設備)の大小が、ある程度忠実に企業規模と将来業績を反映していただろうから。

長文でもイインダ?

84 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/19(月) 19:03:47 ID:API0Mp8g
>>83
>ブランド
借方はいいーけど、貸方はどーすんの?

>国際会計
現地は現地、日本は日本でやってんじゃーねーの。

>会社法会計
昔って、いつのこと?
山一の事例は知らないの?

長文でもカマァ〜ネェ〜ダロゥ!

85 :80:2007/02/19(月) 19:19:28 ID:A/c9CzwL
>>84
>ブランド
貸方は評価差額金勘定と同じような勘定になるかもね。

>84
日本企業が海外基準でFS作成するには、大きなコスト増となる。
取引処理(仕訳レベル)から検討しなくちゃいけないし。

>山一
昔っていうのは、1960年代くらいまで。
世界中でサービス産業よりも製造業が中心的だった時代。

86 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/19(月) 20:36:00 ID:XDIL0qCF
>>85
>ブランド
(借方)将来キャッシュフロー割引現在価値××  (貸方)評価差額金××
理論前提が崩れたらパ〜〜〜だな。

>84
「日本企業が海外基準でFS作成するには、大きなコスト増となる。」
それでも日本企業はやってんじゃん。

>山一
「世界中でサービス産業よりも製造業が中心だった時代。」
あれ?欧米諸国は日本よりも「製造業・サービス業」の先進国じゃ〜ないの?

長文でイイ〜から達意の文章カキコメヨ!

87 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/20(火) 00:14:21 ID:XP2DSgVP
評価差額金の正確は?純資産のどこに分類されるの?

88 :80:2007/02/20(火) 00:47:05 ID:8kb5eb1k
>>86-87
>理論前提が崩れたらパ〜〜〜だな。
そうなんだよ。それが測定の限界。オプション理論でも解決できない。
しかし、測定の足枷に捉われたFSは陳腐化していく。

>それでも日本企業はやってんじゃん。
それが実務的に大きなコストになっているのは事実。
例えば、外債発行にしても、Comfot LetterやAuditのコストを含めると、国内市場のみを相手にするよりも数倍のコストがかかっているように見える。
日本GAAPが他国の証券市場で通用すれば、コスト削減になるのは間違いない。

>欧米諸国は日本よりも「製造業・サービス業」の先進国じゃ〜ないの?
作れば売れる時代には、製造業の保有する生産設備(有形資産)は、それらは間違いのない経済的便益の源泉だったよね。
もっと昔には、静態論時代の財産目録だったわけだし。

>評価差額金の正確は?純資産のどこに分類されるの?
俺も専門じゃないから、そこまでは検討できないよ。
ひょっとすると、多分に見積り計算の混入した包括利益計算書みたいなものが、分離作成されるようになるかも。
でも、無形資産の有形資産よりも重要になってきているのは肌で感じる。
FSが徐々に有意性・relevanceを失って、IRやCSR報告書なんかが注目されてきているのは事実じゃないかな?
少なくとも今のファンド・マネージャーなんかは、FSだけで投資意思決定はしないでしょうね。

長文でごめんね。

89 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/20(火) 03:14:11 ID:cjM2vDlm
>>88
>会計の対象にならない項目をわざわざ認識・測定することないじゃん。
「ブランド」は金融取引じゃねぇよ。自ら足枷をして使えネーFS作成
してどーすんの!

>「実務的に大きなコスト」があったにせよ、見合うだけのリターンがあんだろ。
EUは「日本GAAPによるFSは認めない」と宣言してんだぞ。

>現在でも生産設備は「経済的便益の源泉」だよな。
作っても売れねー製品を作るほーに問題があんだろ。
どっかの車屋とかな。

>「ブランド」なんか会計の対象にならんから「評価差額金」なんかないね。
昔も今もファンド・マネジャなんかは、FSだけでなく経営者に話を聞いて
総合的なリサーチすんじゃねぇのぉ。

だぁかぁらぁ長文でイィっつてんじゃん。

90 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/20(火) 04:46:14 ID:RTNUMtl6
>>82
「元も子も無い」のか・・・
老兵が去るだけで済む話なんでしょうかね。

91 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/20(火) 09:46:30 ID:v+YVj8Ru
いまさら包括利益的概念の導入や公正価値で概念だけだろうという主張してもだれもうけいれてくれないだろう。
日本版概念フレームワークより企業会計原則のほうが教育的には役立つといったらお前、何世代前だといわれるであろう。
その証拠に企業会計や会計をみてもほとんど企業会計原則を引用したものはない。
収益費用対応原則や原価配分、保守主義なんて用語もご無沙汰。

92 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/20(火) 10:12:50 ID:UZtl2UxM
>>89
>会計の対象にならない項目をわざわざ
会計の縮小均衡。会計の敗北。

>EUは「日本GAAPによるFSは認めない」と宣言してんだぞ。
CESRのテクニカル・アドバイスをちゃんと読んだか?

>昔も今もファンド・マネジャなんかは、FSだけでなく経営者に話を聞いて
それはそうだ。しかし、FSで判断する比重が低下している。

>>91
主張がよくわからん。



93 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/20(火) 10:21:30 ID:CbUlcrKg
(´_ゝ`)プププ・・・「会計の敗北」・・・会計は万能じゃーねぇーよ。
     会計の機能にも限界があるのはトーゼンだろぉ〜がぁ。
     おもいあがんなよぉ!

94 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/20(火) 14:01:03 ID:JC/lwtJX
>>93
だとすると投資意思決定とか情報の有用性とか検証している人たちの立場はどうなるの?

95 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/20(火) 14:15:31 ID:sxROtkED
会社法による、「規制を受ける会計」と「規制を受けない会計」とがあるんじゃよ。
財務会計ですと会社法・税法との調整が必要でしょ。なんでもかんでものっければ
イイってもんじゃないだしょ。
管理会計ですとドーぞご勝手にってカァ〜ンジィ〜。

「人間資産会計」のせんせー
「ブランド会計」のせんせー
「見えざる資産のダイナミズム」のせんせー
の3人のうち業界で最も評価の高いせんせーは誰か
ご存知でつか?

96 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/20(火) 18:55:16 ID:JMHcJL9E
>>94
実証の人たちは、現在の会計基準を点検して、制度会計に対する提言を行っていく。
たとえば、日本では研究開発費の会計基準が繰延資産処理から発生時費用処理に変更になったが、
その前後のFSの利益数値(もしくは株主持分)と株価の相関関係を検証した論文があった。
結果は、繰延資産処理のほうが有意なrelevanceが出たんだって。
実証研究とは、そういった実証結果を制度(基準)の改廃に役立つ材料を提供する。

>>95
不明瞭かつ不正確。言いたいことがワカラン。


97 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/20(火) 21:38:55 ID:/ivvteIc
>>92
「会計の縮小均衡・会計の敗北」とイイながら「FSで判断する比重が低下
している」なんて変じゃない?
「会計」は過去情報なんで、未来情報は他のソースに頼るしかないだろ。
過去の趨勢から未来の動向を把握でけんでもないだろーがな。

「投資意思決定とか情報の有用性とか検証している人たちの立場」がどーなる
なんていわれても、ヤツラが会計情報と「何」の相関関係を求めたいのか
よくわからんが、勝手にすりゃーイイィだろ。

会計の対象に成り難い項目を会計の対象にする事が「情報の有用性」に適うの
かね?

98 :80:2007/02/21(水) 00:13:24 ID:UBeNKDPT
>>97
バランスの取れた意見だと思います。
企業のCFのすべての源泉がFSに反映されてしまえば、『FS純資産=株価』 となってしまうわけで、証券市場が成立しなくなります。
会計のパラドックスです。

ただ、会計の写像・客体を何ととらえるのかですね。
過去実績なのか、現在価値なのか、将来CFの凝縮なのか。
FSの存在意義は、情報の信頼性と情報の有用性の相背反する世界に浮遊しているようですから。

しかし、制度から離脱した、『理念系』哲学としての会計は、学問として成立していると思うのですが・・・
それは測定限界や有用性欲求に拘束されることなく、社会学として会計的側面から人間社会を写像する一つの切口として。

99 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/21(水) 01:34:13 ID:+uybt04Z
H?

100 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/21(水) 03:02:08 ID:ISm1653A
>>95
人間資産会計がだれをさしているかわからないがもしかして企業会計原則の生みの親である故・苦ろ澤大先生?
だとしたらダントツ学会(学界)への貢献ナンバー1でしょう。

101 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/21(水) 09:53:51 ID:SGkBhQ5k
>>98
「会計の写像・客体」は「過去の会計事実」でつ。
「現在価値・将来CFの凝縮」なんか仮定にもとずく想定された数値だしょ。

「制度から離脱した理念会計」は昔から研究してるせんせーがいまつ。
しかしながら、制度上実行不能な会計研究に意味が意味があるのでつか?
「研究するのは勝手だろう!」と言えばそれまででつ。

>>100
故・苦ろ澤大先生にも「功」と「罪」があったのではないだしょうか?
「学会・実業界」への貢献は「功」と言えまつ。
他方で「頑固で理論優先・現実無視」の点で「罪」の部分があったのでは?
「人間資産会計」なんてもん・・・どーしろってんだぁ!

102 :80:2007/02/21(水) 11:19:11 ID:CXGqOI7g
>>101
>「会計の写像・客体」は「過去の会計事実」でつ。
違います。
会計が扱う「対象」は「過去の会計事実」であるとは思います。個々の会計事実。
将来の投資計画や研究開発計画などは、財務会計の対象ではない。あたりまえ。

しかし、個々の会計事実の集積としての全体は、現在もしくは将来の企業の姿を「写像」するものでなくては。
先の例にもあったけど、例えば製薬会社で、
研究開発費の対売上高率が1%の会社と30%の会社では、前者のほうが利益が大きく、
さらに繰越利益が大きいため次年度以降のBSも良く見える。
これで良いのでしょうか?


また、制度上実行不能かどうかは、どのような基準で判断するのでしょうか?
逆に言えば、制度上実行可能と多数が認める領域のみを研究していて、会計学の「学問的」進化が望めるのですか?

103 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/21(水) 12:48:13 ID:/bZITc6z
>>102
「個々の会計事実の集積としての全体は、現在もしくは将来の企業の姿を
写像する」ってさぁ〜FS利用者が「企業の過去の趨勢から未来の動向を
読み取る」ってことじゃぁないの?
比率分析して企業の優劣を決めるのはFS利用者であるステークホルダァ
だしょ。これでイイィんじゃぁないの。事業規模とか金額の大きさで判断
するかも知んないシィ。

制度上実行可能性は法制度と調和できるかってことじゃないの。
会計学の「学問的進化」を望む香具師はドンドンバシバシ研究すりゃー
イイジャン。

でもさぁ「人間資産会計」とか「ブランド会計」とかって結局は
「計算上の数額」にしか杉ないじゃない。実際に企業を経営して
新たな価値を創造しているのは「人」なのよね。

104 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/21(水) 13:21:04 ID:2s0FMTD7
そもそも会計情報だけで投資判断している投資家はいないということはみんなわかっているでしょう?
それなのに、会計情報をもとに株価との関連性を検証する自称実証研究派はオナニーだよ。
SASつかってます。ということがいいたいだけでしょう。
しかもデータ自体も民間会社のDBから入手しているのだから検証可能性や再現性という学問(科学)の本質からはなれているね。
そんなことばっかりしていると浅野ゆう子におこられるぞ。

105 :80:2007/02/21(水) 14:31:17 ID:XcTquRc0
>>103
>FS利用者が「企業の過去の趨勢から未来の動向を
>読み取る」ってことじゃぁないの?
そうですよ。
だから、ある程度知識を持った人間が「未来の動向(業績)を読み取れる」ような
FSおよび会計基準にしなくてはいけない。
先の(>>102)研究開発の例や、申請料だけがBS計上されている特許権や著作権の現状で、
業績が読み取れますか?

>>104
あなたの主張は論理的に無理があります。または自分の文章が読めていません。
>会計情報だけで投資判断している投資家はいない
当然ですね。正しいです。
>会計情報をもとに株価との関連性を検証する自称実証研究派はオナニーだよ。
「関連性を」検証しているのであって、会計情報の唯一絶対性を検証しているのではありません。
FSが投資意思決定に有用でるかどうかを点検しているのであって、
会計情報だけで十分であることを検証しているのではないのですから。

逆に言うと、価値関連性ないし相関関係の実証点検なくしては、利用者の有用性から乖離してしまっても気付かないでしょう。

106 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/21(水) 18:18:21 ID:YAxnQ60P
>>105
現行の会社法では「資本金1円」で株式会社を設立できます。
金になる技術があれば株式会社としてやっていけると認められたといえます。
全ての利害関係者が「研究開発・特許権・著作権」の金額の大小だけで業績
を判断するのでしょうか?「質」の判断も併せて行うのではないでしょうか?

かつて「港区の一流企業の本社の土地が20万円で計上されている」と騒いで
る香具師がいました。そりゃーアノ土地を時価評価すれば巨額な評価額になる
でしょうが、過去の会計事実が反映されていれば問題はないだしょ。時価なん
てモノは実にアイマイで前提条件が崩れたらパ〜〜〜だしょ。

あなたの「会計」に対する「アツゥ〜〜〜イ気持ち」は理解できます。
それでも「あなたの気持ちの全て」を「会計」に盛り込むことは不可能
だしょう。

某ハゲタカファンドは某菓子屋の実情を嗅ぎ付けて「借りられるだけの
株をかき集めていた」そ〜〜〜な。あとはメディアに菓子屋スキャンダル
がながれるの待つだけ。
こんなカンジィ〜〜〜。


107 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/21(水) 21:37:07 ID:1G3KSAM6
.   ヾ"ヽ
.  (o・▽・) <ピヨピヨ
  ノ" )  )
  彡ノ,,,,ノ    
―〃-〃――――
  レ,


108 :80:2007/02/21(水) 23:51:23 ID:f9vDh0Vq
>>106
>「質」の判断も併せて行うのではないでしょうか?
そうですね。ですから、その「質」を会計的に測定しなくてはいけない。
しかし、社会的に合意を獲得した測定モデルは、いまだ研究の途中の様子。
無理だ無理だと言って、現在の会計パラダイムに捉われていては、会計は徐々に存在意義を失っていく。

>土地を時価評価すれば〜時価なんてモノは実にアイマイで前提条件が崩れたら
しかし、固定資産税や相続税は、時価(正確には固定資産税評価額と路線価)をもとに課税されている。
課税当局および政府は、土地の時価が曖昧なものとは考えていない。これは社会的合意。
さらに相続税では、会計ではオンバランスされない借地権や借家権まで財産評価する。
またさらに、時価を測定することは非常に困難な場合が多い。

会計の目的は何であるかは、会計を取り巻く社会の変動によって、歴史的に変遷してきたけど、
現在は Descision Usefulnessを目的としていますよね。世界的にみて。
では、莫大なキャッシュ・フローを生み出すキー特許が数万円、港区の真ん中の土地が20万円で計上されているBSは、
利用者にとってUsefulでしょうか?

これじゃあ、そのうち誰もFSを読まなくなりますよ。
現状だって、実務ではFS本体よりも注記の方が重視される傾向にあるのに・・・

109 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/22(木) 04:13:44 ID:RZDbk5iS
>>108
会計の目的は何であるかは、会計を取り巻く社会の変動によって、歴史的に変遷してきたけど、
現在は Descision Usefulnessを目的としていますよね。

↑本当にそう?また、土地の時価について社会的合意がえられているというけど、税金によって時価が違うでしょう?

質の判断は読み手の投資家がおこなうのであって会計にすべてを求めるのは無理。
批判も多いけど、K7川大学のT中先生の主張に「有用であることより有用でないことを証明することのほうが難しい」というのがある。
そのとおりだと思う。104がいいたかったのは、安易に有用であるという結果が多すぎるということではないであろうか。
役に立たないという研究は案外すくない。(論文名だしたいけどかなり大雑把な仮定と雑な検証で、ぶっとんだ結論でむすんでいる論文が多いよ。)

だってだれも環境や特許に関する情報が有用でないという人はいないでしょう。そのこととそれを会計があつかうべきかが別次元だと思う。

110 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/22(木) 06:03:07 ID:vOw5et1Z
>>108
>「無理だ無理だといって、現在の会計パラダイムに捉われていては・・・」
だぁかぁらぁ研究したい香具師は研究すればイイじゃん。でも無茶はいけない
よね。

>「課税当局・・・土地の時価が曖昧なものとは考えていない。」
そりゃ〜そぉ〜さぁ、課税当局は税金ふんだくるために「不動産の時価」
を決めつけているのさぁ。路線価が高すぎる、相続税が高すぎると税務署
を訴えた香具師がいましたけど、勝訴しましたよ。こんな状況で「社会的合意」
といえるのか?
不動産鑑定評価の実態を知れば「社会的合意」なんていえないと思うよ。

>「会計の目的はなんであるか」
昔も今も会計の目的は「財産管理」であり「意思決定有用性」ジャマイカ。
「時価」に普遍的意味はないよね。「時価」なんだから「そのつど」判断
するものだよね。


111 :80:2007/02/22(木) 22:13:52 ID:6QxrT1BY
>>109
>「有用であることより有用でないことを証明することのほうが難しい」
俗に言う「悪魔の証明」ですね。
実証研究の意義を疑問視しる人は、
皆が直感的に知覚している当たり前の結論を、わざわざ仮説を立てて、都合の良いデータで検証する。
こんなカンジでしょうか?
日本の実証研究のほとんどは、アメリカのモデルを直輸入して、おまけに仮説を支持する結果がでるまでデータをいじり回している。
・・・個人的には、それでも実証研究は必要だと思っています。

>>110
>勝訴しましたよ。こんな状況で「社会的合意」 といえるのか?
例外的な事例をもって一般的な結論を述べるのはどうかと。
精通者意見価格の決定プロセスや、補正率によって大きく左右される不動産鑑定の実務があったとしても、
公示価格や路線価に代表される現在の土地評価方法は、実務に浸透した社会的合意であると思いますが。

>昔も今も会計の目的は「財産管理」であり「意思決定有用性」
ご冗談を。
ASOBAT(1966)までは(少なくともPaton and Littleton(1940)まででは)、意思決定有用性なんて概念は無かったですよね。

>「時価」に普遍的意味はないよね
普遍的という意味が分かりませんが、「公正価値」といったほうが適切かと。

112 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/22(木) 22:59:17 ID:RZDbk5iS
公正価値の定義をみると何も定義をしてないに等しいとおもうのは小生だけ?
ただ全面公正価値会計を唱える人がでてきたのはかなりおどろいた。
そのうち企業結合でもお互いに公正価値で合算するという会計処理に賛成という人も増えてくるのかなぁ?


113 :80:2007/02/22(木) 23:13:09 ID:Lj9LcBB3
FASBがFair Value Measurementのプロジェクトを熱心に進めているよね。
俺はまだ読めてないけど。
日本でもこれから研究が進んでいくんだろうなぁ。

歴史的原価による測定は、制度会計においても、徐々に塗り替えられていってる様子。
現在ってのは、後世で振り返ると、経済活動や会計システムの大きな変革期なのかもね。

114 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/23(金) 00:12:12 ID:9rcgQAYu
よくわからないけど制度会計とは何?
法律で規定される会計のことをいうのならIRや環境会計は除外されるのかい?

115 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/23(金) 08:16:14 ID:nPgzheYF
>>111
公示価格・基準地価・路線価のうち、どれがFairValueなんだ?

アメリカ人が「概念」を作らなければ、誰も何もできないのか?
「財産管理」及び「意思決定」のために会計数値を利用してはいけなかったのか?

「時価」なんてもんは「たら・れば」だろ。「相場はこれぐらいだから、
売れば・買えば・・・」ってな。「合理的な市場で形成されるであろう市場価値
を表示する適正な価格」なんて机上の空論だよな。
リース資産に貸借対照表能力があるのは、キャッシュ・フローを保証するリース
契約があるからだよな。
「公正価値」なんの裏づけがあって「公正価値」なんだ?

116 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/23(金) 08:27:21 ID:ViWiPgRA
>>115
もうちょっと勉強してこい

117 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/23(金) 12:06:59 ID:tY9eOdpk
>>113
FASBによれば、「公正価値とは、資産(負債)が、強制または清算による
ことなく、取引の意思を有する当事者間で売買(発生)されうる金額」と規定
され、取引が活発に行われている市場の相場が公正価値の最善の証拠となる。

すっげ〜〜〜かっこいいことゆってるけど、そんな「公正価値」なんてもん
が測定可能だろうか?

不動産鑑定士の頭の中に「合理的な市場」なんてものがあると思ってんの?

財の中には「個別性が強烈で市場性が無い」財なんか無数にあるぞ。

取得基準会計放棄の時代が来ると思ってんの?

118 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/23(金) 13:42:50 ID:jEJtiJj6
まあまあとりあえず浅野ゆう子でも見てもちつけ

119 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/23(金) 13:46:15 ID:rGVwgUhu
あら、加古先生亡くなってたのね。
この人の授業学生時代受けてたわ。
当時からよく病気で休んでたけど。
ご冥福をお祈りします。

120 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/23(金) 14:21:52 ID:bwo02Pi1
会社及び企業ってもんは、ざっくり言えば、金・金融資産・不動産及び借金
からなるよな。
たしかに金融資産が占める割合は大きいのだろうけど、なんらかの財の生産
を行わなければならない。それだけの需要があるからな。
製造業前提会計とか金融経済取引前提会計とかどっちかにかたよった「会計」
なんてあると思えるのか?

>>118
>>119
おめ〜〜〜ら、もちつけ!

121 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/23(金) 19:50:05 ID:2GAuaESf
公正価値と監査について論じている人はいないのであろうか。
あと皮村先生の過去先生への追悼のお言葉が雑誌に載っていたが余命宣告されていたそうだ。
まさに学徒。ご冥福をお祈りします。

それにしても人情紙のごとし。お世話になっておきながら通夜にもこない人たちがいるのだから。
give give

122 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう :2007/02/23(金) 23:40:17 ID:CyF6BYW4
>>121
『○経・監査ジャーナル』(旧『○ICPAジャーナル』でつね。
しみじみ拝読させていただきました。

123 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/24(土) 00:39:20 ID:CV5aW94T
もう会計なんてやめて浅野ゆう子研究会でも作らないか?

124 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/24(土) 03:22:23 ID:E25aPVjk
浅野ゆう子が日本会計研究学会に入会すればいいのでは?
論文2本あるかが課題。

ただそうなると自称「会計学会の浅野あつ子」を名乗る方がいらっしゃた場合、問題かも。
女の争いはこわいからなぁ。

125 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/24(土) 13:59:16 ID:1Wmuu4R/
.   ヾ"ヽ
.  (o・▽・) <ピヨピヨ
  ノ" )  )
  彡ノ,,,,ノ    
―〃-〃――――
  レ,


126 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/24(土) 16:24:36 ID:E6To+ZDA
すみずは本当にやばいね。
いろいろ会計士の責任がとわれているけど、偉い人は大学に天下りを確保したりしている。

127 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/25(日) 09:43:05 ID:FzCCS/Og
霞ヶ関からの眺望はスンバラシィかーたな。

128 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/25(日) 23:46:13 ID:aGetRK+R
みんなで浅野ゆう子を学会の名誉会員にするために署名活動を行おう

129 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/26(月) 08:41:15 ID:cpqyOlLV
浅野ゆう子様が辞退するでしょう。
マイナーな学会だし社会貢献してないから彼女のイメージダウン。


130 :80:2007/02/26(月) 12:19:57 ID:7FSmALRD
>>115
>公示価格・基準地価・路線価のうち、どれがFairValueなんだ?
用途によってことなるでしょうが、どれも公正価値と言えるでしょうね。

>アメリカ人が「概念」を作らなければ、誰も何もできないのか?
FASBとIASBが合同プロジェクトで概念フレームワークの刷り合わせをしてます。
ASBJもそれの経緯を見ながら、概念フレームワークの討議資料を随時修正しています。
またIASBのリエゾンメンバーには日本人も参加しています。
エンロン事件以降、とくにMOU(2006)以降は、アメリカは自国の会計基準を、
IASBや日本と同じPrinciple Baseに改めようと考えているようです。

>「意思決定」のために会計数値を利用してはいけなかったのか?
会計の目的観の歴史的変遷の議論でしたよね。
Decision Usefulness は少なくとも戦後の目的観です。
そもそも、アメリカの証券取引法が成立したのだって、1934年ですから。
現在の企業会計の目的および根拠法は、主に証券取引法にありますから。

>机上の空論だよな。
固定資産の減損会計の将来CFの見積もり、減価償却の耐用年数、繰延資産の償却期間、
会計上の見積りというものは、すべて机上の空論です。
しかし、研究を基礎として実務でも受け入れられた社会的合意です。


131 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/26(月) 14:08:28 ID:cpqyOlLV
その社会的合意の形成が少々強引ではないかい?

132 :80:2007/02/26(月) 16:52:07 ID:7FSmALRD
>>131
そうとは思いませんが。
あなたがそう思う理由を聞かないと、何とも言いようがない・・・

133 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/26(月) 20:44:31 ID:XXcGDZUu
お前ら、本当に浅野ゆう子が好きなら会計の話なんかやめろよ

134 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/27(火) 01:41:51 ID:0vmjKhlH
浅野ゆう子板では会計の話されてないね。

135 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/27(火) 08:04:52 ID:NWBdw1Rb
>>130
「財産目録」とか「貸借対照表」とか作る目的は、経営者が会社の状況を
把握して「何らかの意思決定」をするためだったんじゃないの?
アメリカがどーの、証券取引法がどーの、じゃぁねーだろ。

支出を各会計期間に配分する費用の見積もりは「一致の原則」からして
「机上の空論」じゃーねぇーよぉ。

脆弱な論理を根拠に「公正価値」なんてゆーほーが「机上の空論」だっつぅーの。


136 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/27(火) 10:03:42 ID:6Kk2tJuh
>>132
それにしてもさぁぁぁ
あんたみたいな香具師はアメリカとか役所とかに都合がいいよねぇぇぇ。
すぐ鵜呑みにしちゃうんだから・・・。
ドーロコーダンと不動産鑑定、建築確認と耐震偽装・・・
「社会的合意」と「実際に機能するか」ってのはヨク考えたほーがいいじゃない?

137 :80:2007/02/27(火) 12:20:14 ID:AZxZ7zeM
>>135
>把握して「何らかの意思決定」をするためだったんじゃないの?
そういう観点からは、人間社会に存在するもの(とくに情報)は、「何らかの意思決定」のためにありますよね。
人間は生きている限り意思決定をせねばならず、そのために情報はあるのでしょうから。
しかし、そのような専門用語terminology)を無視したリクツでは、専門的な議論が成立しません。

>「一致の原則」
クリーン・サープラスが崩れている現在のFSで、一致の原則は通用するのでしょうか?
専門ではありませんので何ともいえませんが。

>脆弱な論理を根拠に「公正価値」
どの討議資料のどの部分が脆弱なのか指摘しないと。
ただの個人的直感でものを言われても、反論のしようが無い。

>>136
現状を非難して評論するのは簡単。
新聞記事やワイドショーのような意見ですね。

138 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/27(火) 13:13:27 ID:H6suY557
>>137
専門でないのに「エラソーな態度」だな。

個人的直感でものをゆってるのはアナタだしょ!

139 :80:2007/02/27(火) 14:37:40 ID:jy0h3q3S
>>138
>専門でないのに「エラソーな態度」だな。
「一致の原則」や一般原則が専門でないということです。
それでも一般的な話はできると思いますが。

>個人的直感でものをゆってるのはアナタだしょ!
ですから、その根拠を示してくれないと・・・
私のどのレスのどの部分が個人的直感なのかを。
そう読めたなら、もっと丁寧な説明をしますし。
私はすべてのレスの名前欄に「80」と入れますから。

140 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/27(火) 18:43:23 ID:Q2+7Fkc4
>>139
まさに、アナタはワイドショーです。

141 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/28(水) 00:22:40 ID:e9H9ujEH
80さんへ

あなたのレベルに達してないので否定されるかもしれませんが。
先に公正価値の定義が述べられていましたね。
それを読むと取得原価だろうが売却可能時価だろうがすべてを包摂してしまうように理解できてしまうのです。
また、収益費用対応の原則が努力と成果との対応と説明されることがあります。
あなたの見解だと論理的ではないかもしれませんが、直感(このような用語を使うこと自体否定されるのでしょうが)
的に正しいというか理解できるのです。

また、一致の原則ですが支出は、費用と資産に配分されるという配分の原則があるかぎりクリーンサープラスが崩れようが、成立するようにおもうのですが。
既存のパラダイムを転換させるのであれば、かなり精密な理論構成とそれをうらづける実証が必要だと思います。
(それとも既存のパラダイムで説明できるのでしょうか。既存のパラダイムとは何かと質問されそうですが)

以上、まじめに質問させていただきます。

142 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/28(水) 20:08:20 ID:zs5xVZLQ
会計学ってミクロ経済学の応用分野だろ

143 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/02/28(水) 23:55:08 ID:tOk2u/hu
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
浅野ゆう子 [女優]
【医師板】菩提樹の木の下で仏様の教えを語ろう2 [病院・医者]
SoftBank 911T by TOSHIBA vol.9 [携帯機種]

解脱しそうな奴が数人いるようだ

144 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/01(木) 05:58:54 ID:CJdLhOUJ
   . __ ______
.             /日 「  日\_\
∴∵∴          |. │/ \ ┃ .|モツニ| おいらをどこかのスレに送って!
    ∵∴ ______\.ハ,,ハ.|_/__/  お別れの時にはお土産を.持たせてね!
       ()__|_日 ('(゚∀゚∩(@)目〓〓」_┐
    ∴∵    \_====―― ̄   \__┐
∵∵∴          <_<_| └― __┐
'              .</</√

現在の.所持品:

145 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/01(木) 10:17:35 ID:M8CfvMMc
>142

そうだったのか?知らなかった。
木村GOさんが書いた本をコマ○大の先生が引用していたので読んだが、
その中で経済学者が会計を全く知らないことを嘆いていた。
けど彼、いま(すこし前から)無い舞踏性について積極的に書いているね。

146 :80:2007/03/01(木) 12:30:39 ID:hyP6iEDZ
>141
>公正価値の定義
定義だけ読んであれこれ言うのは無理があるのでは?
その定義の出所や日本語訳すら怪しいしね。
上述の定義は「SFAS107:金融商品の公正価値」(1991)のようですが、
金融商品の公正価値の定義を、一般の公正価値の議論に当てはめるのは無理があります。
それも、15年以上も前のものですし。以下↓、最近の議論。
http://www.fasb.org/project/fv_measurement.shtml

>収益費用対応の原則が努力と成果との対応と説明されることがあります
間違っていないです。しかし、これはPLアプローチですよね。ちょっと古い。
努力と成果を対応させた結果としてPL利益が計算表示されますが、
情報利用者の関心は、そのようなPL利益よりも、資産の評価損益や未履行契約の将来CFも含んだBS利益に移っています。

>クリーンサープラス
現在の日本の会計は、PL利益とBS利益が一致していないため、クリーンサープラスは崩れています。
期間損益計算の連結環というBS観は、もはや過去のもだと思います。

147 :80:2007/03/01(木) 13:15:10 ID:hyP6iEDZ
答えになっていなかったので、追加させてください。
>>141
>一致の原則ですが支出は、費用と資産に配分されるという配分の原則
>があるかぎりクリーンサープラスが崩れようが、成立するようにおもうのですが

クリーンサープラスの崩れた現行会計において、一致の原則を議論することが意味があるのか?ということです。

ご存知のとおり、一致の原則はシュマーレンバッハのいう動的BS(連結環としてのBS)を根拠付けるものであり、
配分および対応原則はペイトン=リトルトンのいう「努力と成果の対応差額としての期間利益」を具体化したものです。
両者ともPLアプローチであり、結果としてクリーン・サープラスになります。

しかし、現行の日本会計は、資産評価差額の純資産直入処理によって、
クリーン・サープラスを崩し、PLアプから乖離しててきてますよね。
PLアプから制度が乖離しているのに、PLアプによる「原則」を持ち出しても・・・


148 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/01(木) 23:27:23 ID:T9RuiMLz
80さん

あなたの議論の全体として昔はだめで現在の方がよりよくなっているという全体があるのでは。
制度である以上、変わる部分はかわっていいと思います。

ただ、収益費用アプローチ的な考え方が通用しないとまでいえるかどうか。
また、それがだめだからといっていわゆる公正価値会計がいいとはいえないのではないでしょうか。

またPLアプローチとBSアプローチとの差異(前提となる概念について)があるかわかりませんが、あなたのいう現在に通用する会計にはたとえばどのような「原則」があるのですか。
最近の議論はものすごくピースミルな気がします。すなわち概念や前提などつくろうとしない。

また一致の原則などもちだされてもというのですが、そうだとするとこれから会計学を学ぼうとする人は、何から学べばいいのですか。
基本書となるものをお教えください。洋書でも可。


149 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/02(金) 03:26:17 ID:F0NlQ9PK
公正価値会計なる本はいくつか出版されているようですね

150 :80:2007/03/02(金) 13:00:12 ID:nFgojirS
>>148
もうちょっと私のレスをよく読んでいただければ。
私は、収益費用アプローチを否定者でも、公正価値測定の支持者でもありません。
私の主張は以下のとおりです。
@情報化社会と経済の国際化がもたらしたここ十数年の経済基盤の変化は、過去100年の歴史のなかでも、もっとも大きな経済環境の変化である。
Aそのような経済環境の変化に合わせて、会計は異なったパラダイムを見つけなければ、その存在意義を失っていく。
Bとりわけ、情報の利用者が「企業の業績」よりも「企業価値」に注目するようになった現在では、資産・負債の認識規準は、測定可能性に拘束されてはいけない。

近代会計の歴史は、たかだか60余年です。
60年前に会計はパラダイムの変化を経験し、収益と費用の対応計算による企業の収益力(PL利益)の表示を主要な課題と位置づけるようになりましたよね。
しかし、60年前の企業像と現在の企業像は、あらゆる側面で大きく変化しています。企業の正常収益力ではなく、企業価値の測定・表示を主要な課題とする会計が必要とされていると思いませんか?

>最近の議論はものすごくピースミルな気がします。すなわち概念や前提などつくろうとしない。
概念フレームワークの見直し・統合は、世界中の基準設定機関が力を入れています。
日本もその例外ではありません。

>何から学べばいいのですか。
最近の教科書は、会計基準の説明に終始することが多いですからね。
研究職志望以外の方は、それで十分ですから。
研究職を志望されるのでしたら、それこそペイトン=リトルトンの「会社会計基準序説」やSHM原則などから初めて、
FASBの概念フレームワークの討議資料などを読んでいけば、足腰が鍛えられるのではないでしょうか?

151 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう :2007/03/02(金) 18:43:28 ID:F0NlQ9PK

Bとりわけ、情報の利用者が「企業の業績」よりも「企業価値」に注目するようになった現在では、資産・負債の認識規準は、測定可能性に拘束されてはいけない。

測定可能性がないのなら資産の定義にあてはまらなくなるではないか。
ただ漠然と取引概念が拡張している。

しかも推薦図書、様物ばかりじゃん。会計は法律の影響もうけるのだから、日本の書籍を提示してあげるのが親切ではないか。

152 :80:2007/03/02(金) 22:55:20 ID:YA02B4zo
>>151
間違ってはいけないのは、定義は研究の結果のコンセンサスとして生み出されるということ。
会計環境の変化の随分あとになって、制度的コンセンサスとして定義が決定される。
極論を言えば、定義が陳腐化したならば、新しい定義を作らなければ。

さらに言うなら、現行の制度会計でも、資産定義とBSオンバランス要件は異なっている。

>推薦図書
日本発の会計思考は未だ誕生していない。残念ながら。
日本会計学の源流は、ドイツ商法典とアメリカ近代会計学ですよね。
対応原則や配分思考にこだわる人には、アメリカ近代会計学の原点を薦めるのが良いかと。
シュマーレンバッハよりも、ペイトン=リトルトンとSHM原則とASOBATをね。
>>151
間違ってはいけないのは、定義は研究の結果のコンセンサスとして生み出されるということ。
会計環境の変化の随分と後になって、制度的コンセンサスとして決定される。
極論を言えば、定義が陳腐化したならば、新しい定義を作らなければ。

さらに言うなら、現行の制度会計でも、資産定義とBSオンバランス要件は異なっていることが多い。

>推薦図書
日本発の会計思考は未だ誕生していない。残念ながら。
日本会計学の源流は、ドイツ商法典とアメリカ近代会計学ですよね。
対応原則や配分思考にこだわる人には、アメリカ近代会計学の原点を薦めるのが良いかと。
シュマーレンバッハよりも、ペイトン=リトルトンとSHM原則とASOBATをね。
SHMは日本の企業会計原則に随分と影響を与えたしね。


153 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/03(土) 00:04:21 ID:M7oiOFXj
age

154 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/03(土) 00:52:40 ID:Ycv3d3o0
>>152
なにをもって会計思考が誕生してないといえるの?
古くは岩田巌先生、ijiri先生、カサイ先生、山桝先生など独自の会計理論を展開している。
ただ会計学説史を研究している学者がいないだけではないのでは?

155 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/03(土) 12:36:02 ID:LKnAZtr9
>>152
ケキョーク、このヒトなにを主張したいワケ?
詭弁のドードーメグリじゃない?

156 :80:2007/03/03(土) 16:03:09 ID:d1jGAFO+
>>154
>なにをもって会計思考が誕生してないといえるの?
ちょっと言い過ぎた。
しかし、少なくとも現在の日本の制度会計の源流は、日本人が独自に作ったものではない。
企業会計原則しかり、ASBJの会計基準や概念フレームワーク(討議資料段階ですが)。
その源流は、債権者保護思想に立ったドイツ商法典と、目的適合性・有用性(もしくはプラグマティズム)を目的としたアメリカ会計学ですよね。
そういった意味で、「会計思考」という言葉を使いました。

>>155
制度会計を前提とした不毛な議論に反発しているだけです。
固定資産・棚卸資産が企業資産の中心を占め、その大小によって将来の業績が予測できた時代の会計の枠組みに、
何も疑問を持たない人々に疑問を投げかけているんです。
そういった時代には、固定資産・棚卸資産の配分と期間利益の対応計算が重要でしたが、現在の企業においても同じでしょうか?
今は会計の「前パラダイム状態」であると思いませんか?

あとは、事実認識の間違ったレスに対して、個別の事実を列挙して反論しているだけですよ。
間違ったレスがあれば、具体的事実で反論していただけると、私も勉強になるのですが。

157 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう :2007/03/04(日) 00:17:20 ID:eAStyo+c
あなたの見解にしてこれだけ反論(感情論)もあるのは書き方もありますが、他の人たちの意見に対して反論しているけどそれにかわる見解をしめしてくれていないからではないでしょうか。
たとえば、固定資産や棚卸資産を中心とした有形固定資産の時代ではなく、金融資産や無形固定資産の時代になったからといってそれがすなわち、いわゆる制度会計の根本的な思考をかえることにつながるのでしょうか。
極論をいえば、公正価値を前面にだした新しい会計というパラダイムは、ドイツ会計学的にいう静態論への回帰といえなくはないでしょうか。

つまり、新しい自体にあった配分原則なり、期間損益計算の構築をめざしてもいいのでは?
いまでも有形固定資産や棚卸資産は大切ですし、中小企業などは以前として昔のままですよ。

あとアメリカ会計ももとをただせば、イギリス会計の輸入から入りました。

※お答えがあればでいいです。会計基準の解説を中心とした会計基準研究がさかんなのは、変に外国の会計基準を意識しすぎているからではないでしょうか。
グローバル化の要請とはいえ、アカデミックな世界において視座を欠いているのはどうかと。
そのあたりも貴方に対する反発なのだと思います。

いいすぎてますか。

158 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/04(日) 01:16:12 ID:MN/DxfLs
ダレ?浅野ゆう子?

159 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/04(日) 01:46:33 ID:F4uTS0GB
さぁ。今回は滋賀大、京大、多摩大の人は参加してないようだ。

160 :80:2007/03/04(日) 02:11:36 ID:jITTqQ34
>>157
>書き方もありますが
相手を煽るような書き方をしているかもしれません。
それは自分でも感じてはいるのですが、このほうが議論になりやすいかと。
不快感を与えるつもりは無いのですが・・・

>見解をしめしてくれていないからではないでしょうか。
具体的な見解を示すほど、私自身の考えもしっかりしていません。
しかし、この場を借りて、今の時期に会計を「研究」している人たちの意見を聞きたいのです。
「研究」とは、私の考えでは、今の会計の枠組みや制度会計に束縛されない、自由で理念的な会計を追究することです。

>静態論への回帰といえなくはないでしょうか。
現在指向されている企業価値重視の会計を、「新静態論」といっている先生もいますね。
旧静態論時代は、証券市場が未成熟であったため間接金融に依存する割合が高く、債権者と企業所有者たる株主(株主理論)の利害調整のための債権者保護財産目録が重要でした。
しかし、現在の証券市場は十分に成熟しつつあると思われますし、静態論といっても精算価値で評価することには皆反対でしょう。
私は、何がどういった意味で「新」であるかを解明したいのです。

>新しい時代にあった・・期間損益計算の構築をめざしてもいいのでは?
業績利益に魂を込める会計があれば、アイデアを教えてください。

>いまでも有形固定資産や棚卸資産は大切ですし、中小企業などは・・
そのとおりですよね。
ですから、SME(中小企業)の会計や業種別の会計が制度化されても良いと思います。

>あとアメリカ会計ももとをただせば、イギリス会計の輸入から入りました。
東インド会社の頃を言っているのでしょうか?アングロサクソン型会計といった意味でしょうか?
情報利用者の目的適合性を重視するアメリカ型実用主義会計が世界の主流になったのは、
1929-1930 大恐慌 1934 証券取引法成立 1938 「SHM会計原則」 1940「会社会計基準序説」 1966 ASOBAT
この辺りでしょう?FASBにいたっては1973設立です。最近のことです。

>いいすぎてますか。
ぜんぜんです。有難うございます。気になさらずに。

161 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/04(日) 09:17:08 ID:S+dTlCxf
>>160
>書き方もありま・・・
ここは2chだろぉ〜がぁ!

>見解を・・・
アタラシ物好きだけじゃぁなくて、本質をつかむのも「研究」ジャマイカ?

>静態論
「清算」か「継続」かジャマイカ?

>新しい時代・・・
「教えてください」じゃぁ〜ねぇ〜だろぅ!自分で考えろぉ!

>いまでも・・・
会計の国際的調和とかいってる一方で、中小企業会計とか業種別会計なんか
認めたら煩雑になるだけらろぉ!

>あとアメリカ・・・
最近っつても、当時生まれてない香具師もこのスレ見てるYO!

>いいすぎてまつか。
漏れにもアリガトウって家!

162 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/05(月) 01:14:12 ID:kQ03ZASC
会計学の世界でも他人の研究成果にただ乗りするやつらが多い。
学界でこれらについて対応しているか教えてください。
以前、盗作した大学教授に対して、学会員が学会に訴えることで対応されたケースがありますが、会計学の世界ではまれで捏造や盗作はした者勝ちではないでしょうか。
また、学会等での院生の只働きは問題にならないのでしょうか。
到底、学会の受付が教育活動にはおもえないのですが。

163 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/06(火) 01:07:57 ID:NZJen/Mt
丁稚奉公。それに耐えたもののみが上にいく。
そんなもんさ。実力もあるにこしたことはない。

164 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/06(火) 04:35:48 ID:yk3nesO7
中小会社の会計基準は、今の会計基準のひずみをあらわしている。
改正まえは4団体が独自の基準を公表していた。
それらは中小会社の特徴を反映していたが、今は企業会計にほぼ準拠。
NPOの会計も企業会計化がすすんでいるが、本当に馬鹿の1つ覚え。

165 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/07(水) 13:01:38 ID:6nX8PTHq
ねた切れ感。

166 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/07(水) 21:56:12 ID:lyqE+v8Y
悲しいけどこれ現実なのよね。

167 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/07(水) 22:50:07 ID:7lHWvMUz
?????????

168 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/08(木) 18:59:52 ID:Amb/sLjo
意味不明。またぼつぼつ会計のテキストの改訂版がでてきましたね。
1年間もたないですね。

169 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/09(金) 00:33:09 ID:j9qydBqw
どのテキストが使いやすい?

170 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/09(金) 16:34:31 ID:TP80P890
   ヾ"ヽ
.  (o・▽・) <ピヨピヨ
  ノ" )  )
  彡ノ,,,,ノ    
―〃-〃――――
  レ,


171 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/10(土) 00:15:21 ID:vxooX091
警告だな。

172 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/10(土) 13:08:15 ID:OWV7Nhxl
   ヾ"ヽ
.  (o・▽・) <ピヨピヨ
  ノ" )  )
  彡ノ,,,,ノ    
―〃-〃――――
  レ,

173 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/11(日) 00:19:18 ID:pncLYrLn
年度末だね。少し驚く人事をみることができるよ。
(年賀状の住所変更が必要)

174 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/12(月) 00:33:07 ID:blwazGx5
ひさしぶりに「原点復帰の・・」を拝読しました。
懐かしい。

175 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/12(月) 17:01:27 ID:oKHMhSYt
あーあ。異動の季節か。仲のいい先生がいなくなるのは悲しい。
そんなに都内がいいのかね。そんなに母校での勤務がいいのかね。

176 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/13(火) 00:15:45 ID:7rDl7Pxi
どこでもいいけど就職したいなんて思わないこと。
最初の就職先が大切。しばらくしたら戻すなんていう口約束も信じてはだめ。

177 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/13(火) 22:02:39 ID:mcuYhHvv
北新地へ飲みに行ってやなぁ・・・
「ママ、これナンボや?」と聞いて
「時価です。」言われたら
「なんやケッタイやなぁ。チッチキチィやで・・・」と思うやろ。
いや、ほんま。

178 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/14(水) 00:16:54 ID:ejxkf7gu
どこかの定員割しているアカウンティングスクールの皆様。
雇用してください。

179 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/15(木) 01:27:14 ID:oddmKRni
定員割れしている有り様で、人を雇えるわけないです。
ボランティアならあるかもな。

180 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/15(木) 08:44:15 ID:+R+KQK8i
L●C?
いま景気のいい大学ある?

181 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/16(金) 01:27:00 ID:U197DddB
アカウンティングスクールは定員割れしているのに開校しいてる大学が増えているの何故・
人件費が高そうな人呼んできて。ロースクールの数は一部報道で問題視されているに。
実はそれほど社会的関心はないのか?

182 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/16(金) 04:04:07 ID:gDp25fzL
少子化で大学がどんどん潰れる時代だからね。
人口の多い社会人を大学院に引き入れようとしているだけさ。

183 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/16(金) 07:19:44 ID:I9pfY5Ip
でも雑誌ではMBAなどですでにブームがさって社会人もそうそう大学にはもどらないといった。
定年退職者用の講座は好評みたいだけど。

184 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/17(土) 22:20:23 ID:RrUBb/Rl
過疎化

185 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/18(日) 02:29:24 ID:vn+4HAeC
それにしても人の不幸をもとに↑にあがったり、学校に内緒で副業しているのを見過ごしているのは、どうなのかね?
おもいっきり雑誌などのプロフィールにのせているけど兼業届けだしていない奴をしっている。
あとゼミ生のこして1年間で異動するとか、モラルがないよね。

186 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/18(日) 13:34:31 ID:ieIE/htj
大学冬の時代に際して、自分はうまれかわるぞー

187 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/19(月) 08:16:58 ID:fqQobN9n
なんか異動でもめてるな

188 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/20(火) 00:32:42 ID:u5LGyAmZ
私はここに出てくる先生方をよく知っているが、
やはりあの宇宙の人は評判がよろしくない

189 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/20(火) 01:52:51 ID:csHDT8mH
>>188
それはそうだろう。いいという人は知らない。
けど、同じテーマを研究している先生も評判悪いね。
昔、休講の多さをえらい人に怒られたとか。

190 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/21(水) 16:29:36 ID:YpYG8Am9
どんどん大物がいなくなるねぇ。

191 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/23(金) 09:20:40 ID:rBwTs2E0
城山三郎先生が昇天なされました。

192 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/23(金) 23:29:54 ID:Pe7UF/pi
なんか違うところで2重投稿したことを告発している奴がいたな。

193 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/25(日) 19:42:47 ID:zKDXHAHR
>>190
年寄りがいなくなるだけだって

194 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2007/03/27(火) 00:21:27 ID:hTnOuzhc
当たり前だが異動の季節だ。

75 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)